フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

来てよその日を飛び越えて

いや~、『あまちゃん』終わっちゃいましたねえ。(時事ネタ)

Photo

震災にどうケリをつけるか見ものでしたが、それでも明日も明後日もあるんだよ、ってとこで涙なくしては観れない最終週でした。海女カフェでの薬師丸ひろ子の絶唱も素晴らしかった。(本人のたっての希望で大友良英gさん以下演奏と一発同録だったそうです。)あの歌詞にもあんな仕掛けがあったとは。。。。クドカン畏るべし。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ワタクシのプライベートスタジオというかウチコミ部屋兼練習部屋=Studio山猫軒も、震災を乗り越えて(つうか、震災以前からゴミ箱、あ、いや楽器倉庫と化していたのだが)復活。
前室が地震でどこかから水漏れするようになって壁がカビできたので、屋根や壁のあちこちクサいところをコーキングするなどして補修しました。カビ臭い前室を虫干しするため掃除して、床壁天井をエタノールで除菌消毒を繰り返しましたわ。

PCベースのハードディスクレコーディング環境を整えるべく不正終了と悪戦苦闘していた日々も今は昔。
『ウインドウズでしかもミュー次郎の附録で音楽なんて君は馬鹿か?悪い事ぁ言わない、Mac買いなさい。』
と馬鹿扱いされていたオレに時代が追いついた!・・・・と思ったら追い越されてたw。って感じで、PCベースの製作環境の進歩はスゲエもんがあります。

Mackieonyx

windows7への移行を視野に入れて、オーディオI/OもPCIスロット接続のEmu1212MからFirewire接続のMackieOnyxSatelliteに変更。もうドラム等多チャンネル同録はデジタルMTR(ヤマハAW1600)に任せて外で録り、スタジオでは潔く2in2outで完結することにしました。MackieのOnyxSatelliteは、もしI/Oとして使わなくなっても単体マイクプリとして使えるのがキモ。音は元気良いMackieサウンドでナイス。
PCも新調し、Core i7-3,4GHz×4でメモリ8Gに。クアッドコアだぜ。ビュンビュンだぜ。イエーイ。

Cakewalk4.5の時代からSONAR8.5まで使ってきた生粋のケイクウォークユーザーの私ですが、ここ何年かは併用してCUBASEも使っています。
流石に慣れているのでMIDIのウチコミや曲のラフを作るのは圧倒的にSONARの方が速い(やはりCALは便利です)ですけど、オーディオの扱いになると、やはりCUBASEは使い易い。音も微妙に奥行きがあって良いし。

と思っていたら、Cakewalk社の筆頭株主であるRolandが、Gibson社にCakewalkを譲渡するというニュースが( ̄□ ̄;)!!。
http://www.roland.co.jp/support/article/?q=information&id=63059912
Gibsonは今年頭にもTEAC(というかTASCAMブランド)を傘下に収めてますが、これでTASCAM+Cakewalkで最強DAW環境が実現・・・・するかというとちょっと疑問かな。
Gibsonは以前にもあのDAW黎明期の名ソフトVisionのOPCODE社を買収しておいてそのまま放置・死亡させるという前科がありますからね・・・・・・。

その轍を踏まないことを願いますが。

2013年9月25日 (水)

【帰ってきた社長・暇工作の息子の逆襲】カクテルドラムの巻

パーカッションがメインだけど、ドラムセット的なアプローチもしたい・・・・なんて時、普通はドラムセットにパーカッションを足したりカホンをバスドラ代りにして蹴とばしてみたりとか、いろいろやってみますよね。
なんですが、コンガなんか使う時には、ちょうどバスドラがある位置にコンガが来ると具合がよろしかったりするわけです。

Cd

で、「カクテルドラム」ちゅうシロモノが昔からあるわけですが、最近ではヤマハがSteve Jordanモデルとしてカクテルドラムを出してますね。これは立奏用ですが、座奏でイケるのが一個あると便利かなあ。。。と思っていた矢先、某リサイクルショップでなんと!1500円でTAMAの昔のスーパースターの14FTを発見し即買い。もうね、楽器に呼ばれてるとしか思えんwww。という事で、今回の餌食はコレです。

Tamasuperstarft

Tosouok

シェル材質はバーチ。80年代のトップラインの楽器ですから素性は良いですが、サビサビのキズキズ。とりあえず解体して金物は錆落として磨き、胴はパテで傷を埋めます。
平らにしたら、サフェーサー→白ベース→マスキングしてブラウンオレンジ系のマイカで色分け→クリヤを4回ほど吹付けて研摩→コンパウンド掛け→コーティング剤かけて塗装は完了。
細かい塗装の工程は以下と同様ですので省きます。

【社長・暇 工作】①

【社長 暇 工作】②

【帰ってきた社長・暇 工作】~完成の議~

20130917_223007

20130917_233046

カクテルドラムは打面がスネア、裏面がバスドラムという感じで使うものですんで、当然スナッピーが必要になります。普通のスナッピーは使えませんので、内蔵スナッピーを打面ヘッドの裏側に直接当てて使うわけです。TAMAの古いドラムについている内蔵ミュートはミュートの当たり位置を保持したままON/OFFができるスグレモノなので、これを改造してスナッピーを作ります。手持ちのスナッピーでワイヤが固めのものを切って、これをフェルトを外した内蔵ミュートにボルトで固定して出来上がり。
裏面の皮はいろいろ試行錯誤した結果、EVANSのハイドローリックにフェルトの帯ミュートをかませてバスドラっぽく。

Pedal1

Pedal2

当然、普通のペダルではダメなので、ビーターが下から上にヒットするペダルを改造してデッチ上げなければなりません。手持ちのパーツ取り用のジャンクペダル群を組み合わせていろいろやってみましたが、最終的にはシンプルにシングルぺダルの改造版に落ち着きました。大体これ使うであろう時は、そんなに複雑なプレイしないだろうからね。90度斜めに踏むのって見た目は気持ちわるいけど、踏んでみると意外と自由効きます。ビーターも下から上に動くわけで、戻りというか下りは速いので楽に連打もできます。

Img_0404

さらに、ペダルを固定するのにフロア足から付けるアタッチメント。ヤマハのパーツとして売ってるのもあるんですが、1万円近くも出してそんなもん買うのはねえ?ホームセンターで売ってる金具を組み合わせて(それでもパーツ数が多くなると意外と高い)2000円くらいで抑えようと思ってましたが、ホームセンターに行ってからピン!と閃いてこんな形に。計1000円でお釣りが来ました^^。

とりあえずコレ1台でキットとして十分成り立ちますね。というか、単純に叩いてて楽しい。楽しいんで、身体が勝手にいろんな表現をやってくれる感じなので、これ1台で過不足ない演奏ができる。

デジ亀動画(キャノンIXI digital25IS)で録ってみました。なかなかいい感じ~。

2013年9月23日 (月)

9/8(日)3連チャン!仙台の定禅寺ストリートJAZZフェスティバル。

Johzanjiahiru

はい今年も参加してきました杜の都・仙台の定禅寺ストリートJAZZフェスティバル
今回はななななんと!M.J.L.Aアヴィ&Friends伊東和哉くんのサポートと3バンドでの参加!しかも9/8(日)一日で!ちょうど上手く2時間ぐらいづつ開いたのさ~。
体力持つだろかなどと考えるまでもなくバカなので、当然のように演ることに。

Drumpacking

しかしM.J.L.Aは使い回し機材だからスネアとペダル位で良いとして、あと2か所はセット持込み。前もってパッキングと運搬は策を練ってミニキットをカンオケ(キャスター付のスタンドケース)に載っけて転がして行くことに。
前日7日(フェス自体は一日目)の夜に仕事終了後仙台入り。
宿のチェックインと翌日の駅~eBeansの搬入経路および駐車場をチェック後、とりあえず勾当台公園方面へ。
とりあえず一日目フィナーレの日野皓正h factor(日野皓正tp/日野賢二eb/dj honda tt他)を観戦。人一杯でステージ遠いけど後半2曲くらいは観れた。
ドラムブラザー星くん(ApolloChocoTheater)に電話してみたら、西公園でbird観戦してこっちに向かってるそう。国分町の入口あたりで落ち合い、リョータさんgも来てるよっつうことで合流。リョータさんご夫妻に星くんオレ、のち星くん奥方も合流で空腹にしこたま呑んで沈没。
旧友・青ちゃんvo仁見くんgのFaveRavesを観に行こうと思っていたが、気が付いたらam2時。ということで今年は会えずスマンです。

翌日の本番は雨!小雨ではあるが・・・・あうー(ToT)。
朝のうちに機材車を先にeBeans裏の駐車場に入れておき、朝イチの高速バスで仙台入りしたジョーさんれのんさん達と合流して会場に向かう。(モアちゃんは2日前から前ノリして夜な夜なアニソン酒場でウォーミングアップというかコスプレありで唄いまくっていたようですw。)

●11:50~【M.J.L.A】@仙台商工会議所前
(和音モアvo/矢吹ジョーg/れのんb/Aきやま@山猫軒ds)

26185205_1995680433_235large

4237093_1995664208_111large

この場所トップの地元バンド・ニホンジンさんに続き演奏。小雨のなか観に来てくれた仙台在住のじょうぢ君親子、ハルミちゃん、伊東katzくん、山形から参戦のCMぱんくさん、今ひとさんありがとう。初アウェイでしたがおかげ様で心強かったです。青森のあっちゃんtpも自分の出番終了後来てくれた。メガネっ子女子大生だったあっちゃんもすっかり綺麗なお姉さんに大変身してて、おぢさんマジで誰だかわかんなかったです^^。
しかし雨とはいえ流石の定禅寺フェス。お客さんも観る気マンマンで足を止めて観てくれました。
M.J.L.Aの演奏自体は、もしかすると結成1年ちょっとやってた中で一番良かったかもしれない。これでちゃんとPA通してたらなー。なによりモアちゃんがハジけてたのが勝因かも。

●14:00~【Avi&Friends別館】@eBeans仙台
アヴィvo/長島佑季kb/佐藤紳平kb/小山雅代as/Aきやま@山猫軒ds)

Img_0040

当初は仙台駅前のeBeans4階のガーデンテラスの予定でしたが、雨のため1階エントランスに変更。こっちのほうが却ってよかったかも。通りがかりの人もけっこう足を停めてくれたし、音響もまずまず。お客さんの反応も良くてやってて気持ちよく演奏できました。
ピアノの長島さんはお初。最近アヴィちゃんとよく演ってる宇都宮の方だそう。
鍵盤が二人いるので紳平くんは手ベースメインで悪魔の左手が炸裂。サックスの雅代ちゃんもメガネズの最後のライヴにトラで来てもらって以来ですね。演奏もまあなんとか上手く持って行けた。キンチョーしたけど楽しかった~。

●16:50~【伊東和哉】@仙台駅ペデストリアンデッキ
(伊東和哉g,vo/佐藤紳平kb/Aきやま@山猫軒ds,perc)

Kazuya1_02

郡山出身のSSW伊東和哉くんのサポート。去年夏以来1年ぶりか。
和哉くん、関西ツアーを中抜けして仙台入り。メールで「雨ふってるで」と送ったら「僕、晴れ男ですから大丈夫ですっ!」とオキラクな返事。
リハが諸事情によりできなかったので、去年やった曲はまあイケるとして新曲は音源貰ったのみでまるっきりブッツケ。まあ和哉くん単体で基本成り立つんで、着いていけばなんとかなるでしょう~。で、なんとかしましたw。というか、なった。





しかし、演奏してたらホントに空が晴れてきた!マジかよ~。晴れ男スゲエwww。雨上がりのきれいな夕日の中、この演奏会場も大団円でフィナーレ。
フェス実行委員会は来年からこの男を開催前日位から仙台市内に拉致監禁すべきですwww。

さすがに一日3ステージ、しかも全部違うバンドってのは疲れたけど楽しかった。お客さんも雨の中観に来てくれてるんですから、演る方も頑張らねば。
雨の中で演るのも大変だけど、それでも観に来てくれる人がいる。こんな幸せな事はないなあ、とあらためて初心に帰れた今回の定禅寺フェスでした。
ということで、観に来てくれた皆さん、足を停めていただいた皆さん、そしてフェスに関わったすべての方に感謝です!

Premieracepiccolo2

そして今回大活躍してくれたこのスネア。
今回は荷物を減らしたくて、このプレミアの4”ピッコロスネア70年代物1台で行ったのだが、去年買って1回ライヴで使った後1年ほど寝かしておいたら大化けした。よく考えたらMJLA(ロック)、Avi&Friends(ジャズ)、伊東和哉(唄もの)と全部一台でこなせる楽器ってそうそう無い。アルミシェルで深さ4”で全面当たりスナッピ。これは当分メインになるかも。。。

2013年9月17日 (火)

なんか言いたくて・・・・夏。2013

自分のライヴ活動の方も、今年は去年に比べれば多少落ち着いております。

M.J.L.A 和音モアvo/矢吹ジョーg/れのんb/Aきやま@山猫軒ds)の録音の方も春先にドラムだけは録ってあり、ちょこっとづつ他パートの録音も進めておりますが、なにせみんな仕事の合間を縫って活動してますからね、なかなか先へ進みません。まあゆっくり構えてやりますか。
そんなわけで隔月で音楽食堂SESSIONのJAZZセッションに行ったり、盟友セキーネ幽鬼gくん主催のフリーセッション大会に参加したりという修行もしております。

7月には久々にM.J.L.A KMC に登場。
今回は10回目という事で#9で2日間。1日目のBANDデイのほうに出演。(2日目がセッションデイです。)。

10thkmc210thkmc3

山形のCMパンクさん率いるMINISTRY OF PAINや新潟のVANDALKILLER 、いわきのCOLONY OF MEDITATION 、そしてNOVELAの五十嵐久勝 voさんのAngie’sProjectなど遠征組も多数参加。
迎え撃つ地元組もDeadFlowersRadChildren 等々多彩な顔ぶれ。

10thkmc1

ワレワレの2つ前に剛腕男汁ドラマー・TOBBYさんとCREAM馬場さんのパノラマ温泉楽団がNOVELAの名曲を激奏(2曲モアちゃんがコーラスで参加)。
これは今回のハイライトであったのは衆目の一致するところでしょう。
おかげでアタクシも自分の出番では必要以上にチカラ入れ過ぎてしまいました、てへへ。でもアレを観たらアドレナリン出るよな~。
(実は同じ週に同じ#9でMJさんの企画ライヴがあってそっちにもM.J.L.Aで出たんですが、演奏自体はそっちの時の方がチカラ抜けてて良かったんだよな=。わからんもんですな。)

10thkmc4楽屋ではドラマー陣がスネア自慢大会。
左→キタノチタン5”(おっくさん)、パールジュピター6半ヤキイレ仕様(オレ)、パールZメイプル6半爆音仕様(TOBBYさん)、ハンドメイドアクリル6半(EmptyTalk本柳くん)。
いわゆる王道が一個もなく、見事にパンチの効いたヒネり方のスネアばかりwwww!

2013年9月15日 (日)

松田美緒&ビスコイット・グローボ@郡山PeakAction

1905226969_180_2

パソコントラブル等で間が開きましたが、先日の
松田美緒&ビスコイット・グローボ@郡山PeakAction、
素晴らしかった~。

メンバーは昨年と同様、
松田美緒vo鬼怒無月佐野篤b,g.voヤヒロトモヒロperc の4人。

昨年は結成間もなかったので手探り感も若干あったのですが、結成1年を経てメンバー各人の演奏の素晴らしさは言うまでもないですが、バンドとしてのカタマリ感は今回のほうがはるかに上でした。

それにしても素晴らしくデトックスされる音。

高い空と照りつける日差し。深い森の静けさ。青い海を渡る風の匂い。そんな諸々があのピークアクションの空間に充満しちゃうんですよ。ホントよ。。。
本当に音楽を愛する人にこそ生で観てほしい・・・。

近日、メンバーの許可を戴けたら動画をyoutubeに上げたいと思いますのでご期待ください。基本、商売っ気ない人たちなんでプロモ用の動画も作ってないのよね。そこで、去年のライブ映像から不肖アタクシがダイジェストで作ってみました。それまではこちらでお楽しみください。

松田さんが秋からまたしばらく南米に渡るとのことでしばしお休みの模様ですが、実は鬼怒さん佐野さんヤヒロさんの3人でビスコイット・トリオというユニットも密かに始動しております。

今回のツアー中1日だけ松田さんが別仕事あり、いわきのQUEENでビスコイット・トリオが実現した模様です。郡山のサウンドチェック時にそれ用のリハ的な事をやっていたのですが、いやスゲエ~。こちらも楽しみです。

ウチアゲで音楽食堂SESSIONに行きいろいろお話伺ったんですが、松田さんのいろんなエピソード(「運」が向こうからネギしょってやって来る的な。まあ平たく言うと『持ってる』人なんですね。)凄いな~。SESSIONのトオルちゃんの芸風、メンバーにもバカウケしておりました。

◆◆◆◆◆

その数週間後には、佐野さんのリーダーバンドKINGも再びピークアクションへ登場。メンバーは
佐野篤g,vo,perc/ 佐野聡tb,perc,津田悠佑b,vo,perc田中諭志ds,percの4人。
前回は自分のライヴと重なって前半しか観られなかったのですが、今回はフルで観戦。
ビスコとはまた違った深いアンサンブル。
篤さんのスモーキィな渋い歌がメインなのですが、歌と伴奏とかいう概念を超えて、もっと渾然一体となった音楽です。魅惑のポリリズム、いぶし銀のボーカル、意識の開放。とにかくスンゲ~です。
超絶ですがゆったりしている。
S-KENさんのバンドで初めて見たときも佐野さんの極太ベースには驚愕しましたが、基本が太い人は何やっても太いんだな。。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »