フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月25日 (木)

お奨めなシロモノ。iriver IFP895

お正月に行った板橋文夫4at桜木町ドルフィーですが、ワタクシは秘密兵器を持参して行きました。それがコレ
Ifp895アイリバー(iriver)というメーカーのIFP895というMP3プレーヤー&レコーダー
このコンパクトなボディにMP3で録音できて、最高レート(44.1Hz 320bps)でもステレオで3時間以上入る(僕のは512MBタイプ)。外部ステレオマイク(プラグインパワータイプのもの)を使用して聴くに耐える音質で録音できて、なおかつ安い。電池の持ちも良い。(単3乾電池が使えるのも良。)マイクは同じ物を使っているのに以前使っていたMDで録ったのより音が良い!
こんな素晴らしいシロモノがなぜか廃番ですよ。ところがコレ以降の機種は外部マイクに対応していません。内蔵マイクもあるのですが、ボイスレコーダー程度で音楽録音には使い物になりませんね。ワタクシもこういった機材をネットで探しつづけて、つい最近知ったばかりです。試しにヤフオクで入札してみたら落ちちゃった。まあ自分へのクリスマスプレゼントと言うことで^^)。。
で、ドルフィーでのライヴ、バッチリ録音してきたんですが、音いいー!ヒスノイズもないし、マイクを高いものにしたらかなりの高音質で録音できそうです。最近はバンドのリハはコレで録音して自分の演奏をチェックしています。

ここ1年で、高音質で録音できるレコーダーがローランドやズーム、コルグなど楽器メーカー各社から出てきましたが、これらは皆3万円台かそれ以上のシロモノです。実際にはここまでの機材は必要ないが、バンド演奏やライヴなどを良い音で録音したい、という人は多いはずです。そういった人がMDを使っていたと思うのですが、MDではPCに取り込むのがメンドクサイ。
この製品、都会のバンドマンの間では定番になっているようですね。多分、今IFP800シリーズを「外部マイクで録音できる機能」をメインに掲げて楽器市場に投入すれば、相当数売れると思われますね。現行機種にも1つくらい外部マイクで録音できる機能を持ったものを出してほしいんだけどなー。

■■■■■■■■■
Hinokanihonnchizuムスメが都道府県名を憶えるのに日本地図のプリントをトイレに貼ってあるのだが、沖縄県のトコ。。。なんかオカシイ。
しーさー」うんうん。
しーくゎーさー」コレもよろしい。
フラダンス」???これはちょっと違うんじゃねえのー?しかも「カンペキ!」シールが貼ってあるのが更なるマヌケ感をカモシカを出して、いやかもし出しています。「フラダンス」の名産地は福島県だろうよ!「フラガール」まだ見てませんが見たいです。泣けるそうですよ、アレ。いやそれよりも蒼井優がかわいくて以下略。

なんか突然10何年か振りにものすごーく無性に聴きたくなってCDで買いなおしてしまった。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Lovenotmoneyeverything but the girl
「LOVE NOT MONEY」

トレーシー・ソーンvo&ベン・ワットg,voのデュオ(後に結婚)。の2nd。ネオアコです。あんまり凝ってないウチコミが80年代ぽくていいですね。希望が湧いてくる佳曲ばっかりです。泣ける。ココロが疲れた日には是非どうぞ。いや別に疲れてるワケじゃないんだけどさ。

2007年1月17日 (水)

PアクションにてI.S.O観戦。

1月16日(火)
PアクションにてI.S.O観戦。
一楽儀光(perc)、Sachiko.M(sampler)、そして大友良英(g)のトリオ。どうにか駆け込んだ時には既に第一部の各人ソロが始まった所でした。
まずは山口の怪人・一楽儀光。アイスベルをヴァイオリンの弓でコスり、音を発振させながらバーチャイムやパイプチャイムをを共振・変調させていく。音を紡ぐ感じ。
続いてSachiko.Mは操作ミス?と間違えそうな位「音」を出さず、何か起こるのか起こらないのか解らないまま終了。
音楽とは必ずしも「何かが起こる」必要がないのであれば、逆に「何も起こらない」必然もないわけで。微音系というのか、インスタレーションというよりはこりゃ禅問答です。正直、主催者のオツキアイだけでチケット買った人にはかなりキビしい内容だったのでは?と思います。実際途中で帰っちゃう人も結構いたし。
大友さんソロは2人とは対照的に最初からすっ飛ばす。ギター+エフェクターだけで奇矯な構築物を造り出す彫刻家のようです。ナルトシくんは眼前で観て悶絶・昇天(笑)。

Isoしばし休憩を挟み2部は3人での合奏。これがアンサンブルに成り得るのか?という気もするのですが、ちゃんとなってるところは流石ですね。インプロとはいえ、それが無くて勝手に演ってるだけだと見てるほうはキツいんですが、さすがにココはちゃんと計算してるんだろうな。3人の織り成す微妙な共振・変調が少しづつ形と色を変えていく様は圧巻。
正直、自分の中でも「肉体性」とか「意味」とかのキーワードが渦巻いて未だ整理が出来てないまま書いているのですが、夜の暗い海の波のまにまに鈍く光る一条の光、が見えたような気がしました。その一条の光が見出せればソレで充分な気もします。うん、オレには確かに見えた。
なんか示唆されることの多いライヴだったな。。。。。自分の中でコレを咀嚼するにはしばらく時間が掛かりそうです。というか、それこそ思うツボなのか?

2007年1月 9日 (火)

2007年正月記

今年もヨロピクお願いいたします。
今年は8日までゆっくりと強引に休みました。例によって柏のニョーボ実家でのんびりお正月です。
1月2日(火)
Kizzaniaららぽーと豊洲にできたキッザニア東京へ行く。これは職業体験型アミューズメントで、凄い人気みたいです(11月にWEB予約した時点でもう満杯)。子供たちはここで働いて「キッゾ」というここでだけ使える通貨を報酬として貰える訳です。大体1職種につき5キッゾくらいですか。これは専用の通帳に貯めておいたり売店で使ったりできます。売店にカッコいい大きなクルマのおもちゃが置いてあるのですが、値段は5万キッゾ(爆)。買えねえっちゅーの。何百回働けばいいのよ?ま、オレがこうして休みも無く働いていてもベンツやSONORのドラムは買えんわけだしな。
各ブースとも企業が参画してるみたいで、制服もあります。女の子はフラワーデザイナー、ファッションデザイナー、料理教室などを体験。男の子は宅急便、飛行機のパイロット、消防士、カーディーラーなどをやる。
しかしこんなバカパイロットの操縦する飛行機乗るのヤだな。。。
めちゃんこ可愛い婦警さんがいたので「おまわりさんやらね?」と言ったら「混んでるからヤダ。」だと。親の心子知らずだな。使い方間違ってるかソレ。末っ子快人くんはまだ1歳半なのでその辺をウロウロ。彼なりに楽しんではいたようですが。
ららぽーと豊洲自体も、ともさかりえだか誰かヤンママタレントが「お買い物は豊洲ですねー。子供の服とか充実してるんです。」と語っていたが、ヤングファミリーをターゲットにしてるカンジです。

1月3日(水)
年末から入院していたニョーボ父が退院。迎えに行ってくる。すっかり脚が弱ってて可哀相。
午後から義母とニョーボ子供と柏神社に初詣に行き、柏駅前をブラブラ。

1月4日(木)・5日(金)
柏の葉公園の近くにつくばエクスプレスの「柏の葉キャンパス駅」というのができて、ここにもららぽーと柏の葉がオープン。早速行ってみた。
。。。まあ、ららぽーとでした。先に駅とショッピングモールを造ってからマンションおっ建てて、街をデッチ上げるんですね。ブラブラして帰る。
2日目はららぽーと柏の葉4Fの映画館で双子連れて映画「どうぶつの森」を鑑賞。ニョーボと女の子、末っ子は買い物。まあまあ面白かった。なのに何でクライマックスのトコで「おしっこ~。」なのよ!んで、戻ってきたらもう一人が居なくなってて、焦って捜したら受付のトコで泣いてる。結局、一番面白いトコ見逃してしまって欲求不満。だからさっ!あのUFOは何だったんんだよっ?トホホ。

1月6日(土)
爆弾低気圧とやらで東京も大雨。アキバに出て千石通商で電子パーツ(ピエゾPU)を買い、新宿へ。
Jojostick楽器屋でVicFirthの日本未発売ジョジョ・マイヤーモデルのスティックを購入。ほぼパール102Hと同じスケールでバランスもほぼ同じ。ショルダーも使える形状なので良ければコレをダース買いしてもいいかな。ただ、白塗りの塗装がしてあるので滑るのが難点。惜しい!

今日はマイミクAさんと桜木町ドルフィー板橋文夫4を観戦予定。メンツは板橋文夫p、林栄一as、井野信義b、外山明dsという日本最強と言ってもいい4人。バンド名は「椅子要らズカルテット」(Aさん命名)。というのは嘘ですが。(外山さん、最近は立って叩くことも多いのです。)
3時にマイミクAさんと待ち合わせしたものの、土砂降りでしょうがないので横浜まで移動し、地下街にて遅い昼食兼夕食というか昼間から呑みというか、を摂る。さらに桜木町へ移動し、一度ドルフィーを覗くものの、メンバーすら来ていない。
で、ドルフィー隣のヤキトリ屋「旭や」に入り、串を抜く。もうね、このお店ったらオヤジの佇まいだけで90点ですよ。客筋もいいカンジ。金髪の蛾次郎みたいなオヤジとか激シビれる。小一時間ヤキトリ&ビールを満喫し、ドルフィーへ。
結局、ドルフィーはリハから入れてもらって観戦です。井野さんは欠場でトラで立花泰彦がベースで登場。
Itabashi4演奏内容は超強力。板橋文夫・林栄一両巨匠の素晴らしいプレイもさることながら外山明dsが凄いのなんのって。タイムの解釈がまるで違います。所謂ビートを刻む演奏ではなく、ビートの周辺に音を置いて逆に叩いてない所のビートが浮き出て見えるという達人ワザで。
しかしねえ、ドラムがビートを刻んでいない(のに正しいビートの位置が見える)つうのは凄いこと(てか通常は有り得ないよね?)ですよ。かと言って誰かがキープしているわけではなく、全員が仮想の小節ラインに則って演奏してるようなのよ。
まさにワン&オンリー、前人未踏の領域ですよコレ。いやホントに凄かった。五体投地でひれ伏したくなるような素晴らしい演奏でした。特徴的なのは、スティックの軌道がストレートではないこと。円を描くように、ある時は8の字のような軌道を描く事でスティックの滞空時間・ニュアンスをコントロールしているのか?この辺にもヒミツがありそうです。ドラムソロの最中にフロアタムが倒れたら普通なら手の空いてるほかのメンバーが立ててやるトコですが、みんな「あはは、外山どーすんのかな。おー!そう来たかー。」みたいな顔で見ています。本人も顔色ひとつ変えずに胴を叩いたりしてスリリングな演奏で逃げ切る。カッコい~。
3時間、お腹一杯に堪能しますた~。外山大明神と握手してもらい、出たら11時過ぎ。
Aさん、ありがとね~。お酒もライヴもとても楽しく満喫できました。

郡山に帰ったら届いていました。早くも本年ベストワンか?
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Itibere2Itibere Orquestra Familia
「Calendario do Som」

元々はマイミク=ルイ・サダヲさんから教えてもらったのですが、余りにも良いので紹介しましょう。ブラジルが産んだ鬼才エルメート・パスコールの一の子分・ベースのItibere Zwargが若者を集めて組織しているオーケストラというかワークショップ?。皆若いのにテクニックはあるし、何より音楽を心から楽しんで演奏しているのが素晴らしいです。HPでは動画もDLできるので是非チェケラ!

2007年1月 5日 (金)

【今年の初夢】

今年の初夢は変だった。

Magic_370_950101

クルマ2台がすれ違うのやっとの狭い道に「大沢商会」と書いてあるライトバンが3台止まっている。何故か室内灯は3台とも点いている。
ゆっくりとその横をすり抜ける時にチラッと車の中を覗いたら。。

マジック・ジョンソンが倒した運転席で寝転ったまま物凄い腰のグラインドをしながらビョンビョン跳ねてた。。。
2台目にもマジック・ジョンソン。
3台目にもマジック・ジョンソン。
3台とも中で寝転ったままビョンビョン。
ヤンキー車で油圧でビョンビョン飛び跳ねるのあるでしょ?あの感じなジョンソン。
まったくもって意味無し芳一な感じです。
笑いながら寝ててキモチ悪かったらしいです。
誰か夢判断してください。

。。。。って事で、早速いろんな友達が夢判断やってくれました。

①ABE=Cくん>
目の前の困難を家族(みんなで)で乗り越え自由になりたいという願望の現われですね。
車は安定した今の環境。安心できる環境ですから。
バスケットはみんなでわいわいやりたいという対人関係を表しています。困難を乗り越えるという意味もあります。
跳ねる行為は、自由になりたいという願望ですね。
大沢商会の意味はわかりませんが・・・(笑)

②ジョウヂ君>
あなたの夢のシンボルは、
すれ違う 狭い 道 止まっている 覗いた マジック 腰 笑い 

夢からのメッセージは
「あなたの夢は、巧みに騙される事を暗示しています。言葉巧みにあなたに近づいて、騙そうとする人が身近に存在しています。おいしい話が降ってわいてきたら、まず疑ってください。自分の身は自分で守りましょう。」
ということらしいですw
今年は前途多難?

。。。。ううむ。新年早々こんなアホ夢を見てしまったので、今年はアホ元年ということで。。
でも、こんなに鮮明に夢を覚えてるのは久々だな。

でもね、悪夢は昔から決まってるのよ。
①河川敷みたいな草の生えた斜面を何者かに追いかけられて延々と逃げる夢。
これは熱出してる時とかに良く見ます。
②大学5年目なのに単位が足りない。
受験の時の夢は見ないのですが、この夢は未だに見てうなされます。

僕の知り合いの女性など、
「何故か四畳半で南伸坊と同棲してる夢見た。。。」と言って落ち込んでいました。
で、夢の中で伸坊と別れ、
新たに四畳半に転がり込んできた男がビートきよし(笑)だったそうです。
はははは。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »