フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« GWは大阪へ。 | トップページ | ★information 【松田美緒&ビスコイット・グローボ】ライヴ★ »

2013年5月24日 (金)

毎日楽器を入れポン出しポンしてた3日間

連休も終わり、通常仕事モードに入っております。

■5/11土曜は仕事終えてから某パーティーにて新田慶治g5+小針尚美voで営業演奏。
(新田慶治g、佐藤紳平p、会津のアイダさんb、森さんds、オレpercに小針尚美vo)というメンバーで。
新田さんともご一緒するのは3,4年ぶりですかね。
新田さんはもともと澤田駿吾gさんの門下で、渋いギターはとにかく素晴らしいです。さすがにスタンダードとかやるとジャズが血肉になってるというか、上手いのはもちろんですがとにかく『深い』です。
このパーティーはどうも郡山の経済界の重鎮が集うパーティーのようで、通常のスタンダード演奏のほかに、某有名外食産業社長某氏が生バンドで唄いたいということで、そのバックも務めるわけです。

Img_20130511_154855

Woodtimbales

今回はコンガ2本・ボンゴ・自作ウッドティンバレスに小物いろいろってセッティングで臨みました。
ティンバレスが必要なのが1曲あったので、だいぶ以前に薄胴タムを作ろうと思って切って放置してあったシェルでウッドティンバレスを製作しました。
こういうのにはREMOのしっかりしたヘッドより安い薄めのヘッドが合うねえ。ティンバレスと言うよりティンバリトス(ちょっと小口径のティンバレス)のような音がするので、本式ラテンをやるんでない限りむしろアンサンブル中での収まりが良くて使い易い。
しかしパーカッション類は楽器本体はたいした事無いんですが、スタンド類がクソ重いのなんのって!!
今日のギャラを当て込んでジブラルタル社のコンガスタンドを購入したんですが、非常に安定してて良いです。その分重いけど。
素手で叩くのは意外と荷重がかかるんで、スタンドが軽いと動いたりセット崩壊したりしちゃうんですわ。

Standcase

ドラムのキャスター付のスタンドケースにボンゴとスタンドと小物を満載に入れ、その上にコンガ1本くくりつけ、もう1本のコンガは台車に載せて2往復で搬入しようと言うモクロミで。
しかし今回はボンゴに目覚めましたねー。あんまりボンゴ得意じゃなかったんですが、アンサンブル中での美味しい所が解ったらカキポキカコポコと楽しくてしょうがない。
今回PAも担当したドラムの森さんのYD9000も良い音してました。
YD9000といえば、ヤマハが最高級品と廉価品を残してラインナップを整理するとかしないとか・・・・・オークカスタムとか微妙な価格の名機もあるのになー。

■翌日5/12日曜はラストワルツで田島貴男弾き語りライヴ。

Ol2013tourflyer

スタッフさんが一人体調不良でツアー同行できなくなっちゃったんで、楽器搬入CD売り子モギり諸々手伝いで行く事に。
昼ぐらいかと思ってたらam11時頃ウチに田島君とスタッフCさん到着。
前日の石巻ラ・ストラーダも盛り上がったそうで、表情も晴れやか。スコップ隊で山元町へは何度も行ってたそうですが石巻は初めてで、とにかくお客さんがギンギンにアッパーですごかったそう。
家でコーヒー飲んでしばし歓談。
僕も旧知のスタッフCさん(元々レコード店経営)によると、僕ら世代はやっぱりちゃんとCDってモノを買いたいけど、若い世代は圧倒的にダウンロード購入だそう。そりゃCD屋無くなってくわけだよな~。あれだけCD屋があった渋谷もだいぶお店が無くなったそうです。
家を出て道中、いろんな話を。
『あのお店はどうなったの?』
『あー、あそこは地震でビルごと取り壊しになったよ。』的なもろもろに感慨も。
『中3から高校3年の4年しか住んでないのに、やっぱフルサト感あるんだよねー。』
という田島君に
『そう言えるようになったのは、おまえも歳取ったんだよー。でも住んでる人でもあの地震があってはじめて自分の故郷にちゃんと向き合ったって人、多いんじゃないかなー。』とオレ。

Lastwaltznew

お昼過ぎにラストワルツ入りし、和泉マスターにご挨拶。
ラストワルツは郡山で30年ちかく営業している老舗カフェバーです。和泉さんにはインディーズ盤の頃から聴いて頂いております。
ギターの弦を換えてリハ始めたんですが、「PAいらんだろコレ」って位の声量で、店の空間がビンビン震えます^^。
pm4時開演と言う事で、約70人のお客さんであっという間に店内パンパンに。郡山以外からのお客さんも多数の模様。
ライヴ自体は言うまでもなく、もう圧巻と言っていいですな。
今回はリゾネーターギター2本とワイゼンボーン1本を持ち込み。最近のブログでギターにハマリまくりと書いてたが、半年前より格段に上手くなってる。彼の凄さはその「ハマり力」なんだよな。

セットリストは
フリーライドローラー・ブレイド・レース築地オーライ朝日のあたる道/フィエスタファッションアピール太陽を背に神々のチェス海の見える丘のすたるぢやプライマルGoodMorning GoodMorningサーディンの缶詰JJJボラーレ
アンコールで
接吻Everyday Everyday好運なツアー
という感じ。大盛り上がり。
リゾネーターやワイゼンボーンで演ってても、楽器自体の持つ「渋さ」に頼りすぎてないあたりが彼らしい。あくまでポップ。

ワイゼンボーンで演った「神々のチェス」、良かったな~。あと「のすたるぢや」が良かった。あれ良い曲だな~。(未聴ですが布施明もカヴァーしてるそうです。)
終演後、CD売り子をやってたんですが「ファッションアピール」中心にまずまずの売れ行き。
新作も録りとマスタリングは終わったそうで。6月末には発売できそうとのことで楽しみ。
このあとお店に結婚式2次会が入ってた模様なので、しばし歓談後、東京に戻る田島君たちと別れ、既に呑んでる姉やヒロコさんたちと合流。2軒目に流れたお店は何から何まで底が抜けてて、死ぬほど笑ったwwww。怒る気すら失せるぐらいの底抜け店w。結局ヘベレケw。あふあふ。
和泉マスター、いろいろありがとうございましたm(_)m。またよろしくお願いします!

■翌日も普通に仕事ののち、盟友・セキーネ主宰のセッションに参加するため須賀川某所へ。
今日はツインドラムなので自分のセット持ち込みです。

20191529_1874727798_74large

このセッションも3回目。だいたいオレとセキーネとまゆちゃんは固定で、その都度メンバーは替わっております。
このセッション、キーすら決めず、最初にモチーフを出した者について行く。もちろん各自勝手にどんどん変化させて良し。というルールでやっております。
一応いまのところビートはキープしていますが、そのうちそれも崩壊させても良いかもw。
今日のメンバーはセキーネ幽鬼ヤングイケメン森くんg、まゆちゃんkb、れのんさんbにオレ星☆昌宏ds。というメンツ。

20130514_010321

星くんとは10年前にampsでツインドラムでやっておりました。
10年経って、昨日はどっちかと言うとオレがキープして星くんがバラマキ系に行っていたのが面白かったw。
今回も濃ゆいジャムを堪能。
次回は6月かな。どういうメンツで行こうか・・・・・・・。
しっかし、なんだかいつになく毎日楽器を入れポン出しポンしてた3日間でしたな~。

« GWは大阪へ。 | トップページ | ★information 【松田美緒&ビスコイット・グローボ】ライヴ★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/51760489

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日楽器を入れポン出しポンしてた3日間:

« GWは大阪へ。 | トップページ | ★information 【松田美緒&ビスコイット・グローボ】ライヴ★ »