フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 春だロックだKMCだ。4/20(日)KMC@郡山市民文化センター | トップページ | After30years!【ブラジル音楽 ショーロの夕べ】 »

2014年4月26日 (土)

【完了】ROCK CELEBRATION2014@郡山市民文化センター

186360_2067466205_82large

4/20(日)のKMC presentsROCK CELEBRATION2014@郡山市民文化センターも無事終了しますた。

観客の皆様・出演者およびスタッフの皆さんお手伝いに来てくれた皆さんありがとうございました。もちろん事務局の皆さんも。
久々に朝から集まって搬入から撤収までやる手弁当でつくるイベント。疲れましたがこういうのはやっぱり良いですね。

出場バンドもそれぞれ頑張って演奏。

8377036_2067206196_48large

あっしはM.J.L.A(和音モアvo/矢吹ジョーg/れのんb/Aきやま@山猫軒ds) で登場。
出番前に他バンドの出音をチェックしていたら、どうもキット内のバランスが悪いのと、キック・スネアともに前に出ていな い。ある程度中音で成り立たせないとキツいかなと思い、基本ブッ叩き系で行ってみた。力んで崩れた部分も多々あるが、撮ってもらった動画見る限りではなん とか成り立っていたか?

20140420_091950

今回はドラムセットが三瓶くん@DeadFlowersのDWのセット。BD24インチに12”、14”タム+16”フロア
24のBDなんて踏むの20数年ぶりだし、体格的にも24BDに2タムは無理なので12だけ付けて3点で行くしかないかと想定してリハでもそのようにセッティングして準備はしていた。実際にはメッチャ鳴りの良いセットでリキまずとも気持ち良く演奏できたので良かった。(とはいえ、実際は結構リキんだがwww。)
でも24インチってじつは結構小回りも利くんではという感触が掴めた。タムが小さければこれはこれでアリだなと。しかしDW(90年代のもの)のBD、重量が軽い。オレの20”よりも軽い。鳴りの良さはシェルの薄さから来てるのだろうけどそれだけではなく、ちゃんと現代的なエッジというかガッツもあってオールマイティに使える質の高いタイコですな。使ってみると、売れた理由が解ります。

地元精鋭バンドの後、ゲストバンド2組。
NOVELA2014
五十嵐“Angie.”久勝 vo永川トシオ Kb.
のオリジナルメンバーお二方に加え、
日下部“BURNY”正則g.(Nuovo Immigrato、ABTRA、ex.スナイパー、吉井和哉サポート)
寺沢功一 B.(ex.BLIZARD、SLY、RIDER CHIPS)
山口“PON”昌人 Ds.(稲葉浩志、B’zサポート、BLIND BIRD、MADAM REY)
という特別編成。

4337798_2067359127_142large

リハから観せていただきましたが、流石にスゲー。
山口“PON”昌人さんのドラムセットはNATAL社(モニターらしいです)のツーバスフルセット持込み。ブビンガ材のようで、ハイピッチでもドスの効いた良い音。スネアだけラディック#402。本番もそれはそれは素晴らしい、まさに圧巻の演奏でした。心の底から素晴らしいと思えたステージでしたよ。
観に来てくれた友人(あまりメタルもプログレも詳しくない)も感動して涙ぐんでました。

続いてトリは
尼ヘイレン(VANHALEN tribute)◆
へ~さんvo /吉永"GOKI"訓春 g/チャン・ハマー b/ヘムkb/ ☆TOBBY☆ ds。
こちらも歴戦の勇者揃いのハッピーなステージ。
voへ~さんのキラキラ感凄い。たぶん同じくらいの歳だろうと思うのだが。。。
A・V・ヘイレンが憑依したごとき剛腕男汁ドラマー・TOBBYさんのドラミングもサイコーでした。しかし何と言ってもベースのチャン・ハマー氏の爬虫類のような独特のステージアクションに目を奪われました(しかも演奏もバリうまい)。
大盛り上がりでコンサート終了。

NOVELA2014尼ヘイレンの皆さんには超絶素晴らしい演奏だけでなく、
「プロとしての誇り」「音楽人として一番輝ける場所(ステージ)の大事さ」
を教えてもらった気がします。
技術的な事だけでなく、姿勢や気合い、ステージング諸々全てにおいてですが、もうね、あそこまで格の違いというものを見せつけてもらえると爽快ですらあります。
みんなすごい刺激になったと思いますよ。
んで、われわれアマがプロに負けないものといえばやっぱり「情熱」しかないんですよ。
それに応えて地元だけでなく遠方からも参戦してくださる方がいるわけですから、今後とも盛り上げていきたいです。

« 春だロックだKMCだ。4/20(日)KMC@郡山市民文化センター | トップページ | After30years!【ブラジル音楽 ショーロの夕べ】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/55986449

この記事へのトラックバック一覧です: 【完了】ROCK CELEBRATION2014@郡山市民文化センター:

« 春だロックだKMCだ。4/20(日)KMC@郡山市民文化センター | トップページ | After30years!【ブラジル音楽 ショーロの夕べ】 »