フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 4/4(日)MEGANES @『第18回 郡山みなと祭り』 | トップページ | そうかい。 »

2010年4月23日 (金)

雪桜

先週の土日はゼネコンの協力会の旅行で千葉方面へ。
イキナリの大雪で難儀。 福島脱出まで5時間かかる。
もういい加減に降らんだろうと思っていたら、昨日も雪。
なごり雪どころかなごり過ぎ。まいった。
いつもバカ画像ばっかなのでたまには美しい画像も。
Yukizakura
風流やのう。。。。。。。。。

最近、某ホームセンターで100円CDが豊作。買いまくりです。
んで、アナログは持ってるんですがやはり買ってしまいました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Katebushukickinside KATE BUSH『天使と小悪魔』
ケイト・ブッシュ19才の衝撃のデビュー作。30年を経てもなお色褪せる事ないエヴァーグリーンな名作です。P・フロイドのD・ギルモアprod.で、アンドリュー・パウエルのアレンジ、イアン・ベアンソンg、デヴィッド・ペイトンbのパイロット組、ダンカン・マッケイkbとステュアート・エリオットdsのコックニー・レベル組が参加。久々にちゃんと聴き直しましたら、歌良し演奏良しでやっぱり素晴らしいですな。

『Moving』

昔はスタジオミュージシャンのお仕事的にしか聴こえなかったステュアート・エリオットのドラミングも、よく聴くと相当曲に深く入り込んで叩いているのに気付きました。1曲目の「Moving」でも非常に冷静沈着なドラミングに聴こえるんですが、一箇所だけ、曲に入り込み過ぎてしまってタムをドロロロン!とやりそうになって「あ、イカンイカン。」と戻してるとこがあるんですね。そこが微妙にオレ的にツボにはまりました。エリオットはスティーヴ・ハーレイのCockney Rebelでデビュー時20歳くらいですから、このアルバム当時で25歳ぐらい。懐の深いドラミングで現在も活躍中ですが、この当時はEMI系のセッションにはコレでもかと言うくらいクレジットされてます。その流れでベアンソン/ペイトンのパイロット組と共にアラン・パーソンズ・プロジェクトの中心メンバーとしても活躍しますが、それはまた別の話に。今回も重箱の隅をつつくような話でスマンです。

« 4/4(日)MEGANES @『第18回 郡山みなと祭り』 | トップページ | そうかい。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/34356116

この記事へのトラックバック一覧です: 雪桜:

« 4/4(日)MEGANES @『第18回 郡山みなと祭り』 | トップページ | そうかい。 »