フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 22インチバスドラの塗替え。やっと手を付け始めました。 | トップページ | ドラム教室の発表会。 »

2014年6月26日 (木)

【30年前の練習ノートより】①

6月のドラム講師代講も昨日で完了。あとは発表会を残すのみ〜。楽しみ。
6月はシマーダ君がNGで、日曜もやるはめに。
いやーこれはキツかった。マンツーマンで14~5人とか一日にレッスンすると流石にヘロヘロになります。
入院長引いていたドラムブラザー某君もそろそろ退院できそうです^^。

20140626_080510

教える立場ってのに立ってみると、自分にフィードバックされることって多いんですよ。長くやっていると忘れがちなドラム始めたころの気持ちを思い出せたりね。
基礎の基礎をやってなくてパターンに行ってつまづいてる子も多かったんで、曲のレッスンと並行してちょっとづつ基礎打ちの大事さを説いてます。
何人かいる初心者の生徒さんも、パターンを叩く以前のトコでつまづいてるんで、
「オレ始めた頃はどんな練習してたっけな?」と、昔の練習ノートを引っぱり出してみました。18歳頃の自分が必死になって書いてた手書きの練習パターン。懐かしい~。
しばらくその中からいくつか紹介していきましょうかね。

まず1発目は、 【8ビートで足を入れると手がつられて乱れる】
って初心者が誰でも通る症状の改善に劇的な効果があったエクササイズ。

右手でハイハット、右足バスドラ。(左手はとりあえず考えなくてよいです。出来る人は2拍4拍でバックビート入れてください。)
手はハイハット8分ベタ打ち。足だけ変化させます。
(1段目)ドンドンドンドン ドンドンドンドン~
(2段目)ドドドドドドドド   ドドドドドドドド~
(3段目)ントントントント ントントントント~
3段目まで行ったら1段目に戻るのを延々繰り返す。

Bd8beatyobiren1s_2

はい、3分とか5分コレを延々続けてみてください。メトロノームがあればそれに合わせて。なければ何かテンポが一定の曲に合わせて。
ハイハットとバスドラムの位置は必ずビチッと重なります。ここ重要。
特に2段目はHHとBDが全く同じ動きになります。

んで、これやった後にいろんな8ビートのパターンやってみてください。
どーですか?
足の自由度が増していろんなフレーズ叩きやすくなってると思います。
足に手がつられるのも改善されてることでしょう。

初心者の生徒さん何人かにやらせたら、すぐに壁を越えられた。
必ず3段目まで行ったら1段目に戻って繰り返すのがキモです。(余裕のある人は右手を左手に替えてもやってみましょう。叩くのはハイハットでよろし。)
単純に8ビートで入るアクセントの位置を全部網羅してるだけの話なんで、こういうのは機械的に身体に入れちゃえば、あとは考えなくてもできるようになってくるわけです^^。
「考えなくてもできる」ようになった先にはもっと楽しい世界が待っているワケですよ。
がんばれ初心者!

★追伸

それでね、このエクササイズですが、①右手8分と左手 とか ②右手8分と左足 とか ③左足HHで8分と右足BD とか ④左手8分HHで右足BD とか ⑤左手8分HHと右手 とか、いろいろ応用できます。ぜひチャレンジしてみてください。

« 22インチバスドラの塗替え。やっと手を付け始めました。 | トップページ | ドラム教室の発表会。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/56612575

この記事へのトラックバック一覧です: 【30年前の練習ノートより】①:

« 22インチバスドラの塗替え。やっと手を付け始めました。 | トップページ | ドラム教室の発表会。 »