フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月18日 (土)

ライヴのお知らせ。10月&11月

ライヴのお知らせです。
皆様よろしゅう~~~~手(チョキ)

■■■■■その1:
10/3(日曜)
遠藤ミチロウ 降臨 in 須賀川』

at 須賀川ぷかぷか に
あすか真理狂のサポートで参戦します!
open18:30/start19:00 ticket\3000(w/1ドリンク)
たぶん一番目?
Michilowliveflyer

今回はパーカッションで参加。
久々に顔を白塗りにしてチェーンなぞブン廻そうかと思っております(謎)。

■■■■■その2:
11/5(金曜)
BLINDMAN と対バン(てか前座)

http://www.blindman.jp/
at 郡山#9 で
UNKNOWN(セキーネ幽鬼g+Aきやま@山猫軒)で参戦。
こちらも詳細決まりましたらお知らせします~。

2010年9月13日 (月)

久々の上京。

Tenjikai 土曜は仕事関係の展示会で午後から幕張メッセへ。
会場にはペヨン潤(ヨン様のそっくりさん)とリトル清原(清原和博のそっくりさん)が。レースクイーンはいなかった(苦笑)。
ここにきて色んなモンが壊れ、結局ウィンチやら吹付けガンやらホースやら買う(泣)。

幕張を出て、神田のビジネスホテルに荷物だけ置いて旧友に会いにチョ~久々に小田急線に乗り込む。メールやらツイッターやらでちょくちょく話してるんで全然しばらくぶりな気がしないんだが、よく考えたらリアルで会うのは7,8年ぶり?
Ol1st 旧友の事務所兼アトリエでいろいろ昔の映像やテープを聴いて記録をすり合わせてると、いろんな事を思い出した。流石に20年前のことなので細かい所はあやふやだったり、逆に枝葉の部分だけ克明に憶えていたり。
彼の才能を世に出してあげるのがオレの役目かなと思ってやってたし、実際、彼は世に出た。当時は演奏も虫のように突進するばかりだったけど、『何にも似てない音楽をやろう』という気概「だけ」はあった。
あんなにヘタだったのに何故かライヴやる度にお客さんが倍々ゲームで増えていったのは、たぶんソコをみんな感じ取ってくれてたからだと思う。ステージ前で踊ってる女の子たちの他にも、いつも最前列でカセット録音をしているコアな男子ファンもいた。
契約問題等々あって状況的には閉塞してたけど、ライヴでは凄いスピードでどんどん音楽性が変化していってた。(この時期の感じが記録されていないのは実に残念ではあるのだが。)
あれはあれで奇蹟的な一瞬だったのだなと思う。
昔の友達と会うと、瞬時にその当時の感じに戻れる。ゲラゲラ笑ってバカ話したり、「最近どんなの聴いてんの?」とか、20年前と全然変わらない。いやホント楽しかった。
一緒にやってた頃にはお互いに伝えきれていなかった彼の気持ちも伝わったし、僕なりの気持ちも伝えられたような気がします。おたがい40過ぎてちょっとは大人になったのかな。
メシ喰いに行ったりアトリエに戻って四方山話してるうちに、あっという間に終電間近に。(なんとか新宿で東京行き最終に繋がった!)

翌日も快晴。(郡山や仙台は雨で定禅寺ジャズフェスも大変だったらしい。)
御茶ノ水でベース用のパーツと「酒とつまみ」誌をゲットした後、アキバのイケベ楽器へ赴き、名物店長コージー村上氏にご挨拶。(実は11月に#9でコージー氏のバンド【Blindman】と対バンするのです。)
Belgianbeerfes さらに友人と麻布十番で落ち合い(互いに迷ってなかなか遭えず・笑)、老舗の美味しい蕎麦を食し、六本木ヒルズの「ベルギービールウィークエンド」へ。同行してくれたAさんありがとう~。
http://belgianbeerweekend.jp/
ベルギービールを呑みつつ野外ステージで北欧ジャズも楽しめるというもので、Michel Biscegliaのピアノトリオ とDAAUというAcd・cl・cello・wbのカルテットを観戦。
DAAU http://www.youtube.com/watch?v=iyGgOAZTz90&feature=related
Michel Bisceglia Trio http://www.myspace.com/michelbisceglia

Michel Bisceglia Trioの方はいかにも北欧な感じの綺麗なピアノトリオでナイス。ベースがイマイチでしたが、ドラムの大男(顔はデンジャラスのノッチ似)はデジョネット風なプレイでナイス。
DAAUは、この編成でアンビエントがかったアンサンブルをするのですが、1曲につき1個のモチーフを変奏していく感じで展開に乏しく(最近のテクノとかでずっと展開せずに続いてく感じのがありますが、あんな感じ)寝落ち。周りも結構寝落ちしてた。

Dinamitebody 司会のハーフっぽいお姉さんが物凄い爆乳ダイナマイトバディのうえに豹柄のパツンパツンのドレスで遠目で見てもなんか凄かった。大盛カツ丼の上にコンビーフぶっ掛けたような濃さ。ちょっと日本人では太刀打ちできなそう(笑)。 カメラ親父もコーフンしてカブリ付きで撮影w)。
ベルギービール、アルコール度数が高くてあちこちで真っ赤な泥酔タコ親父続出w)。CHIMAY(10%くらいある)なんか呑んだ日にゃ、一発でダウンです。
東京暑いぞ~と言われていましたが、35度くらいはあったのかな~?でも、ビールがあれば生きていけます。
テレ朝ショップで子供に土産を買い、(一瞬、女子アナクッキーを買ってしまいそうになったが、やっぱりドラえもん人形焼にした)帰路へ。
疲れて爆睡、朝方の豪雨もまるっきり気がつきませんでした^^。

そして今日はまた日常に。

2010年9月 6日 (月)

【 REMOのジャンベをエレキ化 】してみました。

Diskerror 先週、音楽用PCのシステム用HDDが死亡。どう考えてもハード的なエラーなので、観念して慌ててHDDを買ってきて差し替え。
超久々に調べたら、もう1TBのHDDが5千円台とかなのね。 これでも一応遠い昔(100MB=1万円とか言われてた頃ね) に某N●Cの下請会社でHDDの媒体交換の夜間バイトをしてたのですが、まさに隔世の感ですな。。。。

というわけで、土曜の夜は根性据えて音楽PCの復旧に取り掛かりました。
OS入れて、ソフト入れて、DXエフェクト等入れて、VST関係をインストール中にどうにも眠くなり中断がまん顔
って、根性はいってねえじゃーん。テヘ。
で、インストールは結構時間が掛かるので、待ちながら

【 REMOのジャンベをエレキ化 】してみました。
Hileadspu MacInTalksさんこと友田真吾さんより譲って頂いたHIGHLEADSピックアップ
(詳細はこちらを。 http://highleads.jp/
諸事情により開発中断は残念ですが。。。。。)
薄く切ったタムに付けてパーカッション用に床置きキック的にしていたのですが 、ホームセンターで金具を買い込んでアタッチメントを自作し、ジャンベに外付けできるようにしました。
流石に胴に穴あけはしたくなかったので、固定はラグに万力と言うかクランパーで。
(LPのジャンベとかだと、マイク用のクランパーが使えるんだろうが。。。 )
Djambepu Djambepu2
で、PUの振動体がヘッドに圧着するようにセット。
微調整可能なように、部分的に蝶ナットを使用しました。
Zoom708dg_body そのままでも低音も結構拾うのですが、ベース用のエフェクター(貧民の味方・ZOOMの708Ⅱ)をカマして低音をブーストしてみたら更に充分な感じに。
ライブハウスとかだとボトムにマイク立てないと低音のドエ~ンが拾えないのですが、というかボトムにマイク立ってるのに下をあんまり上げてなくてただパカパカ言ってるだけ、ってのもよく見るtaurus光景ですが、これがあればPU1個で充分。 しかもラインで出せるので他の音のカブリがないうえに、手元で音量調節できる!
いやー、これは面白い!
ジャンベの場合、ドエ~ンという低音とカツンという高音の対比が魅力ですが、
シンセベース系のエフェクトを掛けるとベース音ではビヨ~ンといい、スラップではカツン!とペッ!が混じったようなオートワウ的なサウンドになるし、ディレィやリバーヴもイケる。
ベース用のエフェクターにはサンプラー機能も付いてるので、ループを回しつつ自分でオーバーダヴしながら演奏もいけそう。
さらにカオスパッドもかますと。。。。。。それはそれは悪虐非道な演奏ができそうです。ウッシッシ

。。。。じつはちょっととあるライヴで使おうと思いましてね。。。。
詳細決まりましたらお知らせいたします~。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »