フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

そうかい。

4月は総会シーズンですな。
塗装組合に小学校のPTA総会ときて、今週は福島で日本塗装工業会(日塗装)の総会と末っ子快人の幼稚園の参観日&PTA総会。幼稚園のPTA総会では議長を仰せつかりました。小学校の怪鳥をやっててあんまり幼稚園のほうには貢献できないので、そのくらいはね。

日塗装の総会&懇親会終了後、郡山に戻ってウッドのJAZZセッションデイに。
48266157_3833192380 48266157_1689282752今日は前橋に転勤ということで、とまっち君が最後のセッションです。
たまたまマリア兄も登場。強引にリハビリベースを。楽団ひとり君g、えり じょーpに
前半はとまっちds、オレperc、後半はドラパー逆転、締めのスペインはまたとまっちds、オレpercで。
とまっちとはかなり演りやすい。何度か共演してるのだが、浮遊してるようでちゃんと足着いてるフレキシブルなドラムで、意外と居そうで居ないタイ プのドラマー。派手なオカズをカマしたりはしないけど、ちゃんとハンコ押して帰る感じ。
48266157_1107840246 48266157_3762384152s

オレも4/4のライヴ以来、腰がイマイチで全然叩いてなかったのですが、久々に叩いたらチカラ抜けてていい感じに叩けた。やっぱりドラムもパー カッションもどっちも楽しいんだよな~。
ドラムをやってても、数パーセントはパーカッションの自分が居る。逆もそうです。

とまっち、郡山でヨメも見つけたことだし、前橋でも元気で叩けや~~指でOK

Tetuyacontesut_2 昨日夜は、高校の先輩・Tツヤ氏セキーネを引き合わせた。
(Tツヤ氏はモリダイラ楽器主催のアコギのコンテスト
FINGER PICKING DAY 2010
http://fingerpicking.jp/FPD/
で入賞を果たしてます。( アコースティック・ギター・ブック賞))
8年前に続いて2度目の同賞!

そんな春の夜長でありました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Pilotmagic 『ファースト・パイロット』パイロット
名曲「MAGIC」で有名なパイロット。デヴィッド・ペイトンb,vo、ビル・ライオールkb、スチュアート・トッシュdsの3人(1stではイアン・ベアンソンgは未加入)。捨て曲無しの、英国ドリーミー・ポップスの金字塔です。
このスチュアート・トッシュ、前回ケイト・ブッシュのところで書いたスチュアート・エリオットと活動範囲も音も非常に近いです。この後10ccに入ったりエリオットと同様アラン・パーソンズ・プロジェクト関係でも活躍しました。エリオットと音が近いと言うのは、アラン・パーソンズの指示も大きいのかもしれませんね。トッシュのほうがさらにデッドなサウンドで、おそらくミュートガチガチの70年代サウンド。プレイは堅実そのもので、イキオイで突っ走ったりはまずありません。実は歌も上手い。パイロットや10ccでもコーラスバッチリです。
この2人と似てるのがもう一人。トッシュ加入前から10ccのサポートドラム(トッシュ在籍時はツインドラムでした)を勤めたポール・バージェス。こちらはさらにミュート感の強い、堅実ではあるが全く面白みのないドラム。CAMELのライヴ「pressure point」でもバージェスの抑揚のないプレイが曲のダイナミズムを殺してしまっています。。。
英国のスタジオ系ドラマーだとBarry De Souzaという名手もいるのですが、世代的には彼らよりちょっと前だし、キモチ暴れ系ですかね。この辺の英国ポップのリズム体の系譜も研究する余地がまだまだあるな。。。。。。。

2010年4月23日 (金)

雪桜

先週の土日はゼネコンの協力会の旅行で千葉方面へ。
イキナリの大雪で難儀。 福島脱出まで5時間かかる。
もういい加減に降らんだろうと思っていたら、昨日も雪。
なごり雪どころかなごり過ぎ。まいった。
いつもバカ画像ばっかなのでたまには美しい画像も。
Yukizakura
風流やのう。。。。。。。。。

最近、某ホームセンターで100円CDが豊作。買いまくりです。
んで、アナログは持ってるんですがやはり買ってしまいました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Katebushukickinside KATE BUSH『天使と小悪魔』
ケイト・ブッシュ19才の衝撃のデビュー作。30年を経てもなお色褪せる事ないエヴァーグリーンな名作です。P・フロイドのD・ギルモアprod.で、アンドリュー・パウエルのアレンジ、イアン・ベアンソンg、デヴィッド・ペイトンbのパイロット組、ダンカン・マッケイkbとステュアート・エリオットdsのコックニー・レベル組が参加。久々にちゃんと聴き直しましたら、歌良し演奏良しでやっぱり素晴らしいですな。

『Moving』

昔はスタジオミュージシャンのお仕事的にしか聴こえなかったステュアート・エリオットのドラミングも、よく聴くと相当曲に深く入り込んで叩いているのに気付きました。1曲目の「Moving」でも非常に冷静沈着なドラミングに聴こえるんですが、一箇所だけ、曲に入り込み過ぎてしまってタムをドロロロン!とやりそうになって「あ、イカンイカン。」と戻してるとこがあるんですね。そこが微妙にオレ的にツボにはまりました。エリオットはスティーヴ・ハーレイのCockney Rebelでデビュー時20歳くらいですから、このアルバム当時で25歳ぐらい。懐の深いドラミングで現在も活躍中ですが、この当時はEMI系のセッションにはコレでもかと言うくらいクレジットされてます。その流れでベアンソン/ペイトンのパイロット組と共にアラン・パーソンズ・プロジェクトの中心メンバーとしても活躍しますが、それはまた別の話に。今回も重箱の隅をつつくような話でスマンです。

2010年4月 4日 (日)

4/4(日)MEGANES @『第18回 郡山みなと祭り』

139e 4/4(日)は海王丸の企画【第18回・郡山みなと祭り】に参戦ですた。
先週、ちょっと渡る世間の処女事情、いや諸事情がありまして参戦が危ぶまれましたが、なんとかなりました。
結果的にはやってよかった。  

海王丸企画 「第18回 郡山みなと祭り」
@郡山 PEAK ACTION

出演/about tess(東京) http://www.myspace.com/abouttess

REPEAT http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=Repeat218

赤く恥じらえ(山形) http://www.akakuhajirae.com/

MEGANES http://mixi.jp/view_community.pl?id=4099364
       http://yamaneko1214.cocolog-nifty.com/blog/

海王丸 http://www.kaioumaru.net/top.html
9e0d
ドクターストップ中のみどりかわしゅんtpに代わり、サックスにシスターMこと小山雅代ちゃんを迎えて登場です。
(オヴ vo,g / くにくに vo / セキーネ幽鬼 g /  シスターM sax / 木村ケンケン b / Aきやま@山猫軒 ds / minchik VJ&Artwork )

いやー非常に良いイベントでした。
特にAboutTessは ダブルトリオ編成(2ギター、2ベース、2ドラム)での刺激的なパフォーマンス、流石でした。 飽和しそうでしないアンサンブル、実はかなり構築的とみました。やっぱりメリハリとか見せ方とか勉強になるなー。

主催の海王丸は、ドラムの哲郎君の成長が如実に感じられて良かったです指でOK。去年のワンマンの時よりも相当アンサンブルが向上してました。

んで、ここ数年は快調だったのですが
ライヴ当日の朝、楽器をクルマに積み込んでる時に

ピキッげっそり 

と。久々に腰をヤりましたふらふら。。。歩けないほどではない ですがけっこーキてます。
背筋がガチガチになってないのでどうにか叩けるかと判断し、ストレッチしてなんとかだましだましワンステージこなしたものの、中腰がキツい。。。。
セッティング手伝ってくれたイトゥー君サンクス。

てなわけで今日は整体行って来ました。。。。 バッド(下向き矢印)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »