フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« あれから1年。 | トップページ | 那須高原で演奏。 »

2012年3月18日 (日)

レアものスティックを大量ゲット。

先週上京した時に、ハマグチ君gから大学時代にやってたバンド・DIETSの83年法政祭の野外ステージでの演奏をDVDに落としたものを貰った。

Diets83_2

技術的にも音楽的にも未熟そのものだけど(なにせメインコンポーザーがオレww。ウチダ君kbには楽曲を形にするのに本当に助けてもらった。)、忘れかけていたものがここにはある。というとカッコよすぎるかな。昔のオレ、レギュラーグリップでめちゃくちゃ手速いなー。女にはオクテだったんだがww。 ハマグチ君gもギター絶頂期やねコレ。
ゴトーさんbもクールなのに最後ブチ切れてベース叩き付けてカッコいいwww。この頃フルートの高橋さっちんにダイエッツやる交換条件で早稲田のラテン研の手伝いに行ってラテンの手ほどきされたのは、じつは後でものすごく役に立った。

102h_3

で、この当時にも使っていた20年ちょっと前に廃番になったパールの旧つのだ☆ひろモデルのスティック102Hがヤフオクで大量に出品されていたので(と言っても約10セット)ゲット! やったー。これが廃番になったおかげでどれだけスティック探しにムダ金を使ったことか。
φ14mm、長さ389mmという絶妙なサイズ。径はカタログ上は14mmですが実際は14.25~14.5mmくらいある。(最近の主流は俵型チップでφ14~15mm、長さ405mmてのが多い)三角チップを更に極端にしたトンガリチップ。長さの割りにネックが太くショルダー部分まで使えるのでパワーも入ります。音色もいろいろ出せるし、コントラールブルかつダイナミックレンジが広い。

102h1

現行のつのだ☆ひろモデル118Mもバランスの良いスティックで愛用してるんだけど、僕の体格だとちょっと重いし長い。
(写真②参照。上から最近の標準的なサイズと思われるデニチェンモデル。真中が旧つのひろ102H、下が現行つのひろ108M)
現行品で唯一近いバランスのものは、VicFirthのJojoMayerモデルくらいかな。

20年前に郡山に帰ってきたとき、十字屋楽器に1ダースくらいあったんで全部即買いした。それ以来だから20年ぶりのデッドストック!おそらく、箱ごと現存してる新品未使用の102Hにはもうお目に掛かれないのではと思います。 手持ち分合わせて20セットくらいはあるから、これでしばらく安心か。
いよいよコレを使い果たしたら、TAMAのH2145Pのチップを削って長さも15mmほど詰めるとほぼ同じものができそう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

で、早速コレも使ってライヴです。
ベースのマサミさんの北関東コネクションにより3,4月と栃木でAvi & Her Friends で。

3/24(土)pm7:00~
那須 Restaurant きたざき 
http://www.kitazaki.jp/

4/28(土)
大田原市 某アメリカンバー

« あれから1年。 | トップページ | 那須高原で演奏。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/44538855

この記事へのトラックバック一覧です: レアものスティックを大量ゲット。:

« あれから1年。 | トップページ | 那須高原で演奏。 »