フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月28日 (月)

2005/3/27(日)叩き系な日々⑥郡山サル以下軍団とブルーズの沼。

■3/27(日)
久々に休む。とはいえ午前中は長沼町で仕事の見積り。
帰りにスティールパンアンサンブル・MISOLAの練習場にお邪魔し、4月の中村ヤヒロデュオのチケットを渡す。
K村くんったら新婚でもうウハウハ。S田くんのパールのセットをちょっと叩かせて貰う。
おおおっ!早速パールの村石雅行モデルスネアがっ!
パイステのダークエナジーのライド&ハイハットがっ!
村石モデル、キレもコクもある良いスネアですな。ダークエナジーの13ハットは非常に反応も良く、程好く沈む音でかつクリヤで素晴らしい。欲すい。

そして午後は「郡山サル以下軍団」こと子供たちを引き連れ、郡山カルチャーパーク(市営の遊園地)で「特捜戦隊デカレンジャーショー」を観戦。
45回転シングルを33回転で回しているようなユルユルなアクションでなんかもう気が遠くなりました。
カメラマンでギタリストSクライくん、同業者Y田さん現場監督E藤さんなど結構知り合いに逢う。。子連れオヤヂの行くトコは限られてきちゃうのね
遊園地で観覧車乗ったりアスレチックで遊んだりして帰宅途中にちょっと電器量販店へ。ココでまたもや新婚K村くんに遭遇。電気製品も新調の模様。ええのお~新婚さんは。こちらは洗濯機を酷使しすぎて壊れかかっているので、買い替えリサーチなのさ。まっ、そのうちK村くんも子供でもできれば嫌でもコッチの世界に来るのだ~。わははははははは(オイデオイデをしながら笑)。
Saruikaいやぁ~今日は久々に良き父親振りを発揮しまくりました。
ちかれた。
用もあったので子供達をフロ入れてからバードランドへ顔出したらセッションDAY。
旧知のK山さんや弘前からのブルーズマンO本さんg、Hら君b、D5くんdsマオくんgなど日大軍団、若い頃は相当ブイブイ言わせてたT辺さんgなど。
O本さんと「あっどうも初めまして。」とか挨拶してたらリョウさんに「ナニ言ってんの、アンタら何度か逢ってるよ。」と指摘される。
何度か旧マックスで面識あったハズなのですが、たまたま逢う時は相当ベロベロでお互いに覚えていませんでした(笑)。

マオくん、T辺さんg、日大ジャズ研ワカモノbと「chickin」をやり、一休みしてO本さんと話していたら、実は東京時代のバイト先関係(ブルーズ成分の濃い某会社)でニアミスしていたことが判明。
共通の知り合いがいるわいるわ。。世間は狭いです。
さらにO本さんvo,g、T辺さんg、Hら君bでJ・ウインターのアレやシャッフル、スローブルーズを3曲ほどセッション。
止まりそうなスローブルーズはやはり難しい。
今日はズッズダッダズッズダッダ~といなたい感じでやってみました。「何もしない事」のマゾ的ですらある快感の淵を垣間見ました。
ブルーズの沼は深いと言うが、確かにこの快感にハマると抜け出せないかも知れない。O本さん、また来郡の節にはピクヨロです!

ブルーズの沼の深さを垣間見た今日のBGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Otisrushオーティス・ラッシュ「I can't quit you,baby」
O・ラッシュvo,gの最高傑作といわれるcobraレーベル時代の作品。ジャケを変えて何度も再発されてます。あんまりブルーズ方面に行かなかった僕ですが、この盤だけは特別です。男汁ほとばしる唄とギタープレイに圧倒です。

2005年3月18日 (金)

2005/3/18(金)郡山音楽地図

3/16(水)
仕事関係の打ち合わせの後、ガールトーク(GIRL TALK)に顔出し。ココは元のマックスウェルSt.でヴォーカルのクミコさんがママさんのお店です。ムッシュ佐久間dsとクミコさんvo,pのデュオ演奏あり。日大ジャズ研のマオ君gも来ていたのでワタクシも少々演奏。郡山にもセッション可なお店も増えてきました。喜ばしいことです。
郡山の音楽地図も変わりつつありますね。潜在音楽人口も結構いるように思うのですが、みんな中々表に出てきません。楽器持って夜の街に繰り出してくる大人が増えることを切に望みます。
Koriyamamusicmapクリックすると拡大します。赤はライヴハウス、及びロックなお店。青は楽器屋さん。

3/17 (木)
富や蔵でRoulette-Aylerレコ発ライヴ観戦。
高橋清容(electronics)、稲葉隆一(sax、笛)のデュオにゲストでヨシダダイキチ(シタール)、山北健一(perc)が加わる。前半ちょっと冗長な部分もあったが後半からググググイと爆発。「ロンリーウーマン」は静かなカタルシスを感じさせる素晴らしいデキ。雨ながらお客さんも100人近く入り、蔵造りの開場の雰囲気と相まって良い雰囲気でした。
18日盛岡・19日仙台・21日新宿ロフトと続くツアーも幸先良いスタートを切りました。50を悠に超えたR-Aの2人の体力が持つかどうかが心配なトコですが(笑)。 RouletteaylerウチアゲはLAST WALTZへ。オレ、キヨカタさん、稲葉さん、moriくん夫妻、サトー兄弟、吉田さん、山北さん、Tレコードのシンさん、ナオコ女史、川名画伯、森くんイトコ青年等と和やかな雰囲気で芋焼酎をロックでいただく。んまい。ちょっと芋焼酎に開眼しました。山北さんともしばし歓談。5月にまた来郡とのこと。再会を約して12時ごろ帰宅。2連チャンでの外出に奥様ヒジョーにフキゲン。ははははは(哀)。
PS。moriくんレポートによると翌日の盛岡はいきなりターボ全開で凄かったそうです。

雨の郡山、BGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Ndegeochellojamia「ザ・スピリット・ミュージック・ジャミア」
ミシェル・ンデゲオチェロ

久々に新譜を衝動買い。これはカッチョエエ!バックもお馴染みジーン・レイク、クリス・デイヴdsに加えカサンドラ・ウィルソンvo、ドン・バイロンcl、オリバー・レイクas、など豪華メンバー。売れ線の音ではないですが、もう好きなようにやるわよ、という意思がヒシヒシと伝わってきます。名盤「ピース・ビヨンド・パッション」もかっこいいけど、このダークな世界もいいです!

2005年3月13日 (日)

2005/3/13(日)叩き系な日々⑤郡山の夜

3/6(日) 
KRS(郡山リハスタ)で守田銀次郎gバンドのリハ後、中村ヤヒロDUOのチラシを置いてもらいにモンクスへ。
DJけんのすけ氏に遭遇。第1回郡山JAZZ祭のMCをやってもらった氏ですが、元々今を去る事30年前はシンガーソングライターでマー坊と名乗っていたのでした。
その当時の郡山音楽状況の裏話を色々聞けて面白かったです。
壊れ系純情派」ことモンマスも日曜はライブがないので正統派バーテンダーとして振舞っています。
郡山日大ジャズ研出身で現在はネルヴィオ、葉加瀬太郎バンド等で大活躍の西島徹wbくんから6月頃郡山で演りたいとメールが来ていたのでその旨話したら、既に電話があったとのこと。う~ん、デキる男は仕事が速い!
モンマスといえば、『郡山の夜』という記事を「ジャズの酒蔵」というHPで見つけまして、大笑いです。フリではじめて来た客にこの行状、流石です。かないません!

3/12(土) 
ウッドストックで守田銀次郎52thバースデイライヴ。
オリジナル曲とカバーをないまぜにして7曲ほど演奏。
ウッドストックはKRSの隣に12月にオープンしたライヴバー。三味線のお師匠さんでもあるF川さんが店長を勤めています。ここは楽器もそろっててフラッと来てもセッションできる店なのです。行くと必ず演ってしまい、午前様に。モンクスに次ぐ不健康スポット誕生です。
Woodstockさて、演奏の方ですが音量調整を考えつつ2セットほど演奏。なにせ細長い店でドラムの音を抑えるのが大変です。
女性Voの時はかなりキツいです。なのでスネアもガチガチにリングミュートをかませて演奏。これはこれで新鮮。リングミュートを使ったのは10年ぶりです
今日は台湾グレッチスネアにバイザンスのping ride20”、パイステシグネイチャーのクラッシュ2枚とUFIPのCLASS13ハイハット、パイステの2000SPLASH8”を持ち込み。他の人が叩いたのも聴いてましたが、なかなか良いセレクションです。自賛。
川名画伯bと普通に普通な音楽をやるのは久しぶりかも?こーいうのを演らせると画伯のグルーヴィで重心の低いベースは流石です。演奏と人格のギャップも相変わらずサイコーです(爆)。
久々にミスター横ユレ・吉田正良gさんともセッション。ブルージーなギターは相変わらずステキです。酔っ払って横ユレしてない吉田さんと会うのは何年か振りカモ(笑)。
その他ヒロシsax&ユーコorg、モジョAKKYds、ケンケンb&クニクニvo、F川さんS原オーナーgイトーくんbほかバンド関係友人多数出演の夜でありました。

また雪かよ!な今日のBGMは
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「IN A SENTIMENTAL MOOD」土岐英史
土岐英史asのスタンダード集。ちとブラシの勉強をしようと思って聴き返したのですが、シミた。土岐英史as野力奏一、鈴木コルゲン宏昌p、桜井郁雄wb、日野元彦dsと申し分ないメンツ。派手なプレイ、速い曲は一切無いのですが、それだけに各人の懐の広さが伝わります。ここんとこヘビーローテーションです。

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »