フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 官能小説・『箱と男』~SP緊縛篇 | トップページ | 【社長・暇 工作】① »

2012年10月 4日 (木)

夏は燃焼系/そして10・11月

今年の夏は暑かった。
特にお盆過ぎの残暑がひどかった。
9月も末になってやっと秋の気配がやってくるなんて、めったに無いことだ。

僕の携わる建築業界は、復興景気で去年から忙しい。
震災のあった年は、壁が崩れてるとか被害の甚大なところを優先的にさせてもらい、少々クラック(ヒビ)が入ってる程度のところは、
『まだ余震もあるし、しばらく様子をみませんか?』
ということにしておいたのだが、さすがに1年も経つと
『そろそろお願いできない?』
みたいにせっつかれるし。
ま、その前に、しばらく無理だって言ってるのに
『いつになったら来んだコノヤロー!頼まん!』
みたいなお客さんも何軒か(苦笑)。
しょうがねえやな。
直請けの仕事だけではなく建設会社さんの下で入ってる現場も多々あり、こちらは他業種との兼合いもあり自分らの都合だけで動くわけにはいかないし、それだってやっぱり壁が崩れたりしてて急を要するところが先決だ。
同業者もみんな同じような按配なんで、応援も頼めないしねえ。

まーそんなわけで仕事も忙しかったんですが、今年は演奏も忙しくて。。
6月からこっちだけで営業仕事も含めライヴ13本という強力スケ汁。
プラス企画1本。(松田美緒vo&ビスコイットグローボ)
いや、仕事もちゃんとしてんですよwww。
睡眠時間は平均4~5時間ってとこですかね。。
ギッチリ仕事やって楽器の練習したり本読んだりしてると、どうしてもソレぐらいになっちゃう。
逆に若い頃の方が睡眠時間取らないとダメだった。

演り過ぎっつう気もしますが、演れるときに演っとかないと。
やっぱり死に方は選べないですからね。
仕事もしながらコレなんで疲れてるはずなんですが、何故かめちゃくちゃ体調良いんです。

Akipionmiharufes

特に8月アタマの三春の野外ライヴでめちゃんこ汗かいたあたりから燃焼系に身体のスイッチが入ったようで。
その何日か前までは疲れがたまってアリナミン飲みながら仕事してたんですがね。一気に絶好調になりました。
恒例のお盆の大阪へのドライヴもさほど疲れ残らなかったし。

夏前からドラムの奏法改造に本格的に取り組んでいて、ちょっとづつ成果が出てきている。如何に力をいれずにスティックを動かすか、
「初心者じゃねえもん、基本的なトコは出来てる。」
って思ってた所から見直した結果、まだまだリキんでた事を再発見。
ここを修正するだけでかなりの効果が出ました。
やっぱりね、みんなが「オレ出来てる」ってすっ飛ばす教則本の1ページ目にこそ一番重要なことが書かれてるんだな~。

で、10、11月はちょっと一息入れつつ。
10/7(日)
【M.J.L.A】(和音モアvo、矢吹ジョーg、れのんさんb、アタクシds)
@郡山フリーウェイジャム
『KMC Collaboration/BANDやろうぜ! VS KMC』
http://rock-cafe-cream.com/kmc/pc/index.html

35175622_1787545279_158large

11/2(金)
【UNKNOWN】(セキーネ幽鬼g、アタクシperc)
@郡山MONKS
鰆崎たまこpresents 『WaiWaiライヴ』
http://homepage3.nifty.com/music-peaple/page002.html

Unknown1_2

UNKNOWN10ヶ月ぶりのライヴ。
思い出深きMONKS最後の日の前日。
Ryoさんそして故モンマスに感謝しつつ、アコースティックで悪虐非道の限りを尽くしますw。

11/3(土)
【M.J.L.A】(和音モアvo、矢吹ジョーg、れのんさんb、アタクシds)
@郡山フリーウェイジャム
『かかってこいこのやろうSpecial』
http://www.freeway-jam.com/
かつての郡山のバンド集団・なかよしグループ関係者多数集合らしい。

てな感じで~。

« 官能小説・『箱と男』~SP緊縛篇 | トップページ | 【社長・暇 工作】① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/47307292

この記事へのトラックバック一覧です: 夏は燃焼系/そして10・11月:

« 官能小説・『箱と男』~SP緊縛篇 | トップページ | 【社長・暇 工作】① »