フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月26日 (土)

★SMILE SOUND FESTIVAL 2009★

Smafeslogo9月26日(土)MEGANES@スマフェス1日目、完了~。
ちょうど暗くなってMinchik君の映像も良い感じに映えました。
今回は映像(新ネタあり)を天井に映してみた。 なかなか良い感じでしょ?
PAオペさんは去年と同じ人で、セッティングしながら話してたらドラマーである事が判明。
道理で、くにちゃんのシェイカーまでバッチリ拾ってるわけだ。
やっぱり楽器やってる人がPAオペだと心強い。。ツボが判ってるというかさ。

去年と同じ福島のほうのPA屋さんらしいけど、あの位音良いとマイセット持ち込み甲斐があるってもんです。
マイセットはいつもと同じTAMAスタクラ。 20BDに12、10TT、14,16FT。にヤキイレブラススネアとポークパイの10インチスネア。
090926_153901 右手側のサブハットは、今回は4枚重ねで行ってみました。
(下からUFIPのジングル付きXimbau+Paisteサウンドフォーミュラ12”Splash+リズム君に切ってもらったセイビアンB8改造8角形+Paiste2000の8”Splash) ペダルは近親相姦DW5000+カムコのペダル。(ネタとしてハ◎ドオフの値札は貼ったままです)
Sma094
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました~~m(_)m。 ウチアゲは久々に桑野の「信長」に行ったんですが、やっぱ美味いなあ。 鯖の燻製が絶品でした手(チョキ)。サバクンサバクン、グッジョブ!

ちょっと二日酔いですが、やっと楽器をクルマから下ろしました。んで夜に使うミニセットに積み替え。
コレさえなきゃ楽しいんですが、昨年のスマフェス後にスタンドを全部細いストレートに替えて軽量化したので以前よりは大分マシになりました手(チョキ)

スマフェス2日目も子連れでしたがアポロチョコシアターMawellSt.Bandのステージは観れました。アポロ田中くんはMC絶好調。もはや天才的とさえ言える。いきなり阿呆太郎の物真似で来るとわw) Maxバンドは野外音楽堂のほうで。とてもブルージーで良い感じですた。


2009年9月22日 (火)

『公私共に充実してるわね~。。』(←イヤミ)

ニョーボに
『公私共に充実してるわね~。。財布も充実させて欲しいわ。。。。』
(←イヤミ)
と言われつつ、なんだかんだと毎日過ごしております。

19日(土)はシャチョーになったため仕事関係の組合の例会デビュー。
先日の衆院選で当選したO田K美さんがイキナリ登場。この人、ちょっとハスキー声が良いんですね~。とりあえず来月からでも子供手当てが欲しいオレでした。
その後、リニューアル成った#9に、遠藤君企画の『いぬ屋敷ぶた屋敷2009』を観に行く。
Inibuta2009maruhishow
ドリンクカウンターに行くと、盟友・ドラムブラザー星くんが泥酔死亡。付き合い長いけど、酒で死んだ星くんは初めて見ました。その他たけとも、 ROCKETさん、け~たに博彦コージマコピーほりんミッフィー、そしてリアルで会うのは3年振り位のぬらりひょん君と久々の顔がモリモリ沢山。
Inibuta2009maruhishowendou ぬらりひょん君から紹介していただいた色々さんと、濃い目の話しに花が咲く。いやこの3人揃うと濃すぎ。ショー小杉もケイン・コスギも小杉武久も付いてこられないくらい濃すぎ。濃い目のDVD等色々頂きましたm(_)m。
恒例マル秘ショーは清志郎トリビュート。遠藤君は例によって女装(爆)。いや素晴らしい大馬鹿野郎たちでした!

20日(日)

Tsurugajoe会津の某病院に検査入院しているオヤヂの見舞いに。オフクロは朝から高速バスで行っていたのでお迎えがてら行って、鶴ヶ城に寄ってきました。NHKの大河ドラマの影響で直枝兼継関係の展示が増えてました。歴女っぽい若い女の子も多いですね~。
帰ってから久々のWorkshopStudio『ファイトクラブ』へ。
今日のセッションはRyoさんg&vo、中澤くんg、ハラくんbにオレds+華ちゃんvoで。
わりと8ビート系でいってみました。あとジャンプっぽい4ビートも。
Ryoさん、昼間はよさこいイベントのPAでかなり消耗した模様でアブラ抜けまくりですた。

21日(月)は仕事の後、福島市はなまず亭にて、マイミク「ばば」さんの結婚記念パーチー。
もう呑む気マンマンなので、行きはABE=Cに乗っけてってもらい(サンクス!)帰りは最終電車で。 パーチーというかライヴですが、超豪華メンバーです。郡山チームはオレとABE=Cに華ちゃん(この2人は福島が実家なの)が参加。世間は狭いです。

BluesCruiser鬼怒無月
マダムギター長見順g&vo with 鬼怒無月ac-g
こまっちゃクレズマー
(梅津和時as&cl、多田葉子ts、張紅葉acd、松井亜由美vln、関島岳郎tuba、夏秋文尚ds) +鬼怒無月
という恐ろしいにも程があるメンツ。
Bluescruiserkido
ブルクルはちゃんと観るのは初めてでしたが、流石に何処に出しても恥ずかしくない堂々たる演奏でした。ギターの人、めちゃんこ上手いです。
マダムギター長見順with鬼怒無月のセットでは、
「ア~タシはいちお~既婚者だからね。先輩つうか。beerだもんで一応、女性目線で。しかも上から目線で行きますね。bottle勝ち取れ、自由を!なんつって。」とすでに呑みながら喋る長見順さんでしたが、大丈夫、アナタじゅうぶん自由だから(笑)。
八代亜紀の「舟歌」を弾く鬼怒さん(!!)というレアなものも観れました。
Umezuklezmer
最終電車の都合上、こまっちゃクレズマーの途中で退席。
久々の夏秋君や多田さんともお話したかったんですが、残念。

Smafeslogo さて、更にニョーボ殿にはイヤミを言われそうですが
今週末は開成山公園にて
26日(土)SMILE SOUND FESTIVAL 2009 です!
入場無料。
MEGANESはpm5:30の登場になります。
夕方なのでminchik君のビジュアルワークもありです。
是非よろしくです!

んで、日曜は市内某所でジャズの演奏の予定。
詳細不明なんですけどダイジョブかしら?

2009年9月 8日 (火)

ネ申 を見た。

9/6(日)、HIPSHOTでL'imageを観戦。
Mike Mainieri (vib)
Warren Bernhardt (key)
Steve Gadd (ds)
Tony Levin (b、Stick)
David Spinozza (g) というそうそうたるメンツ。
090906_185201
人生初の生ガッドです。
若い頃は日本全国スティーヴ・ガッド状態で皆さん何処行ってもウチタチドバラドバラやってたもので、あえて染まらないように気を付けていました。
細かく細かく精緻に積み上げていけばガッドに近づけるんではないかという錯覚は、日本人が陥りがちな落とし穴ですよね。
いや、密かに研究はしてましたよ。それはもうヒントの宝庫みたいな人ですから。
今なら染まらない自信が有る!
と言うか、、どう逆立ちしてもああはなれないと言う事がよーく判ったので(笑)、大手を振って観に行きますた。

どうも両方行った人によると、東京ジャズよりも演奏時間も長くて、内容も濃かったらしい!

090906_195101まさにトッププロ中のトップの演奏でした。
かなーり目からウロコなこと一杯です。
全員ホントに対等のレベルで素晴らしかった~。しかもヨユ~だし。
初の生ガッド、まあ予想通りといえば予想通りでしたが、いろんな事が確認できました。
重心の持ってきかたとか、バランスとか。。。。。こういうのは生で見ないと判らんからなー。
さらに言えば、ビートの包容力が物凄いのよ。ブラシの曲が半分以上だったので更に露骨によく判りました。感服です。

このレベルの人達になると何が凄いって、ローギアからトップギアにいきなりシフトしても全く乱れない!オレ達程度のハナタレ小僧があの真似をしようとすると、シフトチェンジした瞬間に崩れますなdown
あと、演奏のレベルが
『相当イケてるlovely~うわっスゲエ。impact~真似できんcoldsweats02!』
の間くらいの幅なんですねー。
自分の演奏聴くと
『あっダメだsad~まあ何とか許容範囲bleah~おっ、ちょっとイケてるかgawk?』
の間(しかも左側寄り)を揺れ動いてる程度だもんな~。
精進しなきゃ。。。

でも昨日のMVPは間違いなくデヴィッド・スピノザですな。
真にソウルフルなプレイでした。素晴らしかったです。

トリビア:
ガッドは74年、郡山のワンステップフェスティバルにオノ・ヨーコのバックで来てるんですね~。 ブレッカー兄弟ts&tpも一緒でした。
Onoband1974 来日前は、スピノザgにジム・ケルトナーds、クラウス・ブーアマンbで来るという情報だったらしいですが、直前になって総取替えになったらしいです。
実際にはギターはスティーヴ・カーンだった模様。ツインドラムの片方はちゃんとクリス・パーカーだったという説もありましたがなんと!リック・マロッタだった模様。他のメンツはに故ドン・グロルニックkb、ベースはアンディ・ムソンという人だったらしいです。
(情報元はスティーヴ・カーン本人らしいので確実と思われます)

さらにオマケ:
オレよりもニョーボのほうが生ガッド体験は早くて、アドリブ誌の懸賞に当ってガッドギャングのライヴ&レセプションパーチーご招待。皆さんとても紳士で、と言うか全員奥さんの尻に敷かれまくってるそうです(笑)。
Mikigadd 感想は?と聞いたら『音小さくてガッカリした。。。。。。』だと。(実際はアベレージの音が小さいからソロに行った時に鳥肌立つくらいドカーンと行けるワケですよ。)
そんなわけでウチにはニョーボとガッドの2ショット写真があるのです。
ブログに載せると言ったらイヤだというので、『んじゃ、顔だけ紀香にしとくから.』と言ったら怒られました(笑)。 載せちゃったもんね~。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »