フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月20日 (水)

秋のライヴ予定その③

●アフターアワーズ
清水RYO(G)中川ヒロシ(SAX)ムッシュ佐久間(DS)笹沼優子(KB)川名義春(B) Misola北村(Steel Pan)Aきやま@山猫軒(PERC)

10/30(土)PM9~:at Maxwell Street
11/6 (土)Maxwell Street5周年記念 
         PM9~:at Maxwell Street
11/7 (日)12時 三春町まほら 
イベントにアフターアワーズで出演

●盟友☆くん経由で某自動車学校のCFの音やりました。もうすぐ放映される予定。てかもう流れてるらしいです。(2パターンあって会田浩之pさんのメローなピアノが流れるバージョンと、僕のやったウチコミ+ドラムロールのバージョン)

2004/10/19(火)叩き系な日々②福居良さん(p)とライヴ

10/15(金)
■ピークアクションにて柳沼文雄トリオ+1のリハ。
うむむむ。ここんとこ風邪が抜けない。曲も体に入ってきた感じでいろいろなアプローチを試してみました。
■リハ後ギネスビールでも飲んで風邪を散らそうかとMaxwell St.に寄ったら、太田さんds吉田太陽くんbクミコさんvoマオくんgや日大ジャズ研ワカモノ部隊と勢揃い。
結局ビールを呑むヒマもなくセショーンタイムへ。
今日は太陽くんが珍しくフレットレスベースを持って来たので、いつもとアプローチが違います。ジャコモデルのジャズベなのですがこれが良い!
結局ガチンコで叩きまくり。クミコさんvoでも2曲ほどご相伴し、終了。太陽くんにハーモニックス講座を受ける。結局1時半。

10/18(月)
■苺1000米イトゥーくんdsが遊びに来る。一緒に練習。
合理的な体の使い方、まずフォーム的なことから基本ストロークをおさらい。
とりあえずオルタネートでアクセントの移動と休符の移動をやる。
ハッキリ言って、これさえしっかりやっておけば大抵のオカズは叩けます。
ドラムマガジンとか読んでると複雑なワザが目白押しに書いてありますが、やっぱり基本は1つ打ちです。1つ打ちに如何に魂を込めるかが勝負です。あらためて自分でも再認識。
イトゥーくんまた近々一緒に練習しようぜ。

10/19(火)
■ベテランピアニスト・福居良さんとライヴ。つうか福井さんのソロライヴの休憩時間におじゃま虫、という感じで。
福居さん、流石に王道バップな感じです。左手が独特なウタい方で、モンクの曲はさすがのタッチ。
40分ほどやって我々柳沼トリオ+1(柳沼文雄p堀川治wbAきやま@山猫軒ds小針尚美vo)の番です。
Yaginuma3■今日はスネアを台湾グレッチ14”×4”に変更。シンバルはボトムのみSABIANのフュージョンハットのボトムにしてみました。そういえばパイステのトラディショナルRIDEも今日が本格デビューなんですね。スティックを選ぶシンバルではありますが、かなりグーです。まだ若いので使い込んで音が練れるのが楽しみ。
■1曲目をインストでやって2曲目からヴォーカルが入ります。
ヴォーカル小針さん、いきなりセクスィードレスになってます。ナイスです。
ライヴの心地よい緊張感を味わいつつ、あっという間に終了。ホッ。
福居さんの2セット目が終わりワタクシと堀川さんが呼ばれてセショーンタイムへ。(「知らない曲やったらどーしよ」とか弱音はいてる堀川さんを初めて見ました)
Fukui3■緊張!!したんですが、流れが非常にハッキリと見えるので僕のようなインチキジャズもどきでも迷うことはありません(こっちのレベルに合わせて流れを作ってくれていたんでしょうけど)。
なんていうかすごく風景の見えるピアノです。こんなピアノ弾く人と初めて演りました。桃源郷です。
2曲ほど共演させていただいて終了。いやー勉強させていただきました。多謝!
ウチアゲは「こだわりやま」へ。福居さん+今日の共同主催のピーターパンのマスターご夫妻とメンバーで和やかに。
いつか札幌の福井さんのお店「SlowBoat」へも行ってみたいものです。
おつかれさまでした~。あ=、演奏後のビールは旨えなー。
☆デジカメ写真撮影は星昌宏くん。サンクス。

台風またキタヨー!んがー!な今日のBGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Jackharmonyrowジャック・ブルース「Harmony Row」
J・ブルース71年の作品。クリス・スペディングgジョン・マーシャルdsとジャックvo、p、b。これは昔から好きなんですよ。秋っぽくて。J・ブルースは綴りもbluesじゃなくてbruceっつう位でブルースというよりはジャズの影響強いですね。ブリティッシュの匂いがプンプンする唄もの作品です。最近紙ジャケ再発になり、別テイク等入ってるらしい。買わなきゃ。

2004年10月16日 (土)

怪造遍歴その②

Tamaminikiy新作ミニキットです。
タマのロックスターのFT16”をBDに転用し、逆さにしてフロア脚を付けた13”×12”TTと10”×10”TTを組み合わせて作ったミニキット。
色はスモーキークロームで結構カッコいいです。
BDのリムをヤマハのウッドフープにすると更にかっこよくなるかも。

Tamaminikit2タムはスターキャストマウントで吊ってます。
BD脚はパールのジャングルキットの足を使用。
ライザー
は最近の僕の定番で、ヤマハのBDを輪切りにしたときの余り部分とDIY店で買ってきた金具で作ったもの。

早速ピアノトリオのリハに持ち込みテスト。
音量も全然問題ないし、ウッドベースとの相性もよいです。
コレは横浜のA田さんにお買い上げいただきました。
その後ヤフオクを見ていたら、これが再改造(木目シートを貼りBDのリムをヤマハのウッドフープに)~転売されているのを発見。
なかなかカッコよくなっていました。

2004年10月 6日 (水)

2004/10/6(水)叩き系な日々

10/2(土)
■ピークアクション(元エンタ屋)にて故・高橋ジュニア康二さん追悼ライブ
稲葉隆一(sax)+橋本匠(g)とワタクシでぶっつけ本番フリーセッション。稲葉さん最近かなり凄みを増しています。翌日のRoulette-Aylerのライヴでも凄かったらしいです。
↓稲葉隆一(sax)
Inabaこの日は他にも多数の出演。吉田さん(g)や師匠M岡さん(ds)らの「I SAW THE LIGHT」(トッド・ラングレン)は泣いた。奥さんのヒロコさんが「ALL OF ME」などスタンダードを何曲か唄ったのですが、声が良くてビックリ。ボーカル教室に通い始めてまだ3ヶ月とのことですが、歌い込めばかなりのセンまで行くんでは?いやマジで。。。。。ジュニアもきっと降りて来てたよね、ウン。

■その後10時からワタクシと川名さん(b)はMaxwell St.にて1ヶ月ぶりのアフターアワーズ■
チャーリー(Vo)が2曲ほど唄ってくれました。
Charlie←チャーリー(Vo)
その後、セッションタイムでは強力なニューオリンズ系のピアニストと2曲ほどやって帰宅。
僕が帰った後Maxリョウさんが店じまいしていたら師匠M岡さん(ds)らが追悼ライブから流れて来襲とのこと。多分覚えてないでしょう(笑)。

10/3(日)
雨なの~に~、仕事だがね~(泣)。終らんがね~。
mori君主宰のRoulette-Aylerやヨシダダイキチ(シタール)等出るライヴも行けず。いいかげん晴れてくれー。

10/5(火)
■ピアノの柳沼文雄さんに駆り出され堀川治さん(wb)とトリオ+ヴォーカル小針さん@ピークアクション■
10/19(火)にベテランピアニスト・福居良さんの前座でやるとのこと。とりあえず5曲ほど譜面を渡され、読めるフリして何度か演奏(汗)。
柳沼さんとは大分前から知り合いなのですが、共演は初めて。勉強させてもらいました(凹)。
ヴォーカルやウッドベースとやる時はやはり音量のコントロールが難しい。キックのフェザリングの音量をどうしたもんか悩む。
本番は小さいセット持って来ようっと。
スネアとシンバルは自分のを持ち込む。昔から使っているパールのメイプルスネア6半とパイステのトラディショナルRIDE20“、UFIPのオールドのクラッシュライド18”(シズル1発付き)とザ・パイステのフルクラッシュ17”。HHはグランドマスターの13”ライトHH。スネアはちょっと替えてみようかとも思います。
堀川さんとやるのも何年かぶりですが、郡山に帰ってきた当初は会田浩之(p)トリオで勉強させてもらいました。
いわゆるジャズをやるのはホント久しぶりです。
昔はジャズっぽくしようしようと思ってて全然ジャズっぽくならない、というジレンマと戦いながら演奏していたのですが、ある時所詮オレはロック屋なんだからごちゃ混ぜスタイルでいいんじゃないのか?と開き直りましてね。なんかそのほうが逆にジャズっぽいような気がします。
最近レギュラーグリップの時はスネアの手前左側を上げるようにしています。(昔のジャズドラマーのようなセッティング)僕は腰が悪いので、こうすることで左側の腰に負担が掛からないのです。ホラ、ガッドなんかはイヤらしいほど左側に傾いてるでしょ。アレ、腰に悪い事この上ないです。
それにしても日々、勉強です。

やっぱり品良くイケないオレの今日のBGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
MILES DAVIS 「1969 Live」
マイルスtp、ショーターsax、コリアp、ホランドb、デジョネットdsの1969年のライヴ。それにしても69年という時代を考えてもこのアンサンブルは凄すぎ。ほとんどの人は理解不能な状態だったんではないか?現在のプログレやらダンモ、フュージョン、アバンギャルドを経由した耳で聴いてもトンガってます。特にデジョネットが炸裂しまくりです。下品でサイコー!です。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »