フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« HICKSVILLE☆郡山初上陸☆ヒックスヴィル | トップページ | 冬の稲妻 »

2013年11月16日 (土)

竹田和夫gさんとセッションライヴ

Flyer

11/10(日)郡山がくと館小ホールにて【KT'sセッション虎の穴】
元クリエイション・現在は米国西海岸を中心に活動中の名ギタリスト・竹田和夫gさんと地元精鋭ミウジシャンによるセッションライヴです。
主催の清水RYOさんよりお呼びがかかり、僕は吉田太陽bくんとコンビでリズムセクションを務めさせていただきました。

GreenJamHoneyChuoxYAMAIband の3バンドがオープニングアクトで演奏後、竹田さん登場。
【BLUESユニット】として
華ちゃんアントニオ杉岡清水RYOg,vo/阿部智吉b/ストーヴ吉成ds組と、
佐藤亮太アントニオ杉岡清水RYOg,vo/今井さん(fromYAMAIバンド)b/アッキーds,vo組が共演。
竹田さん流石に素晴らしくブルージーなギターワークです。一言でいうと、深い。
ギター陣はみんな巨匠を前にして珍しくガチガチにアガっておりますw。ステージを下りてくると口々に『・・・アタマん中が真っ白になったorz・・・・・』と言っております。

【JAZZユニット】として
鰆崎たまこ古川クミコvo/Dr.矢内菊地くん高橋DENくんg/長谷川くんb/佐藤眞治ds組
のあとオレの組も登場です。

Dr.矢内g/吉田太陽wb.eb/Aきやま@山猫軒dsに竹田さんgで3曲ほど。。
竹田さんといえばシブいヴォーカルも魅力ですが、1曲目の「Fly Me To The Moon」でvoを披露してくれました。
2、3曲目は「All Blues」「So What」
もう巨匠の胸を借りるつもりでガチですっ飛ばすしかないですね。
演奏中ふと前を見ると、いつもはクールなDr.矢内氏が眼を吊り上げて竹田さんにガチバトルを挑んでおります。これもなかなか見れる光景ではございません。大健闘です。竹田さんも「お、やるね!」って感じで応戦^^。
一緒に演奏させてもらうと解るんですが、やっぱりとにかく深い。
で、アタりが柔らかいけどストロング。
強靱なスポンジのように吸い出される感ハンパないです。

はい、燃え尽きましたですよワタクシ。上手い人には往々にして遭うけど、深い人にはなかなか遭えないのだなあと思いましたね。

竹田さんがサイン会されてる間に片付け~撤収し、堂前某所でウチアゲへ凸入。
日本広しと言えど、竹田さんにカラオケ唄わせちゃうウチアゲは郡山だけでしょうwww。(マネージャーのマット小西さんの『無法松の一生』も素晴らしかった!)
少し竹田さんとお話させていただいたんですが、気さくでジェントルなお人柄にも感動しました。
渡米して17年目とのことで、アメリカに渡った経緯や向こうでの音楽活動など興味深い話もいろいろしていただけました。
声を掛けてくださった清水さん、ありがとうございました。

しかし良く考えると、子供の頃客席から「うわーやっぱプロはスゲエなー」と憧れて観ていた人と共演できるというのも凄いというか有難い事です。

◆◆◆◆◆

Youmeus

実はこの日はネット上の姉と慕う尾道の毛糸姐さんの要請により、オレの分身としてシンバル1枚がはるばる広島まで渡っておりました。

GONGデヴィッド・アレンg,vo/ユミ・ハラkb/クリス・カトラーdsのyou me & usのライヴ用に貸し出されて、カトラー先生に精神注入ビシ叩きされていたわけです。

Youmeuscymbaltshrts_2

(楽器の指定がかなりピンポイントでシビアだったので、通常のライヴハウスには置いてなさそうな薄めのシンバルを送った)
旗本プログレ男のオレとしては、ヘンリー・カウのカトラー先生に楽器使ってもらうというのですからこれはもう一も二も無く喜んで貸し出しましたよ。
なんか音楽しぶとく続けててよかったなあ、と思った一日でした。
プチミラクル期って感じっすか~?

Youmeuscdr

カトラー先生に精神注入棒でしばかれたシンバル、お土産のサイン入りCD,Tシャツとともに無事返送されてきました^^。
あれ、オレの名前逆じゃんwwww。わははは。アレン爺さんらしいよなあwww。

真ん中にちっちゃくドラムの絵が描いてあるのがカトラー先生のサイン。それはもう華麗な蝶のように舞い蜂のように刺す神々しいドラミングだったそうです^^。

« HICKSVILLE☆郡山初上陸☆ヒックスヴィル | トップページ | 冬の稲妻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/53944830

この記事へのトラックバック一覧です: 竹田和夫gさんとセッションライヴ:

« HICKSVILLE☆郡山初上陸☆ヒックスヴィル | トップページ | 冬の稲妻 »