フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 地震から一月。 | トップページ | 『長崎から船に乗って』 »

2011年4月22日 (金)

お願いだからできる限りの防御をしてくれ!

原発から58kmの郡山市内。
小学生はまあ大体マスクしてるが、中学生高校生それから年頃のお嬢さんたち、
マスク率低い
wobbly
お願いだからできる限りの防御をしてくれ!
10年経って笑い話で済めばそれでいいじゃん?

Radioaktive100kms2

■■■
子供の小学校でも文科省から線量計借りて校内あちこち測っています。
4/6測定で校庭が 1M高さ:2.6μSV / 1cm高さ:3.6μSV
だったのがダラ下がりになってきて
4/18測定で 1M高さ:1.99μSV / 1cm高さ:2.72μSV。
校舎内は昇降口が高いですが、他は 1階で0.1μSVくらい、2,3階で0.06~0.07μSVくらいでした。
ということは、4/18時点では新たな放射性物質の飛散はしてないということ。
3/14.5あたりに爆発した時の放射性物質がこちらまで飛んできて、地表に降りてきている。 放射性ヨウ素131は半減期を経て放射線の強さは5%未満くらい?
放射性セシウムのほうはまだまだ大量に地表に残ってて、これが線量計に反応しているようです。
そこそこに降雨しているので空中に舞っているのはほとんどないかもですが、 校庭などは一部高い値が出てる学校もあります。
また、雨の溜まる部分には放射能溜まりというか、部分的に数値が高い部分ができます。

換気扇は試しに回してみましたが、中の空気を外へ排出するので室内の数値は上がりませんでした。ただ、排気があればどっかから吸気も生じるので注意。
エアコンも同様。いまのエアコンは空気自体は室内の空気を循環させてるだけですからね。
ただし昔の窓付タイプのエアコンは外気を冷却して中に入れるので危険かと。

とにかく登下校はマスク着用を義務付けないと!
小さい子供は地表からの距離が近いので、舞い上がった放射性の塵を吸い込みやすいし、 放射能による影響も大きい。
マスク・帽子・手洗い・うがいを徹底してください。

【目に見えないものへの注意は薄れやすいです。】

長崎大の山下俊一など、御用学者の安全プロパガンダに騙されないようにしてください。
この2枚舌野郎は、
福島では
『子どもが外遊びをしても何も問題はない』
と言い放ち、
地元・長崎では
『恐るべきこと。子どもや妊婦を中心に避難させるべきだ。』
と危険性を指摘。

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/daisinsai/2011/03/25103728.shtml

« 地震から一月。 | トップページ | 『長崎から船に乗って』 »

コメント

山下俊一氏による講演(5月3日・二本松市)【後半/質疑】
http://www.youtube.com/watch?v=ZlypvPRl6AY

安全委員会vs山下俊一
http://www.youtube.com/watch?v=06Xf0mNme-U

ノーベル賞vs山下俊一
http://www.dailymotion.com/video/xig3n0_yyyy-vs-yyyyyyy_news

越後屋さん>
おぬしも悪よのう。。。。
あ、違った、リンクありがとうございます。
この山下俊一、どうにも喰えんやつですね。
「ナガサキ」の看板で県民を騙し、モルモット化しようとしている。
NHKしか見ない田舎のお年寄りは、
「被爆地からきた偉い先生だから、こっちの身になって考えてくれるだろう。」
と勝手に勘違いしてくれます。
よく聴くと、言ってる事は
「ここに済んでたのが宿命だと思って諦めて、実験材料になってください。あんた達は標本なので、よそに避難したりしないでください。追跡調査するのが面倒になります。」

本当に何とかしなければ、福島の子どもたちが危ない。

山下俊一は、福島県立医科大学入学式後「諸君らは紛れもなく、放射線の健康影響についての第一人者になります」とスピーチしています。
これから、福島で放射線被害が増えることを予告しているのです。
このままでは、福島県人は山下のモルモットになってしまいます。

「社会的責任のための医師の会は、年間20mSvは発癌リスクを200人に1人にまで高めると指摘」
http://www.j-cast.com/2011/05/02094683.html

「20mSvの被曝による癌死の確率は1000人に1人と安全委員会が認める」
http://fpaj.jp/news/archives/2722

安全プロパガンダする人はよく
「放射能よりもタバコの方が発ガン率は高い。」
「放射能で発ガン死する率よりも自動車事故の確率のほうが高い。だからといって自動車を全て止めますか?」
「放射能によって上がる発ガン率はわずか数%。」
と確率論で煙に巻こうとします。
忘れて欲しくないのは、こういう人たちはまず現場にいない(笑)。
安全な所で「議論のための議論」をするのが好き。

仮にこれで発ガンなり白血病なりの健康被害が出る率が数%上がるとすれば、
自分の子供がその数%に入るのは嫌だ。
子供に病気をさせるくらいなら、自分が取って代りたいと思う。
もちろん自分だって病気にはなりたくないけど、子供が助かるならそれでも仕方がないかとは思いますよ。それが親でしょう。
でも、できれば子供を置いて先に死にたくはないです。こりゃ当たり前です。
政治家や官僚は、そんなことが自分に降りかかってきたらという想像力すらないのですかね?

そして、放射能は我々にも政治家にも安全論者にも危険論者にも平等と言う事。
その中でも子供への被曝リスクは大人のそれと比べて大きい事。
これを忘れてはいけません。
リスク管理はリスクの多い方から考えるのは常識ですが、政府は逆のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/39706562

この記事へのトラックバック一覧です: お願いだからできる限りの防御をしてくれ!:

« 地震から一月。 | トップページ | 『長崎から船に乗って』 »