フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水)

さなぎの夢。

10/23(土)
突如、ベーシストの西嶋徹くんよりメッセあり、ハカセ太郎ツアーの移動日で1日空いたので郡山に前乗りするとのこと。
UNKNOWNのリハ後、MONKSで合流。日大JAZZ研の若者たちや橋本匠gくんもおり、チョロっとセショーンも。UNKNOWNの後で身体が思いっきりメタルモードになっていてダメダメ。自分の演奏に凹む(ToT)。
かつて日大JAZZ研部長でもあった西嶋くんも、すっかりハカセ太郎bandやNervio、森、その他数々のセッションで凄腕ベーシストとして大活躍中で嬉しい限りです。
MONKSを辞した後も呑み足りなかったようで、JAZZ研後輩達を引き連れて夜の街へ繰り出していきました^^。

オレは月曜が雨降りそうなので翌日も仕事になってしまい、DAKARA音楽祭も行けず。どへー。皆様お疲れ様でしたー。

10/25(月)
HipShotでKIKIband新アルバム『A Chrysalis' Dream~さなぎの夢』発売記念ツアーin郡山 を観戦。
101025_212001KIKIbandのメンバーは梅津和時(reeds)/鬼怒無月(g)/早川岳晴(b)/ジョー・トランプ(ds)の4人。
超絶ドラマーJOE TRUMPはじめ、しょっぱなからトップギアで飛ばしまくりです。それしにても凄いドライヴ感。ジョー=早川さんのモンスターリズム体だけでメシ3杯はいけます。早川さん、夏にライブハウスの奈落に転落して鎖骨ほか剥離骨折してるのにわずか3週間で復帰。普通なら半年休業ってとこですが、まさにモンスター。普通ありえん。
ツアー楽日ということで演奏の方は言わずもがなの練れ具合。バンマス・梅津さんasも絶好調に素晴らしいトーンでブロウ。鬼怒選手gも、ガンガンに飛ばす。恐ろしいほどのキレで縦横無尽にフレーズを繰り出す。
しかし、何が残念ってお客さんの入り。。。。この強力な熱い演奏を聴かずに何を聴くというのか?
101025_203401
鬼怒選手はヴァンザントの鬼怒無月モデルストラト(2ハムバージョン)、早川さんはもはやトレードマーク・IbanezのMCシリーズ。ジョーはハコのセットにLudwigのオールドスネア('66年製のCOBブラスの#400)にパイステほか自前シンバル持込。トイレで遭ったら憶えててくれたようで、軽く挨拶^^。

終了後、片付しながら、鬼怒選手が一番前でガン見していた高校生をステージに呼んで機材を見せてあげてた。名前とプレイは鬼ですがやっぱりいい人。
仕事に戻らなければならんので、挨拶もそこそこに速攻で会社に戻り見積りを。。。。ちかれた。


あっ!こちらもよろしく!
UNKNOWN(セキーネ幽鬼g、Aきやま@山猫軒ds、perc)で登場しますです。
2862090_555968508_104large
11月5日(金) 「Re-rise Tour 2010」 at: 郡山#9
開場:18:00 / 開演:18:30
前売¥2000 / 当日¥2500 (ドリンク別¥500)
出演:
BLINDMAN/UNKNOWN/Colony of Meditation

2010年10月18日 (月)

音楽の秋。フトコロは寒し(ToT)。

Grekoura グレ子ベース裏通しに改造してフラットワウンド弦を張ってみた。
以前の日記 にも書いたが、
音的な好みからフラットワウンド弦を張りたくていたのだが、ラウンド弦全盛の昨今ではマイナーなフラット弦はなにせ高価い(どれもこれも3千円台超)。
3000円で買ったベースなのにソレはさすがにちょっと。。。(笑)。
で、某ネットショップでAriaのフラット弦を送料込1480円で見つけたのでこれをゲットしてみた。

弦が届いたので早速裏通し加工に入る。
このベースに付けてあるJacksonのブリッジ(シャーベルのベースから取った)は裏通しにも対応可能なので、ポンチでセンターを取って弦を通す3.5mm径の穴を開け、ドリルの先ッポが裏面に出てきたところで止め、今度はそこをセンターにして裏からストリングブッシュの穴9.5mm径を深さ 10mmくらいザクる。木槌でストリングブッシュを打ち込んでブリッジを再取付して弦を張れば完成。
穴開けを垂直にするのがキモです。まずまず上手くいきました。
さすがオレ。

ラウンドワウンドよりも弦のテンションが上がるし裏通し効果もあり、ミディアムスケールのテンションの弱さをカバーできます。特に4弦の暴れが収まり、とても弾き易いです。
やっぱりベースの音は、ゲン!じゃなくてボン!が良い。
アクティヴなので音抜けの部分もブーストできるし、指の滑りも良くてなんか上手くなったような気になれます。

で、もう一台、某マリア兄からモーリスのAirBassという珍品の残骸を貰いまして、復活中。。。。
こちらはPJタイプでグレ子とシェイプも似てる。さて、どう料理しようか?

さて、11月5日には#9でUNKNOWNのライヴがあります。
Vs840gx オレは一体ナニ屋さんなの?ってくらい電気モノが増えてどうしようかと思っていたのですが、某オークションでROLANDのVS840GXを激安(送料の方が高かった!)で落札しまして、これをオケ出しMTR+ミキサー+エフェクターとして使用することにしました。
モニターキューつまみが独立してあるのは、ライヴ現場ではかなりのアドバンテージ。
ZIPディスクも買い置きがあったので無問題。
エレキジャンベに繋いだZOOMのベース用マルチやKAOSSILATORも突っ込めるので、これでだいぶ荷物が減らせる。。

Aw1600 最初はドラム録り用に格安ゲットしたMTR・ヤマハAW1600を使おうと思っていたのだが、ヘッドフォンモニターにだけクリックを出す等の設定がちとややこしいし、それ以前にデカいし重いのでね。
ヤマハAW1600は何が良いって、同録できる8CHすべてにEQとコンプレッサーが内蔵されてるというのがGOOD。ドラム録音にはコンプが欠かせませんから、本体をいくらコンパクトにしてもアウトボードを一杯持ってかなきゃならんのでは本末転倒だし。。。。

この10年くらいDAWと格闘してきましたが、なんか結局MTRに先祖帰りしているような気が。
やっぱり外で録音する時は、単体MTRの安心感はいいやね。
てな訳で、フトコロ寒い秋なのよ。。。。。。。。。ToT。

2010年10月 4日 (月)

『遠藤ミチロウ 降臨 in 須賀川』 at 須賀川ぷかぷか 

遠藤ミチロウ 降臨 in 須賀川』 at 須賀川ぷかぷか 
あすか真理狂のサポートで参戦しますた!
出演は
Michilowliveflyer_3 Michilowlive_2
1)  あすか真理狂 with WSSプラス1
あすか真理狂の二人にスペシャル編成でeg、三味線、ガットg、パーカッション。。にラスト2曲で遠藤くんds登場。
サポートとは言え、やはり世界観を合わせるのは基本だろ、ということで全員コスプレやら化粧やらで武装(って言うのか?)。もうキワ過ぎwwwww)。
Bandmake
ということでオレも20数年ぶりにメイクw)。 わははは。

しかし小学校PTAお母さん(遠藤くんの知り合いだった)にPTA怪長なのにメイクしてアバれてる姿を見られてしまった(苦笑)。
X2_2e460c3 本日のパーカッションセットはコンガ2本+ミニゴングバス+小物パーカス+シンバル類に加え、エレキジャンベ!
MacInTalksさんこと友田真吾さん開発のHighleadsピックアップを装着してZOOMのベース用マルチエフェクトをカマしてミョンミョン言わせたりしちゃいました。
カッコだけでなく音も立派に変態道を全うしましたです。
(と思ってたら上手の変態がいた。遠藤くん。『あ、パンティ持ってくんの忘れた。』それ、まるっきり趣味ですから(笑)。第一、お客さんから見えないしw。)

2) ぷかぷかBAND
ぷかぷかマスター青津さん率いるハウスバンド。
ドラムブラザー・あなぐまトボビ君が叩いています。
フォークやロックの名曲を演奏です。
トボビ君のドラムも力抜けていい具合に枯れてましたです。
青津マスターもかなりリキ入ってたかと?

3) DJ ANZ君のパフォーマンスを挟み、
4) SE(ドアーズのThe END)に乗っていよいよ、遠藤ミチロウ大明神登場。。。。。。。
生まれて初めての須賀川上陸とのこと(ミチロウさんは二本松出身)。

101003_204101_2 ミチロウさん、今日も凄かった。。。。以前にも書きましたが、ドラムもベースもいないのに聴こえる。ドカーンと爆裂してる。
ドトーの二時間超。これがもうすぐ還暦って人のパフォーマンスか?すげー。凄すぎる。
今回ばかりは心の底から感動した。マジで。
ハイライトはやっぱ『天国の扉』かな。。。

翌日も朝早いんで挨拶だけしてウチアゲは出ずに帰りましたが、なんともココロ満ちた夜でした。

主催のあすか真理狂のお二人(あすかさんvo+本田さんg)、ぷかぷか青津マスター、出演者の皆様、お疲れ様でした!観に来てくれたほりん、マコ ピー、ぬらちん、楽団ひとり君、スベール小林さん&あっちゃん、ありがと~!楽器搬出手伝ってくれたぷかぷか常連の皆様もありがとうございました!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »