フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月23日 (月)

2005/5/22(日)叩き系な日々⑦あがた森魚ライヴ@福島・風と木

Agatamerry演ってまいりました、
あがた森魚ライヴ「MORIB電鉄~風と木の號」
あがたさんとは初共演です(昔「バンドネオンの豹」の録音に見学に行ったことがあって初対面ではないのですが)。
メトロファルスのkb奏者・ライオンメリィさんとは12年振りの共演。メリィさんのソロアルバム「ドンキホーテの従者」にも参加させていただきました。僕の結婚式ではメリィさんのアコーディオンで入場という贅沢をさせてもらったのは忘れられません。

会場の「カフェギャラリー・風と木」は福島市渡利の住宅街の中にある、素敵なお店。民家を改造した造りで落ち着いたいい感じ。

何曲かは事前にCDRでもらっていたのですが、当日曲順を考えつつ軽くリハ。
じゃ、アレとコレも演ろうか。」ブッツケで何曲か追加です。ハラホロヒレハレ(汗)。
Epsn0178本番始まり、4曲目まではデュオで「小さな喫茶店」「リラのホテル」とあがたワールドいきなり全開です。
ワタクシは5曲目から参加。
今回はジャンベと皮だけのコンパクトコンガ、タンバリン、カホン、その他小物多数というセットで臨みました。
あがたさんは最近ドミニカあたりのリズムに凝ってるらしく、新曲は随所にそんなニュアンスが。ボンゴがあっても良かったかな?
「いとしの第6惑星」はホントいい曲。演ってて不覚にもちょっとウルッと来ました。
途中休憩を挟んで全14曲を演奏。
アンコールの「港のロキシー」では飛ぶわ跳ねるわ、大爆発です。
そしてさらにドンデン返し
アンコール2曲目はあの名曲「大寒町」
なのですが、メリィさんによって大胆不敵なリアレンジが施されていました。一瞬何の曲か判りませんでしたよ。
テテテテテテクノです!テクノポップです
そーか、この2人はヴァージンVSじゃないの!
使いドコロが無いかなと思っていたカホンに本能的に手が伸び、ウチコミ+カホンというアプローチに。
いやー、久々に大汗かきましたよ。演奏時間実に1時間15分。Epsn0180
しかしあがたさんの歌唱は独特。
人の心に情景を映し出すパワーはもの凄いです。
メリィさんのアコーディオンも相変わらずバッチリ。
あがたさんに「明日(仙台)も来なよ!」と言ってもらえたんで、(個人的に反省点は多々ありますが)まあ良かったのかなと(笑)。

【セットリスト】
1)メスカル、
2)かぼちゃはポティロン、
3)小さな喫茶店、
4)リラのホテル;、
5)黄昏歌劇、
6)銀星、
7)いとしの第六惑星、
8)手品のわるつ、
9)ジェットプレーンの翼、
10)春の嵐の夜の手品師 、
11)赤色エレジー、
12)佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど、
13)百合コレクション
♪♪アンコール♪♪/港のロキシー/大寒町

ウチアゲはお店で和やかに。出てくる食べ物が全部メチャクチャ旨くてサイコー!!です。こんな豪華なウチアゲは滅多にありません。僕はクルマだったのでノンアルコールビール持込みでしたが、秘蔵のお酒も激ウマみたいです。スタッフの皆さんも暖かい方ばかりで、ココロ暖まる良いウチアゲでした。
随所にこだわりを感じるこんなお店があるのは、福島市の地元文化の底力を感じますね。
ツアーはこの跡、仙台・山形・鶴岡・新潟・長野と続く模様。仕事がなけりゃあ全部同行したいトコですけど。
あがたさん、メリィさん、また誘ってくださいな!郡山でも演って欲しいなー。

今日のBGMはトーゼン
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「20世紀漂流記」「星繁き牢獄の提督たちよ」
あがた森魚

あがた森魚のベスト盤&裏ベスト盤。とりあえずココから手を付けるのがよいのでわ?しかしオレの「日本少年」2枚組LPは何処へ行ったのか?聴こうと思ってレコ棚を探したら無いのよ(泣)。誰かに貸したままなのか、それともカネに困って売ったのかしらん?

2005年5月 6日 (金)

2005/5/6(金)GWもモア☆ベターよ。

短い連Qでしたがなかなか充実。
■5/3(火)
Ichigomizumoto家族サービスも兼ねて葛飾区は水元公園に旧友・若草山苺くんのライヴを観に行く。水元公園は常磐線の金町と松戸の間にあり、バカみたいに広いです。レンタサイクルでも借りて回らないと全部は回りきれないですね。松戸オリンズ主催の野外コンサートでしたが、鎖ジャラジャラつけたポジパン(死語)少年も20年の時を経て立派な毒系SSWに変身。かなり独特な世界を展開していて、爽やかな公園で遊ぶ親子連れを不条理な世界に引きずりこんでいました。
■5/4(木)
Gorennjer家庭サービス第2弾(泣)。松戸駅前にできたBANDAIミュージアムへ行く。おもちゃのバンダイが造ったミュージアムで、ウルトラマン系から仮面ライダー系ゴレンジャー系ゴジラ系ジャイアントロボ系ガンダム系からセーラームーン系までと日本の特撮・ヒーローものの歴史を一覧できる資料館。コレは好きな人はハマるでしょう。ガンダムカフェなるレストランまであります。(ガンダムのコンセプトを料理・メニューに反映させたとのこと。どんなシロモノがでてくるのか?)ショッカーに始まる悪の組織の戦闘員の声の比較、ってパネルは笑えました。
夜は御茶ノ水NARUでGW恒例・大坂昌彦(ds)6days観戦
今日のメンツは大坂昌彦ds、三木俊雄ts、ユキ・アリマサp、嶋友行wbとバークリー同窓会セッション。まー流石ですわ。ピアノのユキ・アリマサは角刈りで知合いの鉄筋屋K村さんに似てるのだが(誰も知らんか。)素晴らしいピアノです。誰に似てるプレイ、ってのがパッと思い付きません。かなりの知能犯と見ました。バークリーで教鞭もとってるというのも納得です。大坂昌彦も相変わらずクリーンなタッチで素晴らしい。大坂ちんはいつものヤマハのセット。総ウッドリムで重そう。満足。

GWのBGMはコレ!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
レタス「LIVE at ブルーノート東京」
こいつらもバークリーか。ソウライヴのE・クラズノgも参加のジャム系ファンクバンドの日本ライヴ。dsのアダム・ダイチはジョンスコのバンドでもお馴染みの逸材。まー全員巧いです。全体としては暑苦しくないファンクで気持ち良いです。黒さを追求するムキにはお奨めしませんが。この盤のみソウライヴのN・エバンスがトラで参加。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »