フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月15日 (日)

福島でERA(鬼怒無月g+壺井彰久vln)

2月15日(日)
Erafkyer 福島・なまず亭にて でERA(鬼怒無月g+壺井彰久vln)のライヴ観戦。
いわずと知れたギターの化身・鬼怒選手に KBBやポチャカイテ・マルコでも活躍の壷井さん
超絶な2人の演奏、必見です。
僕は以前郡山で見てますが 、実に強力でした↓。
http://yamaneko1214.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/20051211era_3333.html

今回はMeganesセキーネ幽鬼gも同行。お店に入ると当然、久々のヘビー級鬼怒ウォッチャー・eijiさんや小早さんのお姿も。 お初のlatteさんはじめ、客席には東京勢多し。 地元バンドマンはナニやってんだよっ!、て郡山でもソレは変わらんのですがね=。
Era010215
演奏のほうは、以前にも増して実に強力。 3年前よりもさらに進化・深化したアンサンブル、堪能しました。
今回は新曲もあり、ツアー3日目ということでかなり練れてた感あり。 アンコール2はもう絶品でした。
曲目はeijiさんのトコから拝借~。
1st Set:
01. TONO (壷井彰久作曲、2nd 収録、鬼怒 ag1、壷井 red->purple、約8分)
02. I was a Teenage Warewolf (鬼怒無月作曲、2nd 収録、鬼怒 ag2、壷井 purple、約6分)
03. Under the Red Ground (壷井彰久作曲、2nd 収録、鬼怒 ag2、壷井 purple、約5分)
04. タイトル未定 (鬼怒無月作曲、新曲:4回目、鬼怒 ag2、壷井 red、約10分)
05. Ripple (壷井彰久作曲、1st 収録、鬼怒 ag1、壷井 purple、約7分)
06. crawler-A (鬼怒無月作曲、1st 収録、鬼怒 ag1、壷井 red、約10分)
2nd Set:
07. タイトル未定 (壷井彰久作曲、新曲:4回目、鬼怒 ag2、壷井 red、約7分)
08. こいのぼり (壷井彰久作曲、新曲:5回目:仮タイトル、鬼怒 ag1、壷井 purple、約4分)
09. Arena (鬼怒無月作曲、2nd 収録、鬼怒:ag21、壷井 red、約9分)
10. First Greeting (壷井彰久作曲、3rd 収録、鬼怒 ag2、壷井 purple、約6分)
11. St. Vitus Dance (鬼怒無月作曲、3rd 収録、鬼怒 ag2、壷井 red、約11分)
Encore 1:
12. Three Colors of the Sky (鬼怒無月作曲、3rd 収録、鬼怒 ag1、壷井 purple、約7分)
Encore 2:
13. Filled (鬼怒無月作曲、3rd 収録、鬼怒 ag2、壷井 purple、約6分)
Era010215effect
エフェクター写真は左:鬼怒さん、右:壷井さん。多分ヴァイオリン用のはルーターで分けて2系統ぶんくらいあるのかな?
ウチアゲは同行のセキーネ君が矢吹町なので参加できませんでしたが、風と木特製の野菜しゃぶしゃぶ!だった模様です。

主催のヤストミさん、風と木丹治マスター、お疲れ様でした=。

2009年2月 4日 (水)

プレミア社の60年代ヴィンテージスネア。

久々のドラムネタです。

英国が誇るプレミアPremier社の60年代ヴィンテージスネア。 たぶんRoyalAceってものだと思います?
ジャンクで激安購入して再生。
プレミアといえばWhoのキース・ムーンP・フロイドのニック・メイソンBlondyのクレム・バーク等ロックのイメージが強いですが、実際はクラシック用の打楽器にも定評ある総合打楽器メーカーです。(80年代にはハーヴェイ・メイソンもエンドースしていました。)
Premiervintage1_2 Premiervintage12_2
14”×5インチで、シェルはバーチかメイプルか?と思ってたんですが、ヴィンテージドラムに詳しい方によると、どうもビーチ材のようです。しかもこの時期のはソナーのOEMではないかとの事。同材でレインフォースメントが付いてます。スネアベッドは結構深め。
緑ラメのカバリングも色褪せはあるがしっかりしています。
やっぱりこのクラシックな形のラグがいいねえ、そしてPバッジ
現行のスネアからはこのPバッジが消えています。
パラレルアクションのメカは壊れてるので外してパールのスイッチに付け替え。
元のメカのレバー穴が結構デカいので、それを利用してスイッチの裏に5円玉をワッシャにして取り付ける。
コレクション趣味はないので、あくまで実戦使用目的ですgood。とりあえず手持ちのヘッド張ってBradyのスナッピを付けてみた。 テンションボルトは元々のは、SONORみたいなマイナスネジみたいな奴なんで、専用キーも無いので全とっかえ。
 Premiervintage2Premiervintage3
なかなか良いです。柔らかいトーンで反応も良く、キレも良い。
てか、両面とも死にかけの中古ヘッドで張り替えたばかりでこの音なら、かなりのクォリティじゃね?
プレミアならではの上品さと太さもちゃんとある。 木胴で8テンションってなかなか良いなあ。
これはジャズとかアコースティック系に手放せない一台になりそうです。。。。

最近、小口径スネアで理想的なのが2台見つかったんで、あとは処分しました。
残すのはポークパイのメイプル10×5 とSONORのジャングルスネア10×2です。
特にジャングルスネア(タンバリンをスネア化した的なもので穴だらけなのでピッチ感が希薄でグッド)は良いです。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »