フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 怪造遍歴その② | トップページ | 秋のライヴ予定その③ »

2004年10月20日 (水)

2004/10/19(火)叩き系な日々②福居良さん(p)とライヴ

10/15(金)
■ピークアクションにて柳沼文雄トリオ+1のリハ。
うむむむ。ここんとこ風邪が抜けない。曲も体に入ってきた感じでいろいろなアプローチを試してみました。
■リハ後ギネスビールでも飲んで風邪を散らそうかとMaxwell St.に寄ったら、太田さんds吉田太陽くんbクミコさんvoマオくんgや日大ジャズ研ワカモノ部隊と勢揃い。
結局ビールを呑むヒマもなくセショーンタイムへ。
今日は太陽くんが珍しくフレットレスベースを持って来たので、いつもとアプローチが違います。ジャコモデルのジャズベなのですがこれが良い!
結局ガチンコで叩きまくり。クミコさんvoでも2曲ほどご相伴し、終了。太陽くんにハーモニックス講座を受ける。結局1時半。

10/18(月)
■苺1000米イトゥーくんdsが遊びに来る。一緒に練習。
合理的な体の使い方、まずフォーム的なことから基本ストロークをおさらい。
とりあえずオルタネートでアクセントの移動と休符の移動をやる。
ハッキリ言って、これさえしっかりやっておけば大抵のオカズは叩けます。
ドラムマガジンとか読んでると複雑なワザが目白押しに書いてありますが、やっぱり基本は1つ打ちです。1つ打ちに如何に魂を込めるかが勝負です。あらためて自分でも再認識。
イトゥーくんまた近々一緒に練習しようぜ。

10/19(火)
■ベテランピアニスト・福居良さんとライヴ。つうか福井さんのソロライヴの休憩時間におじゃま虫、という感じで。
福居さん、流石に王道バップな感じです。左手が独特なウタい方で、モンクの曲はさすがのタッチ。
40分ほどやって我々柳沼トリオ+1(柳沼文雄p堀川治wbAきやま@山猫軒ds小針尚美vo)の番です。
Yaginuma3■今日はスネアを台湾グレッチ14”×4”に変更。シンバルはボトムのみSABIANのフュージョンハットのボトムにしてみました。そういえばパイステのトラディショナルRIDEも今日が本格デビューなんですね。スティックを選ぶシンバルではありますが、かなりグーです。まだ若いので使い込んで音が練れるのが楽しみ。
■1曲目をインストでやって2曲目からヴォーカルが入ります。
ヴォーカル小針さん、いきなりセクスィードレスになってます。ナイスです。
ライヴの心地よい緊張感を味わいつつ、あっという間に終了。ホッ。
福居さんの2セット目が終わりワタクシと堀川さんが呼ばれてセショーンタイムへ。(「知らない曲やったらどーしよ」とか弱音はいてる堀川さんを初めて見ました)
Fukui3■緊張!!したんですが、流れが非常にハッキリと見えるので僕のようなインチキジャズもどきでも迷うことはありません(こっちのレベルに合わせて流れを作ってくれていたんでしょうけど)。
なんていうかすごく風景の見えるピアノです。こんなピアノ弾く人と初めて演りました。桃源郷です。
2曲ほど共演させていただいて終了。いやー勉強させていただきました。多謝!
ウチアゲは「こだわりやま」へ。福居さん+今日の共同主催のピーターパンのマスターご夫妻とメンバーで和やかに。
いつか札幌の福井さんのお店「SlowBoat」へも行ってみたいものです。
おつかれさまでした~。あ=、演奏後のビールは旨えなー。
☆デジカメ写真撮影は星昌宏くん。サンクス。

台風またキタヨー!んがー!な今日のBGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Jackharmonyrowジャック・ブルース「Harmony Row」
J・ブルース71年の作品。クリス・スペディングgジョン・マーシャルdsとジャックvo、p、b。これは昔から好きなんですよ。秋っぽくて。J・ブルースは綴りもbluesじゃなくてbruceっつう位でブルースというよりはジャズの影響強いですね。ブリティッシュの匂いがプンプンする唄もの作品です。最近紙ジャケ再発になり、別テイク等入ってるらしい。買わなきゃ。

« 怪造遍歴その② | トップページ | 秋のライヴ予定その③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/2750687

この記事へのトラックバック一覧です: 2004/10/19(火)叩き系な日々②福居良さん(p)とライヴ:

« 怪造遍歴その② | トップページ | 秋のライヴ予定その③ »