フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月15日 (土)

官能小説・『箱と男』~SP緊縛篇

Kinbaku1

「イヤだわ、やめて、こんな所で。。」

「へっへっへっ、イヤだと言っても帰さないぜ。
この縄がお前の柔肌に喰い込む所を想像しただけでオレはたまらんのだよ。」


「やめて痛い。。」

「ふふふ↑。オレの濃いエキスをお前のクレバスにぶち込んでやるぜ。」

(官能小説・『箱と男』以下略)
・・・・・・・・・
というわけで、エッジが硬化してないのでイケると踏んでジャンクで入手したスピーカーのキャビネットをリペア中。
ブツは英Mission社の700LeadingEdge

Mission1

古いものですが、80年代にヨーロッパでは結構売れた。
元々そんなに高価なスピーカーではないのだが、キャビネットを盛大に鳴らしてとても音楽的な響きをするスピーカー。同じシリーズで高級なものもあるらしいが、なぜか一番安いコレが評価高い。ユニットの音と箱の鳴りのバランスが絶妙なんだろうな。
多分コストの関係からバッフルは樹脂製、というかモロにプラスチック。
このバッフルと木製キャビネットの間の接着剤が経年で劣化し、ココが低音で盛大にビビる。
で、内側から樹脂製バッフルと木製キャビネットの間にオレの濃いエキス、じゃねえやボンドG17を入れて荷締めベルトでギチギチに締め上げておりますw。

Spcabihoshu2

Armaalledge

内側に入れた接着剤が乾燥したら一度外して、表側からキャビと樹脂製バッフルのすき間に瞬間接着剤を突っ込んでまた緊縛。
この方法でビビリ止まったので、もう一個もこの方法でいく。という訳で、スピーカーキャビ補修成功。。
おっと、乾燥待ちの間にエッジ部分にアーマオール(クルマ関係のお店で売ってるポリメイトみたいな艶出し剤。エッジやラバーの硬化を防げる。)を塗布しておこう。
本来はツイーターが下になるんだが、モニターとして使うのでこ横置きでちょっと箱鳴りをミュート、って感覚でいいのかも。もちろん平べったいレンガの上に滑り止めシートを敷いて置いてある。

Spcabihoshu3

いろんなソースを聴いてみると、上下左右だけでなく前後の奥行きもちゃんとわかる。精確なモニターというのとはちょっと違うのかもしれないけど、もともと今まで使っていたセレッション3だって無味乾燥なモニターSPはヤダなってことで選んだのだ。

ということでMission700LE、スタジオのメインモニターに昇格です。
東京時代から20年超使ったセレッション3も、自宅用スピーカーとして第2の人生を歩む事になりました。

2012年9月13日 (木)

仙台の定禅寺ストリートジャズフェスに参加してきました。

Small1

【アヴィ&フレンズ】(アヴィvo/佐藤紳平key/佐藤Pion正実b/Aきやま@­山猫軒ds)で仙台の定禅寺ストリートジャズフェスに参加してきました。
僕は初参加でしたがヒジョ~に楽しみました。 駅前に近いアジュール仙台というビルの前のステージ。お客さんも足を止めて聴いてくれてとても嬉しかったです。シライシ君夫妻、いちおさん親子はじめジョウヂ君一家リズム君モアちゃん島田くんほか駆け付けてくれた友人各位サンQでした!

知り合いのバンドの演奏はどれも時間がカブってて観れず、動画ないかなと探していたら、通りすがりの方がワレワレの演奏を録ってyoutubeにアップしてくれてたのを発見。 ありがとうございます。
モニターもないしドラムにもマイク立ててない割にはバランスも良いかな~。


120908_151901

このバンド、ベースのマサミさんが西那須野在住のためいままでライヴ後にウチアゲらしいウチアゲをやったことがない。
楽器撤収後、バンド初ウチアゲを。
仙台といえば牛タン。「利休」で宴を^^。呑むぜ呑むぜ~。

その後、千鳥足でいろんなバンドを観ながらメインステージの勾当台公園方面に。
アッキーdsや青森のナカ超さんds(リアルでは初対面)と会う。 ナカ超さんがヤマハ音楽教室の発表会の手伝いでドラム叩きに行ったら、(当時エレクトーンのインストラクターだった)紳平くんがデモンストレーターで来ていて面識あったことが判明。世間は狭い。

今回は僕だけ翌日仕事で泊れなくなってしまったので、夜は東京時代のバンド仲間・元マディランプスの青ちゃんvoヒトミくんgのバンド・The Fave Ravesを観にHEAVENというライヴハウスへ行ってから帰ることに。
ペイズリーブルーでも青ちゃんベースで1回演ったし、仁見くんgとは解散まで一緒、関西ツアーにも出かけた。2人とも変わんねえな=。
20数年ぶりに会う2人とおしゃべりしてたら
「あ~、Aきやまっち~!うわ~!」とどっかで聞いたハスキー声。
これも20年ぶりのモンキー嬢!じつは現ニョー某と新宿あたりを歩いているとよく遭遇してたのよ。それでも20年ぶり。いやー、すっかり大人の女性になっちゃって~。

青ちゃんコーラス上手いのは知ってたけど、リードvoあんなに凄いとは思わなかった。クォリティ高いよ。いいバンドでとっても刺激受けました。オレも頑張る!
また来年、定禅寺で会えればいいな。

02

で、帰りの高速はPAで爆睡したりしつつも無事帰路に。
来年も行くぞ、定禅寺!

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »