フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« モンクスwaiwaiライヴ終了。 | トップページ | あけました。おめでとうございました。 »

2012年11月30日 (金)

【帰ってきた社長・暇 工作】~完成の議~

【社長 暇 工作①】【社長 暇 工作②】と展開してきたアートスターの塗替えも大詰め。
あいも変わらず夜中にシコシコやっております。
このめんどくせ~作業、腰を上げるまでが大変でした。
「とりあえずやってみよう」から
「ここまで来たらもう後へは退けない」って使命感に変るんですよw。

やってるうちにいろんな細かい発見があるんで、それはモチベーションになるんですけどね。

Tom102

さて、タムの塗装を終え、コンパウンド掛けをやってみた。やり方は車いじり好きな職人さんに聞いてみた。
ペーパー水研ぎ#1000→#1500→#2000ときてコンパウンド粗目(これはピカールでOK)→コンパウンド鏡面用細目と行ってみた。
艶と深みが出てきていい感じ。
次はコーティングをかける。
このプリズムシールドってコーティング剤、ホームセンターで安かったんで使ってみた(1280円也)。
スプレーして付属クロスで拭き上げるだけの簡単施工。
塗ってすぐは頼りない感じですが、何日か経つと皮膜が形成されてきていい感じの艶が出る。
しかしクルマも洗わないのに、こんな事は一生懸命やるんだなオレwww。
コレ、スマホの画面にも塗ってみたら良かった。
オレの腕だと磨き込みで調整してこの位にもっていけたけど、プロの職人がやったら塗り上げの時点で磨き不要な位テラテラになるよ。そこはやっぱり技術だな~。

Dsc_0046 20rim

バスドラの塗装もまあ上手くいった。
しかしここで鬼門が。
バスドラのフープ(ヘッドを押える輪っか)。これに手こずった。
どうやってもどっかがダレるんだよね~。

20rim2

角が透けやすいんで、そこをドップリ吹くとダレるし、立てれば流れるし。
失敗したフープを吹き直ししようとしたらちょっとリフティングするっぽいので、リフノン(下地のリフティングを止めて上に強溶剤の塗料を塗れるプライマー)をかまして再塗装。
ここんとこ夜になると気温がガターっと落ちるので、これだけは日曜の日中にやった。
形状的にダレやすいので、やはり乾燥が遅くなる状況下では避けたい。
日中でそこそこ温度が上がる時間帯を選んでやったら成功。ウレタンクリヤもタレスン(垂れる寸前まで厚く吹く)でテロテロにできました^^。ふう。

Asbdlugok_2

フロアタム用のラグをBDに転用するので、3mm厚ゴムでスペーサー(ひらたく言うとハカマだね)を作った。 真ん中の繋がってる部分は胴からフロートさせる。 当然セムビスもハカマの厚み分ちょっと長いのに替えてある。 通常BD用のセムビスは4mm径×長さ14mmだが、16mmのビスにした。これは金物屋で入手。座金が4mm×16mm。

閑話休題。

Hakamamituo

ハカマといえば、はかま満緒はどうしているのだろうかと思い当たった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%8B%E3%81%BE%E6%BA%80%E7%B7%92
ご健在のようですね。すっとぼけた味のある人で、当時はコメディアンだとばっかり思ってたのだが、この人は元々放送作家。
撮影現場で人が足りないときに画面にも出ちゃったのがきっかけで、一時期は司会の仕事もけっこうやっていた記憶がある。
放送作家が画面に出てくる先駆けですね。
よくシャボン玉ホリデーで安田伸やなべおさみとカラんでた。
クレージー関係者も続々鬼籍に入り、メンバーで存命なのはは犬塚弘のみ。今のうちにはかま満緒にシャボン玉ホリデーの裏話とかを書いてもらえないだろうか。。

0810tom1

金具類を取付け、組み上げていくと流石に完成が見えてきてワクワクしますね~。
あれだけボロボロだったタイコが、手を入れてやると命を吹き返すように再生します。
楽器も、特にお店とかスタジオとかで使われていたものは疲労が溜まってる感じの音になるんだよね。
今回のFTと12、13TTもそんな感じの音だったけど、傷だらけの胴をパテかって磨きだして綺麗にしてあげると音の方も「もう一丁頑張るか~!」て感じにリフレッシュするのよ。

12tt13ft

あとはフープの研ぎ出し~コーティングが済めば皮張って完成だ~。
タム類は皮も張替えてチューニングしてみた。
基本クリヤ1プライ派ですが、今回は打面:REMOスエード(ヤマハロゴ入り)、裏面:REMOクリアアンバサで行ってみました。
ここ20年くらい裏面はEVANSのクリアレゾナントだったのだけど、今回は王道で行ってみた。
音は自分で言うのもなんだが素晴らしい。
サクッと皮張った時点でかなりのポテンシャル。ノーミュートで全然いける。
スタクラと比べても太くてカタマリ感がある音色で、狙い通りです。マイク乗りも良さそう。発売当時はSONORが流行っていた頃でパールが厚胴のZを出したりしていたのに対抗してか、【硬く薄いシェルにゴツい金物で剛性を付加する】ってコンセプトだったと思った。20年ほどの時を経て、ほどよく枯れてきてるかな~。
REMOスエード良いな~。 ブラシも利くし、クリヤとコーテッドの中間って感じで。

Artstarok2

BDのフープも研ぎ出し、ヘッドはスタクラからEvansのEMADを移植して組上げてみた。ステージ映えしそうな黄色ですな。やっぱり渋さとは無縁の方向に行くのがオレw。

このセッティングはわかる人にはわかりますが、ジャコとやってた頃のP・アースキン、A・ムゾーン、そして古澤良治郎さんへのオマージュであります。 そして色は当然T・ウィリアムスでんな。 トップシンバル垂直ってのは実はかなり自由度が高いです。肘の使い方次第でとても自由に動ける。難点は腰に負担がかかることと、位置によっては共演者とのコミュニケーションも取りづらい時があることかな。。このセッティングで実際に使うかどうかはわかりませんけどね。その辺は臨機応変にどっちでも。

5tomas

タイコのサイズは20×16BDにタムが8×910×1012×11、フロアが13×12(深胴タムをひっくり返して転用)、16×16です。13”フロアが美味しい所をカバーしてます^^。タマの良い所は、ひっくり返してフロア脚付けるのに元々付いてるタムブラケットがフロア脚ブラケットとして使える事^^。
来週の営業仕事でテストを兼ねて使ってみます。

« モンクスwaiwaiライヴ終了。 | トップページ | あけました。おめでとうございました。 »

コメント

現物見さしてもらいましたが珠玉の出来ですね!!鳴りも良くて圧倒させられました。セットで叩かしてもらいたいです。はかま満緒の日曜喫茶室、なぜか学生の頃毎週欠かさず聴いてました。もう33年もやってるんですねー。クロスオーバーイレブン復活しねぇかなぁ。とか思ってたらお正月限定で復活するんですね。

お願いですから家族のためにも仕事してくださいwww

イサムギランくん>
やっと9合目まできた感じ~。音いいよ!
手間はかかったけどこの音なら納得。
はかま満緒、シャボン玉ホリデーでなべおさみ演じる役者にダメ出しをするディレクター、ってコントが面白かった。
市川森一や欽ちゃんもこの人の門下なんだね~。

ペンタくん>
わははw。これやってるおかげで睡眠時間が。
仕事終えた夜中からやってるんで、なんだかんだで2ヶ月くらいかかってる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/48033491

この記事へのトラックバック一覧です: 【帰ってきた社長・暇 工作】~完成の議~:

« モンクスwaiwaiライヴ終了。 | トップページ | あけました。おめでとうございました。 »