フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月30日 (火)

2004/11/30(火)叩き系な日々④

いやはや、風邪が抜けないと思っていたら耳が聴こえなくなり、慌てて耳鼻科へ。

飛行機に乗ったときのような感じと言うかプールの後耳に水が入っちゃった感じと言うか、とにかくキモチ悪い上に良く聞こえなくてイライラします。
滲出性中耳炎」と診断され、麻酔かけられて鼓膜を切開し、内耳に溜まった水を吸い出す。ケッコーな量の水が出ました。
麻酔かけられているとは言え、内耳に器具を突っ込まれるとソートー痛いです。
2、3年前から呑むと耳が聴こえなくなるんで、慢性化してるのかもしれません。トホホ。
Sctestにもかかわらず、昨日はバードランド(マックスウェルが移転新装してこの店名になります)でマオくんg川名画伯bと音出し実験ということで、スタクラのセットを試運転がてら持ち込んでみました。
新店舗は1Fにレンタルームやスナックが入ってる一見してかなり怪しいビルの2F。
とりあえずガンガン音出して、周辺や階下で音モレ具合をチェック。
元々ダンスフロアのあるお店だったらしく、防音はしっかりしているようです。下のスナックにいてもベースやバスドラの低音は聞こえないそうですから。
スタクラですが、いやー鳴る鳴る。バッチリです。キモチいいくらいの鳴りです。
大体は家でチューンして行ったんですが、ムッシュ佐久間氏に叩いてもらって裏皮の感じを調整。
グーですわー。ちょっとハイピッチにしたくらいで客席側から聴くと丁度よい位のピッチに聴こえます。
キックがね、もう気持ち良いのなんのって。ムリして力まずにズドーンと行くので楽です。オープンで踏んだ方が良いかも知れません。
ま、さらにチューンをしてそのうちフルセットでお披露目しましょう。

もう年末だがね!な今日のBGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Jonidvd「ジョニ・ミッチェルの肖像」DVD
2980円になってたのでつい買ってしまいました。ジョニの30周年記念スタジオライブのDVDです。メンツはブライアン・ブレイドds、元ダンナのラリー・クラインb、マークアイシャムtp、とスチールギターの人。いやあ、ブレイド憎いよこのー!と言いたくなるようなプレイですよ。ドカーン!とキックを踏み込むときの表情も素晴らしいです.。P・メセニーの誘いを「ジョニとやるから」という理由で断ったらしいですが、判るような気もします。ま、おかげでメセニーはアントニオ・サンチェスdsという逸材を見つけるわけですが。他のメンツもジョニの音楽に没入しつつ新たなスパイスを加える素晴らしいプレイです。

2004年11月20日 (土)

乳、あイヤ、ニューセットです!(古いけど)

え~、ヤフオクで色んな物をコロがして買ったわらしべ長者みたいなmyセット・TAMAスタークラシックのメイプルです。SFR付きのBD20”FT14”TT10”12”です。実際はこれに10”スネア兼ハイタムと15”ミニゴングバスが加わります。 Sc1_1中古と言うことでそれなりな使用感はありますが、ま、そのうち塗り替えますかね。真黄色とかに。んで「この色はオレとビル(ブラッフォード)だけの特注なのさ。」とかウソぶくの(小笑)。早速皮をいつものエバンスG1クリア&レゾナントに張り替えてみました。キックはエバンスEMAD。んふ~。もうバッチリ。程好く胴も乾いてて鳴りは良いです。キックがね、もう最高ですわ。最初ピンストが張ってあったんですが、ノーミュートでイケるんじゃないの、って位のシマり具合で。ズドーンと。タムは微調整は皮が馴染んでからですが、12TTの一番鳴るポイントを見つけてそこから上下のタムを追い込んでいくと良いような気がしてます。どうも12”×10”ってのは難しいなぁ。自分用のチューンアップがこれから必要ですが、長い付き合いができそうなセットです。チューンアップ済んだらまた画像アップしますね。

2004年11月16日 (火)

2004/11/16(火)叩き系な日々③

10/30(土)
マックスウェルSt.にてアフターアワーズ。
対バンは東京から来たVISE。ドラマーのリョウ君はアフターアワーズのドラマー・ムッシュ佐久間氏の息子さん。
ソウルフルな女性ボーカルとジャジーなバッキングの演奏が絶妙なバンドです。
何故かセッションでツインドラムでやる羽目になってしまいました。ホントは佐久間さんと親子ツインドラムで「息子よ、オレの屍を越えて行け!」と見栄を切って欲しかったんですが(笑)。
いや楽しかったです。かなり懐の深いドラマーですね、リョウ君は。立派に親の因果が子に報いています。
彼の持っていたKINGという謎のガレージメーカーのサイケ模様のスネアも良い音。トロンボーンで有名なキングとはまた違うみたいですが。彼もアメリカで出たコンテストの賞品だったとのことで詳細は不明。
また郡山で演ってほしいですね。
全員ジャズマナーの人たちみたいで、細部まで神経の行き届いた演奏は刺激になりました。

11/6(土)&11/7(日)
土曜はマックスウェルSt.5周年記念ライヴでアフターアワーズ。
スティールパンのキタムラ君が仕事で遅れ、スーツ姿のまま着いたのは終演後。昔からの常連バンドが多数出演で楽しめました。盛り上がったトコでマスター・良さんから爆弾発言がー!
マックスは「発展的閉店をする」とのこと!
|||||||||||||凹(゚ロ゚;)(;゚ロ゚)(゚ロ゚;)(;゚ロ゚)凹|||||||||||||ガチョーーーーン!
ま、場所を移転して名前も変えて再スタート、ってことなんですが。現マックスはクミコさんvoが引継ぎ、Girl Talk として来年から再スタートとのこと。隣の店舗(現けやぐ)の和風ライブバーの頃から来てる身としては感慨もヒトシオですが。詳細はマックスHPにて。=>

日曜は三春町のお祭りで「まほら」というホールで真昼間からアフターアワーズ。

その他DeepKissやMAXジャズメイト(クミコさんvo+マオくんgほか日大ジャズ研精鋭部隊)も出演。優子ちゃんkbが仕事で欠席ですが、迷惑かえりみず大音量でカマしてきました。今日はフルセットで、ティンバレスやシンバル他も持ち込み。(スベール小林さんお世話になりました)佐久間さん、スネアの音がヌケねーなー、とか言ってたら裏皮が破れてました。そりゃヌケんわ。
なんかイイ感じの祭りでしたよ。歩いてる人がみんなゆったりした顔してます。そういや長女がヒョットコに追いかけられて泣いたのも三春の祭りだったな。早いもんでもう小学2年です。子連れで縁日も楽しみ、仕事中ヌケだったんで輪投げやってクレープ食ってソソクサと帰りました。

気が付いたらもう晩秋な今日のBGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
クリス・スペディング「無言歌」

今はロカビリー系ギタリストになっちゃったC・スペディングの70年頃の作品。ジャズロックというにはあまりにも詩的な作品。晩秋はやっぱりコレです。これを聴いてイギリスの湿った冷たい空気を勝手に連想するのは私だけでしょうか?(って、行ったコトないのにさ。)マクラフリンの「Extrpolation!」と対をなす名盤です。

2004年11月15日 (月)

怪造遍歴③でおます。

そんな!ローテック22”BD President22bd1

パールのファイバー胴、プレジデントのカバリングを剥がし、密着プライマーを吹付け。さらにアクリルウレタン艶消黒を5回ほど吹付け。
ソナーのHITECを意識してみました。
名付けて「そんな!ローテック」
バキバキに鳴る。これにロートタム、ってセットも色気のカケラも無くて結構よいですね。これはヤフオクで仙台のSさんに売却。

パールELミニキット Pearlminikit1

パールの中級機ELエクスポートのFT14”をBDに転用し、12”TTを脚付けてFT化し10””TTと組み合わせて作ったミニキット。
BD脚とライザーはパールのジャングルキットを使用。
BDの表面は台湾グレッチに付いてきたコーテッドを張る。
14BDだとさすがに両面張らないと低音が稼げませんが、打面にハイドローリックを張って対処。
FTは12でも充分な気がするなあ。。
コレは早速ヤフオクで愛知のTさんにお買い上げいただきました。

2004年11月 5日 (金)

ヴィンテージなオレ。

BBSでトモミくんと大昔にやった忘年会スペシャルバンド「愛のマグロバンド」の話が出たので思い出しましたが、会場の新宿の呑み屋兼ライヴバーの備品でスタードラムがあったんですねー。
そうです。現在のTAMAドラムの前身=STARドラムです。
Stardrum1名前の由来ですが星野楽器だからSTARで、タマは社長のばあちゃんの名前らしいです。
TAMAブランドになる直前のモノのようで、ラグも70年代スーパースターの形状(ロジャースっぽい)の形になってます。
この丸型エンブレムは88年ぐらいにスタークラシックの試作品でのみ復活。
タムホルダーは昔のロジャースみたいな形です。
シェルはたしかレインフォースメント付きで内面ゾラコート塗装。
ということは後のインペリアルスター同等ですね。
音は良かった記憶がありますよ。
12年ちょっと東京にいましたが、STARドラム現物を見たのは後にも先にもア レ1回こっきりです。

そして叩いているのはヴィンテージなオレ(大笑)。痩せてます。懐かしい。。。。
ワタクシはあんまりヴィンテージに興味ないんです。この頃ラディックの70年くらいの一番いい頃のセットを使ってて、音は良いんですがパーツが壊れた時にオカネかかるんでTAMAに乗り換えました。
外国のドラムってハマった時はメチャクチャいい音するんですが、そのポイントを外すとダメな時が多くて。ワタクシ的には真円度が高くて色んなチューニングに対応する国産ドラムのほうが好きですね。ヴィンテージは「昔つきあってたオンナ」って感じですかね。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »