フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 定番ヘッドホンをゲット。 | トップページ | Mary Margaret O'Hara 庄助さん »

2010年11月21日 (日)

PHISH そして デッド’94年NY

先日、PHISHの『Live Phish 02』をゲットしてヘビロテ中です。
94年7月のライヴで、超強力3枚組。
メンバーはTrey Anastasio(g)/ Jon Fishman(ds)/ Mike Gordon(b,)/ Page McConnell(kb)の不動の4人。
Phish
GREATFUL DEADとの比較で語られることも多いPHISHですが、デッド以上にハイブリッド(というか何でもアリ。
PHISHは観た事無いのですが、デッドは一度生で観てるのです。

16年前の晩秋、新婚旅行で行ったNYで、情報誌にマジソンスクエアガーデン(以下MSG)でデッド公演の告知が。
とりあえずMSGに行ってみたらチケット買えるとの事で、前売を購入。
しかしMSG、デカい。Led Zeppelinの「永遠の詩」を見てもわかるが、とにかくデカい。

席はアリーナ最後方3階席。既にハッパ臭い。
ライヴは凄かった。
ボブ・ウェアーvo,gがあんなに良いボーカリストだとは思いませんでした。フィル・レッシュのベースも超強力にうねる。バカうま。
ビル・クラウツマンとミッキー・ハートの2ドラムは結構ユルい感じなのにうるさくないのが不思議。クラウツマンのほうが一枚上手な感じかな。 そしてなんとキーボードはTUBESのヴィンス・ウェルニックだったんですよ!

Greatfuldead_2 演奏も凄いが照明も凄い。
歌舞伎町が丸々一個ステージに入ってるというかまるで「未知との遭遇」のようなもの凄いライティング。こりゃキメキメで観たらぶっ飛びですわw)。
少し前にジェリー・ガルシアgが病気で療養してて、復活ツアーとの事だったのですが、流石にしんどそうで、間に休憩(というかミッキー・ハートdsの「だれでもできる民族調ドラムソロ」(笑)タイム。30分超あってほぼ便所タイムと化してた。)を挟んでました。
デッドは専属のPAチームをツアーに帯同してて、音のクリヤさは素晴らしかった。あれだけデカいアリーナでベースの音のクリヤな事といったら。

ビックリしたのは、僕の居た席の周辺はどう見ても16,7歳ぐらいの若者が多かったのですが、みんな歌詞も知ってるみたいでほぼ全曲いっしょに唄ってるんだよな~。親の代からのデッドへッズなのか?アメリカ、侮れません。
こいつらも総じてキメキメ。ラリって階段転げ落ちてった奴がいたけど、大丈夫だったのかな?
トータル3時間の演奏。演る方も聴く方も体力すげえな~。

友人・K君はアメリカで翌年のツアーを観るべく仕事も休み取ったのに、ガルシア急逝でオジャンになりましたとさ。
結果的にガルシア最後のツアーになってしまったわけで、観といて良かったな~と思いましたワケです。

« 定番ヘッドホンをゲット。 | トップページ | Mary Margaret O'Hara 庄助さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/37766493

この記事へのトラックバック一覧です: PHISH そして デッド’94年NY:

« 定番ヘッドホンをゲット。 | トップページ | Mary Margaret O'Hara 庄助さん »