フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

叩き系な日々リターンズ⑤雨の開成山

Starclassic5/28(日) いやあ、まさかホントにやるとは(笑)。雨の中野外ライヴですよ。WhyNotでやってきましたです、Music Warrior。今回は久々に自分のセット出動。スタクラのフルセットバージョンです。20BD16,14FT、12,10TTにDWのスネア。皮はここ10年くらいEVANSのG1クリヤ1プライに裏がレゾナントクリヤ(16FT打面のみG2クリヤ2プライ)。そんなにパワーヒッターではない僕でも結構ヘコみます。が反面チューニングもミドルハイピッチ位にしても結構低音も出るので使い易いです。反応も良いし。
今回はボーカルのたまこ姐さんが風邪でダウン、最悪の場合を考えてインストヴァージョンも用意して臨みましたがなんとかセーフ。PAがショボくてちょっと不安だったんで、とりあえずビートだけでも出せればと久々にパワー入れてブッ叩いてしまいました。やっぱ良いわーDW。それでもちゃんと付いて来る。流石です。
Whynotmw528ニョーボと末っ子快人くんが熱出してるので速攻で帰宅、子守りです。ちかれたびー。夕方楽器を下げに行って丁度トリのIN THE WINDを観たんですが、流石ですね。川名画伯のベースは勿論ですが、フロント3人があれだけ安定してると安心して音楽に身を委ねられます。T辺さんと話してて「これは、3人が目指すポイントが完全に一致してるんだよなー。エゴでやってんじゃないんだよなー。」ということでナットク。バンドはこうあるべきですよ。いいもん観ました。
雨の中観に来てくれたシンジさん、ヂョウヂ君夫妻、T辺さんハリューさん、順ちゃんダンナさん&娘さん、ありがとうございました。

2006年5月22日 (月)

運動会・衰退羞恥心・MMMで野外ビール

7/20(土)
日中は小学校の運動会。ワシはPTA副会長になってしもたので(あと12年も同じ小学校に行かなならんのよ~。逃げようないでしょ~。)本部で来賓接待。朝雨は降ったんだが強行。開始の頃にはいきなりピーカンの好天になり,暑いのなんのってもうアンタ。ウチは伝統的にスポーツ駄目なんで子供にも「ま~軽く流しとけや」状態です。「足遅い奴はとりあえず借り物競争に命掛けろ!」ということで次女フーちゃんは2位。ヴイ。いやーしかし顔焼けた。テカテカ。

夜は日塗装(ひらたく言うとペンキ屋さんの全国団体ね)の大会で福岡に行ってるオヤジを駅まで迎えに行かなけりゃならんのですが、電話してみたところ九州は台風で大荒れ、土砂降りの中ヤケッパチでゴルフやってたそう。ペンキ屋は全国的に日頃の行いがサイアクってこってすな、ははは。
駅に行くまでの時間、ほりん企画「不審者たちのララバイ」を観戦しにフリーウエイジャムへ。トップのほりんスペシャルユニットは観れず。スマソ。2番手の雑木林46(from山形)は自らムード歌謡R&Rバンドと言うだけあり、かなり昭和の匂いのするバンド。ラブホテルと言うより連れ込み。コーヒーにはニド。飲んでますか!チオビタゴールド。
Suitai3番手はコークスクリューのベーシスト真琴くんのユニット「衰退羞恥心」。ん?なんか打楽器がやたら多いぞ?今回のメンツは真琴g,vo、あやぽんごVlnに加えナガッチョ、遠藤恒一ds、ゆかperc、ぢょうぢbという構成。
いや良かったですよ。遠藤君、堕天使の時よりキアイ入ってたかも。以前ワタクシが製作しました「チンポスター18」(タマのアートスターの18FTをBDに改造したもの)もマイク乗りバッチリ。アンサンブル自体はかなりいい感じの壊れ具合。真琴くんも熱唱。この壊れたアンサンブルに入るあやぽんご(新妻で若妻!)のヴァイオリンがまた良いのです。感動しました。マジで。やられた。

■翌日21日は仕事してから家族でお出掛け。開成山でバードランド主催のMMM(MaxMusicMarket)があるのです。客席はまずまずの埋まりよう。芝生方面には盟友☆くんdsやサクライgノアvo夫婦、ケンケンb夫妻、吉田アニさん、AKKYds、シマダくんdsほか見知った顔が多数。皆ヘベレケ(笑)。特にいのっち!さんvoは既に赤黒く泥酔。出番最後だとこんなトコに落とし穴が(笑)。ガキ電池切れで何時まで居れるかが心配でしたがなんとか5組ほど観れました。いつも髪切ってもらってるコイケさんがソロで登場。ウクレレ弾き語り+ギター弾き語り+ドラム叩き語り!という反則ワザで3曲。このヒトの場合キャラが立ちまくりなので、曲を聴かせると言うよりかコイケさんのキャラを聴かせてる意味合いのほうが強いですが、いや良かったですよ。客席の反応も上々。かなりウケてました。ドラム叩き語りはどーなんの?と思っていたのですがコレが意外とメリハリあって良かったんですわー。
ガキ電池が切れてきたので6時ごろにはおいとま。
家に帰ってメシ喰って子供を風呂に入れてたら、またしても末っ子快人くんにやられました。ウンチ風呂。くわっ!!( ̄△ ̄)
ハードな2日間でした~~~(疲)。

そんなハードな日々をものともせず
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
TorsozlivedvdScreaming Headless Torsos
「Live in New York &Paris 」

鬼才ギタリストD・フュージンスキー(M・ンデゲオチェロのバック等でも御馴染ね)率いるSHトーソズのライヴDVD、しかも2枚組で96年NYと04年パリでのライブ!96年の方は以前CDで出ていたライブ盤とは違う日の模様。演奏に関しては文句の付け様の無い変態ファンクジャズです。スゲエ~。地味だけどこのベースのヒトいいなあ。G・レイクdsも物凄いバネ。ブリリアント!としか言い様の無い素晴らしいプレイです。パーカッションのD・サドウイックもキモです。CDではどうやってんのか判らないプレイも映像で見て謎が解けました。(あのJ・ジョンソンのテーマの冒頭部分ね)いやー素晴らしい!燃えるぜ!

2006年5月10日 (水)

06年GW特集:「打のうず」と交歓会(つか呑み会)

さて地獄のGW家庭サービス、例によって柏のニョーボ実家へ向かう。しかし、何で子供っつうのは高速のサービスエリア過ぎた途端に「ウンチ~。でる~!ガマン?できない~。」とか言うのかね?
■1、2日目はニョーボ実家近くの巨大公園(柏の葉公園・柏レイソルの本拠地スタジアムまである)で遊んだり柏駅前をブラブラしたりと。合間に昼からビールを呑んだり夜からビールを呑んだり。正しく言うと呑む合間に遊んでるってことですかそうですか。柏を歩いてて気付いたんですが、なんか立呑みのお店が増えてる?流行ってるんですかね、立呑み?

■3日目は茨城の牛久にある「ポティロンの森」という農場型施設に行く。なかなかナゴめますです、ココ。食べ物も充実してるし、イベントや乗り物(チンチン電車やゴーカート他)も多数。奥のほうには羊やヤギと触れ合える放牧スペースもあり、良いです。

■4日目はおヒマをいただき、例によって単身上京。今回はライヴは特に観ず、江古田にあるモリタ楽器さんにお邪魔して、そこを根城にするドラム集団「打のうず」の創始者・ウーロン大王さんと現会長DS9さんと交流会、てか呑み会。
Moritagakki江古田駅を降りるとそこには既にウーロンさんが待ち構えており、そのままモリタ楽器へ連行。池袋の頃にはよくお邪魔していたのですが、相変わらずコアな品揃えは流石です。スネアを幾つか試奏した上(タマのローズピッコロは、DW買ってなけりゃ買ってたカモ)、結局DWに付けようと思ってBradyのスナッピを購入。コレ相当いいです。シャープで太い。値段もピュアサウンドみたいにバカ高くないし(3600円位)、もう一本買おうかな。
Gigpigその他、ちょっと前にドラマガかなんかで見た箱ドラムもありました。意外といい音。ん~?何か自分でも作れそうだな。。。。。。DS9さんはお土産の郡山銘菓エキソンパイがお気に召したようでした。

しばし歓談のあと(てかこの時点で既に缶ビール呑んでんですが)、別室に移動。モリタさんの隣はヤキトリ屋さんなのです。危険だソレ。ウチの隣にヤキトリ屋があったら恐ろしい事になってしまう。ここでモリタさんも交えて歓談。
ウーロンさんが初代モリタのオヤジさん(現在は3代目)にパイステ602を進められた頃はAジル>Kジル>パイステという値段だったとか、Kは実は元々ドラムセット用というよりクラシック用のラインだったらしくて「そーいえば昔のKはシンバルスタンドに入らないんでお客さんの用途を聞いて穴大きくしてましたねー。」てな話とかいろいろ面白い話を聞けました。あっという間に時は経ち、お開き。再会を約して江古田駅に。駅の構内で「バイビー♪マタニティー♪オナニ~♪」とか言って手を振ってる中年男3人、傍から見たら相当キケン野郎です。
次回は「打のうず」の皆さんも是非郡山へ!熱烈なるご歓待ありがとうございました(涙)!

今回はなんか物凄いモノをゲットしてきました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Furio1「Singin’ Drums」Furio Chirico

Arti+Mestieri(伊のプログレバンド)のドラマー=フリオ・キリコの教則ビデオ。この人、75年当時で既に人力ドリルンベース的な超絶プレイをしていた人で、とにかくセッティングが異常。手はレギュラーグリップを逆持ち(右手がレギュラー)なのでスネアの傾きが逆。でもセットは右利き用でオープンハンドでプレイ。しかもハイハットはスネアより低くなってる。とにかく手は速い事この上ない。名曲Gravita9.81もやってます。教則ビデオと言うにはあまりに特殊な一品、と言うかもはや教則になってない(笑)。まーとにかく大笑い海水浴場です。ほーっほっほっほ。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »