フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2004/8/22(日)ジャズ祭イン開成山 | トップページ | 嗚呼!パール102Hの巻 »

2004年8月27日 (金)

2004/8/27(金)夏の終わり。

なんか夏も終わりですねぇ。ここ2,3日で急激に飽きっぽく、それはいつものコトだ、秋っぽくなってきました。夏が終っていく感じっていいんですよ。子供の頃だと夏休みの終わりともシンクロしててねえ。とりあえずライヴも終ったし、ちょっとボケーとしてます。
↓日本の夏。野外の夏。
Afterhours2004jazz2以前ちょっと書いたSEA LEVELですが、海っぽいカンジはカンジなんですが、カラパナやパブロクルーズあたりの海系ロックと何が違うかというとちょっとジャズ寄りというトコで、海辺には来てるんだけど海パンは履いてないカンジ。カラパナやパブロクルーズだと、家から海パンてなカンジがします。
カラパナに至っては海パンしか持ってないカンジです。ま、どっちでもいいことなんですが(笑)。

夜になると急に温度が下がり、星が綺麗です。まだまだ郡山は田舎ですから。
ホッピーなど(最近家でホッピーにハマっている。幾つになっても安酒しか飲んどらんオレ。)呑みながらそんなこんなを考えてるワタクシの横ではニョーボが「冬のソナタ」を見ているわけですよ。ええ。
もーそんなに交通事故に逢うかいコラ!とかツッコミたくなるのですが(笑)。このドラマのヒットの要因って意外と声優かも。ヨン様は雀鬼・萩原聖人(オトコ組高橋和也はイ・ビョンホンの声だった)、チェ・ジウは田中美里(あぐり)ですが、この2人の声でイメージが出来上がっちゃってるので素のチェ・ジウの声だと「アレ?」ってときもあります。結構落ち着いた声なんですよ、チェ・ジウの地声は。好きです、キシリトール。

そんな今宵は
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Daisyevelestデイジー「月の影」(「evelest」より)
松田マヨは鬼才という言葉が相応しい凄いソングライターですが、歌詞もまた良いのです。「愛」とか「恋」って言葉を軽々しく詞に使わないところも流石。この曲は素晴らしい弦のアレンジ(これもマヨ)とともに夜のメランコリーが胸に迫ってきます。名盤「エベレスト」は見つけたら買うべし!はっぴいえんどトリビュート以来リリースがないのですがどうしているのか?

« 2004/8/22(日)ジャズ祭イン開成山 | トップページ | 嗚呼!パール102Hの巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/2750679

この記事へのトラックバック一覧です: 2004/8/27(金)夏の終わり。:

« 2004/8/22(日)ジャズ祭イン開成山 | トップページ | 嗚呼!パール102Hの巻 »