フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年8月11日 (金)

9/18 (月・祝) 【ASA-CHANGのカリビアンドラム講座】のお知らせです。

Title

日時: 9月18日(月・敬老の日) pm2:00~
場所: 郡山市 十字屋楽器4階レッスン室
料金: 2500円(テキスト代含む)
必要なもの: 筆記用具、スティック

主催: 郡山ドラム会 / 強力協力: ㈱十字屋楽器
ご予約&問合せ:
ドラム会(秋山)

十字屋楽器 024-932-2624

◆◆◆◆◆

Asachangcarib2

レゲエ Reggae /スカ Ska /カリプソ Calypso /ソカ Soca /ビギン Beguine
チャチャチャ ChaChaCha  etc、etc..........

ひとくちにラテン~カリブ海系のリズムと言っても、さまざまなリズムがあります。
よく『ラテンぽいフィールで。』とか言いますが、漠然としすぎて
「本に載ってるリズムパターンを叩いても、どうもソレっぽくならない」とか
グルーヴがイマイチ」なんてことはないでしょうか。

リズムは民族・言語・土地・時代によってパターンもノリも意味合いも変わってきます。
【フィール=感覚】というあいまいな物の根底にあるリズムの音楽的背景を知ることで、これらは解決できます。

700x525_img_tid41971_2_2

この講座では、スカパラの創始者Asa-Changが、スカのルーツやカリブのリズムをドラムに落とし込んでレクチャーします!
独自のテキストと、AsaーChang秘蔵の(おそらく日本国内ではまず流通していないであろう激レアな)映像資料を併用しての貴重な講座となります。

もちろん、十字屋楽器の生徒さんやドラム会参加者以外の方も参加大歓迎です。気軽に上記のメールアドレスからお申し込みください。
さらに言えばドラマーやパーカッショニストでなくとも楽しめる、有意義なワークショップにしたいとAsa-Changともども考えております。

【 講師:Asa-Chang 】(アサ・チャン/朝倉弘一)
いわき市出身。
ヘア・メイキャップアーティストとして活動後、’89年に自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。
スカパラのブレイク後、’93年に脱退、以降フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、唯一無二の存在感を放つドラマー/パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン系のみならずインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめボーダーレスに楽曲にアプローチする独特のプレイスタイルは、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。
自己のユニットAsa-chang&巡礼も数度のメンバーチェンジを経て活動中である。
近年では、NHK Eテレの音楽教育番組「ムジカ・ピッコリーノ」にレギュラー出演、ポン・ジョルノ役を好演したのも記憶に新しい。
自己の開発した楽器・タブラボンゴの普及にもいそしんでいる。
http://www.asa-chang.com

◆◆◆◆◆
縁あって、素晴らしいアーティストのレクチャーを直接受ける機会を設けることができました。 ぜひご参加ください!

Flyer3_01after

2017年8月10日 (木)

【KMC presents 真夏の夜の夢】 CLASSIC ENERGYお披露目でした。

Image1499388706659

M.J.L.Aでも一緒だったれのんさんbのリーダーバンド・CLASSIC ENERGY にドラムブラザー・イサム君の後を受けて加入しました。

れのんb/新藤猛g/Aきやまユきひロdsの3人編成で活動していくことになりました。
今後ともよろしくお願い致します。

8/6、僕入りのCLASSIC ENERGYとしてはお披露目となる
【KMC presents 真夏の夜の夢】@郡山Club#9 完了しました。

出演バンド
Cycle of 5th ( Original Progre Metal from東京)
Classic Energy ( Spiritual Rock )
Lesson 1 ( as Red Warriors )
Loudnese ( as Loudness )
Outer Limits( as SHOW-YA )
Stream ( 80’S 歌謡Rock )
Be-Hallen 2016 ( as Van hallen )
Creamy Roki ( secret )

S__41918503

CLASSIC ENERGY
はわりとプログレハード的なアプローチのバンドで、なかなかにややこしいオリジナル曲ばかりなんですが、大ポカもなくなんとかこなせた。いかった~。
普通のバンドやセッションならまとまりを考えてもうちょっと安全策寄りななドラミングをしますが、相手はれのんさんなんで勝手知ったるつうか、多少キケンなアプローチでいってもフォローしてくれるだろうと甘えてw、思うさま手数系のアプローチでいつもより多めに叩いております。
新藤くんともセッションでは何度かプレイしてるんで、安心してプレイできます。
ライヴ自体もバラエティに富んだ面白いライヴでしたよ。

Co5_20161022

東京からのゲストバンド・Cycle of 5th は初期ドリームシアターを思わせる良いバンドでした。
プログレ系のバンドってボーカルが演奏のオマケみたいになってたりするのが多いけど、ここは専任のボーカリストが楽曲を唄ものとしてもちゃんと成立させててとても良かった。
長くやってるバンドならではの演奏で、客席で観ててもみんなグイグイ引き込まれてくのがわかりました。

観てくださった皆さん、共演者各位、#9スタッフ諸兄、KMC事務局に感謝いたします。

◆◆◆◆◆
CLASSIC ENERGY、次回のライヴは

11/19(日)
大槻シン企画【今宵はOn the ROCK!vol.3】
@郡山Peak Actionです。
詳細は後日お知らせします!

2017年7月21日 (金)

夏のライヴ関係いろいろ。

20170719_162323

いやはや暑いですね。

かと思えば、只見では豪雨だったり。
こないだはえらい目に遭いました。
豪雨から2日後、只見の現場に向かう途中、金山の道の駅でメシ食ってたら現場監督から連絡あり、只見町に入る手前の道路が陥没して会津方面からのアクセスがアウトとのこと><。ここは迂回路も無いので、どうにもならん。
仕方なく、金山町から昭和村に入り、道無き道みたいなスゲエ峠を通って南郷村に出てやっと現場に到着orz。1時間半のタイムロス。。。。
昭和村の道の駅ものどかで良いとこですね。仕事じゃなければだがwww。

◆◆◆◆◆<

M.J.L.Aでも一緒だったれのんさんbのリーダーバンド・CLASSIC ENERGYにドラムブラザー・イサム君の後を受けて加入することになりました。
れのん b /新藤猛 g /Aきやまユきひロ ds)
アタクシ加入後初ライヴは、

Image1499388727586

KMC presents 【真夏の夜の夢~A Midsummer Night’s Dream】

日時/8月6日(日)
場所/郡山 CLUB #9 
料金/¥2,000 ( 1DRINK )
時間/14:30 OPEN 15:00 START
※告知フライヤーは15:30 STARTと表記されておりますが、出演バンドの時間調整のため15:00からの開演となります。
【act】
Cycle of 5th ( Original Prog Metal )/Classic Energy ( Spiritual Rock )/Custard pie ( as Led Zeppelin )/Lesson 1 ( as Red Warriors )/Loudnese ( as Loudness )/Outer Limits ( as SHOW-YA )/Stream ( 80’S 歌謡Rock )/Be-Hallen 2016 ( as Van hallen )/Creamy Roki (secret)

※CLASSIC ENERGYは 17:15~の予定です。

わりとプログレハード的な感じで、いつもより多めに叩いております!

Image1499388706659

◆◆◆◆◆

仕事も繁忙期でなかなかキビシイのですが、合間を縫って
8月の大信村のイベントとか、9月のキャベツ祭りとかイベント仕事がいくつか。。。
詳細は追ってお知らせします。

2017年7月10日 (月)

ペダル再考・温故知新

フットペダルも最近のものはいろいろ調節できて便利は便利ですなー。

20151010_075449

なんですけど、こればかりは好みもあるけど、僕の世代はやはり当時みんな使ってた・どこのスタジオ入っても置いてあった名機・ヤマハFP720で育ってるんで、体感的にこのペダルが基準になってる。なので極端なセッティングには抵抗あるよね。

いろんな踏み心地を調整できるというのは利点なようでそうでもない。
結局ナチュラルな操作感の真円カムに戻るし、実際それしか使い物にならない高級ペダルもけっこう存在する。なんでも調節できるからって、毎回どこもかしこも調節しまくったりなんかしないよね。
ベアリングなどで超低フリクションロスを売り物にしてるペダルも多いけど、ジョン・ボーナムもイアン・ペイスもバディ・リッチもフィル・コリンズもスピードキングであのスピード、パワーですぜ?先達が見たら『おめーら、こんな良いペダルでこんな屁みたいな演奏しか出来んのか!』と怒られそうです。
かくいうアタクシも、ペダルには散々お金使いました。
ベルトからチェーンからダイレクトドライブまで踏んで最終的に低フリクションペダルの筆頭・DW9000まで使ってみた。
結論としては
【結局FP720で踏めなきゃ、ナニ使っても踏めねーよな。】
ってとこですw。
まあエクストリームなブラストとか踏む人は別として、ですが。
昔はペダルに神経質だったんですが、最近はいろんな踏み心地を楽しめるくらいの余裕はできましたね。
といっても、どれか一つしか機材を持ち込めないシチュエーションなら、迷わずペダルを持っていきます。スネアとか最悪叩けば音は出るしチューニングでなんとかすることもできるけど、ペダルが最悪だともうどうにもならんですよ。

結局、わりとトラディショナルな踏み心地のものが好きなんだな。

具体的に言うと、真円カムでシングルチェーンかベルトドライヴのもの。

20161114_223953_2

あと、ヒールダウンで踏むことも多いのでヒールは無いときつい。
最近のペダルはボードの仕込み角オフセットで踏み込みトルクを調節できるものも多いけど、これも軽いから良いっつーもんでもないのね。結局、ノーマルに真下に引っ張る角度がいいわー。
フレーズの中に脚を組み込むことが多いので、キックもバスタムの延長線上にあるパーツとして演奏したいのね。なのでダイナミクスも表現できるペダルでないとキビシイ。
さすがにツインペダルはこの年代のものは左側のロスが大きいので、パールの安デーモンことP-932にしてます。これは現在最強コストパフォーマンスのペダルと言って良いんではないか。ただしヒールが無いのが難点と言えば難点。まあ、ツイペ使う時はヒールダウンで踏んだりしないしね。

Ironcamco3_2

で、結局またアイアンカムコ(初代TAMAアイアンコブラのフレームにCAMCOのギアとボードを付けた改造品)に戻ってるわけですよ。
ただし、ベアリングをスケートボード用の高回転のものに換えてチューンしたらオリジナルの歯車よりもアイアンコブラのローリンググライド(真円)のスプロケットのほうが具合が良いのでそっちにした。(歯車が微妙にチリチリ言うのもCAMCOの魅力ではあるのだが、それはDW5000もあるんでそっちで味わえる。)
音量をパワーの入れ方でなく、スティック同様に打面とビーターの距離で表現できる良いペダルになりました。
まあこんなことばっかやって楽しんでるわけです^^。
たまには古いペダル踏んでみると、新しい発見がありますよ。

2017年6月12日 (月)

【十字屋音楽教室発表会・H29夏】

2017summer

6/11(日)は【十字屋音楽教室発表会】でした!

基本的には年に2回の発表会があるのですが、昨年冬は会場のヒップショットが押えられず、各科ごとに発表会を催しました。なので、一年ぶりの合同発表会です。

ギター科(アコースティック、エレキ)、ベース科、ボーカル科、ドラム科の生徒さん達が練習してきた曲を前日のリハで合わせて翌日本番、と言う流れです。足りないパートはワレワレ講師陣で補うという感じです。
アコギ弾き語りの人やウクレレ科の曲もあわせると今回も40曲超でした。

僕も生徒さんの代打やg科vo科の生徒さんのバッキングで数曲叩きました。
大きな仕事入っちゃって出れなくなったKさんの代打でcreamの「Badge」はドラムセットで。
vo科E藤さんのバッキングでコンガで「Day by day」をボサっぽくお洒落に。
そして講師陣ほぼ総出演でEW&Fの「September」

Dcbntthvoaaocag

さらにラストは古株のg科生徒Mさんのバッキングで講師総出演でサンタナのBlackMagicWoman。
見事にオトナ気無い(特にオレpercとイサム先生ds)ガチセッションにwww。楽しいーwww。(撮影:O槻さん)あ、クミコ先生voがPAスピーカーの陰で写ってない。
生徒さん相手と言っても、演る時はいつも本気ですからねwwww。
とかなんとか言ってて、講師ほぼ総掛かりで演奏したセプテンバーも、その次に出たウクレレ弾き語りの7歳の女の子ひとりに喰われちゃうんですから油断できませんwwww。
後生畏るべしです。

毎回、生徒さんたちから『やってよかった』と言われるのが糧になってます。
エラそーに教えたりなんかしてますが、毎度教えられてるのはこちらの方です。

講師なんぞ喰いまくっちゃうようなミラクルな人たちももっと出てきてほしいけど、地道にシコシコやってる人が小さな花を咲かせるような瞬間も、もっと見たい。
そんな気がする発表会明けの朝です。

GW大阪春の陣②ダダリズムの巻

大阪最終日は例によって旧友ナメちゃんと会うことに。

Nchichi1

ナメちゃんが『秋山さんに絶対見せたいモンがあるんよ!』ということで、天王寺駅で待ち合わせて今宮戎という所へ行きました。
ディープ大阪最前線一歩手前というか、線路の向こう側はいわゆる西成地区というところ。ガード下には段ボールやブルーシートで作った路上生活者のネグラも点々と。
ここの線路のガード下にある古いビル=『ンチチビル』が今回の目的地です。
このビルは打楽器奏者2人のユニット=ダダリズム がアトリエ兼ライヴスペースとして丸ごと借りてるとのこと。
GWの間、ここでダダリズムのライヴイベントが行われるとのことです。
3階建てのンチチビル、今回のイベントでは1階がフードとアートの展示、2階が和物アンティークの展示スペース、そして3階でダダリズムの演奏、という形。
アンティークの展示はナメちゃんの友人がやってて、ご本人もコレクターでもある。ものすごい量の和物アンティーク。センスよろしいの~。

Nchichi2

3階の部屋で待機してるとダダリズム の2人が登場。
まずスリットドラム(箱型のログドラム)のデュオから始まる。ミニマルな音型を徐々に変化させていく。
部屋も四角いコンクリートの部屋なので平行面が多く定在波と反射がすごい。
すごいのだが、この定在波がミソで、実際には存在しない3つめのフレーズが聴こえてくるのだ!
しかも、これは壁からの距離によって聴こえ方が変わってくる。
そして謎のシンバルタワーの連弾に移る。
ゴムマレットで2人が向かい合って叩くのだが、これも定在波によって、存在しない3つめのフレーズが聴こえてくる。
こりゃスゲエ~!

Dadarhythmakiyama1

このシンバルタワー、ヤマハのスパイラルからイスタンからトルコKジルまで混合してあり、響きも厳選されている。オレもたいがいアホな改造はやるけど、こらーカッコいいわ!

てっきりクラシックや現代音楽畑の人たちなのかと思っていたらそうでもなく、最初はドラムデュオから始まって、気が付いたらこんな形になってもう8年目とのこと。ダダリズムはここでしかライヴしない、ってこともないようですが、基本的にはここの響きも含めたダダリズム。高架を走る電車の音や響きも音楽のうちなのです。

大阪に行ってて、もし機会が合えばまた見たい。お奨めです!

http://ntiti.info/dadarhythm.html

◆◆◆◆◆

ダダリズムに幻惑された帰り道は、通天閣の下から日本橋~なんば方面に抜けて、551で中華を食べて帰りました。ナメちゃん、ええもん見せてくれてありがと~!

2017年5月13日 (土)

GW大阪春の陣①

本業でてんやわんわしてるうちにもう5月も半ばですわ=。

20170506_211340

4月は仕事関係の総会ラッシュや子供の学校関係行事やらなんやらあり、ミョ~に忙しかったのよ。GW前に片付けなきゃなんない仕事も頑張って終わらせて、なんとか5/3~7日まで休み取りました^^。
GWは例によって大阪は高槻の義妹宅へ。
今回はガッツリ仮眠取って夜中の12時くらいに出発したんですが、着く時間はたいして変わらなかったですね。どうやっても滋賀~京都と大阪に入ってから渋滞があるのでね。徹夜で運転してると、最後のこの渋滞がキツい。なので今回は朝の6時くらいに滋賀のPAでモンエナ第2弾を投入してみた所、なんとか眠くならずに。

今回も近場のエキスポパークやら京都やら行ってきましたが、2日目は僕だけ高槻のストリートジャズフェスをちょっこと観戦してから大阪市内に入り、家族と合流という事にしました。

◆◆◆◆◆
午後から行って、駅前からビール呑みながらいろんなバンド観つつして南下し、高槻1中特設ステージでジャンクフジヤマ観て、隣の野見神社で東原力哉大先生を拝み、また中学校でザ・ショッキングを観戦という理想的なスケジュール。

ジャンクフジヤマ、声がタツローで顔がロッチ中岡w。唄もバックの演奏もすごく良いんですけどあまりにも達郎すぎるのが。。。。。。

野見神社に移動して、ソウルブリードのtp行本さんYuki Band featuring 東原力哉を。

20170504_153720

6a79cf125747b2ff024630b6f38f8c6a

メンバーは行本清喜 (tp/quena), 東原力哉 (ds), 黒田雅之 (sax), 瀬部妙子 (p), 喜多健博 (b)に古谷光広 (sax)が何曲か加わる。
関西を代表するメンバーだけあって、すんげー人だかり!
全然見えないので横に移動して行ったら、奇跡的に力哉さんを真横から見れるポジションがポッカリ空いてた!ヤッタ―!
(上記理由で写真どころではなかったので、写真2はピアノの瀬部さんブログより拝借しましたm(_)m。)

ナマ力哉さんは、20数年ぶり。まーしかし、力哉さん相変わらずスゲーですわ。
高槻ジャズでも上手い人いっぱい観たけど、やはりぜんぜん格が違います👍。左手のコンピングひとつ取っても、魂の入り方が違いますな。。。神の左手を存分に拝ましてもらいました。ありがたやありがたや。
熱い演奏に周りの観客も、『いやー、ええもん観せてもろたわ~。』と口々に。
高槻ストリートジャズもボランティア運営なのでカンパ箱が廻ってくるんですが、さすがにここの会場のカンパ箱はお札テンコ盛りw!納得です。

で、中学校に戻り、ザ・ショッキング を観戦。
彼らは東京からゲストバンドとして呼ばれておりました。

20170504_161002

ドラムの佐久間亮くんは郡山出身
。(郡山の重鎮ジャズドラマー佐久間武彦さんの息子さんです。)
voの水原将くんは和歌山出身とのことで気合十分。白いスーツでサウンドチェックに出てくるやいなや、『・・金貸しとちゃうでw』、でツカミはオッケー。ウケ倒しておりました。
サックスの井出さんが離脱して7人体制になったザ・ショッキングですが、ここはホーン陣も凄腕揃いなのですよ。キレのあるアンサンブル、存分に楽しませてもらいました。
ドラムセットも使い回し(ラディックのセットということは野◎貿易がスポンサーなのね)なので、亮くんのタッチの良さが際立ちますねえ。良い音してた。
客席の反応もよく、アンコールももらってました。

◆◆◆◆◆
亮くんとちょっとお話しして会場を後にし、大阪市内へ移動して心斎橋で家族と合流。
ちょこっと楽器屋さんで細かいパーツを買い、シンバルを試奏したりもしましたが、基本的にはこの日は家庭サービス。奥様のお供&手下w。
あちこち案内し、お好み焼きたべて高槻へ戻りましたです。

2017年3月23日 (木)

春はもうそこまで。

早いもんでもう3月も終わりですな~。

Gakuikugoukaku

双子の息子ABも無事に志望校の県立に受かりました。ホッ。
受験なんて親がやきもきしてもしょうがないんだけどねえ~。
片方だけ落ちる、ってのは避けたかったのでよかったです。

でもウチなんて子沢山だから子供の受験にカネかけてない方だと思うよー。
部活もあったんで塾に行ったのは夏期講習からだ(しかも無料)、冬期講習と直前講習は有料で受けたけど、秋からは数学1教科だけの受講でしたからね。それで自習室使いまくってるんだからわれながらヒドイw。
すべり止めも特待併願ってやつで、受験料はかかるけど評定が良かったので落ちても入学金払わんでよいというもの。こりゃ助かった。
ここまでいったら、塾に『双子で合格!来年の広告にどうスか?』とか売り込もうかなwww。
で、来年には次女の受験もあるしな~。財布がキビシイ(泣。

そんな中でも、お父さんは演奏活動も、というかだけはw忘れないわけです。

◆3/17(金) 世田谷ポスト郡山ギター酒場M&J

Pちゃんの誘いで世田谷ポスト&郡山体力ないおっさんバンドとして演奏。

Setagayaposto1

メンツは世田谷ポスト (g.vo)/Pちゃん(b,cho)/高橋名人(key:from MINTJAMS)/Aきやま@山猫軒(cocktail drum)。

川崎から来た世田谷ポストくん、ムーニーさんとも交流のあるとのことで、ジャグバンドスタイルを基本としながらもユニークな歌詞と声で魅了するシンガーでした^^。<

今回は音量的な制限が予想されたので、自作カクテルドラムを持ち込みでいってみました。
シンバルもハイハット、クラッシュ1枚、スプラッシュ1枚というミニマムセット。小音量でスウィングさせるという命題のもと、ほとんどブラシでの演奏です。1曲だけスティックつかったかな。
久々の超小音量でのプレイ、個人的にも気付くこと多かったです。
ヒジョーに盛り上がったんですが、楽器積んできたのでお酒呑めず(泣。ポスト君、次回は浴びるほどビール呑みましょうw。

お客さんで来てた吉田兄さん(久しぶりだったな~。7,8年ぶり?)のリクエストで軽いドラムソロもかましてみました。われながらすごくこれ良かったなあ。
音量と訴求力の関係について、ちょっと見えてきたものがあります。
そのへんはおいおいブログにも書いてみます。
キーちゃん(M&Jマスター)いろいろありがとうございましたm(_)m。

帰り際に、Sharp9に寄ってパーカッションセット1式を搬入。
というのも、1日置いて日曜には

Shadesoffate9

◆3/19(日) 【Sound Like fun!vol.3 】@郡山CLUB#9
<
に谷田部さんれのんさんたちとのSHADES OF FATE で出るのです。

メンツは谷田部幸太郎g,prog/れのんb/谷田部マナトds/オレpercに外山君g,ユキちゃんsynというメンバー。今回軽部君gは胆のう炎で病欠なんで、外山君にも何曲か手伝ってもらいました。

しかししょっぱなからシーケンスがコケて拍ずれたのには焦った~。リハではこんなことなかったんだけど、やっぱ電圧の関係かねえ?まあなんとかしましたが、クリック聞いてるのはマナトdsだけなので彼が一番大変だったかも。
ニョー某が仕事あったんで末っ子息子Cもリハに連れて来たのだが、ふと後ろを振り向くと、思いっきり『父ちゃん、しょーがねえなあ(´д`)。。。』って顔してました(=▽=)。

Pamsaru

対バンもモアちゃん・ユキちゃんのツインvo擁するぱむ熊田アナルg,voくん率いる申(さる)など盛りだくさん。
は映像も交えたパフォーマンスで見応えあったなあ。ミキティdsの迷いのないドラミングも良かった!
sstのドラムはよく見たらウチの会社のエース・Tくんの弟の直人くん。久々に会ったけど元気そうで良かった。

2017年3月 3日 (金)

3月の演奏予定

先週の肝臓神・大槻さんの初企画【今宵はOn the Rock!】も盛況のうちに完了。
僕はドラムブラザー・イサム君率いるSOTのゲストpercで参戦。今回はなんと6人SoT!

Sot6

佐藤イサムds/小島速人g/竹内哲郎b の3人に加え、
guest:黒川和希as/加藤夢人g/Aきやま@山猫軒perc
てんこ盛りでおます。
僕、イサムくん(SoT)、塩田くん(カウンターパーツ)と50代老害いや重鎮ドラマー揃い踏み。
重いのは体重だけで、人間は50過ぎても軽いですw。

さすがに片付け終わったら12時過ぎでウチアゲは行けなかったのだが、最後までつきあったゆめちゃん(Judgement Ship)や黒沢くん、物江くんたちは朝7時コースだった模様w。肝臓神こと大槻さん、ライブ前日も朝まで呑んでてほとんど寝てないんだよな・・・・。おそるべし肝臓神。

◆◆◆◆◆
今後の演奏予定

  3/17(金) 郡山ギター酒場M&Jにて、
世田谷ポストさん(from神奈川)のバッキングで演奏します。
PM9:00~予定です。
M&Jブログ http://ameblo.jp/keyk0529/entry-12252424803.html

Setagayapost

メンツは世田谷ポスト(g.vo)/Pちゃん(b,cho)/高橋名人(key:from MINTJAMS)/Aきやま@山猫軒(trap drums)。

3/19(日) 郡山CLUB#9 NAOTOくん主催イベント?
年明けのFusion伝説に出たゴブリン父ちゃん、れのんさん達と高中バンドでperc。 という感じです。

◆◆◆◆◆

去年から目論んでいた新ユニットもそろそろ始動します。。。。 音を出してみないとなんともですが、なんとか年内には姿を現す予定です^^。乞うご期待!

2017年2月14日 (火)

【ライヴのお知らせ】2/26(日)大槻シンpresents “今宵はOn the Rock!”

肝臓神こと大槻さんの初企画イベント
【今宵はOn the Rock!】
にドラムブラザー・イサム君率いるSOTのゲストpercで参戦します!
今回はメンバー3人のほかにゲストもsaxの方と夢人くんg(from Judgement Ship)と僕percの3人。
他の出演者もアツい連中ばかりで楽しみ^^。

2/26(日)@郡山PeakAction
OPEN 16:30/START 17:00
adv.¥1500/ door.¥2000 (+1ドリンク¥500)

C227zp7vqaavvxj

【Act】
The Shotgun Etiquette
ステファニーキャット
Judgment Ship
Counter Parts
The Tractions
アーキテクト
Berangkat
P-ROUGH
黒沢アキト
マティーニ
SoT
zap

【FOODS】
BRUTAL KITCHEN おぐろ

2017年1月29日 (日)

とりあえずヒザ治さなくちゃだわToT。

あけましておめでとうござんす~。
暮れ~正月と呑んで食ってドラム練習して燻製して、という生活でした。

Unknown3201612292_2

暮れのJudgement Ship 12ヶ月連続マンスリー企画ファイナルで、チョ~久々に
unknown3(セキーネ幽鬼g/横田俊一郎chapman-stick/Aきやま@山猫軒ds)
をやったんですが、どうもその時に左ひざを痛めたようで。。。

20161114_223953

テンポ200近い速さで16分ベタ踏みとかやると、普段使ってなくて言う事きかない左足は激しくスイベル奏法(カカトでヒネリを入れて往復ビンタ的な動きでこっ速く踏む)で踏まないと無理なんですが、それで痛めたようで。。。。トシを感じる今日この頃です。

で、ヒザ痛いままなのですが1/8にはKMC企画【シン・KMC】にダブルブッキングで出るという暴挙に。

S__38027274

#9のKMC-RockSideには同じくunknown3でドラムス、PeakActionの方のFusion伝説にはゴブリン父ちゃん、れのんさん達と高中バンドでperc。
まあ、ヒザ痛いとか言ってても始まっちゃえば全開で行くしかないのです。で、さらに悪化して通院してます。当分ツーバスは封印ですな(って、unknownでしか使わないんだが)。

今年はちょっと新プロジェクトの構想も複数あり、アクティヴに動いてみようと思います。

とりあえずヒザ治さなくちゃだわToT。

2016年12月31日 (土)

Judgement Ship◆12ヶ月連続マンスリー企画【MARGARINE MRS PANTS STOCKING】ファイナル!

そして今年の演奏の〆は、Judgement Shipの12ヶ月連続マンスリー企画
【MARGARINE MRS PANTS STOCKING】ファイナル
でした。

今回はファイナルということもあり、なんと15組の出演!
Court of Shcizoid ManTHE TRACTIONS小黒康夫&篠原篤一ステファニーキャットアーキテクトthe mush bob men's宮本博太 unknown3 yudachi仏滅バスターシビルウォー 黒沢アキトHologlaphStormymondayJudgement Ship

C1zpbpdveaqharjpg_medium

Judgement Shipでサポートもさすがに毎回とはいかずでしたが、なんとか9回は参戦できました。
秋にはトモナリvo失踪というバンド存続の危機がありましたが、Tractionsのb/vo青戸君がサポートを買って出てくれ、なんとかファイナルまでこぎ着けることができました。自分のバンドもレコーディング中で多忙だったのに、サポートヴォーカルを二つ返事で引き受けてくれた青戸君の男気には感謝してもしきれません。

Unknowntrio

そんなFINALに僕はJSと、実に2年近くぶりのunknown3でも登場。
セキーネ幽鬼g/横田俊一郎chapman-stick/dsの3バカトリオです。例によってインプロ一本勝負でガチンコ勝負。

Snapcrab_unknown320161229mp4_gom_pl

直前までカメラすら強制的に壊す呪われた場所の怪談話をしていたら、ヨコチンのミキサー(chapman-stickは低音部と高音部をパラで出せたりもするのでミキサーあるとそれぞれに別のエフェクトを掛けたりできるのです)が原因不明のトラブル。イキナリ電源死亡。呪いキター(゚ロ゚屮)屮!
まあなんとか持ち直して演奏に突入。
まあ始まったらいつもの『夏色の力まかせ』状態ですよ。全開ですっ飛ばすしかないです。
このバンドは半端なく疲れるので、毎月やってたらすぐ10キロ位減量できそうです。ツインペダルを新調したのでだいぶ楽にはなりましたが。
普段レッスンでは生徒さんに脱力脱力と言ってますが、unknown3では結局力技で押しきってますねえwww。奏法はあくまで奏法。目的ではないですからね。力まかせでしか表現できないものってものもありますからね、ヤッパ。と、日記には書いておこうw。

Judgement Shipはトリで演らせていただきました。今回もゆめg/太智b/ページdsに/YASUSHIこと青戸くんvo(from Tractions)/Aきやま@山猫軒perc、という5人体制です。

C02vvsvveaannbf

曲目はRoot118Cherry CokeSuicide FancyTwilight Girl/Rootsとやって、アンコールでSatuday Night Anarchism。なんか開放感ある良い演奏だったなあ。
ゆめちゃんgや青戸くんvoもハジけてたし、途中演奏しながらページdsや太智bのバンドに対する思いのたけも見て取れた。

1年で12回自主企画をマンスリーでやるってのは結構大変ですよ。その他に遠征や別のライヴも入るとさらにキツい。

O0480064113833309057

それはまあしょうがないけど、途中でのメンバー失踪はさすがに痛かった。
トモナリもいなくなる数日前までもう一個のバンドの企画ライヴもやってて、そっちのドラマーだったウリュー君(現ステファニーキャット)の話でも、悩んでる感じとかいなくなる予兆も何もなかったようなんだよねえ。いろいろと個人的な事情はあったのかもしれないけど、オレじゃなくても誰かメンバーに相談くらいしてくれりゃいいのにさ。とりあえずどっかの空の下で元気でいてくれればいいんだけどなあ。
今回のヴォーカル失踪事件を経て、残った3人のバンドを続けていく意思が強固になったのは感じた。
青戸君のヴォーカルサポートは年内で終了なので、そろそろ新しいヴォーカリストを探さなけりゃな。。。。。

今年の演奏の〆としては完全燃焼した感じです^^。
そのまま#9の2階で打ち上がり、朝方帰宅。

Sake

先程起きて磐梯熱海の某工務店さんの忘年会にむかっております。
この会社の忘年会は酒好きな人が多いので、みんな旨い日本酒を持ち寄ってきて、利き酒大会と化すのです。
今日はオレ使い物になんないよと言ったら、いつもなってないからアテにしてないと言われたw。
はーもっともだーもっともだー。


今年はpercでの出番が多かったなあ。
Judgement ShipMad BremenSot伊東和哉某スペシャル営業バンド他でじつに17回。
ドラムでライヴやったのはunknown3石川雄亮Feat.阿部剛、辻コースケsession紳平4ほか営業仕事入れても7回か~。
どっちやっても楽しいからいいんだけどね。

来年も叩き倒します。みなさまもよいお年を!

C0kbaxuuaa72a0jpg_medium

肝臓神こと大槻さんは12回コンプリートです!

2016年12月30日 (金)

暮れの演奏いろいろ。

2016年もあっという間に暮れてしまいました~。
毎年暮れはいわゆる営業演奏仕事ちうのが幾つか入るのですが、今年はなかなか面白い演奏仕事が続きました。

20161205_16402812月アタマのバーテンダー協会のクリスマスパーティでの演奏は、前回が震災の年だったのでちょうど五年ぶりですね。
古川師匠g/尚美ちゃんvo/キヨミくんsax,vo/佐藤紳平kb/チー坊さんb/アッキーds/percという郡山にディスコのハコバンがあった頃からやってる先輩達と。さすがに歴戦の猛者揃いでヨユ~の演奏。
パーティーとは言え、ホテルの会場で3~400人の前での演奏です。
ワレワレの演奏のほかにもカクテルパフォーマンスやら高級なお酒の試飲やら色々盛り沢山のイベントで、めっちゃ楽しいです。毎回二つ返事でお請けしますw。
演奏もソウル~ロックのスタンダードナンバーのオンパレードです。期せずして途中パーカッションの超ロングソロになってしまいました。まあこういう時はチカラ技で押し切るしかないすねえ。てか、オレのソロ始まったら他のメンバー下に降りて呑んでるんでやんのw。

12/25クリスマスには裏磐梯のロイヤルホテルで演奏。Photo_10_3
佐藤紳平(kb)響真也(三味線)(ds)+Seaちゃん(vo)での演奏。
これは面白かったー。
インプロあり、民謡のラテンアレンジあり、ブッツケ本番でしたがかなりよい演奏でした。
Seaちゃんはジャズやポップスも上手いけど、本職はプロの民謡歌手なんですよ。こういう和のテイストが入ったものは流石です^^。
みんな縦横無尽なプレイヤーでダイナミクスに富んだ良い演奏でした。と、思う。

20161225_172715さらに暮れのどん詰まりには毎年呼んでいただいてる某電設さんの忘年会パーティー@郡山ビューホテル。
佐藤紳平kb/佐藤正彦g/dsのトリオにアヴィちゃんvoで。
対バンというかゲストにジプシーニコg.voも登場。ニコたん久しぶりでしたが、来年から拠点を東京に移すとのこと。K社長がよく彼のお店に行ってるらしく是非にと言う事でしたが、最初K社長(高校の先輩です)から電話あって、
『Aきやまさ~、ニコって知ってる?』
『あー、二胡ってあの弦が2本の・・』
ってすごいすれ違いな話してて、直前まで僕も二胡の人が来るんだと思ってて大笑いw。
メンバーもみな彼とは旧知なので楽屋も楽しく盛り上がり。郡山を離れる前に会えてよかった。
こちらも楽しく演奏して今年の演奏仕事は終了~!

お世話になった皆様、ありがとうございました。来年もよろしくお願い致しますm(_)m。

2016年12月25日 (日)

十字屋ドラム教室・冬のプチ発表会

20161217_173221

12/17(土)は十字屋ドラム教室・冬のプチ発表会でした。
会場のヒップショットが押えられず、冬は各科で個別に発表会をやることに。ドラム科は十字屋楽器4Fのレッスン室で行いました。

夏の発表会が吹奏楽のコンクールとかち合ってしまって高3の生徒さんたちが出れなかったので、KくんYくんWくんの3人は高校最後の演奏会になります。1年ぶりに見る演奏は、それぞれに進化していて、安心して見れました^^。
それぞれ進路は色々ですが、ドラムはずっと続けて行ってほしいなあ。
他の生徒さんたちもこの半年で相当に成長を遂げてますねえ。
みんな頑張った!

今回は講師デモ演奏として、イサム先生ds僕percでチック・コリアの『SPAIN』を演奏。
ウチコミでマイナスワン音源を作ってみました。
イサム先生と演るともうまるっきり会話ですからね(しかもバカ話w)、いやあ楽しいったらないねえwww。ふたりとも50歳過ぎてこれですからね、こんな大人になっちゃいけませんwww。
せっかくなんで、普段あまり触れることのないパーカッション類を生徒さんたちにも自由に叩いてもらいました^^。コンガとかボンゴは学校にもあるけど湿気で皮ベロベロだったりしてマトモな音にチューニングされてないのが多いようなので、ちゃんとチューンされたコンガの生音は新鮮だったかと思います。

終了後は、大人の発表会というかウチアゲに移行~!見事に打ちあがりましたwww。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

S__3620871

水曜日のレッスンに若干名空きがあります。
生徒さん絶賛募集中であります!
十字屋楽器ドラム教室開講中。
レベルは全くの初心者から上級者まで。
無料体験レッスンもありますので下記までお気軽にお問い合わせください。
問)024-932-2624 十字屋楽器店
http://jujiyagakki.jp/lesson.html

Lupisiotu

こんな感じでドラムセット2台並べてマンツーマンレッスンでやっています。
講師側が3点セットの方(写真右側)で、ちょっとフロアタムやシンバルをずらして手や足の使い方なんかを真横から見てもらえるようにしています。
『まずは1曲叩けるようになりたい』という方から、『もっとニュアンスある演奏をしたい』、『ジャズなんかにも挑戦してみたい』という経験者の方まで、お待ちしています。 

2016年11月27日 (日)

【DJ828sun企画parampampan】辻コースケpercライヴ@ソノラバーガー

Image1

【DJ828sun企画parampampan】パーカッショニスト・辻コースケさんライヴ@郡山市清水台ソノラバーガー のセッションタイムにドラムブラザー・星☆昌宏くん(Apollo Choco Theater)と共に参加させていただきました。
辻さんの演奏は芳垣安洋さんのOrquesta Nadge! Nadge!GOMA&Jungle Rhythm Sectionなんかの音源で聴いてはいたのですが、実際に生で見るのは初めて。(実はGOMA&Jungle Rhythm Sectionのもう一人のパーカッショニスト田鹿ケンタ君は、古いバンド仲間なんです。後のリトルテンポに発展する流れのバンドで、gのイクマ君やsaxの春野君も一緒でした。)
郡山にはカセットコンロスで来郡されていて、今回のソロライヴの運びとなったわけです。

20161126_224423

で、夕方に楽器積んでソノラバーガーにIN。
ちょうど辻さんも到着したところで、駐車場で初対面の握手。
サラッとセッティングしてお手合わせしてみると・・・・
いやースゲエ!気持ちエエ~!なんぼでもイケますわコレ。止まらんwwww。
辻さん、人も音もサイコーに気持ちよいナイスガイです。

ライヴはまず辻さんのソロパフォーマンス。
1時間の上ありましたが、起伏に富んでいてあっという間に終わった感じです。
素晴らしいプレイでした^^。

Live2

とにかく明快ですよね~。あちこちから声が掛かる理由がわかります。
『オレはこれだ!』って気迫が尋常でないし、とにかく踊れるビート。アフリカンというよりも、僕はむしろコージー・パウエルとかの男汁雷様系ドラマーの匂いを感じましたねえ。男っぽくて素敵❤。
LPのコンガを真ん中にしてREMOのジャンベを左右に配したセッティングで、手順的にはシングルストローク中心の潔いアプローチ。(ドラムでもダブルストロークを多用すると音量的に下げざるをえないからね、同じフレーズでもシングルでいくことで音量を落とさずに推進力を重視するアプローチと思われます。そういう意味では結果的に和太鼓と共通するアプローチな気がしますね~。もちろんダブルやパラディドルも素晴らしく巧いですよ。)
なんですが、ジャンベを両側に配することで、ジャイアントパラディドル(手順的にはパラディドルでなくても大きな音型でパラディドルになっている)的な聴かせ方も。
コンガも含めすべてREMOのファイバースキン系ヘッドです(やっぱり野外での演奏が多いので湿気や直射日光に強いレモになっちゃったとのこと。)。

14641605_2236340961_80large

休憩をはさんで僕と星くん参加でのセッションタイム。
僕はカクテルドラム星くんダラブッカ・ウドゥ等で応戦しました。
さっきのソロを聴いて、とりあえず勝てる気がしねえwww(勝とうと思ってたのかヨ!ってツッコミは無しねw)。
こういう時はやはり出たとこ勝負と言うか、音に呼ばれるまま渾身で行くしかないのです。
当然リハとはまるっきり違う運びになるわけですが、無になった時って自分でも考えてもいなかったフレーズが連発で出てくんですね。
辻さんの大きい掌の上で存分に遊ばせてもらいました^^。勉強させていただきました。

いや~実に楽しかったです。楽しすぎて笑いが止まらんです。
最後はワレワレ三人+お客さんも巻き込んで大団円ヽ(´▽`)/。

企画のDJ828さん辻さん誘ってくれた星くんソノラバーガーご店主ドリルさんご夫妻、そしてお客さん各位に大感謝ですm(_)m。ありがとうございました。
◆◆◆◆◆

Grapevine45474

そうそう、ソノラバーガーさんは前から気になっていたですがなかなか行く機会がなく、ライブ前に初バーガーを食してみました!
米沢牛バーガーが売りのお店ですが、せっかくなのでスモークチキンとのハーフ&ハーフバーガー
(じつはまだ正式にメニューに載せてないそう)を。
美味い!濃厚な肉の味とソースが融けあってとてもジューシー。これはイケますわ・・・・!
ビールが僕の大好きなハートランドというのもステキ❤。

Index

A00004380 

ソノラバーガー
郡山市清水台1-6-9
八幡プラザ1号館1階
(十字屋楽器や安積国造神社の坂を上ったところです)
TEL024-935-3678
月曜定休

2016年11月16日 (水)

それでも演るのだレインボーマン。

11月も本業ドトーの忙しさ。胃がイテエ。
それでも演るのだレインボーマン。

◆◆◆◆◆
11/11(ベースの日)
Judgement Ship12ヶ月連続マンスリーのセミファイナル11回目@PeakAction。
act:YudachiステファニーキャットThe MinnerTractions衰退羞恥心カウンターパーツJudgement Ship
フードはお馴染みBrutal Kitchenおぐろさん。

Cw_sj5aviaady2fjpg_medium

今回もゆめg/太智b/ページdsに加え、voにYASUSHI こと青戸くん(from Tractions)、パーカッションにワタクシ山猫軒、という5人体制で。
青戸くんは自己のバンドTractionsでも参戦です。
今回はラストに演ることが多い『Roots』を一発目に持ってきて、
『Roots』~『Old man new generation』~『Twilight girl』~『99 country town』~『Suicide fancy』というドトーの流れでいってみました。
SuicideFancyは毎回各自のソロパートもありますが、今回は長めに取ってみました。オレも久々にブン回し系のロングソロでアバれてみましたよ^^。さらに途中で太智くんがベースごと青戸くんに渡してベースソロ、という裏技まで駆使してみましたw。
やっぱりボーカルが変わると空気感が変わるんで、10月のマンスリーの時は正直、演ってて「アレ?」みたいな瞬間もあちこちあったんですが、リハで修正しつつやってくとだいぶ解消できたように思います。

Cw_sj5buuaaq5n7jpg_medium

トモナリ失踪に伴って9月から青戸くんが助っ人ボーカルしてくれてるわけですが、青戸くんも自分のバンドがあるんで12月のファイナルまではこの布陣で行くとして、この先はいよいよボーカル探しをどうするか考えて行かなけりゃならんねえ。。。。

今回もカウンパ塩田くんに衰退羞恥心(バンドver)イサムくん、見に来てくれた星くん(Apollo Choco Theater)と50代ドラムバカ勢揃いw。
まあ年甲斐もなく張り合うんだなコレがwww。

(photo:大槻さん)

◆◆◆◆◆
で、そのドラムブラザー星くん(Apollo Choco Theater)にお誘い受けて、

DJ828sun企画『parampampan』
パーカッショニスト・辻コースケさんライヴ@ソノラバーガー
のセッションタイムに参加することになりました。
ワタクシAきやま@山猫軒星☆昌宏(Apollo Choco Theater)の2人で迎え撃ちます。

11/26(土)
郡山市清水台 ソノラバーガー
open19:00/start19:30 
charge¥1500yen+1drink¥500

辻さんの演奏はyoutubeなどで見ることができますが、実に強力なパーカッショニストです。打楽器に興味ある方は是非!

Image1_2

辻コースケ/ パーカショニスト  http://www.tsujikosuke.com/

4度のアフリカ~ケニアでの修行を経て、2003~2011年basis recordsより  ソロ作品『enda safari』を含む7枚のリーダーアルバムをリリース。
2010年GONTITIのゴンザレス三上とのDuo「smoked salmon railway machine 」を結成。『SEIZA 』リリース。 
2013年勝井祐二×沼澤尚×辻コースケ『Live at NAVARO』リリース。 
ソロでの活動の他、goma&jungle rhythm section 、カセットコンロス、  オルケスタナッジ!ナッジ!、Signalsのメンバーであり、
GONTITI 、DJ井上薫、沼澤尚、勝井祐二、佐藤タイジ、照井利幸、椎野恭一、森俊之、Leyona 、Anyango、THE SUNPAULO 、DJ JEFF MILLS
など様々なジャンルの音楽家と活動中。

2016年11月 4日 (金)

伊東和哉【「next」レコ発ツアー】@郡山和楽カフェ

Img_20161101_034801

11/3(木)伊東和哉【「next」レコ発ツアー】@郡山和楽カフェ
盛況のうちに終了しました!

和哉とも付き合い長いけど、彼も苦節10年余、ようやくユニバーサルミュージックジャパンより『Next』メジャーデビューです。
そのレコ発ツアーということで、地元・郡山からのスタートです。

和哉と演奏するのも3年前の定禅寺フェス以来ですね~。
今回はナイスなキーボーディストNonlyちゃん(和哉と音大で同期とのこと)と僕とで3人編成で
楽しく演奏できました。

Warakucafe

会場の和楽カフェはお初でしたが、なんとウチから車で5分もかからないとこだった。
呉服屋さんが経営のカフェということで、和のテイストを前面に出した素敵なお店。
ライヴステージはお店の中でなく、母屋のほうにある別室です。こちらも着物が飾ってあって落ち着いた良い雰囲気に演出されてます。

Img_20161103_171741

Img_20161103_170254

今回は意外とビートものの曲が多いので、ドラムセット的なニュアンスを出しつつ音量的にも抑えるべくカクテルドラム+コンガ、ボンゴという感じで持ち込んでみました。
ベースがいないので、通常のドラムセットだとドカドカ言いすぎると思ってね。結果は大成功。
PAもここんとこ和哉のバッキングでpercやってる入谷くん(まゆちゃんkb弟)がやってくれてたので安心^^。やっぱりドラムって自分の音を客席で聴くことはできない楽器なので、同業者が出音のバランスとか見てくれるのは心強い。
いろんな人からカクテルドラムのこと訊かれたので、ペダル部分のクローズアップ写真ものっけてみました。ご参考までに。
さらに詳細はブログの製作記事をご覧ください。

Cwx6rlhviaah6wljpg_medium

O.AをつとめてくれたのはチームいちきゅっぱよりTERUさん。gでPちゃんも登場www。
TERUさん、ギター初めて3カ月でアコワンにエントリーしたという度胸の持ち主w。そこで和哉と知合ったようですが、現在でもキャリア1年半ってとこです。言われなければとてもそうは思えないステージング。客席の反応も上々でした^^。

お客様、和楽カフェスタッフの皆様はじめ関係各位の皆様ありがとうございましたm(_)m。
レコ発ツアーは11/5(土)山形となりのカフェ、11/7(月)大阪・京橋ベロニカ~と12月まで続きます。
和哉、ツアー成功を祈る(^-^)/!

↓ツアースケジュールは以下でチェック
http://itokazuya.jp/schedule/

◆◆◆◆◆

Kazuyapmangacamera

最近スマホに入れたスケッチカメラちうアプリで遊んでみた。和哉&Pちゃん。
池麺はマンガカメラでも池麺、漫画キャラの人はモロにマンガになるということが判明w。
あっ、Pの名誉のために言っとくと、Pもメガネ外すと整ったきれいな顔してんのよw。でも全体的に漫画キャラは否めないw。

2016年10月30日 (日)

音楽の秋。と言いたいトコだけど。

こないだまで半袖でいたのに、あっという間に晩秋のイキフンが濃厚な11月になってしめえやした。
本業も忙しく、9月の長雨で遅れた現場をいまだにやってる状態。あ~ストレスたまる=3=3=3。そんな中でも久々に休み取れ(とはいえ午前中くらいは結局仕事してる)、

Aviaryimage1476511380375

10/9(日)福島C-MOONの7周年記念プレイベントいわきのジミヘンこと宮本博太くんg/voのトリオで参戦。宮本博太g/vo、太智(from Judgement Ship)b、Aきやま@山猫軒dsというメンツで。
C-MOONは00Zのドラマー片桐くんが社長ですから、当然ドラムセットはバッチリ。なんとソナーのDelightですよ!さすがに良い音。スネアも持って行かなくてもよかったかもw。
宮本くんとはよくセッションで一緒になるのですが、近々ジミヘンフォーマットでない新ユニットをやろうということになりました^^。

対バンは奥西菓折高畑ひらくNightPiratesどらいむ~んL.a.secretsSINバンドMoon&Sea という感じで。

20161009_200242

SINバンド、なんとVo 久世敦史(Concerto moon/SCREAMING SYMPHONY)/B Shoyo(CROSS VEIN)/G SIN(LOKA)/G YU-ICHI/Dr 長井VAL一郎(ARK STORM)という恐ろしいメンツで流石の演奏。今回のプロジェクトはなんとレーサーX縛り!dr長井VAL一郎氏、ツーバスすげかった。終演後ちょっとお話させててもらいましたが、VALさんオレと同い年なのか。。。オレも頑張ろう!

Vtaichi

トリのMoon&Seaはルナシーのトリビュートバンド。
voの人の『・・・スベりましたか。むなし~(Moon & Sea)。』というヒロシです。みたいな芸風が秀逸w。
太智くんはこっちでも出演。おもいっきりVな感じでメイクしてました。

お金ないのとちょうどした色が無かったので今回は見送りましたが、高畑ひらく氏(喜多方のドン。らしい。面白い方。)のバンド『ON THE GUESS』のTシャツ、欲しい。次回はぜひゲットしようw。

20161009_201319_2

この「おんつぁげす」って言葉は福島県人以外の人にどう説明すりゃいいのかな。
その前に、「ゲス」は福島弁で「ケツの穴」です。(用語例:「ゲスぬげ」ケツの穴が抜けてること。つまり締まりなくダダ漏れ、転じて底抜けなマヌケの意。)
「おんつぁ」の意味はおっさん、という意味もありますが、「役立たず」という使い方もある(用語例:「あ~、この機械おんつぁだべした。」この機械ダメダメで使えねえだろよ!転じて人に対してマヌケの意にも使う)。
つまり「おんつぁげす」とはゲスがおんつぁなわけで、マヌケの2乗、だけど憎めないつうか。英語だと Stupid bastardか ?これだと「おんつぁ」に含まれる「どうしようもないけど憎めない人」ってニュアンスが伝わらんかな?

◆◆◆◆◆

20161018_094329

20161019_123322

本業多忙のなか、恒例の某工務店の一泊旅行も。いや呑んだw。天気も良く、午前中に既に缶ビール4~5本は空けてるうえに、最初の見学先は酒蔵w。
午後の城址公園とかキツかった・・・・。
あ、行き先は群馬~長野と真田丸の舞台を巡る旅。でした。
その週は東京で元請さんの安全大会~懇親会もあり。
さらに日曜にはヴォーカルのアヴィちゃんの結婚式もありと、肝臓フル回転。

ということで調子こいて呑んでたらまあ太ったw。それはいいとして、痛風きたっぽい。。。とりあえず前にもらった鎮痛剤のんで様子みてますが。

11月はライヴいろいろあるので早く治さんとな。。。。。。ライヴ詳細は追ってお知らせします。乞うご期待!

2016年10月 5日 (水)

9月の雨。

盆開けてからっちゅうもの、週の半分は雨ですわ~!なんだこの天気!
結局、9月の日照時間は観測史上最低という事態。。。おまけに毎週やってくる台風。。
仕事(本業の方ね)あがったりです。
8月末には終わるはずの現場が未だ終わらん。。。。

そんななかでもいろいろやっております。

◆◆◆◆◆

20160911_105037

20160911_115037

クミコ先生のボーカル教室の発表会の伴奏お手伝いしました。(@郡山ビューホテル)
こちらは『細い方の秋山君』ことアッキーと分け合って、2人で30曲超・・・・・・
ジャズだけでなく、ポップス、シャンソンに演歌までなんでもありです。シャンソンなんかは難しいと言えば難しいのですが、基本的にはテンポが変わろうがなにしようが歌に寄り添っていけば成り立つので、むしろ個人的には得意とする領域。しかし演歌難しいですわ。キメ多いし、独特の抑え方があってなかなか演歌っぽくならない。これは苦労しました。
レンタルで22BDのセットとか来ると音デカすぎると思ったので自分のセット持ち込みました。TAMAアートスターの20BD、10TT、13FTで行ってみました。皮はREMOのスエード。
先日レストアしたPearlのZシリーズのスネアも大活躍。ローピッチで落ち着いた感じに。

◆◆◆◆◆

Judgement Shipのマンスリーも9月は別件と重なり欠席でしたが、その間にえらい事が。。。

Crzj_osukaa3ig5jpg_large

既にtwitter等でご存知の方も多いと思いますが、ボーカルのTOMONARI君が8月末から連絡が取れなくなっております。
いわゆる失踪、ってやつです。

現状では憶測の部分も多いのでその理由等については控えますが、事件性はない(であろう)事だけはお伝えしておきます。まあとにかく忽然といなくなっちゃったわけです。困った。そりゃ困るよね。よくツイッターとかでメンバー失踪の拡散お願いとか見るけど、まさか自分の関わってるバンドでこの事態になるとはさあ・・・・・・・・!
9月のマンスリーはステファニーキャットナッツ嬢kb/vo、かなえ嬢b/voを迎えたジャッジメント・キャット(もしくはステファニー・シップ)やLost Soul Revoltの門馬くんwbたちにも賛助出演してもらってなんとか乗り切った。

9月にはマンスリーだけでなく喜多方の音フェスとメジャー系アーティスト(Sky-Hi)のサポートアクトも決まっており、キャンセルはできない。

Ctsdkmruaaietwujpg_medium

そこでボーカルを買って出てくれたのが、TRACTIONSのb/vo青戸くんでした。
喜多方から青戸くんに参加してもらい、なんとか9/20のSky-Hiのサポートアクトもこなした。
TRACTIONSもレコーディング真っ最中なのにボーカル買って出てくれた青戸くんの男気には本当に感謝しますm(_)m。
そんなわけで10月のマンスリーは青戸康vo/ ゆめg/ 太智b/ ページds/ オレpercの5人編成で臨みました。
年内はこのまま青戸くんvoで突っ走ることになりました。
Judgement Shipの今後についてはゆっくりと考えるつもりですが、12ヶ月連続マンスリーは完走することに決めたとのこと。
12ヶ月連続マンスリーも残すところあと2回、是非レア編成のJSを観に来てみてください。

また、メンバー失踪により関係各位に多大なご心配・ご迷惑をおかけしましたことをおわび申し上げますm(_)m。

(Photo提供:大槻さん)

2016年9月 5日 (月)

夜の【社長・暇 工作】

ま~、秋も近づいてきましたねえ。

例によって相変わらず仕事終えた真夜中にドラム関係の小ネタをチマチマといじくってるわけです。いくつかご紹介。

①譜面台の小ネタ

ちょっとクミコ先生のヴォーカル教室発表会のお手伝い伴奏をすることになりまして、メドレー曲とかあって長~~~い譜面が来たわけです。リハに行ったら

Img_20160830_181424s

手持ちの譜面台に乗り切らなくて、こんなもん作っちゃいました。
100均の工作用ボードで材料費200円也。テープはガムテと製本用テープで。
写真うつりがすげー幅広に写ってるww。実際は畳むと丁度角型スネアケースに入ります。譜面バインダーにもなる。
普通の譜面台に乗っけて使うので、下に受けも付けてそこも折り畳めるようにしてます。
元々譜面に強くないうえに目も悪くなってきてるので、最近は時間があれば自分用の譜面に書き直しちゃいます^^。必然的に長く大きくなっちゃうので作ってみました。
実際には譜面書くと身体に入っちゃって見ないことの方が多いんですけどね。お守りみたいなもんですw。)

Capture20160905145836_2

コンガ小ネタ

コンガスタンドの固定ナット。
TAMAのシンバルセーフにしてみた。
ラクだこれ。
蝶ネジって意外と回しづらいんだよな。
ライブハウスで落として紛失しないように蛍光塗料塗っとくか。
他にもパーカッション系はちょっとずつ色々いじってます。
近日、ピークアクション篠原くんのご紹介で素晴らしく音の良いティンバレスをありえない値段で譲ってもらうことになり、楽しみです^^。もうね、付属のベルの音だけでメシ3杯くらいオカワリ出来ます。モノが来たらまた自慢させてもらっていいすか(苦笑)。

③あと、タムのヘッドを順次アサプラに換えてます。
http://www.asapura.com/lc_head.html
LCシリーズのコーティング有りドット付きのもの。

4337798_2221063612_240large

いっぺんに換えると財布に優しくないので、最初10インチでテストしてみて、感触が良かったので順次換えていこうということに。
よく演奏してるピークアクションのセットはアサプラLCのコーティング有りが張ってあって、なかなか良い感触だったのね。ただフロアがちょっとバインバイン言い過ぎる気もしてて、ドット付きならうまく収まるんではないかと踏んだわけです。
レモCSほどゴンゴン言わないかんじだけど、ドットの効果はちゃんと出てる。甘太い音。
アタックに太さもあって、ノーミュートでぜんぜんイケる。
レモの余韻がア段とすると、アサプラはオ段の子音が強く発音する感じなので、タムには良いと思うな~。
あと、エッジとの馴染みが早い。張替えて締めるときのバリバリって音がしない。アニールドフィルム(全方向に伸びる)の利点かしら。
とりあえずテスト動画をどうぞ。

«Pearl Zenithal Resonatorのスネアをレストア。