フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2005/5/6(金)GWもモア☆ベターよ。 | トップページ | 2005/6/27(月)叩かない系な日々(泣)。 »

2005年5月23日 (月)

2005/5/22(日)叩き系な日々⑦あがた森魚ライヴ@福島・風と木

Agatamerry演ってまいりました、
あがた森魚ライヴ「MORIB電鉄~風と木の號」
あがたさんとは初共演です(昔「バンドネオンの豹」の録音に見学に行ったことがあって初対面ではないのですが)。
メトロファルスのkb奏者・ライオンメリィさんとは12年振りの共演。メリィさんのソロアルバム「ドンキホーテの従者」にも参加させていただきました。僕の結婚式ではメリィさんのアコーディオンで入場という贅沢をさせてもらったのは忘れられません。

会場の「カフェギャラリー・風と木」は福島市渡利の住宅街の中にある、素敵なお店。民家を改造した造りで落ち着いたいい感じ。

何曲かは事前にCDRでもらっていたのですが、当日曲順を考えつつ軽くリハ。
じゃ、アレとコレも演ろうか。」ブッツケで何曲か追加です。ハラホロヒレハレ(汗)。
Epsn0178本番始まり、4曲目まではデュオで「小さな喫茶店」「リラのホテル」とあがたワールドいきなり全開です。
ワタクシは5曲目から参加。
今回はジャンベと皮だけのコンパクトコンガ、タンバリン、カホン、その他小物多数というセットで臨みました。
あがたさんは最近ドミニカあたりのリズムに凝ってるらしく、新曲は随所にそんなニュアンスが。ボンゴがあっても良かったかな?
「いとしの第6惑星」はホントいい曲。演ってて不覚にもちょっとウルッと来ました。
途中休憩を挟んで全14曲を演奏。
アンコールの「港のロキシー」では飛ぶわ跳ねるわ、大爆発です。
そしてさらにドンデン返し
アンコール2曲目はあの名曲「大寒町」
なのですが、メリィさんによって大胆不敵なリアレンジが施されていました。一瞬何の曲か判りませんでしたよ。
テテテテテテクノです!テクノポップです
そーか、この2人はヴァージンVSじゃないの!
使いドコロが無いかなと思っていたカホンに本能的に手が伸び、ウチコミ+カホンというアプローチに。
いやー、久々に大汗かきましたよ。演奏時間実に1時間15分。Epsn0180
しかしあがたさんの歌唱は独特。
人の心に情景を映し出すパワーはもの凄いです。
メリィさんのアコーディオンも相変わらずバッチリ。
あがたさんに「明日(仙台)も来なよ!」と言ってもらえたんで、(個人的に反省点は多々ありますが)まあ良かったのかなと(笑)。

【セットリスト】
1)メスカル、
2)かぼちゃはポティロン、
3)小さな喫茶店、
4)リラのホテル;、
5)黄昏歌劇、
6)銀星、
7)いとしの第六惑星、
8)手品のわるつ、
9)ジェットプレーンの翼、
10)春の嵐の夜の手品師 、
11)赤色エレジー、
12)佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど、
13)百合コレクション
♪♪アンコール♪♪/港のロキシー/大寒町

ウチアゲはお店で和やかに。出てくる食べ物が全部メチャクチャ旨くてサイコー!!です。こんな豪華なウチアゲは滅多にありません。僕はクルマだったのでノンアルコールビール持込みでしたが、秘蔵のお酒も激ウマみたいです。スタッフの皆さんも暖かい方ばかりで、ココロ暖まる良いウチアゲでした。
随所にこだわりを感じるこんなお店があるのは、福島市の地元文化の底力を感じますね。
ツアーはこの跡、仙台・山形・鶴岡・新潟・長野と続く模様。仕事がなけりゃあ全部同行したいトコですけど。
あがたさん、メリィさん、また誘ってくださいな!郡山でも演って欲しいなー。

今日のBGMはトーゼン
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「20世紀漂流記」「星繁き牢獄の提督たちよ」
あがた森魚

あがた森魚のベスト盤&裏ベスト盤。とりあえずココから手を付けるのがよいのでわ?しかしオレの「日本少年」2枚組LPは何処へ行ったのか?聴こうと思ってレコ棚を探したら無いのよ(泣)。誰かに貸したままなのか、それともカネに困って売ったのかしらん?

« 2005/5/6(金)GWもモア☆ベターよ。 | トップページ | 2005/6/27(月)叩かない系な日々(泣)。 »

コメント

こんにちは。あがたさんの風と木のライブ観に行ったちゃりけんといいます。パーカッションの素晴らしい演奏気持ちよかったです。
あがたさん元気そうで嬉しかったです。西岡さんや高田さんのショッキングなことがあったのでちょっと心配だったのですが、あれだけ飛び跳ねるパワー凄かったです。
個人的にはちみつぱい、じゃないムーンライダーズ好きなので、リラのホテルや大寒町は涙あふれてしまいました。かしぶちさんと何かあるみたいな意味深なこと話してたけどなんだったのかなあ。。。
あの木の椅子みたいなのをカホンって言うんですか?去年郡山にジョー山中さんが来たときに斉藤ノブさんも使ってたような・・・
あと、木の実みたいなのつなげてたのは何ていうんでしょうか?見るからにして南の島っぽかったんだけど、あれも楽器なんですよね?
また演奏聴かせてください。ありがとうございました。

ちゃりけんさん、コメありがとうございます。
あがたさんライヴ、良かったですよね。自分で言うのも何ですが。
お店もいいカンジでした。近々お茶のみに行ってみようと思います。
大寒町は、僕マジで焦りましたよ。原曲の感じでシブくブラシでもコスるか、と思っていたらテクノ(汗)。
座っていた木のハコがカホンです。打楽器界では昨今流行っています。木の実はアンクルビーズといいます。
「風都市伝説」は読まれましたか?あの後、買っちゃいましたよ。

Aキヤマッスルさま、ブログにカキコありがとうございました。アンクルビーズって言うんですか。ありがとうございます。うちの高校一年の息子が小学校からマーチング、吹奏楽で打楽器やってるので親ばかとしては興味あるのです。
「風都市」とか「風街」懐かしいですね。
俺は39年生まれなので、実体験というよりは温故知故って感じなのですが。。。
「風都市伝説」まだ読んでないのでさっそく買いますね。
なるべくたくさん生の演奏が聴きたくてあちこち観に行くのですが、あがたさんの声と歌い方とあの雰囲気にはやっぱりやられました。技術とかは勿論なんでしょうけど、それ以上にハートに響くなにかに泣けてしまう気がします。
日本少年LP持ってるんですか。凄いですね。CDは持ってるんですけど。あと「永遠の遠国」のCDも。
今日は雨だし、久々に聴きながら仕事します。

風と木、雰囲気いいですよね。食事もおいしいし。店のかたも素敵だし。冬は薪ストーブなんですよ!来月の坂本サトルさんのライブも行こうと思ってます。

僕もS37年生まれですから似たようなもんです。
76年当時、田舎のシティボーイ(死語)でしたから、「日本少年」と「火の玉ボーイ」と「泰安洋行」はLPで持っておりました。しかし「日本少年」は何処行ったのかなぁ。。カネに困っていた頃売ったのカモ?
風都市関係の話は、昔やっていたバンドがはちみつぱいの和田さんbがプロデューサーだったので、チョボチョボと小出しに聞いてはいたのですが。「風都市伝説」はかなり読み応えありますよ。高いのが難点ですが。
今日、仕事で梁川に行ったので、風と木に寄ったのですが、玄米カレーんまかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/2750706

この記事へのトラックバック一覧です: 2005/5/22(日)叩き系な日々⑦あがた森魚ライヴ@福島・風と木:

« 2005/5/6(金)GWもモア☆ベターよ。 | トップページ | 2005/6/27(月)叩かない系な日々(泣)。 »