フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 怪造遍歴④またもやミニキット。 | トップページ | 犬豚山下ズロース。 »

2006年8月 5日 (土)

オススメ!【酒とつまみ】誌。

Saketumahyoushi_2旧友で僕が酒呑み道に堕とした男・ナベちゃんに教えてもらったこの雑誌。その名も

酒とつまみ」。なんというヒネリのないタイトル。別に居酒屋関係の業界紙と言うわけではござんせん。お酒に対するウンチクとつまみの作り方、の雑誌と言うわけでもありません。呑んでバカやった話バカな事する為に呑んだ話呑んでて出たバカな企画を実際にやってみた話か、が主な内容です。今や「のだめカンタービレ」が大ヒットの漫画家・二ノ宮知子の作品で「平成よっぱらい研究所」という強力なバカ漫画があるのですが、アレの雑誌版と思っていただければよいのでは。

Saketumasebyousi とりあえず、現在入手できる4,、5、6、8号の4冊をさっそく入手。初期の「カジノフォーリー」や「東京おとなクラブ」を思わせるミニコミ風の装丁。そそります。背表紙の「酒とつまみ社(仮)」ってのが泣かせますね。

内容はHPを見てください。呆れ返るでょう?もう企画自体が「7時間耐久立ち飲みマラソン」とか「中央線で行く東京横断ホッピーマラソン」とか「思いつき研究レポート・飲み残しビール選手権【気の抜けてもウマイ缶ビールはどれだ?】」(爆)とか、道楽を通り越した正気の沙汰とは思えない物凄さ。ここまで行くと素晴らしいの一言です。密かに売れていると言うのも頷けます。

大体、酒呑みは自分の失敗談を人に聞いてもらいたがる。酒量の多さを自慢したがる。肝臓の話を肴に呑む。あまつさえ酒量が自慢できなければ付き合いのよさすら自慢したがる愛すべき人種です。ですが、この編集部の人達はまず自分が呑むのを主眼に置いている所が凄い。取材と称して呑んで、その後自分のために呑みに行くというのですから恐れ入ります。

Saketumahyoushi4 酒の雑誌はウンチクを語ったりするのが多いですが、「場末の店でホッピー呑んでてナニがわりーんじゃ、バーロー!」という姿勢が一貫してある所も素晴らしい。インタビューも故・中島らも、故・高田渡、井筒和幸カントク、みうらじゅん、なぎら健壱etcと名にし負う呑兵衛(と言うかア◎中)ぞろい。もう、ピン!と来た人は買って損ない雑誌です。なんつっても400円です。缶ビール2本買ったと思えばいいでしょう?呑みながら読んで笑ってください。明日への活力が沸くことウケアイです。こういう愛すべき雑誌を無くしてはいけません!全国有名書店で絶賛発売中。直販も可。400円でオススメです!

« 怪造遍歴④またもやミニキット。 | トップページ | 犬豚山下ズロース。 »

コメント

うひゃひゃ、エライ力の入れようですな。本腰を入れて脱力、座右の銘にしたいです。

「酒とつまみ」面白そうだなあ
すごく読んでみたいぞ!

二ノ宮知子の「平成よっぱらい研究所」持ってます。(「のだめカンタービレ」も)

次回郡山言ったら東北書店へ行ってみるだ

いやホント強力なアホ雑誌です。バカを承知でとかそういうレベルではありません。脳幹までアルコールがまわってる感じです。
是非ご一読を!

あっあっあ゛ーだめっス笑い死にしそうっス
すいません急に登場していきなり死にそうになってます
この歳でこういうの見てしまうと(笑欝

おー、バリさんご無沙汰です!昨日はMMMみえられたのですか?僕はイトコのお葬式になってしまい、顔出せませんでした。バードも26日で店閉めるとかで、閉店前に一度顔出さなけりゃならんのですが。
「酒とつまみ」ですが、仙台だったら手に入りやすいかも。必読ですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/2937653

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!【酒とつまみ】誌。:

« 怪造遍歴④またもやミニキット。 | トップページ | 犬豚山下ズロース。 »