フォト
無料ブログはココログ

2018年3月18日 (日)

12インチスネア(オレ用)製作。大成功!

お正月にドラムブラザー・アッキーの依頼でMAPEXのタムで12インチスネアを製作したのですが、これが思いの外うまくいったんで自分用のも作ることにしました^^。

12sn1_2

以前パーツ取り用にジャンクで買ったTAMAグランスター(バーチ胴)の12インチタムのシェルが余っていたので、これを餌食に。丸ノコで深さ6”位にカットします。

12sn2

工程は胴のカット以外は前のと同じなんで詳しくは省略しますが、
既存ラグ孔のパテ埋め⇒新規ラグ穴開け⇒胴のカット⇒ボトム側のエッジ切り⇒スネアベッドの加工⇒仮組み⇒スネアベッド微調整⇒塗装⇒組立て
って流れです。
エッジは外側ラウンド60度、内側ストレート45度でいってみた。
スネアベッドの加工が一番神経使うかな~。これもそれなりにノウハウは蓄積されてきたので、大体1回でほぼOKな感じに削れるようになってきた。

12sn3

こんなエンブレムも作ったぞ。

20180221_120633

100均のアルミ板にパソコン用の転写シールで作り、穴開けしてクリヤかけといた。
なぜこの情熱を仕事に生かせないのだろうかwww。

音は、かなりというかヒジョーに良いです。エヘン。
以前から持っていたプレミアの12”も良い楽器でしたが、これは軽く超えた感あり。反応もよく、十分メインスネアとして使えそうです。
とりあえず手持ちのヘッド(打面:アクエリアンのモダンヴィンテージ、裏面:EVANSのスネアサイド300ゲージ)を張ってみました。
当初は打面側にダイキャストリムを付けてて、これはこれで良かったんですが、試しに薄い1.6mm厚のプレスリムに換えたら、全体で鳴る感じに激変して俄然よくなった。やっぱ楽器ってバランスなんだな~。見直しました、プレスリム。
もしかすると、間をとってパールのスーパーフープ(2.3mm厚)あたりにするとさらに良い感じになるかも?

youtubeに動画であげてみました。
単体ショット~セットで~セットで②(キツめの財布ミュート)って流れで叩いてます。

2018年3月12日 (月)

3/9 【SMOKY QUARTER】旗揚げLIVE@アルチスタ

Sq20180309

NEWバンド【Smoky Quarter】の旗揚げLIVE@郡山市大町 アルチスタ、完了しました~。
ご来場のお客様、アルチスタみどりママ&スタッフの皆様、ありがとうございましたー!

スタンダードからラテン、コンテンポラリーな曲まで取り混ぜて3セット演奏しましたが、かなり大変でしたけど楽しかった。
やっぱ僕以外の3人は、ジャズの演奏においては僕よりも一日の長がありますねー。
あっしも、もっと深い演奏ができるよう精進します。
ジャズもロックも、もっと深いとこまで行きたい。

【SMOKY QUARTER】
大島今日子p / 和田健吾g / 吉田豊b / Aきやまユきひロds )

バンド名ですが、なんで【Smoky Quarter】かっつうとですね。
g和田くんとb吉田くんは仕事が出張とかも多くて「年に4回くらいできればいいかな~」
ってことで四半期バンド=Quarter
オレが燻製、和田くんが葉巻とかパイプ煙草にハマってて、
それとJAZZのイメージから=Smoky
ってことで安易に付けましたwww。
最初は年4バンドとか言ってましたw。

Img_25

で、今回は企画単発ライヴという形で演らせていただいたんですが、
演奏後アルチスタさんから『隔月で演奏しない?』とのオファーをいただきまして、
次回5月に再びアルチスタさんに登場予定です。
早くも四半期バンドから足を踏み外しておりますw。
皆様、今後ともご贔屓によろしく銅像~。

今回、チャームにワタクシ手作りのスモークチーズをお付けしました。次回もなんかあるかも(未定)?かもかもかも?

【2018/3/9 セトリ】
1st Stage
Berimbau (Baden Powell)  / Windows (Chick Corea) / Days of Wine and Roses (standard・G/Bデュオ) / A Night In Tunisia (Dizzy Gillespie)
2nd Stage
Four (Miles Davis) / Fragile (Sting) / Armando’s Rhumba (Chick Corea・P/コンガデュオ) / Old Devil Moon (Burton Lane)
3rd Stage
But not for me (standard) / LAWNS (Carla Bley) / Nasciment (Barry Harris) / Softly, as in a morning sunrise (standard)

Set

シンバルとスネアは持込みで。ジャズ時は大抵この組合せ(プレミアのロイヤルエース#2000とUFIPシンバル)。
お店のコンガがバッチリ(たいていの店置きのコンガは湿気って死にまくりなことが多いけど、アルチスタのコンガはバッチリ。)だったので、コンガとピアノのデュオも1曲演奏しました。こんなバキバキに鳴りまくるコンガも久々。やっぱファイバーのコンガ一個欲しいなあ。

(撮影:アルチスタみどりママ)
アルチスタHP ライヴレポート
https://blogs.yahoo.co.jp/artistes_artistes/folder/1225615.html

Sq2

ところで、予告用に作ったバンドフォトのディメオラの顔だけ和田くんを入れ込んだキャラ、正式名称は『ケンゴ・ワディメオラ』でなく、『マルデ・ダメオラ』だそうですw。

2018年2月26日 (月)

2/25(SUN)【郡山フュージョン伝説vol.6】@郡山 Peak Action

95f2a022da2a4d7e8c17c633e4ab67f3_2 

CLASSIC ENERGY (れのんb/新藤猛g/Aきやまユきひロds)で
【郡山フュージョン伝説vol.6】 郡山ピークアクション に参戦しますた。

CLASSIC ENERGY ( Spiritual Rock & Fusion )
EARTH MUSIC コロコロ ☆ G ( Crossover )
INSTREAM ( as T-SQUARE and more )
Jive 2 ( as CASIOPEA  fromいわき)
MINT JAMS ( Fusion Cover )
SyT ( Original Fusion )
YAMAI BAND ( Fusion Cover )

28151283_188003118474904_8223835350

ご来場ありがとうございました!
ワレワレClassic Energyも、お前らフュージョンなのかというと微妙なとこではありますが、暖かく迎えていただきました。
いわきから参戦のJIVE2さん以外は誰かしらメンバー知り合いが入ってますねえw。
ドラムブラザー・イサム君も2バンド参加(YAMAIbandの遊佐くんが本業繁忙期のためトラで参加)。
SoTから小島くんが抜けて吉田UFO君がギターで入り、SyTになりました。sax黒川くん入りの4人編成で登場。良かった。
お客さんも多数入っていただき、楽しいライヴでした。(ウチアゲもw)

Classic Energy、このあとちょっとメンバーの都合で夏くらいまでライヴ入れられないのですが、地道にレコーディングの続きをやろうと思ってます。
次のライヴの時にはデモ音源を引っ提げて帰ってまいります^^。

S__6914058

2018226_65840_no00


2018年2月12日 (月)

氷の世界。

♪ まいにちー 吹雪、 吹雪、 氷の世界~~♪
ってほどではないけど、郡山も雪です。
降っては雪かきして、融けたのが凍って路面アイスバーンに。
最高気温でも0度とかが続いて、会社の駐車場もカチカチに。
凍ったところを最初はトンカチでコツコツ割ってたんですが、職人さんがツルハシを出してきて割り始めたら、全然効率が違うんでやんのーーー!
もうね、ソッコーでツルハシ買いましたよ、人生初ツルハシ。
・・・・・で、買ったら降らねえんでやんのw。そんなもんです人生。

そんな冬から春にかけての音楽関係予定です。
プリーズ ヨヤク ミー!

95f2a022da2a4d7e8c17c633e4ab67f310

①CLASSIC ENERGY (れのんb/新藤猛g/Aきやまユきひロds)で
【郡山フュージョン伝説vol.6】 に参戦します。
2/25(日)郡山ピークアクション 
OPEN:16:00 START:16:30
CHARGE:¥2,000(1drink付)

act:
CLASSIC ENERGY ( Spiritual Rock & Fusion )
EARTH MUSIC コロコロ ☆ G ( Crossover )
INSTREAM ( as T-SQUARE and more )
Jive 2 ( as CASIOPEA )
MINT JAMS ( Fusion Cover )
SyT ( Original Fusion )
YAMAI BAND ( Fusion Cover )

②新しくジャズのバンドをやることになりました。

Riha1

【SMOKY QUARTER】 
メンツは、大島今日子p/和田健吾g/吉田豊b/Aきやまユきひロds の4人です。
大島さん、吉田君とはアルチスタのセッションでお手合わしてて、トリオでやろうか~と言ってたんですが、和田くんが転職で県中に引っ越してくることになり有無を言わさず引っ張り込んだですw。絶賛リハ中。
お披露目は
3/9(金)郡山市大町 アルチスタ で
START:20:30~ (2ステージ)
詳細は追ってお知らせしまーす。

③10年ぶりくらいにキヨカタ兄貴と演ります。
4/7(土)に@郡山市中町 Studio TISSUE☆BOXにて。
メンツはまだ未確定ですが、僕と星☆昌宏くんのError404コンビも参戦。
こちらも詳細は後日~~。

◆◆◆◆◆

Lupisiotu

私がドラム講師やらせていただいてます、
郡山市清水台の十字屋楽器ドラム教室
私の担当・水曜日に若干名空きあります。
全くの初心者~経験者までドラムセットを使ったマンツーマンレッスンで、1回30分×月3回です。
写真のように講師側のドラムセットを横から見ていただいて、身体(とくに脚や上体の重心の移動など)の使い方を実践的にレッスンします。
コンガ、カホン等パーカッションのレッスンも可能です。
無料体験レッスンもあります。024-932-2624 十字屋楽器までお気軽にお問い合わせください。
十字屋楽器HP http://jujiyagakki.jp/

2018年1月 9日 (火)

12インチタム改造スネア製作


ドラムブラザー・アッキーから、12インチタムをスネアにしてくんないかとの依頼。
素材はMAPEX(そんなに高くないシリーズ)のタム。
既に浅胴化改造がされてるが、これも元々僕が手掛けたもの。10年くらい前か?

サクッとボトムエッジにスネアベッドを加工する。
タイトめにしたかったので多少深めに。
スイッチを仮取付して、試しにスナッピー張って試奏⇒微調整を2,3度繰り返して音はOK。
廉価版のシェルにしては厚みもちゃんとあるので、パワー感も悪くない。
というかこの時点で相当イケる予感が。

20171224_140722

タムホルダーの穴はいちおうエポキシパテで埋めておく。
色を黒から赤にしたいとのことで、塗替えです。
赤2~3層、クリヤ4層ぐらいで仕上げた。
まあまあいい感じ。元がカバリングなので面は出てるからね^^。
完全乾燥を待って研ぎ出し~ワックスまで掛け、スイッチほかパーツを取り付けて完了。
いやマジで良い音だわコレ。全然メインで使える。僕のプレミアの12”とも遜色ないですよ。

20180103_221537

タムホルダーの穴埋めしたところはさすがに段差は出るんで、ここにはアルミ板でエンブレムプレート作って貼ろう。
100均のアルミ板にパソコン用転写シートでロゴを作って転写。
穴開けてクリヤぶっかけて、と。

スネアベッドのノウハウが蓄積されたので、いろんなスネアを削ってしまいそうwww。

お正月明け、無事アッキーに引き渡しいたしました。

その後、トップ側をダイキャストリムに換えて、ノーミュートで締まった音になったそう。

2018年1月 7日 (日)

スタンディング用ドラムキット製作。

Photo_2

ドラムブラザー遠藤くんより、スタンディング用のセットを組んでくれないかと依頼あり。

遠藤くん草案では小さいスネアをタムかフロアタムに着けてヒモで吊って、と考えていたようですが、

(↑こんなの)
実際にヒモで吊るしてやってみたら、これがまた安定しないうえに叩きづらい歩きづらい首締まるキ●タマ痛い、と地獄の責め道具のような感じなので、いろいろ考えてみた。

20171221_190023

某ハ●ドオフに鼓笛隊用の10インチスネアが吊りブラケット付きであったのを見つけて、これを流用しようと思い付いた。子供用で長さが足りないので、スチール棚用のアングルを流用して延長。肩はまあなんとか大人でも入るかな。遠藤くんならオレよりは痩せてるから大丈夫だろう。

バスドラム代わりのタムはフロアタムではデカいし重いので、14インチのマーチング用スネア(14”×10”)を改造することにした。
裏面のスネアベッドは、飽きたらスネアに戻せるようにと加工しないことにした。まあベロベロにするんで問題ないだろう。
音色を変えられるように、メインの打面(右手側)はEVANSのハイドローリック、左手側はREMOのスムースホワイトCSにしてみた。

20171015_115222

20171226_211841

これの上にスネアが来るわけだが、普通の厚さでは打面がえらく高くなってしまう。
カットして薄胴化(3.5”位)にしてエッジを切りなおす。
今回は、軽量化のためラグを使わない仕様にしてみた。ソナーのジャングルスネアなんかもそうなんですが、ボトム側のスリーブナットで両面いっぺんにチューニングするタイプです。ナットが回転しないよう、これはボトムフープも四角くなってる。これも某ハ●ドオフでジャンクで調達。
用途と口径を考えれば、そんなに綿密なチューニングはしないからね。これで充分ですよ。

20171227_223113

20171227_223136

とはいえ、さすがに全部つけると重くて吊りブラケットがたわむ。
タムとの固定部分のシェルにも負担が掛かりすぎる。
ということで、いろいろ考えに考えて、
タム上面と側面の2点固定とし、スネアはタムのシェルにではなく上側の吊りバーから固定することにした。
これでスネアをタムの側面ギリギリまで近づけることができる。

20171229_231754

ここで煮詰まって作業が止っていたのですが、この2点固定を思いついた瞬間、アイデアがドドドドと湧いて出て、一気に完成へ。
スネアの取付には、手持ちのメロタム用の差し込むだけのブラケットをスペーサーで浮かせて付けて取り外しを簡単にした。
ここから別のバーを出してシンバルホルダーも作ったよ。
バスドラ(タム)もスネアも叩きやすい位置にセットできた。これは良いわ。

当然、これらはすべて取り外して電車等でも運べるようになってます。
なので今回はウイングナット(蝶ネジですな)を多用しています。

やっと完成して無事に引き渡しとなりました^^。
九州土産(遠藤くんは九州に単身赴任中)もいただいてサンクスです!

2018年1月 3日 (水)

アディオス2017/ハロー2018。

今年もプログレだジャズだロックだ唄伴だなんだと叩いて叩いてついでに魔改造ならぬバ怪造も多数。
ドラマー人生あと何年送れるかわかりませんが、身体の動くうちは無節操に演りまくる所存です。
みなさまも良いお年になりますよう。
アディオス2017/ハロー2018。

◆◆◆◆◆

20171228_184525

20171228_160620

年末はGO-GOジャズOrch.のトラ@アルチスタ
Error404@DOOZ
某デイサービスでボランティア演奏
ときて毎年恒例のK先輩の会社の大忘年会パーティー@郡山ビューホテルで演奏でシメ。
メンツはオレds/佐藤紳平kbに二人ともお初の鈴木祥平くんsax/小林まりこさんvoの4人で。
なにせ200人超の大忘年会パーティなんで、お客さん入ったら音が吸われるわ吸われるわ。でしたが、けっこう良い感じで演奏できたなあ~。

お正月は休みが長くとれたので、スタジオ前室(兼・見積部屋)の改修工事をシコシコやっておりました。

20180105_0916horz

震災の時に外壁から水が入り、床にもひびが入って湿気が上がりカビてしまい、物置と化しておりました。
逆性石鹸でカビ止めてずっとエアコンのドライ回しっぱなしでなんとかいけそうになったなので、思いきって片付けて床のヒビも埋めて床塗装までやります。
いろいろ化石時代の写真やらが出てくる。わたくしにもこんなに痩せてた頃があったんですのよw

Okuradasi

で、オーディオも設置し直したんですが、この中華アンプと以前モニター用にしてたONKYO D-100の組合せがかなり良い。中華アンプおそるべし。

Amp

いろんなソースをかけてみたのだが、あらためて
【MP3にコンバートする過程でこぼれ落ちるものは多い】
ということに気がついた。

子供が産まれてからというもの、主なリスニングルームはクルマの中になってしまってるからねえ。
色々リファレンスにしてるCDをかけてみる。どれも感動的に素晴らしい。やっぱりMP3に圧縮することで削ぎ落とされるものは多い。聴いてるだけでアガる。

Cdref

ということで、自分プチオーディオブームが到来しましたw。

今年もいろいろ新たな活動の予定もあり、随時お知らせしていきます~。

2017年12月13日 (水)

12/9(土)【ILL JAZ】@DOOZでError404

S__51847170

20171207_220111_2

ドラムブラザー・星くんと僕のユニット=Error404で、
DJ kaneta a.k.a つぼ8君主催のDJイベント 【ILL JAZZ】@DOOZに参加しました。

Error404名義ではないものの、星くんとはこの20年、Triple-XXX、Amps、Eins Fiddler Orchastra等のユニットにツインドラムorドラム+パーカッション参加してきたわけですが、
2016年に辻コースケperc(goma&jungle rhythm section 、オルケスタナッジナッジetc.)ライヴに参加したのを機に2人ユニットとしての活動を始めることにしました。
考えてみたら、完全に2人だけで演るのは今回が初めてだなあ。

音量や搬入のことも考慮して、僕はカクテルドラム+サンプリングパッド(Roland SPD-S)、星くんはダラブッカで臨むことに。

S__52101123

20171207_220138

今回はイベントの開始が23時と遅かったので、ワレワレの出番は24:30.。
年寄りにはキツい時間帯だ。。

イベントは 

DJ OMAMEDJ kaneta a.k.a つぼ8~ワレワレError404DJ TAKIDJ孔明ANON IDという流れで!


Error404の演奏は、自分で予想していたよりもいい感じでいけました。

ループや仕込み音源、自作曲等をパッドやiPad、携帯をアプリでカオスパッド化したものに散りばめて演奏してみました。
30分の持ち時間をなんとか飽きさせずに聴かせられたかと思います。
演ってても、すごく自由に演奏できてる感じがして、自由に水の中を泳いでる感じというか。
個人的にはズラし、フェイク、拍の割り方の変換/混在という方向性でかなり収穫があった^^。

今回のDJ陣は皆クリエイティヴで良かったな~。
僕の方も刺激受けましたよ。

主宰のつぼ8くん、誘ってくれた瀧口くん、ipadの電源お世話になりましたANON IDくんほか共演のDJ諸兄、
DOOZシゲルマスター(郡山の伝説のディスコキングですよ!)、
観てくれたお客さん、写真撮ってくれた富田くん、ありがとうございました。
これを機に来年はError404のライヴを増やしていこうかと思っております。

2017年12月10日 (日)

人生初のビッグバンド!

なかなか演奏する以外に酒飲みには出れないんですが(ブログやインスタには遊んでるとこしか載っけてないんでヒマ人だと思われてるようですが、普段は朝から夜中まで仕事してます)、たまに仕事関係の集りの後などに魂を洗いに行くわけです。

まあほとんど不義理している知り合いのお店に顔出す感じなんですが。
そんなわけである日、久々にアルチスタ に顔出したら大島今日子さんpがホストのセッションデイで、楽しく演らせていただきました。
大島さんとも20年前位から知合いなんですが、2,3年ぶりだったかしら。
で、イキナリ
『がっちゃん(←古い人は僕のことこう呼びます)、GOGOジャズオケの暮れのライヴ手伝ってもらえない?』
とパックンチョされちゃったわけです。

Img_20171126_0002

酒のイキオイで軽くいいよ~とか言っちゃったものの、なかなか難儀しましたわ。

もともと譜面にはそんなに強くないので、
譜面ガン見してるとプレイに神経行かないし、ちゃんと見てないとロストする。まあ見ててもロストするがwww。
結局はある程度身体に入れちゃうしかないわけです。
10数曲あったんで、1カ月くらいクルマ移動中はビッグバンド用の曲だけ聴いてました。
あと、いちばん悩んだのは音量的なものかな。
コンボとは当然違うんで、ブラスのソリや決めとどこまで合せるか。
音量もコンボより強めで良いだろうけど、どのくらい出し目にしてよいのか。
そこらへんですね~。
実際やってみると、『もっと強めに行っちゃっていいよ~』という感じなので、
じゃいつもの調子で良いかとw。
あちこちヤバいところはありつつ、本番の12/2(土)。

9034

アルチスタのみどりママに無理言って、セット持込みで演らしていただきましたm(_)m。
アルチのセットはちょっとデカいので、オレのいつもの調子でやるとドッカンドッカンでブチ壊しになるのが目に見えてたのでね。
アートスターのミニセットで16BD、10TTに13FT。これで丁度よくバランスした。
今回はレギュラーメンバーに加え、タッキーtbや緑川俊tpもヘルプで入るので気は楽だったかな。

特別企画ライブ 「GO-GO ジャズオーケストラ」

< 出演メンバー >
菅野 恵/橋本 愛(As)
鈴木利一/本田 貴志(Ts)
佐藤 三千男(Bs)
塩田 静生/森田 隆二/緑川 俊(Tp)   
野島 孝一/西田 重典/滝田隆浩(Tb) 
大島 今日子(Pf)  
中村 祐貴(Ba)    
秋山 幸広(Dr)

9045

9048

まあなんとかなりました、つうか、なったと思いたいwww。
ゲストボーカルの真灯かなたさん(元・宝塚歌劇団)も流石の歌唱!lovely
計15曲、頑張りましたオレ。
始まっちゃえば終始楽しくできましたよ。
お客さんも踊ってくれたので、まあよかったんではないかと。

9052

9054

アルチスタみどりママ&スタッフ竜太郎君ナオコちゃん、
お客様、
GOGOジャズオーケストラ&真灯かなたさん、
ありがとうございました!
次回あればもうちょっと精進しますm(_)m。

90629056

9057

2017年11月30日 (木)

【Classic Energy】今宵はOn The Rock!に参戦。

11/19(日)Classic Energyれのんb/新藤猛g/Aきやまユきひロds)、2回目のライヴでした。

Dpafydjv4aebeb5

肝臓神こと大槻さん主宰の
【今宵はOn The ROCK vol.3〜 星空の下でランデブー 〜
に参加です。
なかなかに濃いメンツでの長丁場なライヴでしたが楽しめました。

act:ひろのり・B ・のび太/ヤマダユウ/アーキテクト/アキホトマリカ/Berangkat/黒沢アキト/DIRTY CATS/ピローマン/羊のファンク/zap/Classic Energy/Counter Parts/Holograph

日付をまたぐ長丁場のライヴでしたが、面白かったですよ。
カウンターパーツやzapも一緒でアダルトから若々しいバンドまで幅のあるラインナップ。
われわれも若者に負けじと頑張りました。
誘ってくれた大槻さん、対バンの皆さん、ピークアクションスタッフ諸兄、観てくれたお客さん、ありがとうございました。
◆◆◆◆◆
MCでもちょっと言いましたが、じつはデモ音源を制作中です。

Pa3

谷田部さんのスタジオをお借りしてドラムを録り、ウチのスタジオで他パートを録音しています。
ホントはこの日のライヴで配布しようと思ってたんですが、やっぱり間に合わんかった。
1曲(Invisible Chaser)だけは仮ギターと仮ベース入れてドラムレスのオケを作り、前の週のドラム教室プチ発表会での演奏に使ったんですが、なかなか好評でした。
次回のライヴ時には何曲かお届けできるんではと思います。

ClassicEnergy、次回のライヴは2/25(日)KMC主催【郡山フューjジョン伝説】
の予定です!
詳細は後日お知らせします~。

2017年11月26日 (日)

クーリー(こと栗原晴美)のこと。

クーリーこと栗原晴美が亡くなったとFaveRaves青山くんから知らせが来たのは、得意先の旅行中でした。

Collage1508374594425_2

僕がT島君やオリ君たちとライヴハウスに出始めたあたりからの、ほんとに古い友達。
オriginalラveでコーラスやってもらったのをきっかけに、彼女らがやってた3人組のコーラスグループ=ペイズリーブルー真城めぐみ栗原晴美新堂貴子)のバッキングも
中森康弘仁見世雄g/久保のりこkb/吉本佳照b/dsで解散までやってた。

サルサバンド一緒にやってた南米から来たvoの旦那さんと結婚していま山梨にいるとのこと。また会いたいねえとか言ってたんですが、じつは病気のことも聞いてて。ガンで手術してて5年再発なければ寛解なのよという話でしたが、去年再発が見つかった。。

『秋山っち、私に会いなさい。これは命令よ。
どうなるかわからないからとりあえず身体が動くうちに唄えるだけ歌いたいし、
美味いもの食いたいし、旅行も行っときたい。
もちろん、友達にも会っときたいわけよ。』
とメールが来た。

Kuri2

4月に東京出張の翌日休みを取ってT島君と2人で山梨まで行ってきた。
湿っぽい話になるのが怖くて、シャカリキになってバカ話ばっかしてたような気もするが。。。それで良かったのかも。 今となってはだけど、会っておいてよかった。。。。
抗がん剤治療はかなり身体への負担が大きくて消耗するので、末期治療は放棄してちょっと安らかに過ごしたいという希望だったようですが、そんな間もなかったのだToT。
亡くなる2週間前くらいにも旧友ショーコちゃんが見舞に行ったのだけど、その時はまだ元気で、翌日旦那さんと旅行にも行けたそう。
そのすぐあとに容体が急変したらしい。

Megumi1

じつはショーコちゃんが見舞に行く1,2日前に夢に出てきてちょっと悪い予感はしてたんだ。クーリーと二人でオーディション受けに行っては落とされまくる夢。
抗がん剤治療で食欲無いけどこれは食べられるって言ってた郡山のお菓子エキソンパイ、送ってあげればよかった(T-T)。

めぐみちゃんがツイッターでメッセージをあげてくれたので転載します。
僕はFacebookやってないのでわかりませんでしたが(ツイッターよりもFBのほうが頻繁に投稿あったよう)、意識がなくなる直前まで麻痺の出てる手でキーボードにメッセージを打とうとしていたらしい。
僕たちの方こそ感謝です、クーリー。
クーリー、天国で思い切り唄って美味いもん食って安らかに過ごしておくれ。
R.I.P。。。。

Kuri3

2017年11月25日 (土)

【十字屋ドラム教室プチ発表会】 『ドラムまつり』

十字屋ドラム教室プチ発表会というか、懇親会的な催しを開催しました。

20171111_183822

名付けて『ドラムまつり』
会場にキーちゃんのお店・M&Jをお借りして行いました。
マスター、ミキちゃんありがとうございましたm(_)m。
OBの皆さんも東京や仙台からも多数参加してくれて盛り上がりました!
講師OBで塩田くん(カウンターパーツ)も。
今回は被り物縛りでwww。
当然、ワレワレ講師も被るwww。

20171111_184304

みんな有無を言わさず率先して被ってくれるwww。
和やかに呑みつつ、1人づつ演奏。
参加していただいた生徒さん、OBの皆さんの熱演、堪能しました!
ホントに十人十色で面白かった!
M&Jブログ

Jd1

Jd2

2017年10月22日 (日)

10/7(土) 金尾よしろうさんのバッキング@M&J

10/7(土)M&Jにて金尾よしろうさんのバッキングを務めさせていただきました。

S__19152901

金尾さんは福岡出身のシンガーで、お名前はかねがね伺っておりましたがお会いするのはお初でした。
金尾さんvo,g/松下年見さんchoに加え
郡山勢は入谷まゆこkb/阿部トモキチb/ワタクシdsで!
ライヴはNAOTOさんのOAから始まり、金尾さんソロで何曲かのあと郡山勢登場。
4曲ほどご相伴の予定が9曲に増え・・結局後半ほぼ全曲演奏しました。

金尾さん、流石のキャリアを感じさせる素晴らしいシンガーでした^^。
強力です。
松下さんも大人のヨユーで素敵。

O0960054014044498557

今回、自分のセットを持込みでしたが、正解。
20インチのキックで丁度よくバランスした。
結構レゲエな曲が多く、スネアもパールZLの深胴で低めにしてみました。これがドンズバ^^。
もう一人サポートgの人も伴う予定が急遽キャンセルになり、まゆちゃんkbにちょっと負担は掛かっちゃったんですが、流石の対応力で乗り切りました。
まゆちゃんはこの日もみんなのマスコットにwww。
アンコールではヨコチンgと190くんkbも1曲弾いてくれました。最初からヨコチン呼んどきゃよかったw。
熱いライヴ、ワレワレも楽しみました!

A1

2017年10月14日 (土)

郡山ドラム会+十字屋楽器presents 【ASA-CHANGのカリビアンドラム講座】

9/18(祝)、十字屋楽器4Fレッスン室において、

郡山ドラム会+十字屋楽器presents
【ASA-CHANGのカリビアンドラム講座】
を開催しました。

Flyer3_01after_2

どういうワークショップにするのかを事前にASA-Changさんと相談する中で、
『ふつうドラムクリニックって言うと、まず最初にワザ満載のデモ演やってからいろいろ解説みたいな流れじゃないですか。そういうのには全然したくなくて。』
『なんていうか、手足だけ動いて魂入らず、みたいなのの弊害ってすごくあると思うんですよね。』
という話はされてて。
具体的には、
●「スカやレゲエ等を取り入れた音楽」っていうのは無数にあって、しかもそれがレゲエやスカそのものだと思ってしまっている人が多いのも事実。表面的にならずニュアンスをつかむのにはまず本物・ルーツを「知る」ことからはじめてほしい。
●オリジナルの資料(紙資料+Asa-chang秘蔵の、おそらく国内ではほぼ流通していないであろう鬼レアな映像資料)を併用して、スカやレゲエはじめ各音楽スタイルそのもののルーツを知ってほしい。
特有のリズムパターンを生み出す地理的要因であったり、言語/民族的要因であったり、背景を知ることでドラミングにフィードバックされるものは計り知れない。
●細かく複雑なテクニックの向上に終始しがちなドラマーに、音楽的背景・ルーツを知る必要性を強調させる格好のタイミングでは?!
みたいなことは話しておりました。
とは言え、
『ドラムセットは1台あればいいですよ』 『???』
『スティックもまあ無くても大丈夫。筆記用具だけは必ず用意してください。』 『???』
という感じで、どういう運びになるのかは当日まで僕も全然予想がつかずでした。

Wss

結論から言うと、いや~、非常に面白いワークショップになりました!
ネタバレになっちゃうんであんまり細かい内容は書けませんけど、かなり眼からウロコの内容でした(^-^)/。
こんな事もあんな事も知ってて横にうっちゃってるのと知らないでスルーしてるだけのとは音楽的にも表現的にも雲泥の差があるんだなと。
もちろん、Asa-chang伝家の宝刀であるレゲエ~スカドラミングの実演などもあり、90分の予定を大幅に超えてアツいセミナーを展開していただきました!
参加者からも
『全然予想してた内容と違ってて面白かった。ものすごくためになりました。』
『音楽を別な角度から見れるようになれればいいなと思った。』
などの感想をいただきました。
個人的には、最後のディスカッションで、ここ数年でドラミングの潮流がものすごいイキオイで変わってきてるって話があったんですが、あのあたりの話はためになったなあ。後生畏るべしですよ。
快く会場をご提供いただいた十字屋楽器さん、講師ASA-Changさん、
参加してくれた受講生の皆様、手伝ってくれたドラム会のみんな、
プロジェクター等お世話になりましたゴアガジャ陽一君、
ありがとうございました。
◆◆◆◆◆
終了後、ドラム会の面々と共に三松会館へメシ食いに。
Asa-chang、三松のおやっさんからもサイン求められておりました!
三松会館へ食事に行ったらサイン探してみてくださいな。

Sannmatsu

2017年9月20日 (水)

人生初YAZAWA!キャベツ餅ライヴ@逢瀬公園

9/17(日)

Kyabetulive2017

アッキーのトラでM&Jのマスター・喜八っつぁんのバンドで
逢瀬公園キャベツ餅ライヴした。
われわれ喜八バンドは、
喜八vo/横田俊一郎g/服部190kb/阿部トモキチb/オレds
というツワモノ揃いのメンツで、なんと人生初YAZAWA。
なかなかおもろかったです。

台風が近づいてて開催もちょっと危ぶまれた感じでしたが、雨もなんとか保って無事完了しました。宮田や万華響もいっしょで楽しく過ごせました。出産間近いモアちゃんも来てた。元気な子産めよ~!イエーイ。

2017年8月11日 (金)

9/18 (月・祝) 【ASA-CHANGのカリビアンドラム講座】のお知らせです。

Title

日時: 9月18日(月・敬老の日) pm2:00~
場所: 郡山市 十字屋楽器4階レッスン室
料金: 2500円(テキスト代含む)
必要なもの: 筆記用具、スティック

主催: 郡山ドラム会 / 強力協力: ㈱十字屋楽器
ご予約&問合せ:
ドラム会(秋山)

十字屋楽器 024-932-2624

◆◆◆◆◆

Asachangcarib2

レゲエ Reggae /スカ Ska /カリプソ Calypso /ソカ Soca /ビギン Beguine
チャチャチャ ChaChaCha  etc、etc..........

ひとくちにラテン~カリブ海系のリズムと言っても、さまざまなリズムがあります。
よく『ラテンぽいフィールで。』とか言いますが、漠然としすぎて
「本に載ってるリズムパターンを叩いても、どうもソレっぽくならない」とか
グルーヴがイマイチ」なんてことはないでしょうか。

リズムは民族・言語・土地・時代によってパターンもノリも意味合いも変わってきます。
【フィール=感覚】というあいまいな物の根底にあるリズムの音楽的背景を知ることで、これらは解決できます。

700x525_img_tid41971_2_2

この講座では、スカパラの創始者Asa-Changが、スカのルーツやカリブのリズムをドラムに落とし込んでレクチャーします!
独自のテキストと、AsaーChang秘蔵の(おそらく日本国内ではまず流通していないであろう激レアな)映像資料を併用しての貴重な講座となります。

もちろん、十字屋楽器の生徒さんやドラム会参加者以外の方も参加大歓迎です。気軽に上記のメールアドレスからお申し込みください。
さらに言えばドラマーやパーカッショニストでなくとも楽しめる、有意義なワークショップにしたいとAsa-Changともども考えております。

【 講師:Asa-Chang 】(アサ・チャン/朝倉弘一)
いわき市出身。
ヘア・メイキャップアーティストとして活動後、’89年に自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。
スカパラのブレイク後、’93年に脱退、以降フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、唯一無二の存在感を放つドラマー/パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン系のみならずインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめボーダーレスに楽曲にアプローチする独特のプレイスタイルは、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。
自己のユニットAsa-chang&巡礼も数度のメンバーチェンジを経て活動中である。
近年では、NHK Eテレの音楽教育番組「ムジカ・ピッコリーノ」にレギュラー出演、ポン・ジョルノ役を好演したのも記憶に新しい。
自己の開発した楽器・タブラボンゴの普及にもいそしんでいる。
http://www.asa-chang.com

◆◆◆◆◆
縁あって、素晴らしいアーティストのレクチャーを直接受ける機会を設けることができました。 ぜひご参加ください!

Flyer3_01after

2017年8月10日 (木)

【KMC presents 真夏の夜の夢】 CLASSIC ENERGYお披露目でした。

Image1499388706659

M.J.L.Aでも一緒だったれのんさんbのリーダーバンド・CLASSIC ENERGY にドラムブラザー・イサム君の後を受けて加入しました。

れのんb/新藤猛g/Aきやまユきひロdsの3人編成で活動していくことになりました。
今後ともよろしくお願い致します。

8/6、僕入りのCLASSIC ENERGYとしてはお披露目となる
【KMC presents 真夏の夜の夢】@郡山Club#9 完了しました。

出演バンド
Cycle of 5th ( Original Progre Metal from東京)
Classic Energy ( Spiritual Rock )
Lesson 1 ( as Red Warriors )
Loudnese ( as Loudness )
Outer Limits( as SHOW-YA )
Stream ( 80’S 歌謡Rock )
Be-Hallen 2016 ( as Van hallen )
Creamy Roki ( secret )

S__41918503

CLASSIC ENERGY
はわりとプログレハード的なアプローチのバンドで、なかなかにややこしいオリジナル曲ばかりなんですが、大ポカもなくなんとかこなせた。いかった~。
普通のバンドやセッションならまとまりを考えてもうちょっと安全策寄りななドラミングをしますが、相手はれのんさんなんで勝手知ったるつうか、多少キケンなアプローチでいってもフォローしてくれるだろうと甘えてw、思うさま手数系のアプローチでいつもより多めに叩いております。
新藤くんともセッションでは何度かプレイしてるんで、安心してプレイできます。
ライヴ自体もバラエティに富んだ面白いライヴでしたよ。

Co5_20161022

東京からのゲストバンド・Cycle of 5th は初期ドリームシアターを思わせる良いバンドでした。
プログレ系のバンドってボーカルが演奏のオマケみたいになってたりするのが多いけど、ここは専任のボーカリストが楽曲を唄ものとしてもちゃんと成立させててとても良かった。
長くやってるバンドならではの演奏で、客席で観ててもみんなグイグイ引き込まれてくのがわかりました。

観てくださった皆さん、共演者各位、#9スタッフ諸兄、KMC事務局に感謝いたします。

◆◆◆◆◆
CLASSIC ENERGY、次回のライヴは

11/19(日)
大槻シン企画【今宵はOn the ROCK!vol.3】
@郡山Peak Actionです。
詳細は後日お知らせします!

2017年7月21日 (金)

夏のライヴ関係いろいろ。

20170719_162323

いやはや暑いですね。

かと思えば、只見では豪雨だったり。
こないだはえらい目に遭いました。
豪雨から2日後、只見の現場に向かう途中、金山の道の駅でメシ食ってたら現場監督から連絡あり、只見町に入る手前の道路が陥没して会津方面からのアクセスがアウトとのこと><。ここは迂回路も無いので、どうにもならん。
仕方なく、金山町から昭和村に入り、道無き道みたいなスゲエ峠を通って南郷村に出てやっと現場に到着orz。1時間半のタイムロス。。。。
昭和村の道の駅ものどかで良いとこですね。仕事じゃなければだがwww。

◆◆◆◆◆<

M.J.L.Aでも一緒だったれのんさんbのリーダーバンド・CLASSIC ENERGYにドラムブラザー・イサム君の後を受けて加入することになりました。
れのん b /新藤猛 g /Aきやまユきひロ ds)
アタクシ加入後初ライヴは、

Image1499388727586

KMC presents 【真夏の夜の夢~A Midsummer Night’s Dream】

日時/8月6日(日)
場所/郡山 CLUB #9 
料金/¥2,000 ( 1DRINK )
時間/14:30 OPEN 15:00 START
※告知フライヤーは15:30 STARTと表記されておりますが、出演バンドの時間調整のため15:00からの開演となります。
【act】
Cycle of 5th ( Original Prog Metal )/Classic Energy ( Spiritual Rock )/Custard pie ( as Led Zeppelin )/Lesson 1 ( as Red Warriors )/Loudnese ( as Loudness )/Outer Limits ( as SHOW-YA )/Stream ( 80’S 歌謡Rock )/Be-Hallen 2016 ( as Van hallen )/Creamy Roki (secret)

※CLASSIC ENERGYは 17:15~の予定です。

わりとプログレハード的な感じで、いつもより多めに叩いております!

Image1499388706659

◆◆◆◆◆

仕事も繁忙期でなかなかキビシイのですが、合間を縫って
8月の大信村のイベントとか、9月のキャベツ祭りとかイベント仕事がいくつか。。。
詳細は追ってお知らせします。

2017年7月10日 (月)

ペダル再考・温故知新

フットペダルも最近のものはいろいろ調節できて便利は便利ですなー。

20151010_075449

なんですけど、こればかりは好みもあるけど、僕の世代はやはり当時みんな使ってた・どこのスタジオ入っても置いてあった名機・ヤマハFP720で育ってるんで、体感的にこのペダルが基準になってる。なので極端なセッティングには抵抗あるよね。

いろんな踏み心地を調整できるというのは利点なようでそうでもない。
結局ナチュラルな操作感の真円カムに戻るし、実際それしか使い物にならない高級ペダルもけっこう存在する。なんでも調節できるからって、毎回どこもかしこも調節しまくったりなんかしないよね。
ベアリングなどで超低フリクションロスを売り物にしてるペダルも多いけど、ジョン・ボーナムもイアン・ペイスもバディ・リッチもフィル・コリンズもスピードキングであのスピード、パワーですぜ?先達が見たら『おめーら、こんな良いペダルでこんな屁みたいな演奏しか出来んのか!』と怒られそうです。
かくいうアタクシも、ペダルには散々お金使いました。
ベルトからチェーンからダイレクトドライブまで踏んで最終的に低フリクションペダルの筆頭・DW9000まで使ってみた。
結論としては
【結局FP720で踏めなきゃ、ナニ使っても踏めねーよな。】
ってとこですw。
まあエクストリームなブラストとか踏む人は別として、ですが。
昔はペダルに神経質だったんですが、最近はいろんな踏み心地を楽しめるくらいの余裕はできましたね。
といっても、どれか一つしか機材を持ち込めないシチュエーションなら、迷わずペダルを持っていきます。スネアとか最悪叩けば音は出るしチューニングでなんとかすることもできるけど、ペダルが最悪だともうどうにもならんですよ。

結局、わりとトラディショナルな踏み心地のものが好きなんだな。

具体的に言うと、真円カムでシングルチェーンかベルトドライヴのもの。

20161114_223953_2

あと、ヒールダウンで踏むことも多いのでヒールは無いときつい。
最近のペダルはボードの仕込み角オフセットで踏み込みトルクを調節できるものも多いけど、これも軽いから良いっつーもんでもないのね。結局、ノーマルに真下に引っ張る角度がいいわー。
フレーズの中に脚を組み込むことが多いので、キックもバスタムの延長線上にあるパーツとして演奏したいのね。なのでダイナミクスも表現できるペダルでないとキビシイ。
さすがにツインペダルはこの年代のものは左側のロスが大きいので、パールの安デーモンことP-932にしてます。これは現在最強コストパフォーマンスのペダルと言って良いんではないか。ただしヒールが無いのが難点と言えば難点。まあ、ツイペ使う時はヒールダウンで踏んだりしないしね。

Ironcamco3_2

で、結局またアイアンカムコ(初代TAMAアイアンコブラのフレームにCAMCOのギアとボードを付けた改造品)に戻ってるわけですよ。
ただし、ベアリングをスケートボード用の高回転のものに換えてチューンしたらオリジナルの歯車よりもアイアンコブラのローリンググライド(真円)のスプロケットのほうが具合が良いのでそっちにした。(歯車が微妙にチリチリ言うのもCAMCOの魅力ではあるのだが、それはDW5000もあるんでそっちで味わえる。)
音量をパワーの入れ方でなく、スティック同様に打面とビーターの距離で表現できる良いペダルになりました。
まあこんなことばっかやって楽しんでるわけです^^。
たまには古いペダル踏んでみると、新しい発見がありますよ。

2017年6月12日 (月)

【十字屋音楽教室発表会・H29夏】

2017summer

6/11(日)は【十字屋音楽教室発表会】でした!

基本的には年に2回の発表会があるのですが、昨年冬は会場のヒップショットが押えられず、各科ごとに発表会を催しました。なので、一年ぶりの合同発表会です。

ギター科(アコースティック、エレキ)、ベース科、ボーカル科、ドラム科の生徒さん達が練習してきた曲を前日のリハで合わせて翌日本番、と言う流れです。足りないパートはワレワレ講師陣で補うという感じです。
アコギ弾き語りの人やウクレレ科の曲もあわせると今回も40曲超でした。

僕も生徒さんの代打やg科vo科の生徒さんのバッキングで数曲叩きました。
大きな仕事入っちゃって出れなくなったKさんの代打でcreamの「Badge」はドラムセットで。
vo科E藤さんのバッキングでコンガで「Day by day」をボサっぽくお洒落に。
そして講師陣ほぼ総出演でEW&Fの「September」

Dcbntthvoaaocag

さらにラストは古株のg科生徒Mさんのバッキングで講師総出演でサンタナのBlackMagicWoman。
見事にオトナ気無い(特にオレpercとイサム先生ds)ガチセッションにwww。楽しいーwww。(撮影:O槻さん)あ、クミコ先生voがPAスピーカーの陰で写ってない。
生徒さん相手と言っても、演る時はいつも本気ですからねwwww。
とかなんとか言ってて、講師ほぼ総掛かりで演奏したセプテンバーも、その次に出たウクレレ弾き語りの7歳の女の子ひとりに喰われちゃうんですから油断できませんwwww。
後生畏るべしです。

毎回、生徒さんたちから『やってよかった』と言われるのが糧になってます。
エラそーに教えたりなんかしてますが、毎度教えられてるのはこちらの方です。

講師なんぞ喰いまくっちゃうようなミラクルな人たちももっと出てきてほしいけど、地道にシコシコやってる人が小さな花を咲かせるような瞬間も、もっと見たい。
そんな気がする発表会明けの朝です。

«GW大阪春の陣②ダダリズムの巻

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30