フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月 5日 (月)

叩き系な日々リターンズ⑥WhyNotでライヴそしてバキバキguinjiroh。

土曜日はウッドストックでWhyNot(TomQuimGuinjiroh g、鰆崎たまこ vo、岡田順子kb、川名義春b、オレds)ライヴですた。遅れてサウンドチェックに来たギターのTomQuimGuinjiroh氏、なんかちょっといつもと様子が違います。ちょっと呑んできたみたいでバキバキになってます。「やろうよ~。やろうよ~。」って***おぼえたての高校生じゃないんですから(笑)。もうちょっと大人になってくださいよ工場長、お願いしますよ(爆)。
Ginchanyopparai終演後、古川マスターgやシンジさんds、チー坊bさん、しんぺ@タンジェリンズkbらによるセショーンタイムに突入。いや長いブラックマジックウーマンですた。途中からコンガかついでワシも乱入。Guinjiroh氏、ギター弾きたいのかマラカス振りたいのか踊りたいのか叫びたいのか・・なんかアヤしいブツをキメてるとしか思えません。しんぺちゃんkbも酔っ払ってイキまくり。変態ですね(笑)。良い子のみなさんはこんなヘンな大人になっちゃいけない見本のオンパレード(爆)。その後、若手バンドが爽やかな演奏をしたりで夜も更けていくのでした。たまこ姐さん特製チャーシュー、美味でした。m(_)m

今回はちょっと気分変えようと椅子の高さを上げてみた。スネアもキモチ低めにしてみました。ん~、なんかいい感じ。最近どんどん椅子が低くなっていく傾向にあったんですが、反面ちょっと窮屈な感じもしてたのよ。久々に上げてみるとキックのニュアンスが出しやすい。上半身が踊るような感じで叩けてラクです。スネアの落ち方も一定に来て、セット全体を見下ろす感じになるんでタムへの移動もラクチン。ドンカマに合わせて叩いてみたんですが、こっちの方がグルーヴィだな。ドンカマがノリの良いカウベルのように聴こえる感じになってきたんで練習してて楽しいです。しばらくアゲアゲエブリナイトで行ってみようと思います。
Whynot63ws2タムの配置を12-10と普通と逆にしてみたのは、10-12で置くと10タムを基準にしてしまって12タムのチューニングがイマイチ決まらないため。12を正面に持ってきてキモチ高めにチューニングし、10はさらに高く。「タカトドン!」と叩く時に右手―左手―右手―右足の手順で10-12-14-BDと出来るのも利点。見た目ヘンでもちゃんと理にかなっているデショ?

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »