フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

沖縄からの手紙。

某V◎▲■Dサウンドのバイト時代の旧友・矢野憲治さん(元・六人組g)より手紙とともにCDが送られてきました。

Yanokencd_2

その名も『UKULELE OKINAWAN SWEETS 3』
モリジローさんとヤノケンさんのウクレレデュオなのでモリケン
内容は沖縄メロディものの間にモリケンオリジナルも入るというもの。ナゴミのウクレレサウンド。南国の2乗。
プライベートレーベルの「ウクレレ・ノート・レコード」で製作してます。
基本的に矢野さんの自宅スタジオでのセッションを一発録りで作ってるようです。
矢野さん自身もかなりの腕前のギタリストですが、モリジローさんもそれ以上に上手い人らしく、矢野さんが口説き落としてウクレレデュオを始めたらしいです。当然すぐにウクレレもマスターして現在に至ると。

沖縄メロディ物はコードを弾いているのがモリジローさんで、メロディーが矢野さん。オリジナル曲はその逆で、コードを弾いているのが矢野さんで、メロディーがモリジローさん。
で、面白いのはこの二人、「ウクレレ」だけの関係ということ。録音の時にしか会わないそうで、ある意味とても音楽に対して「純粋な」かかわり方です。モリジローさんも本業が忙しい方らしいので、仕上がるのは年に6曲くらいだそうです。
モリケンのこのシリーズは、じつは隠れたベストセラーCDというのを沖縄に行った時に小耳にはさみました。
矢野さん曰く、
『モリケンCDを10枚発売するのが目標です。10枚目は、相当枯れたサウンドになっていると思います。たぶん20年後。指が動いていればね。』
このユルさは沖縄ならではかなあ。。。。。。って、矢野さんは元々大阪人なんですけどね(笑)。
モリケンブログも見てみてください。

Morikencd1 1stアルバム Morikencd 2ndアルバム

も絶賛発売中です。amazon等で購入できます(画像にリンク張ってあります)。沖縄だったら高良レコード店はじめ主だったレコード店で購入できると思います。

おまけ:おお!スラックキー・ギターの巨匠・山内雄喜さんと共演しとる!左の帽子にグラサンの怪しい人が矢野さんです。矢野さんwith山内雄喜&島幸子

Yanoyamautiyoutube矢野さんwith山内雄喜&島幸子 on Youtube。

Yanokenjinigaoe

さらにおまけ:ヤングヴィヴィッズ(某V◎▲■Dサウンドのバイト軍団)しかわからんでしょうが、オレがバイトに入ってすぐ書いた矢野さんの似顔絵。われながら上手いなあ(爆)。しかしオレも入った初日くらいに先輩のこんな似顔絵書いてるんだからトガってたな。。。

2011年1月21日 (金)

追悼・古澤良治郎dsさん

Img_8014

1/12に虚血性心不全のため、名ドラマー・古澤良治郎さんが亡くなりました。享年65歳。
マイミクで直弟子(一緒にバンドもやってる)の福島紀明dsさんの日記で亡くなるつい4,5日前の元気なお姿を拝見していたのでビックリ。本当に突然だったようです。

実はワタクシ、この方からもかなりな影響を受けてます。
大学で上京したころから新宿ピットインやタロー(大学1年の冬に小火を出してそのまま閉店したと思った)、アケタの店、渋谷や池袋のヤマハなんかでよく観ていました。
いわゆるズージャの人とは違う、ある意味なんでもありのドラミングには人柄のストレートさが良く出ていたように思います。

朴訥なのに饒舌。
シャープなのに暖かい。
誰誰に似てる、というのがとりあえず思い付かない。

ギターの加藤崇之さんのブログより「古澤良治郎さんの思い出」
http://newuzu.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-2031.html

いい話だー。
ちょうど暮れにその片山広明tsさんの『そーかなあ』を聴いてたのです。。。。。。
古澤さん、ブリリアントです。

いちばん印象に残っているのは、ごく初期のパパラッコバンドの時@新宿ピットイン。
パールのピッコロスネアを古澤さんが初導入した時のようで、通常のスネアに加えて、これまで8インチのタムを置いていたところにセットしていた。
「じゃ、いくよ。ワン、トゥー、スリー、。。。。」
スッカラララン・カララン!!
という真後ろからの突然の高音フィルにbの故・山元恭介さんが直撃され「うあっ!」とのけぞって悶絶し、テーマに入れず(笑)。
古澤さん、ゲラゲラ笑いながらそのままリズム叩きながらカウント取り直してテーマに入った。
本当に楽しそうな笑い顔でした。
合掌。。。。。。。。。。。。。

PS

Fillin81

これはパールドラムの情報誌(’81年)より。
このセッティング、昔の僕を知る人はわかりますね。
トップシンバル垂直セッティング+タム水平ってのは実は慣れるとすごく自由度が高いです。
ただ、腰に悪いのが難点。。。。。

2011年1月11日 (火)

『本気と書いてマジと読む』

1月9日(日)は郡山フリーウェイジャム
studio DEE】さんと【RockCafe CREAM】さんの1周年記念合同企画ライブイベントでした。
出演は S.RストリームSOLID-ARTSFREEKデッド・フラワーズINSTALL DIVATHE VOWSSECRET BAND
そして我々=衝撃UNKNOWN (セキーネ幽鬼g、Aきやま@山猫軒ds、perc、prog) でした。

濃いメンツで濃いライヴ、バラエティに富んだライヴで観てても楽しかったですわ。

1654905323_8

我々UNKNOWNは例によって例のごとく、 『本気と書いてマジと読む』と言う感じで。。。。。。
ウチコミ物のトラブルは多少ありましたが、まあなんとか。
しかしこのバンドで30分演奏すると、疲労が凄くて。。。。脳的にも肉体的にも出し尽くす感じです。

いつも使っているUFIPのRITMOクラッシュライド18”がとうとうヒビ入ってしまったので、 9日は激安中古で入手したジルジャンのシミターブロンズ18”ライドを使ってみました。
UNKNOWNならなんとか使えるかな。。 とりあえずシズルを1発打とうと思っていますけど。
UFIPはちょっと補修してジャズ用のサイドシンバル専用にするかな。。。

友人ABE=Cが動画をyoutubeに上げてくれました。
①O2
これは二十歳の頃に作った曲が元ネタ。早すぎたのかオレ。
http://www.youtube.com/watch?v=iCPXyWYyLU8

②Day at the beach  ジョー・サトリアーニの曲。
http://www.youtube.com/watch?v=SPaVf8LbyBM

考えてみたら移転後のフリーウェイジャムに出るのは初めてです。

2865124_944318439_181large

常設のドラムセットは、元々オレが東京時代に使っていたパールの青いMX(10”タムは持ち込みました)で、オriginalラveの後半やタイツ、BLワルツ他サポート仕事でも活躍したかつての相棒。懐かしー。
オレがNくんというドラマーに売って、彼がドラム辞める時にジャムに売ったと言う次第で。
ここは元は映画館だったので天井とステージが高い。ステージ中音が廻らないので、ヒジョーに演りやすいです。 郡山は良いハコばっかだよな~。
ただ、エレベーターが無いので3階まで機材を上げるのが辛い。。。。。。。
ジャムママさんも元気そうでよかった。なんと35周年だそうですよ!

最後のSecretBandではB場さんvo(cream)T中さんg(DEE)に東京からTOBBYさんds、水戸からPICOさんkb、大槻からレノンさんb+池袋から(爆)SexyDynamiteSEIKOさんvoという布陣で。
TOBBYさんのドラムは、オレのようななんちゃってツーバスと違い、真性ハードロック仕様の素晴らしいものでした。重量感溢れる男っぽいドラミングには感動目がハート
時間も押しちゃいましたが、B場さんT中さんはじめ皆様お疲れ様でした~!

今年はセキーネと新バンドを始動させる予定で暗躍中であります。(実は終演後にロビーで新バンドのメンバーと顔合わせをしてまして。)
乞うご期待!

2011年1月 2日 (日)

新年。

いやあ明けました。
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。
今年の正月は郡山でマッタリ過ごしております。

30日の忘年会ダブルヘッダー
(昼:H工務店さんの忘年会。今年も美味い日本酒が沢山で死ぬ。 /夜:Ryoさん主宰のWorkshopStudioのコスプレ忘年会。) はキツかったけど楽しかったです。
SKB48(スケベ48手・Maxバンドの担当楽器シャッフル版)はキャプテン・ビーフハートかと聴き違うくらいのスリリングな演奏でした。 A沢さんgグッジョブ!
UNKNOWNは去年下半期で3回も演奏したのでそれなりにこなれてきましたが、毎回こんな事ばっかやってると体力的にキツいです。確実に寿命が縮まります。 マジで足ツりそうになりました。

2010wsbounennkai1 2010wsbounennkai2

晦日はWorkshopStudioにケータイ忘れたのでRyoさんにスタジオ開けて貰ったり、
こまごまとした買い物(お正月のビールほか)をしたり、年越しそば食ったりと。
で、いつものDIY店の100円ワゴンでCD多数ゲット。
HER SPACE HOLIDAY 『Past Presents The Future』
片山広明 『そーかなあ』(片山広明ts、古澤良治郎ds、加藤崇之g、望月英明b)
●ビデオですがTALKING HEADS 『TRUE STORIES

20110102cd

そしてアナログでは持ってるんですが、やはり素晴らしい
マイケル・フランクスの名盤 『SLEEPING GYPSY』

Michaelfranksgypsy

J・サンプルp、ウィルトン・フェルダーb(クルセイダーズではts吹いてますが、ベースでのセッションも多々あります。クルセイダーズのベースはフェルダーにイビリ倒されてなかなか安定しない。勝手に差し替えたりしちゃうらしいし。)、ジョン・ゲラン(LAエクスプレス)ds、L・カールトンg、M・ブレッカーts、D・サンボーンasほかのバッキングのうえ、トミー・リピューマprod.クラウス・オガーマンarr.でエンジニアはアル・シュミットという正に鉄板なメンツ。いつ聴いても素晴らしく心地よい名盤。どうもコレ以降は自分で自分のカバーをやってるような感じすらしてしまいます。

元日は朝から呑んで昼寝した後、子連れでトイザラスやらアニメイトやらに繰り出す。
オレはシマムラでスティック(いつものパール118Mつのひろモデル)買ったくらいです。

時間があるので大晦日から楽器のメンテを行っておりまして、
①グレ子ベースのナット調整。

Grecodevice5

丸ヤスリの細いのでちょっと深く削っては弦を張り、を繰り返す。
なかなか良い感じに仕上がり、弦高も下がり、ローポジションでのプレイヤビリティ向上。

②ヤマハのヘッドレスベースのメンテ。

Hnwr5knimg600x4511291905850upnnyk72

年末に出来心でヤマハのMOTIONベースのヘッドレスの(MBX)を落札してしまいまして。 ネックもボディもしっかりしていてヒジョーに弾き易い。サーキットもちょっとメンテしたらバッチリ。バイサウンドシステム(トーンつまみがリアハムPUのコイルタップSWと兼用になってる)も中古だと壊れてることが多いけどセーフ。

Mbx

ブリッジがサビサビで、塗装しようかと思ったのですが、音が変わるのが怖いので、分解掃除した上でマジックで黒く着色するに留めました。弦アースが導通しなくなるのも嫌なので、見え掛かり部分のみ。 ただし、チューニングつまみ部分だけはマジックだと指に色がついちゃうので塗装しました。 可動部分は5-56を注してスムーズに動くようにメンテ。弦は古かったので、手持ちのダダリオのラウンドに張り替えた。
モーリスのAirBassからアクティヴサーキットを移植するのも考えてましたが、中域ブリブリなトーンはなかなか趣があるし、ベリンガーのベースプリ(BDI21)かましたら充分使える音なので、今回はサーキット改造はナシ!

③モーリスHurricaneテレキャス改造。

Hurricanetelecaster

『モーリス持てばキミもスーパースター』アコギのモーリスが昔Hurricaneブランド(意外と海外に熱狂的なファンがいるらしい。後のBillLawrenceか?多分マツモク製造?)で出してたテレキャス。 昔、石川中古品センターで3500円で買った。
フロントPUが断線してるっぽいのので、セキーネからもらったダンカンのミニハムPUをフロントにつけようと。先にピックガードをカットしてからボディをザクりますた。ドリルで蜂の巣状に穴開けしてノミで削る。とりあえずPU取付は成功したのだが、SWが故障してるぽいことに気付く。ので保留中。もしやフロント断線ではなくて単なるSW故障だったか?でもカッコ良く仕上がったので結果オーライ。音も試しに直結してみたらかなりファットで好みの音だし。

④ドラム関係
久々にスタクラセットもポリッシャーかけて磨いとこうかな。。2010年は出番なしでした。
今年は新バンドも始動したいのでね。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »