フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月28日 (火)

【フクミライ】そしてお盆。

お盆前に、旧友・七瀬ミチルkbくん(Number.the、Bl.waltz)からメールあり、【フクミライ】というイベントで急遽郡山へ行くとのこと。

【フクミライ】は、Number.theの富澤タクvo.g氏とTYOmagazine等のエディター・カネコヒデシ氏が中心となったプロジェクトで、
”フクシマ+ミライ=『フクミライ』”の意味が。<

Takeokikuchi

菊池武夫のトークは間に合わなかったんですが、やはり僕らの世代だと(オレ自身はそんなにお洒落さんではなかったすけど)、メンズビギの菊池さんといえばそれはもうカッコいい都会の大人の男って感じで憧れたもんです。ちょっとお見かけしましたが、やはりカッコいい~。

1Fでは矢舟テツローvo,pや音速ラインの藤井敬之vo.gも弾き語りでライヴを。2人とも聴き応えありました。
2Fラウンジではボードビリアンのバロンがショーをやってて、これが面白かった。オールドタイミーなジャズに合わせてウクレレを弾き語るスタイルですが、飽きさせません。2回目も観に行きました^^。

ミチルくん富澤タクのサポートと、いしばしさちこvoちゃんのサポートで掛け持ち。

Fukumiraitakumichiru

富澤タクg,vo氏のほうは、ギブソンの12弦アコギに古いドンカマチック(リズムボックスね)やスライドなども交え主にMumber.Theの曲をアコギで。中盤からミチル君登場。ピアノとピアニカで盛り立ててくれました。「予定」は良かったな~。

Fukumiraiishibashisachiko

いしばしさちこvoちゃんは、去年本宮のイベントでバックでドラム叩いた事もあり、久々の再会でした。こちらはトーライというバンド(g,b,perc)とのコラボ+ミチル君kbという編成でしっとりとポップに。
ライヴ終了後、ミチル君と喋ってたら、Number.Theもドラムの外村くんが抜けちゃったとの事で、新ドラマーを探しつつリハ中のようです。【追記:新ドラマーは元・椿屋四重奏の小寺良太氏に決定の模様。すごく良いドラマーですよ^^。】
翌日の会津はミチル君の初ソロライヴもあったようで、そっちも観たかったな~。

Geriragouu2012augさて、翌日も仕事だったわけですが、夕方には物凄いゲリラ豪雨。久々にマンホール噴水見ましたw。

Osaka20121

そしてお盆休みに入るわけですが。新潟で遊んでから大阪へと。大阪では1日だけ夕方から一人で心斎橋に出て旧友ナメちゃんとメシ食ったくらいで、あとは子連れでプール行ったり梅田大丸のポケモンセンター行ったりって感じでした。姪っ子ホノミンもお姉さんになり、甥っ子カンタも歩くようになり、と義妹のところも一番子育て大変な時期ですね。下の子が幼稚園に入ると大分落ち着くけどね。
16日朝方には物凄い雷雨(明らかに近距離で物凄い数の落雷が。)で、高槻駅前や宇治近辺が浸水したりで、甲子園大会も1日延期になりましたね。帰路はそんなわけで京滋バイパスが混むだろうなと予測して早めに出発。約10時間で家に到着。ちかれた。

で、帰ってからも連日ゲリラ豪雨ですよ。なんだかなー。とにかく降り方がスポット的なうえに雨量がハンパないんだよなー。

そして昨日で夏休みが終わる。静かな日常を取り戻せるためには儀式が。

そうです。毎度のごとくバカ双子の宿題が。

日曜日『あと1週間あるからね~』、3日前『あと4日あるから。』、昨日『今日は頑張る!』(←その後寝落ち)。
で、結局最終日まで引っ張ってるわけですよ。
アンビリバボー」を見て謎の惑星が地球に衝突するのを心配してるバカ双子だが、
地球滅亡より前に夏休みの宿題が終わってないお前らが滅亡フラグ立ってるだろう・・・

2012年8月16日 (木)

ドトーの8月、前半。

ここの所ライヴ続きでいささかグロッキー。。

こんなにライヴばっかりやってて、ブログを読んでる人にはさぞヒマ人と思われてるかもですが、ライヴやリハの入ってない普段は大体朝の6時過ぎから夜中まで仕事です~。ま、合間にちょっと逃避したりはしてますが、6時間位の空き時間で睡眠とったり楽器の練習したり本読んだりって感じ。自分でもよく身体持つなとw。

Homemade_2

13754879_1724768948_199large_2やっとちょっと休めるかと思ったら、紳ペ君からTELあり、伊東和哉くんvo,agのライヴ手伝ってくんないかということで、こちらもやりました。彼が渋沢力也から伊東和哉に改名するかしないかの頃以来だから、かなーり久しぶり。
2日連チャンでピークアクション羽鳥湖高原レジーナの森で演奏。(レジーナの森の管理人日記参照)

Drumsethatori1

2012728_059

僕が手伝ってた頃に出した『熱帯夜』以外は初めての曲。リハ1回でまあなんとかいけた。
今回は紳ペ君kbがベースラインもカバーしてくれる(悪魔の左手!)ので、ドラム+パーカッション的なセットで臨んでみた。ただし音量バランス上、ドラムはほとんどロッズ(竹ヒゴを束ねたスティック)で叩く。右手でハット+スネア、左手でコンガ的なパターンもこれでバランスが取れる。

Softbeater_2

問題はキック。これがドカン!と鳴っちゃうとブチ壊しなので、秘密兵器を引っ張り出してきました。VATERのソフトビーター。モフモフな見た目から想像できるようにアタックがソフトになり、とてもいい感じ。
演奏の方はとても楽しくできた。10月にも和哉くんと小野一樹くん主催の『HOME』があるので、そっちでも演ることになりそうです。

そして、8/5(日)アヴィ&フレンズMUSIC FESTA 2012@三春町・滝の平野外劇場で野外コンサートに出演。

Index_r1_c1

対バンは山木屋太鼓MUSE Private Unit BandエコエコサイクルズAve川嶋あい、にワレワレアヴィ&フレンズと。
当日は雲一つ無い大快晴。雨は困るけど、こんなにガチで晴れなくていいっつーの。
午後に会場入りすると、既に2番目のMUSE Private Unit Bandが演奏中。G,b,ds,keyにts、as、tp、voと大所帯。噂には聞いてましたが実にコナれた演奏。それにしても激暑くてステージ前にお客さんがいない。みんな陽を避けて山の側に避難して聴いてるの。演奏する方としてはこれはツラい。。
120805_130801とりあえず、ビールを流し込みますが、すぐ汗になって飛んじゃって全然酔わない。楽屋テントに行ったんですが、こちらも蒸し風呂状態。
どっちがマシかと言えば、太陽光線がない分楽屋の方がいいかな・・ってことで楽屋に移動して楽器等を準備。
PA卓の所に行ってみたら、オペレーターさんは以前にスマフェスのメインステージを担当してくれた方。スマフェスでも音響素晴らしかったし、この人自身もドラマーなので音は期待できる。これはしてやったりと、車に積んであった自分のセットのタムとフロアを差し替えでセット。(今回は「ちょっとジャズっぽくお願い」と主催者側からのリクエストがあったので、チューニング高めのタムが欲しかったの。使い回しのセットも普通使い回しのセットではありえないくらい良いセットでしたが、ロック向けのチューンになっていたのでね。)
Aveくんが終わってワレワレが出る頃には多少日も傾き、お客さんも芝生の方に出てきてくれました。よかった~。

Akipionmiharufes

あとは演奏をドカンとカマすのみ。いつもやってる曲も4ビートにアレンジし直したり、結構新鮮です。大きいステージで4ビートやるのなんて何年ぶりかねえ。会田さんpと演ってた頃以来かな。
その日の朝まではなんか疲れが溜まってて大丈夫かな~って感じだったんですが、ドバドバ汗をかいてダバダバ演奏したら、なんだか妙に身体が軽くなってて。
楽器撤収して、双子+末っ子と待ち合わせて温泉に行ったら、さらに大快調に。
どうも大量の汗でデトックスされたのではないかと。ひさびさと言うか、すごいわすごいわこんなの初めて的なw。。

で、帰省(恒例の大阪行き)もあるし、8月後半は休もう!と思っていたら、某社現場監督E口くん(繰り返すがエロ、ではない)に新ドラマーに逃げられたってコトで泣きつかれ、ライヴ一本ヘルプすることに。あふあふ。

2012年8月 9日 (木)

ミニセットのスタンドケース。

Drumsethatori1

TAMAのアートスターを改造したミニセット(16BD、10TT、13FT)のスタンド類を入れるケース。
このセットを持ち出すときは、音量的なこと以外に運搬のラクさも考慮してることが多いので、必然的にスタンド類も軽量化した。
元々持っていた黒いビニールのソフトケースはよくTIGHTSでリハに行っていた経堂のミュージック和田で激安(500円くらいだったかな~)で買った。意外とこういう細いスタンドケースって当時は売ってなくて重宝した。
20年の上使ったけど流石に持ち手のところが切れたので、こちらはカンオケ(キャスター付きの四角いファイバー製のスタンドケース)の中でHHスタンドだけ入れてシャフト曲りを防ぐように使おう。

Minikitstandcase

で、ハ●ドオフで600円でテニスのラケットケースを見つけたので、これをスタンドケースにしてみた。
丈夫そうだし、ショルダーベルトも付いてるので良さげ。
コレに
HHスタンド×1本、
シンバルスタンド×3本、
スネアスタンド×1本、
タムホルダー×1本、
フロアタム脚×3本

をまとめるわけです。
プレミアのとその廉価版のオリンピックのフラットベースで揃えてあるので、かなりコンパクトですが、それでも全部入れてまだ余裕があります。まだ細めのスタンド1~2本は入る。タムホルダーまで曲げたままで入る。自画自賛していいすか?素晴らしい。流石オレ。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »