フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

年の暮れ2011.

大震災そして福一爆発など大変な1年でした。

家族そろって何事もなく年を越せる幸せに感謝しながら

静かに呑んだくれて年を越そうと思います。

来年も智慧と勇気をふりしぼって、できる限りの注意を払いつつ

健やかに過ごしたいと思います。

みなさま、良いお年を!

2011年12月21日 (水)

ヨドバシカメ男。

おニューの黒い柄シャツを着て友達のライヴに行ったら、

『ヨドバシカメラの袋?』

と言われた(ToT)。

Yodobashishirt_2

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Ericharlandvoyager

Eric Harland『Voyager:live by night』

久々にジャズ系ドラムの研究をしてる昨今です。
最近のアメリカの若手(特にブライアン・ブレイド登場以降の)は、どいつもこいつもメチャクチャ凄いです。4ビートからファンク、ロック、変拍子に前ノリ後ノリジャスト何でも来いで全てハイレベル。
そんな中で、一番お気に入りなのがエリック・ハーランド
http://www.drummerworld.com/drummers/Eric_Harland.html
http://www.youtube.com/watch?v=j9LcbfRlkE0

ウェックルとかよりは4beat寄りですが、コンテンポラリーなものもいけるし作曲能力も高い。久々にドラマーのソロアルバム買ってしまったよ。自分のバンドのライヴ盤で特徴も良く出てる。 しかしコレで一発録音はスゲエ。
しかし上手えなあ~~~。テナーのウォルター・スミスⅢやギターのジュリアン・レイジも注目。

2011年12月12日 (月)

12/9【Lafayette Harris Jr(ラファイエット・ハリスJr)ライヴ@MONKS】

NYからやってきたピアニスト、ラファイエット・ハリスJr(p)氏のライヴでご相伴しました。
(吉田太陽b、オレds)

Laffyslive

割と急遽決まった話で、現MONKSマスターS水さんからユキエちゃん(元レプリカソウルvo)がNYで世話になってるピアニストらしいんだけどさ、1stセットはソロピアノで、2ndセットは現地調達リズムセクションで、ってことなんで軽い気持ちでお願い。』と騙されて二つ返事でOKしたものの、そのあと名前を聞いたのでググってみたら。
「アニタ・オディvoのラストアルバムで演奏」はいーーーーー?
「チャカ・カーンvoと・・」はいーーーーー?
「ロズウェル・ラッドtbと・・」はいーーーーー?
「渡辺貞夫asのツアーで来日したことも・・」はいーーーーー?
めちゃくちゃバリバリの人じゃん(滝汗)!
CDで一緒にやってる人、ドラマーだけでもウィナード・ハーパーにシンディ・ブラックマンにセシル・ブルックスⅢに。youtubeの動画で叩いてる人はフレッド・ウェズリーtbのとこのブルース・コックスだ。。。。

しかも4日前に「オリジナルをやりたい」ってことで4曲分の譜面が送られてきた。。。けっこうストラクチャーが凝ってるな。。。キメもあるし。
オレは基本的に全然ジャズ屋さんではないのでかなり焦りましたが、よく考えたらNYの凄腕プロとばかりやってる人なんだからちょっとジャズできる位じゃ太刀打ちできるわけないじゃねえかと。むしろいつも通りにアプローチの面白さとかそういうとこを出して行きゃいいかと開き直ることにしましたです。

Laffytrio2

PTAの表彰会があったので1stセットの途中で会場入りしました。すでにピアノソロ始まってますが、正統派のバップピアノです。軽やかでスムーズながら、4分音符のパルスの太さが印象的。といってもゴリ押し系ではなく、非常に当たりがソフト&スムーズ。
2ndセットからトリオ演奏です。久々にめちゃんこ緊張したー(滝汗)。ラファイエット氏も『ま、ま、そう固くならずにいこうぜ。リラックスリラックス。わはは。』と言うものの、これはもう胸を借りるつもりで爆死覚悟でいくしかないです。

Fromiphone208pre

手探りで演奏を始めましたが、4分音符の太さというかビートの包容力と後ろからフワッと持ち上げられるようなスイング感はとにかくキモチいいです。至福でした。一緒に演奏してると、「あ、この人、優しい人なんだろうなあ。」というのが音だけでもわかります。自分のポテンシャルを引っ張り出されるような形で、なんだかどんどんフレーズが出てきます。
そう言えば太陽くんのウッドベースは初めてですが、バリバリでした(彼は若い頃アメリカにジャズ留学していた)。彼は流石に貰った音源全曲採譜してあったらしいですが、オレはほぼ初見一発みたいなもんなのであちこちgdgdで、いろんな場面で太陽君に助け船出してもらった気がします。多謝。

お客さんも結構入ってくれて、ノリノリで演奏できました。最後の曲で太陽くんがbソロに「ジングルベル」を挿入したら、ラファイエット氏もそれに食いついて来てスインギーなジングルベルになりハッピーなエンディングになりました。お客さんも異様な大盛り上がり。
故モンマスにも聴かせたかったな~。いや、既に降りてきてて力を貸してくれてたのかも知れないな~。。。

セットは自分のTAMAアートスターのミニセットを持込ました。
16BD、10TTに13FT。ベースもウッドなのでBDも穴なしバージョンで。シンバルは左サイドのパイステ2002の18”ミディアム以外は全てUFIPで。20”エクスペリエンスride、18”のRITMOクラッシュライド(30年前から使ってるヴィンテージ品。ひび割れあり、シズル1本打ってある。)に14”ナチュラルシリーズのライトHH。スネアはプレミアの古い木胴RoyalAce5インチ結構、楽器に助けられた感もあるな~。自画自賛だけど良い音してた。

終ってみるといろいろ個人的には「あそここうすりゃよかった」とか「ちょっと早漏気味だったな」とか色々あるけど、めったに無い素晴らしい経験でした。ものすごく勉強になりました。緊張してたのオレだけかと思ってたら、翌日メールしたら太陽くんbも「もー筋肉痛で午前中寝てました。。」とのこと www。
貴重な機会を与えてくださったS水さん、ラファイエットさん、ユキエちゃん、そして観に来てくれたお客様ありがとうございました!

2011年12月11日 (日)

12/5【日本バーテンダー協会郡山支部X´masカクテルパーティー】

12/5【日本バーテンダー協会郡山支部X´masカクテルパーティー】
スペシャル営業ソウルバンドのpercで演奏しますた。 

111205_2013150001_2

バンマスのF川師匠gやチ-坊さんbは郡山に生バンドのディスコがあった頃からやってる長古株バンドマン。主催側からの「往年のSOULナンバーで」というリクエストの下、僕ら若手(ってほど若くないかw)を集めて、(F川師匠g/チー坊さんb/キヨミ君sax/しんぺ君kb/尚美ちゃんvo/アッキーds,vo/オレperc) という編成で。

ロビーでは客入れのときにドラム友・キイチくん(スイングマーマレーズds)がコンガ・ジャンベ・カホンでpercのソロパフォー マンスを行っておりました。LPのジョバンニ・イダルゴモデルのコンガを3本使ってましたが、流石に良い音!欲しい!買えないけど(泣)。やっぱりキイチ くんはちゃんと勉強してるな~と見てて思ったよ。ジャンベやカホンもナイスプレイでした。

111205_2008120001

111204_193501

そんなオレは先日皮張替えて再生したジャガーコンガティンバレス(F川師匠からの借り物)、オクタパッドシンバル他小物類、というセットで臨みました。コンガは非常に良い感じに乾いてきて、クリスピーなサウンドに変身。
リハも結構やったのですが、流石に手練揃いですからなんだか超イケイケなバンドになっちゃって、ヒジョーに楽しく盛り上がりましたです。お客さんも600人超はいたかな~?アンコールもいただきました。多謝。
アッキーがvoを取る2曲はオレがドラムセットを叩きましたが、パーカッションのほうは例によってラテン原理主義者の人が見たら湯気噴いて怒りそうな悪逆非道なプレイを(汗)。
パーティには末っ子の幼稚園の先生方も来てて、オレの真実の姿がバレてしまった。。。。。。普段は保護者兼ペンキ屋のおっさんとして地味にしていたのにw。。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »