フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【完了】ROCK CELEBRATION2014@郡山市民文化センター | トップページ | 和歌山へパンダを見に行く。 »

2014年5月 9日 (金)

After30years!【ブラジル音楽 ショーロの夕べ】

Shoro

ある日、新聞を読んでいたら郡山市の音楽イベントで【ブラジル音楽 ショーロの夕べ】というのが開催されるのがたまたま目に留まった。
記事を読むと、メンバーの名前に記憶が?
もしやと思い、ググって連絡を取ってみたらやはりその方。

30年前。。
法大作詞作曲同好会で組んでいたバンド・DIETS。(濱口g/内田kb/高橋Fl/後藤b/オレds)
わりとアブストラクトなフリーがかったジャズロック的な事をやっていたのだが(なんせメインコンポーザーがオレw)、管楽器が欲しいということで濱口くんが連れてきたのが、高知で彼の同級生だった早稲田のフルーティスト高橋さっちん。
で、こっちを手伝う代わりに早稲田のラテンアメリカ協会(ラテン研ですね。以下LA協と略)のほうでも手伝ってくんないかという事で、たまに遊びに行っていたわけです。
(このクラブはラテン界でも名門で、ショーロクラブの笹子重治gさんなんかもここの出身。percの岡部洋一さんもそうじゃなかったかな?)
80年代初頭当時はラテンというジャンルもどマイナーで、オルケスタ・デ・ラ・ルスが売れるあたりまでは一般世間的には「マニアの聴くもの」って感じだったと思います。
レコードもWAVEや専門店にしか置いて無くてめっちゃ高価かった。

僕も松岡直也やアジムスなんかのラテン系フュージョンくらいは聴いてましたが、リズムの構造的なことだとか成り立ちなんかは全然わかっていませんでしたね。インタ-ネットもない時代でしたからねえ。

その頃さっちんと共にラテンの手ほどきをしてくれたのが、
今回パンデイロで来郡の西村誠センパイ。

酔っぱらって泊めてもらった翌日、西村さんがいろんなラテンのレコード聴かせてくれてクラーベから始まって様々なリズムの解説してくれたり歌まで唄ってくれたりした。
『この人ホントにラテン好きなんだな~』と思いましたよ。
西村先輩は僕をラテンに引き込もうと洗脳していたんだよ~とのことですがw。
その時にガリ版刷りのLA協の小冊子もいただいた。この小冊子がまたラテン音楽やリズムの成り立ちから詳しく説明してある手引書で後々までとても参考にしていました。
その当時は解らなかったのですが後になってからここで教えてもらった事がめちゃくちゃ役に立ちました。
バンド以外にも仕事的な演奏もするようになって、ラテンの端っこだけでも理解してるのはリズムのニュアンスを掴むのにめちゃくちゃ役立ったんですねえ~。

ちょっと前のブログ記事で、
『いまも自分が続けてられるのはそういう人に若い頃に何人も巡り合ってるからなんだよね。』
と書きましたが、西村さんもその一人であります。ひそかに足を向けて寝られなかったりします。
ということで行ってきました。

Shoro2_2

【ブラジル音楽 ショーロの夕べ】@郡山市公会堂。
出演は Conjunto FOCO(コンジュント・フォコ)
メンバーは
齋藤彰子cl/寺前浩之bandolim/尾花毅7stGuitar田崎陽子Cavaquinho/西村誠pandeiro の5人。
西村さんは僕が出会った当時既にショーロクラブの笹子さんgのグループにパンデイロで参加していたりと、日本のショーロパンデイロ奏者としては草分け的存在です。
現在は東京を中心に各地でショーロのライブ活動を行うほか、首都圏のホーダ・ジ・ショーロ(ショーロのジャムセッション)の中心的役割を果たしている重鎮になってたんですね~。
他のメンバー諸氏もその世界では名の知れた奏者ばかり。今回のコンサートは、クラリネットの齋藤さんが郡山出身ということで実現したようです。
現場に付いてみると、ブラジル好きの盟友まゆちゃんkbや先輩ドラマー佐久間さんds、vo,gの伊東和哉くん、gの中條君など知り合いも多数。和哉くんはクラリネットの齋藤さんと知り合いだそうで、世間めっちゃ狭いです^^。

Shoro3_2

ショーロに関してはこの辺を参考にしてもらうとして、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%AD
http://www.fonfon.jp/index.php?history

実際に演奏を聴いていると、土着的というよりはむしろある意味洗練された音楽であることがわかります。
成り立ちからして、ポルトガル経由で入ってきたヨーロッパのサロン音楽とブラジル土着のリズムが組み合わさって形成された音楽で、どことなく"楽しい室内楽"の雰囲気も。
歴史や楽器についても解説しながらコンサートが進んでいきます。
演奏も最前列で堪能させていただきました。西村さんも流石のパンデイロでした^^。

Shoronishiaki

終演後、西村さんと30年ぶりの再会を果たす。
タイムスリップしてお互いおぢさんになってますが30年経ってても音楽で繋がれるのって嬉しいことだなあ。

秋にはまた来郡の予定ありとのことで楽しみです^^。



« 【完了】ROCK CELEBRATION2014@郡山市民文化センター | トップページ | 和歌山へパンダを見に行く。 »

コメント

いやー
ありがとうございます。
30年の月日が私たちをおぢさんに変えましたが、再会出来て嬉しかったです。
10月にまた郡山にお伺いしたいと思っております。

西村さん>
コメありがとうございます。
パンデイロ見事な演奏でしたよ!
次回はお酒のめるといいですね^^。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/55988645

この記事へのトラックバック一覧です: After30years!【ブラジル音楽 ショーロの夕べ】:

« 【完了】ROCK CELEBRATION2014@郡山市民文化センター | トップページ | 和歌山へパンダを見に行く。 »