フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【30年前の練習ノートより】① | トップページ | ちょっと充電。 »

2014年7月 1日 (火)

ドラム教室の発表会。

6/29(日)HipShotJapanに於いて十字屋楽器音楽教室の発表会が行われました。

Jyuujiyahappyoukai_3

ご来場のみなさま誠にありがとうございましたm(_)m。
杉山社長はじめ十字屋楽器のみなさん、HipShot前田さん渡辺さん、各科生徒の皆さんもお疲れさまでした。
Vocal科クミコ先生、ギター科中條先生、子育て期間で教室お休み中にもかかわらず3曲伴奏引き受けてくれた新田くんdsにも感謝です。
今回の中條くんは八面六臂というか、唄うわギター弾くわウクレレ弾くわベース弾くわとそれだけでも大変なのに、野球部の子が試合で発表会出れなくなって急遽1曲だけドラム叩くという、まさに「お蔵出し!中條くん感謝祭」状態www。いやーお疲れでした~。

Ittetu

しっかし自分の演奏はともかく、生徒さんで不安のある子が終わるまではヒヤヒヤもんだよね。アヤしいところがキマるとステージ袖で『ウッシャァァァ!』とかガッツポーズしてるわけですw。もうね、気分は星一徹ですよ。
この教室の場合、各科で普段のレッスンはCDなどに合わせて練習してて、本番前日の他パート楽器と初顔合わせリハ1回でやるので相当プレッシャーもあるんですが、なんとかみんな上手くいって良かった~!

◆◆◆◆◆
ちょっと講評的なこともひとこと。
ドラムブラザー・イサム君が入院という事で5月6月とドラム教室をお預かりしたわけですが、僕にとっても自分にフィードバックされることのとても多い2ヶ月でした。
やはり発表会やライヴなど、ステージに立ってお客さんの前で演奏するのはいつものレッスンやリハとは違った緊張感があるものです。
実際のステージでは平常心と緊張感をバランスよく保って演奏しなければならないのが一番難しいところかもしれませんね。
いちどライヴで演奏した曲は確実にカラダに入ります。
10回の練習よりも1回のライヴのほうが実になるところは大きいかもしれません。
DVDなどで自分の演奏を客観的に聴いてみると、それはもう落ち込むかもしれませんが、そこにはもう一段上にステップアップするヒントがたくさん転がっているはずですよ!
くじけずあせらず、次回の発表会に向けて着実な練習を積んでいきましょう。

◆◆◆◆◆
僕もG/B/Vo科の生徒さんの伴奏で5曲ほど叩きました。
ヘビーローテーション』(AKB48)、『GoodTimes』(CHIC)、『天国への階段』(LedZeppelin)、『パイプライン』、『京都の恋』(ベンチャーズ)。

Premierpiccoloanddw1_2

今回は自分のスネア2台持ち込んで、同じスネアでもちょっとミュート変えただけでもこの位音変えられるんだよ、ってあたりも実演してみたんですが、気付いた生徒さんいたかな?まあ自己満足っちゃ自己満足なんですが、音から『その気』にならないとアカン性分なんですわw。
具体的には、AKBとベンチャーズはプレミアのアルミ胴ピッコロでドライな音に。ミュートはAKBは細目のリングミュート、ベンチャーズはノーミュートでレギュラーグリップで。
CHICはDWのメイプルに太めのリングミュートがっつり掛けてぶっとい80’sディスコサウンドに。ツェッペリンはDWにガムテ―プ丸めたタバコミュート一個でいってみました。
手元で出てる音はかなり変えられたと思うのですが。。。。如何せん、自分の音を客席で聴くことはできない楽器ですからね。でもね、やっぱり音色によって出てくるフレーズって変わるのよ。それは久々に実感しましたねえ~。

« 【30年前の練習ノートより】① | トップページ | ちょっと充電。 »

コメント

2ヶ月の間大変お世話になりました。ドラムに対して、そして生徒さん達に対しての真摯な姿勢には頭が下がります。今まで惰性でやって来た自分は反省しきりです。数十年間自分はいったい何をやってきたんでしょうねぇ。Aきやま先生のたった2ヶ月で自分の数十年を軽く超えられたように思います。Aきやま先生に感化された生徒さんも多数いらしたんじゃないでしょうか。このままずっと続けていただけるのもアリで...

ドラムブラザー・イサムくん>
退院おめでとう~。
発表会、大変だったけど楽しみました。初めて人前で演奏する生徒さんも何人かいたけど、ここでズッコケてドラム自体が嫌になっちゃうってことがないように、なんとか形にはできたかなと思います。
ドラムって、確かにパターンを置いていくだけでも曲としては成立するんだけどさ、それだけだとホントに「置いてあるだけ」になっちゃう。そこを如何に「音楽的に」演奏するか、を教えられればなとは思うなあ~。
引継ぎその他あるんで、来週会った時に詳しいことはいろいろ・・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/56667287

この記事へのトラックバック一覧です: ドラム教室の発表会。:

« 【30年前の練習ノートより】① | トップページ | ちょっと充電。 »