フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月24日 (火)

梅津和時KIKI BAND新アルバム発売記念ツアーin郡山!

Kikibandpromo
KIKI BAND 

梅津和時/sax、鬼怒無月/g、早川岳晴/b、Joe Tramp/ds】
Sanagi 新アルバム『A Chrysalis' Dream~さなぎの夢』
発売記念ツアー in 郡山 !!

http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/kiki/kiki_news2010.html

10/25(月) 郡山 Hip Shot Japan
* 18:30開場 19:00開演
* 前売¥3000 当日¥3500+drink¥500

郡山 Hip Shot Japan
〒963-8005福島県郡山市清水台1-6-16八幡ビルB1F
TEL:024-921-2007
http://www.hip-shot.com/

2年程前にも福島・なまず亭で観戦しましたが、強力ですよ=。
http://yamaneko1214.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_292b.html
とりあえず楽器やってる人は観といたほうがいいですよ。後悔しません。

2010年8月18日 (水)

8/22(日) 【Woodstockさよなら2010年・夏~晩夏ロック祭】

8/22(日) 【Woodstockさよなら2010年・夏~晩夏ロック祭】 終了しました。
Live1 タイバンは 
GKE Machine(楽団ひとり君/アイーン君g,vo)
We Hate Jazz(銀ちゃんg、えりじょーp、指のあるほうのMトゥーさんb、シンちゃんds)
CROCODILE HIP(ハラくんg、小川くんdsほか)
そしてわれわれUNKNOWNelctric versionの巻(セキーネ幽鬼g、Aきやま@山猫軒ds)
4者4様で良いバンドばかりで、なかなか楽しいイベントでした。 

4098832_554040904_196large 4098832_554037995_150large 今回、UNKNOWNは初のエレクトリックバージョンで登場です。
渋谷系イケメンデュオを名乗っておりましたが、某サ◎ンドハウスの通販でばかり機材を買っているので【成田系】に変更です、って楽器やってる人しかわからんな。セキーネのニューウェポン・サド臼杵+ブギーも炸裂annoy。MCは不発だったがspa。 いつもにも増して大人気無い演奏を繰り広げましたです。

Kaossrfx1曲目でKORG KAOSSILATORZOOM RFX1000エフェクターを導入してみました。
ZOOMもつまみが付いてるので、リアルタイムでDRY/WETのバランスやリバーヴタイムを調整しながらウニウニ。
んん~、この感じ、イケるかも。 感触が掴めてきたので、更なるエレクトリック化を推進する方向で行きそうです。

ケンケン夫妻、kenちゃん&Sペーさん、ふぐりの兄貴、ご来場ありがとうございました。
搬入、セット換え等お手伝いいただいたマリア兄、楽団ひとり君、アイーン君、サンキウでしたー。

僕のトコに立ち寄る人はドラマーが多いので一応使用機材を。
2862090_555968508_104large
TAMAアートスター16”BD、10”TT、13FT
Premier12”スネア(バーチ&ユーカリ)
UFIP class13”ハイハット
UFIPリトモ18”クラッシュライド(70’sモノ)
Paiste サウンドフォーミュラ12”splash
Paiste 2000 8”splash
Paiste カップチャイム6”
ハウス常設のセイビアンHHにUFIP Ximbau乗せ
KMKシンバルを8角形にカットしたチャイナクラッシュ13”くらい
REMOジャンベ
KORG KAOSSILATOR+ZOOM RFX1000

おぼんこぼん

■Aきやま家、今年のお盆休みは大阪(高槻の義母・義妹のトコ)に行ってまいりました。dash さぞや地獄のロードになるかと思いきや、意外と運転自体はラクチンでした。good 
Kousokuchizu_2 前もってDJマンボウ君などに聞いていたので10時間コースかなと思っていたのですが、メシ食ったり仮眠したりを除いて実質運転時間は8時間てトコ。
ただ、行きの運賃ちょっとケチろうとして1個先の磐梯熱海ICから乗ろうと思ったら事故渋滞でしょっぱなから1時間ロスorz。
新潟付近で台風のケツをカスめたようで、ちょっと雨に降られるもセーフ。
新潟から北陸道に出ちゃえば、もうスイスイ。ヒジョーに快適ドライヴです。
で、名神道に入って京都あたりから途端にガラ悪い運転のクルマが増えるannoy
PM5時に家を出て高槻の義母宅に着いたのがAM3時半。流石に仕事終わってから出掛けたので疲れた~。

■翌日は義妹夫婦+娘ホノミンと近場の自然公園に行くも、前日の台風で川が増水して遊べず。駅前のダイエーでタコヤキ食べて部屋呑みに移行。爆死。

■2日目は最大の家族サービスイベント。USJへ行く。
まんまディズニーのパクリっちゃパクリですが、ディズニーとの最大の違いは
『売店の付録にアトラクションがある』
という点(苦笑)。
いや、ディズニーも本音はそうなんだろうけどさ、一応アトラクションメインな雰囲気にはしてあるでしょ。もう売店とレストラン多杉。
Usjレストランもこどもプレートとかいうハンバーグライス的なセット(飲み物別)が1000円するのだが、どう見ても原価40円くらい。
さすがに温厚なワタクシもブチ切れまして、
「こんなん1000円も出して食ってられっか!annoyと自分の分は食いませんでした。子供は仕方ないけどさ。
Usjparade アトラクションは、船に乗ってジョーズを退治するのとか、ジュラシックパーク(スプラッシュマウンテンと同じで最後にコースターごと落ちて着水)とか、面白かったですけどね。子供はマジでビビってて可笑しい。
確かに、大阪人の財布感覚からしたら2回目はないだろな~。赤字な訳だ。。。。。

3日目はお暇をもらい、大阪市内へ。
旧友ナメちゃん(元ペーターズg・メトロン星人に似てる)と17年ぶり?に会う事に。
阪神大震災のあと音信不通になっていたんですが、今年になってウチの会社のブログを見て連絡くれまして。
Drumnbassrecords心斎橋で落ち合い、真っ昼間からビールを飲みピザをつまむグラサンの中年男二人。怪しい。
その後、元ペーターズvo林くんのやってるレゲエのアナログ盤ショップ『Drum&Bass Records』に行くも、新店舗の準備で忙しいらしく会えず。
http://www.drumandbass-rec.com/
レア盤ばっかり並んでいて、日本でも有数の品揃えらしいです。近々、クラヴと合体したショップにして移転するらしい。頑張ってるな~。
楽器屋をいろいろチェックした後、ナメちゃん宅へ。

。。。。。で、その途中に、例の幼児遺棄殺害事件のマンションがあるのよ。
お供え物も沢山置いてあり、とりあえず手を合わせてきましたが。。。。
ほんとに心の痛む、というかなんか黒い澱のようなものが心にこびりついて残る事件です。
いいかげん、市や子供救済センターに立ち入る権限を与えないと。
こういう事件の度に「連絡取れなかった」「行ったけど会えなかった」で終わっちゃってるのに。

ナメちゃんは以前は梅田でスニーカー屋をやってたり心斎橋でレコ屋をやったりしてたのですが、現在はなんと!カバン屋さんになっておりました。
Naneshoptop 【FIRST IMPRESSIONS】というブランド名で、一点もののバッグ類を製作しております。 是非サイトも見てみてください。
http://www.1stimpweb.com/

http://blog.1stimpweb.shop-pro.jp/

オシャレなだけではなく、ファスナーや金具にもこだわっていて造りもしっかりしていて非常に堅牢です。 元々が服飾系の人だったみたいで、 「ギターけなされてもハラ立たんけど、ミシン下手や言われたらむっちゃハラ立つで(笑)。」 と言っておりました。 ナメちゃん宅でギター談義やら与太話をして(奥さんすみません)、お好み焼きを食べ帰途に。久々に都会の空気を吸って、楽しい一日でした。

Photo ■16日はいよいよ郡山へ帰る。午後出発して、京都でちょっと渋滞があったものの快調に飛ばし、AM12時01分に郡山ICを出る(日付変わると夜間割引適用になる)。
ちかれたび~。流石に腰にちょっとキてるsad。。。。やはり、トシとると1日置いてから疲れが来るんだなorz。。。。

2010年8月 5日 (木)

JOJO MAYERのクリニック参戦。

はいな。行って来ました福島はC-moonまで。
超絶ドラマー・JOJO MAYERのクリニックですよ。
まー下記URLで動画をチェックしてみてくださいな。
http://www.drummerworld.com/drummers/JOJO_Mayer.html

MEGANESからギターのセキーネ、Voオヴも参戦。
会場内にはSONORのドラムセット他も展示してあり、叩くことができたのですが。やはり良い。 良いけど良すぎてオレには合わんかも。セットの個性が強すぎるかな~。もっとチャランポランなセットのほうが好きかな。。。お金と場所あったら1台くらい持っててもいいですけど。

Jojomayer450876 で、JOJO MAYERのクリニックですが、
テクニック的なレクチャーよりも『なぜ自分が【プログラミングされた機械のような演奏を人力で】するようになったか?』という事を、ドラムという楽器の成り立ちから音楽の歴史を追って(音楽スタイルの変遷を実演しながら)説明していく,というものでした。
通訳のお兄さんが音楽に明るくない人のようで、かなりトンチンカンな意訳を連発してたのはご愛嬌ですが、JOJOの英語も解り易くて、7割方は英語の方で理解できました。
要約すると

■■■
まず一番大事な事は、
『音楽、そしてドラムはコミュニケーションのためのツールであること。』ということ。
音楽の歴史を辿って行くと、踊りとドラムには密接な関係がある。
JAZZの歴史だけ取っても、スイングジャズも最初はダンスミュージックとして発展したものがビバップからモダンジャズへと洗練・複雑化していく過程でリスニングミュージックとなっていき、人々は踊るのをやめた。
ロックやファンク、フュージョンもしかりで、洗練・複雑化していくと踊れなくなるというのは同じだった。
ところが、プロデューサーやDJが機械を使ってビートメイクをする90年代以降のクラブカルチャーの中で出現したビート群(ドラムンベースやらジャングルやら)は、高度に複雑化していくのにみんなバキバキに踊っている。
『これは、なにか新しいことが起こってるんじゃないか?』
『新しいコミュニケーションの形なんじゃないか?』と思ったのが、
【プログラミングされた機械のような演奏を人力で】するようになった理由とのことでした。
■■■

Jojomayermastersplace Jojoset1 当然、テクニック的な裏付けも物凄くて、1個のタイコから色んな音を出すのを相当研究した、と言ってました。
『マニピュレーターがシンセのコントロールつまみを動かすように』連続的に音色を変えていったり、クローズドリムだけでも相当な音色のバリエーションを持っていて、飽きさせません。
ビート自体も、カットアップ/ミュートぽい出し入れを駆使して、「抜くこと」自体も逆アクセントとして活用してたのが印象的でした。

昨今の超絶ドラマー達のテクニカルな進歩は物凄いですが、どうもあの人もこの人もこれ見よがしな感じがして、というかドラムのテクニックだけは凄いのだが、肝心の音楽がどうにもつまらん。というのが多いです。
(というのが困ったチャンなアマチュアドラマーを増やす一因にもなっていると思うのだが。)
JOJOのやってるNerveなんかは、音楽自体も結構面白い。
そして、全体に漂うユーモア(これ重要)、過去の音楽に対するリスペクト、
「自分は過去の歴史の上に立ってるんだ」という自己認識
が彼の音楽をより豊かなものにしていると感じましたです。

デモ演奏は、Macに仕込んだマイナスワンのオケと演奏してるのですが、
いやー、テクニック的にはもう流石の一言。強力です。
ハンドテクニックに関しては、彼の教則ビデオに見られるように、モーラー、グラッドストーン
ともに(実際には複合的な動きになっている)素晴らしく完成されていて音楽的。
特に左手のレギュラーグリップは凄い。
Jojomayershoe 「現時点で、生ドラムが骨格となってる最後のビートスタイルってえとコレかな~。」
と言ってブラストビートもやってくれましたが、これがバカッ速いうえに、脚も超絶。 これはたまげました。ツーバス要りません。
動画とかでも足技が凄いのはわかりますが、これほどまでとは。。。。。写真はジョジョのドラム用シューズ。コンバースに革ソールが貼ってある!!!コレが秘密か!。。。。いや、やっぱ腕前だよな(凹)。

デモ演+上記レクチャーで2時間超。
電車で東京に移動のタイムリミットもありアンコールは無しでしたが、もうお腹一杯の濃~いクリニックでした。
テクニック的なレクチャーは特に無いものの、彼の音楽の背景、プレイの基礎にあるはずの超人的な努力、それをひけらかすことなく自分の音楽に昇華していく姿勢。
感動しました。。。。。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »