フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月19日 (土)

ミクシィ1周年記念【お蔵出し】その③

80年代なオレその2。

写真① 電卓楽士の頃。85年くらいか?

431217697_239

写真② しかも女装癖なんかもあったらしい。冷や汗
(女の子バンドの手伝いのときか?)

431217697_34

写真③ 某バンドの頃。88年くらい?
六本木のどっかで撮影したのは憶えてる。

Ol98

Oreroppongiinkstick_2

いやはや、若いって素晴らしいですね。。。。。
もっと恥ずかしい写真もいっぱいあるんですけど勘弁(笑)。
まあ笑ってやってくださいな。あっかんべー

目がハートところで、そろそろ6666Hitが間近です。
現在6400ヒットくらい。 誰がダミアンを超えるのかexclamation & question

2007年5月13日 (日)

ミクシィ1周年記念【お蔵出し】その②

第2弾! 80年代変、いや篇。

写真① 80年代なオレ。
左の写真隣は某専門学校時代の友人・アッちゃん。
右写真隣は電卓楽士をやってたミハシさん。

Mihasioreacchan

写真② ライブ打ち上げ。
左はマイミク・あなぐまトボビ君。 若い。

Tobobioreacchan

写真③ ライブ。何故かベース弾いてるオレ。
凄い髪型のドラムは若草山苺くん。 ポジパン(死語)でした。

Orebass

写真④ライヴ。KORGのPSSをバックにギターを弾いてた。

Band1

■コメント

あなぐまトボビ2007年05月16日 00:49

本日は獰猛ありがとうございました。お互いおやじになりました。あの夜の事はいつまでも忘れません。あなたがネコで私がタチ。ジュネにも負けず、稲垣足穂にも負けず、AとVを行ったり来たり…そんな時代でしたねぇ。

・オレ 2007年05月16日 07:54

あなたがネコで私がタチ。>

君がオスカルなら僕はアンドレ。 君がポップコーン正一なら僕はポップコーン正二。 そんな時代もあ~ったよね♪ あの後、MONKSにビラ撒きに行ったらアイーダさんがやってて、結局叩いてやんの。薄いA汁(ライトライド)もいいね。

・若草山苺 2007年05月16日 22:27

うああああああっ(恥)!! あの頃は前髪がアゴ下までありました。馬鹿ですな。 真夏の炎天下の下、黒コート着て歩いたりとか(笑)。 居酒屋でタバコに火をつけたら顔面一面に燃え広がり、 周りの連中に顔をバシバシどつかれて消火した思い出が。 たしか新宿(爆)。

・オレ 2007年05月17日 09:26

ははははは(大笑い)。 恥は道連れ、世は情けと申しましてな。トボビともども道連れご開帳ですよウインク

2007年5月12日 (土)

ミクシィ1周年記念【お蔵出し】その1

sawaraさんから誘われてミクシィ始めて1年経ちました。
ミクシィ上での新たな出会いや再会などもあり、楽しんでおります。
んで、1周年記念ということで昔の写真などお蔵出し。
昨夜、部屋の掃除してたら昔の写真が大量に出土。
やっぱ馬鹿は治らんな~。

写真①
髭剃り3段階

431210958_196

写真②
透明人間

431210958_5

写真③
クリムゾンキングの宮殿。プログレ者定番のバカ写真ですね。

431210958_74

2007年5月 7日 (月)

5月3日はゲゲゲの日。/5月4日はドラムの日。/5月5日は子供の日。

5月3日(木)
MedamaoyajiGW連休初日はニョーボ実家近くに続々できたショッピングモールを探索。一番新しいのはつくばエキスプレスの『おおたかの森S.C』。高島屋がメインで入っていて、わりとハイソな感じを狙っているのかな。この周辺もまだまだ緑が豊富で、マンションの建築ラッシュ中です。ここをサラッと一回り、お正月にも行った『ららぽーと柏の葉』に移動。軽くランチを摂り、最上階の映画館へ。「ゲゲゲの鬼太郎」ですよ。ウェンツ英士のアレね。大泉洋のネズミ男が実にハマリ役

5月4日(金)
Ropponngihills4日は、ピットインが無くなってからオレ的には全く用の無い街になってしまった六本木に。六本木ヒルズ初見参ですよ。マイミクAさんのお誘いで野外ステージでJ-WAVEの公開録音を観戦。UA(UA vo、内橋和久g、外山明ds、鈴木正人b、青木タイセイtb、ほかチューバとペットとコーラス)の生演奏です。素晴らしい~!ちょうど吹抜けのトコから観れたので最高の位置でした。写真撮影禁止になってて写真撮れませんでした。外山さん、カクテルドラムで立って演奏です。ベースの鈴木正人も良かった~。
2番手の小沼ようすけまで時間があるので麻布十番方面に下り、蕎麦屋に入ったのですが、これが実に旨かった。感激。当然のように真昼間からビールもアオり、リラックス。また六本木ヒルズに戻り、小沼ようすけトリオ(小沼ようすけg、仙道さおりperc、に金子雄太kb)を観戦。メロウ&スムーズな演奏で酒ススむ(笑)。ホットパンツ(って死語ですかそうですか)姿でカホンを蹴りまくる仙道さおり嬢を見て、「最近パーカッションを始めた共通の友人ABE=C君はきっとこの姿にヤられちゃったに違いない。」、と2人で確信。いいプレイしてました。小沼ようすけは前髪パラリな色男でしたね。

そして秋葉原へと移動し、イケベ楽器の地下のライヴハウスCLUB GOODMANへ。「abstract blues」というイベント。出演は三原重夫アニキds参加の『MINGUSS』、『トクマルシューゴ』、『吉田達也ds+石橋英子keyDUO』、『倉地久美夫vo,g+外山明ds』という凄まじいラインアップ。こんな贅沢なライヴがあってよいのだろうか。(三原さん、招待ありがとうございました。)
Miharamingus三原さん参加の『ミンガス』は小西麻美key、voに三原重夫ds、と早川徹bのトリオでした。ドラム叩く三原さんの勇姿を見るのは何年振りだろうか。。。力の抜けたいいプレイでした。ヴォーカルにピッタリ付けていく感じがグッド。ここ最近、三原さんが言っている「ビートとテンポを提示して割り方を示す。。。それしか考えてねえもーん。」というお言葉が実感できる。やっぱり何かが違う。曲もポップなようでかなりヒネリの入った感じで僕好み。眼福いや耳福でした。
トクマルシューゴg,voは高熱を押して熱演。ホントにフラフラで可哀想でしたがいい感じ。体調良いときに聴きたいな。
Yosidatatsuyaisibashi吉田達也ds+石橋英子keyDUO』はもうなんつうか超絶悶絶。笑うしかない物凄さ。Panicsmileのドラマーでもある石橋嬢はフルートに持ち替えたり、吉達大先生とkeyとdsをコンバートする場面もあり(何故か客席では笑いが)。それにしても吉達大先生、タダモノではないです。ギア一速からいきなり五速にシフトチェンジしても息一つ乱れない、という印象。
そして『倉地久美夫vo,g+外山明ds』。Kurachisotoyamaduo倉地さんも昔から演ってるひとですよね。。。20年ぶりくらいに観ました。NHKの「詩のボクシング」優勝というのもさておき、我が道を行く風情がたまりません。外山さんとデュオですが、完全に二人の「会話」ですねコレ。「あー外山さん久しぶりー。」「やあやあ倉地さんどうもどうも、最近どうですか?」みたいな会話が飄々と続いていく感じです。昼のUAでのプレイも素晴らしかったですが、こちらも素晴らしい。夢の中と現実世界の境目の塀の上を抜き足で歩いてるような浮遊感、堪能しました。
こんなに一日中スーパードラマーばっかり観れてもうシヤワセ♪。いやしかしこの日も呑んだ呑んだ。真昼間から呑みっぱなし。最後に焼酎をキメたのはキいた。。。ウコンの力のお世話になりっぱなしの昨今です。

5月5日(土)
Pennguinn上野動物園へ。子供の日で、子供は入場無料なのです。案の定、これまで行ったなかで最高の人出。ちかれたー。動物も結構グッタリしてました。オレ、ペンギンって大好きなんだよねー。何が良いってアタマ悪そうなトコがいい。 (実際、「?」と「!」しか感情がないらしい
こんなに苦労して連れて行っても、子供たちはどの位覚えてるんでしょうかねー。 その内「子供ができちゃったの」とか言い出したりヤマンバになったり盗んだバイクで走り出しちゃったり果ては「学校辞めてバンドマンになる」とか言い出したりすんでしょうか(笑)。

■短いGWでしたが充実。しかし飲み食いの充実とともに体重の方も充実。70.5kgまで落ちたのにあっさりと72kgにリバウンド。まずいまずい!
てなワケで早速バナナダイエット再開ですわw)。

あ”~連休終わっちゃったヨ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Haramidorisazamnami原みどり&ワンダー5
「恋☆さざなみ慕情」

元第1期スパンクハッピーの歌姫・原みどり17年ぶりのソロアルバム。
バックは松本治tb&arr、外山明ds、水谷浩章b、渋谷毅p、ホッピー神山kb、大友良英gほかという猛者揃い。松本治のアレンジで「月光値千金」や「テネシーワルツ」などの懐かしい曲を演奏。コレ、昨年亡くなった原さんのお父さんに捧げたアルバムなのです。(お父さんが自分の葬式で配るよう指定した「納棺夫日記」という本も素晴らしい本です。是非読んでみて下さい。)
良かったー。単なる懐メロに留まらないアレンジもさることながら、
原さんの包容力を増した歌声に感涙。悲しみの向こう側に開けた風景がミョーに乾いてて、「それでも人は生きてゆく」って思いがまた切なくもあり。。。。僕にとっても大事な1枚になりそうです。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »