フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月23日 (土)

冬の稲妻

Tanimurashinnji70s

ワンツッスリー! ♪あなたはっ いなっづっまっの よおぅぉにぃ~~~♪
ちゃうちゃう、アリスじゃねえや。(タイトルに意味はありません。
高校生の頃初めて上京した時は、ホテルに泊まるお金がないのでオールナイトの映画館で夜を明かしたなあ。今なら漫喫なんだろうけど、30数年前はまだまだオールナイトの映画館はいっぱいあった。んで、やってた映画が「ALICE THE MOVIE 美しき絆」「もう頬づえはつかない」の2本。
桃井かおりはまあいいとして、ゲップが出そうなくらい一生分のリミット以上にアリスを繰り返し聴いたw。♪よぉぅろーりんさんだぁ~~(あ”ぁ~~~)♪ もういいってばw。

なんか秋がなくてあっという間に冬が来ちゃいましたねえ。慌ててタイヤ交換しました。
そんな昨今、年末に向けてのライヴのお知らせです。

M.J.L.A和音モアvo/矢吹ジョーg/れのんb/Aきやま@山猫軒ds)

Zyouzenzi_dvd

11月30日(土) @郡山駅前 RockCafe CREAM

時間:OPEN 20:00
第一部 20:30~ 第二部 22:30~
charge:1500円(1drink付)

いつものライヴではやらないカバー曲も仕込んでいきます^^。
もちろんオリジナル曲もやるですよ。
お問合せ 024-973-6642 CREAMまで

12月22日(日) @郡山 フレンチレストラン パローネ晩餐会    

場所:福島県郡山市富久山町久保田字愛宕83-2
時間:PM6:00会場 / PM6:30開演 要予約となります。)

料金:5000円(フレンチフルコース&フリードリンク&音楽)

Xmas前のひとときを美味しいフランス料理とM.J.L.Aの音楽でお楽しみください。こちらでもいつものライヴではやらないカバー曲を多数仕込んでいきます^^。
この晩餐会企画はアヴィ&フレンズやMJLAでも何度か出演させていただいてますが、
ライヴ+料理+アルコールで5000円と、非常にお得なコースです。正直、オレも客で呑んだくれてみたいw。
シェフは東京グランドハイアットホテルでトップを務めた方で、味はお墨付き!

お問合せ・ご予約 024-991-1080 http://www.pallone.jp/

Fotosketcher_moreeyesmall

年内はこんな感じですね。仕事も繁忙期なので休めるかどうか・・・。あと何本か営業仕事ぽいのは入るかもしれませんが、まあクローズな感じの演奏でしょうから特に告知はしませんです。

2013年11月16日 (土)

竹田和夫gさんとセッションライヴ

Flyer

11/10(日)郡山がくと館小ホールにて【KT'sセッション虎の穴】
元クリエイション・現在は米国西海岸を中心に活動中の名ギタリスト・竹田和夫gさんと地元精鋭ミウジシャンによるセッションライヴです。
主催の清水RYOさんよりお呼びがかかり、僕は吉田太陽bくんとコンビでリズムセクションを務めさせていただきました。

GreenJamHoneyChuoxYAMAIband の3バンドがオープニングアクトで演奏後、竹田さん登場。
【BLUESユニット】として
華ちゃんアントニオ杉岡清水RYOg,vo/阿部智吉b/ストーヴ吉成ds組と、
佐藤亮太アントニオ杉岡清水RYOg,vo/今井さん(fromYAMAIバンド)b/アッキーds,vo組が共演。
竹田さん流石に素晴らしくブルージーなギターワークです。一言でいうと、深い。
ギター陣はみんな巨匠を前にして珍しくガチガチにアガっておりますw。ステージを下りてくると口々に『・・・アタマん中が真っ白になったorz・・・・・』と言っております。

【JAZZユニット】として
鰆崎たまこ古川クミコvo/Dr.矢内菊地くん高橋DENくんg/長谷川くんb/佐藤眞治ds組
のあとオレの組も登場です。

Dr.矢内g/吉田太陽wb.eb/Aきやま@山猫軒dsに竹田さんgで3曲ほど。。
竹田さんといえばシブいヴォーカルも魅力ですが、1曲目の「Fly Me To The Moon」でvoを披露してくれました。
2、3曲目は「All Blues」「So What」
もう巨匠の胸を借りるつもりでガチですっ飛ばすしかないですね。
演奏中ふと前を見ると、いつもはクールなDr.矢内氏が眼を吊り上げて竹田さんにガチバトルを挑んでおります。これもなかなか見れる光景ではございません。大健闘です。竹田さんも「お、やるね!」って感じで応戦^^。
一緒に演奏させてもらうと解るんですが、やっぱりとにかく深い。
で、アタりが柔らかいけどストロング。
強靱なスポンジのように吸い出される感ハンパないです。

はい、燃え尽きましたですよワタクシ。上手い人には往々にして遭うけど、深い人にはなかなか遭えないのだなあと思いましたね。

竹田さんがサイン会されてる間に片付け~撤収し、堂前某所でウチアゲへ凸入。
日本広しと言えど、竹田さんにカラオケ唄わせちゃうウチアゲは郡山だけでしょうwww。(マネージャーのマット小西さんの『無法松の一生』も素晴らしかった!)
少し竹田さんとお話させていただいたんですが、気さくでジェントルなお人柄にも感動しました。
渡米して17年目とのことで、アメリカに渡った経緯や向こうでの音楽活動など興味深い話もいろいろしていただけました。
声を掛けてくださった清水さん、ありがとうございました。

しかし良く考えると、子供の頃客席から「うわーやっぱプロはスゲエなー」と憧れて観ていた人と共演できるというのも凄いというか有難い事です。

◆◆◆◆◆

Youmeus

実はこの日はネット上の姉と慕う尾道の毛糸姐さんの要請により、オレの分身としてシンバル1枚がはるばる広島まで渡っておりました。

GONGデヴィッド・アレンg,vo/ユミ・ハラkb/クリス・カトラーdsのyou me & usのライヴ用に貸し出されて、カトラー先生に精神注入ビシ叩きされていたわけです。

Youmeuscymbaltshrts_2

(楽器の指定がかなりピンポイントでシビアだったので、通常のライヴハウスには置いてなさそうな薄めのシンバルを送った)
旗本プログレ男のオレとしては、ヘンリー・カウのカトラー先生に楽器使ってもらうというのですからこれはもう一も二も無く喜んで貸し出しましたよ。
なんか音楽しぶとく続けててよかったなあ、と思った一日でした。
プチミラクル期って感じっすか~?

Youmeuscdr

カトラー先生に精神注入棒でしばかれたシンバル、お土産のサイン入りCD,Tシャツとともに無事返送されてきました^^。
あれ、オレの名前逆じゃんwwww。わははは。アレン爺さんらしいよなあwww。

真ん中にちっちゃくドラムの絵が描いてあるのがカトラー先生のサイン。それはもう華麗な蝶のように舞い蜂のように刺す神々しいドラミングだったそうです^^。

2013年11月13日 (水)

HICKSVILLE☆郡山初上陸☆ヒックスヴィル

ワタクシの企画ライヴではありませんが、古い音楽仲間が郡山に初上陸しますのでお知らせです!
その名も,
【HICKSVILLE】ヒックスヴィル。

Hicksvillesmall_2

メンバーは真城めぐみvo/木暮晋也g.vo/中森泰弘g,voの3人。
3人ともロッテンハッツを経てヒックスヴィルへ移行。実は昔、めぐみちゃんがやってたペイズリー・ブルーという3人組ガールズコーラスグループのバックをオレと中森さんでやってたのだ。木暮くんは中学高校と郡山育ち。田島くん(オリジナル・ラヴ)と同級生です。

真城めぐみ⇒絢香からオザケン、オリジナル・ラブにウルフルズにスピッツ堂島孝平レキシHitomiコレクターズと枚挙に暇がないほどコーラスで引っ張りだこ。

木暮晋也⇒オザケンからオリジナル・ラブ、かせきさいだあ、アン・サリー、フィッシュマンズまで弾き倒す。フィッシュマンズの名盤「空中キャンプ」のgも彼。

中森泰弘
⇒キリンジや櫛引彩香、東川亜希子、高杉さとみ等のレコーディングやライブに参加。
と、各自が他のアーティストのサポートやプロデュースでも多忙なのでなかなかヒックスヴィルとしての活動が滞りがちですが、ベストアルバム『SONG RECYCLE』が出たこともあり、今年の彼らはいつになく精力的に全国各地を回っております。

11月24日(日曜)郡山ラストワルツでライヴがあります。(open17:00/start18:00)
前3500/当4000(1DRINK別)

ご予約は→ http://hicksville-web.com/live.html をご参照ください。
もしくはワタクシにメッセでも可です。

2013年11月 3日 (日)

VIVA!ひとりソウル

10/31日(木)旧友・田島貴男(オリジナル・ラブ)ひとりソウルツアー@郡山HIPSHOTでした。

5月の弾き語りカフェツアー@郡山ラストワルツにつづいての来郡。
去年の仙台ひとりソウルは行けなかったので2年ぶりのひとりソウルです。
田島君一人で演るのは同じなんですが、弾き語りツアーと違うのは、ルーパーやエフェクトを駆使してその場でトラックを組みながら演奏する形態であること。
観てる方は「ほ~~」って感じですが、コレを唄いながらやるのは実は物凄い集中力がいるはずです。スイッチ踏み間違えたらアウトですからね。ツアー前は1か月くらいスタジオに籠ってずーっと練習してるらしいです。

演奏は言わずもがなの強力なものでした。熱い!ニューアルバム「エレクトリックセクシー」の曲も、ライヴでアコギとループを使って演奏するとオーガニックディスコといった趣で、その意図がとてもよくわかる。
なんだけど、機械が壊れれば唄力でねじ伏せちゃう余裕もあるし、やっぱり彼の魅力はループからハミ出すパッションというか頭でっかちに成りすぎない肉体性にこそある。

次は1日空けて福島C-MOONなので、珍しくウチアゲを。

街は平日なのにやたら仮装した若者がいるなと思ったら、ハロウィンなんだな。ウチアゲ会場に行くのに陣屋(郡山の銀座wと言われる呑み屋街)を歩いていたら、呼び込みのお兄さんが、
『どうすか、おっぱいパブ!もみ放題ですよ!』
一瞬心が動いた。「もみ放題」www。ひとモミ幾らなのかソレw。
さらに歩くと今度は熟女パブの前でも
『どうですか、いい熟女いっぱいいますよ!』
と声掛けられたが、そっちは
『あ、熟女なら家にもいるんでww』と華麗にスルーしてウチアゲへ。

田島君、マネージャーCさんスタッフSさんにオレとセキーネ幽鬼g。深夜のバーでライ・クーダーについて熱く語り合う中年男5人w。20年以上前のウチアゲと全然変わらないぢゃないかソレw。
やっぱり音楽バカだオレ達。

Electricsexyjacket

次回は3/12(水)に同じくヒップショットで弾き語りツアーです!

◆◆◆◆◆

ニューアルバム『エレクトリックセクシー』も好評発売中です。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »