フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月22日 (水)

10/19(日)今年は晴れた!【いわき街なかコンサート2014】

10/19(日)に昨年に引き続きM.J.L.Aいわき街なかコンサートに参加しました。
昨年はねえ~。小雨の中ワレワレはなんとか演奏完遂したものの、その後すんげ~土砂降りで中止。
今年は打って変わって雲一つない晴天sun
これで雨降ったら、誰か雨女とか雨男がメンバーにいるとしか思えんw。

去年はお昼頃に駅前のメインステージでの演奏でしたが、今年は大会本部近くの坂本紙店前ステージでの演奏です。
会場に到着してステージ状況をチェックしたところ、ほぼ生音勝負な状況と判断。ギターアンプも念のため車に積んで来てたので持ち込む。
使い回しのドラムセットはYAMAHAのYD9000のスクエアサイズの深胴。まあ問題なかろうということでサクッとタムの左右を入替えた程度で。実は朝までいつものプレミアのアルミピッコロスネアで行こうと思っていたのだが、なんとなく悪い予感がして、Paerlの70’sブラススネア5インチにスイッチしたのだ。結果はパールに替えといて良かった。
客席には、ぱんだ君、コロニー松井くん、シゲナリ@陽妙座くんの姿も。(↓Photo by ぱんだ君)

25453186_crop

1曲目が始まってすぐバスドラが前にずれるのに気付き、「なんか重しにできるモンねえかな~~。」と見回しながら挙動不審に演奏。PAスピーカー近くに転倒防止のウェイトが何個か置いてあるのを見つけ、1曲目終わると同時にプンスカしながら勝手に持ってきてズレないようにバスドラにかまして、メゲずに全7曲完遂。
シゲナリ君に僕のデジ亀で動画録ってもらったんですが、出音のバランスは良かった。
後にガラスというか壁があるのも勝因だったかねえ。スネアの音もかなり良く出てた。差し替えて正解でした。ピッコロだったらカンカン言ってるだけだったかも。
やはり天気の良い野外ステージはええのう^^。アウェイではありますが、演奏始まったらお客さんも結構集まってくれていい感じに演奏できました。

35175622_2113784138_246large

終演後、駅前メインステージに移動して八神純子のステージを観戦。すげー人だかり!オレの身長では全然見えません(泣)。
♪あぁ~みずいろのあめぇ~♪を始めとしてヒット曲オンパレード。
そりゃ本物だから当然ですが、全曲【ワシが八神じゃいコラ!文句あっか!】とハンコ押してるみたいだったw。素晴らしい歌声。バックはkbとgとウチコミのリズムセクションでしたが、若いギターの人も素晴らしかったな~。

Rep8063043

小腹が空いたのでワレワレ、ぱんだ君シゲナリ君でラトブ裏の喫茶店ブレイクに入る。いやー、ここは良いですよ。トースト&サンド系も充実。てかハーフで充分以上の量。僕はサンドでなくリンゴのタルトをいただきましたが、これも美味い。深煎りのコーヒーも美味かった。これからはいわきに行ったらブレイク!と決めました。

そしてイベントの締めはライヴハウスSONICでぱんだ君voがサポート参加のラウドネスのコピバンMilkyWay観戦。
サポートなのにぱんだ君が引っ張ってるようなwww。後で聞いたら張り切りすぎてステージ上で酸欠になりかかったらしい。倒れないでよかった。
これがホントにイベントのオーラス。ぱんだ君に別れを告げて一路郡山へ戻ります。
去年と打って変わって天候に恵まれたGOODイベントでした。来年も来るぞ!

2014年10月21日 (火)

【30年前の練習ノートより】②

ま~しかし、ムスメ1号も大学受験ですよ。
とりあえず東京に行きたいみたいでさ、「だったらもうちょい気合い入れて勉強しろやコラ!『四当五落』って言葉知ってんのかオマエは?」と小一時間ネチネチと説教したいところだが、そう言うオレも『俺らぁ東京さ行ってバンドやるだ。』と東京の大学ならどこでもいいと思ってたクチだから説教する資格ないよなあw。
で、合格して上京したら当然バンド三昧ですよ。掛け持ちしすぎて麻雀覚えるヒマすらなかったそんな頃、良く練習してたネタをちょっとご紹介。

よく16ビート系の曲なんかで、ハイハットをチキチキ刻むのあるでしょう。
あれのバリエーションでさらに刻みを倍に、つまり32分音符を散りばめてさらに細かく刻むのも聴いたことあると思います。
さらに、16分で4連で刻んでる中に6連を入れて緊張感出したり。

464_2

譜例としてはこんな感じで、これらをランダムに散りばめてソコハカとなく緊張感のカモシカを出すわけです。ほんで、この3つ目の6連符ですが、手順的には
オルタネートで【RLRLRL~~】と行ったり、

6rennalt

3連符のダブルストロークと考えて【RRLLRR/LLRRLL】

6rennwstroke

とやるのも良いですが、意外と【RLLRRL】って手順で演奏すると、音符の頭で手が入れ替わらないのでスピードアップしやすいです。最初の4連~部分32分音符~6連って譜例もこんな感じの手順で連続して。

464crop

この手順で最初のRをフロアタム、最後のLをタムに持ってって他はスネア、にする。このフレーズって無意識のうちにやってないですか?フィルインの定番的なフレーズ&手順ですね。スティーヴ・ガッド大先生や神保さんの速い6連タム廻しもこの手順が多いですね。
で、この6連の手順で、アタマをフラムにしてみます。とりあえずスネア上でやってみましょう。

Flama

これはムズいっちゃあムズいけど、まあなんとか出来るかな。フラムの前打音の左手と本打音の右手との間隔がバラバラにならないように気を付けて。スネア上でやってる限りはスピードもそこそこに上げられる。んですが、
さらに、最初のRをフロアタム、最後のLをタムに持ってって、他の音符と装飾音lはスネア、にする。

Flamb_2

最後のタムのLと次のフラム前打音のlが移動付きで連続するのがキモ。
これはなかなかに死ねるフレーズでごぜえやすw。
レギュラーでもキツいけど、マッチドだとさらにキツいはず。 レギュラーだと薬指で跳ね上げる動きができるので、その間にスネアに移動できますからね。僕は基本レギュラーですが、それでもゆっくりしかできませんね~。これもいい加減になりがちなフラムの前打音の左手と本打音の右手との間隔のチェックに役立つフレーズです。
ウォーミングアップには持ってこいですが、何も考えずに実戦で繰り出せるまでは相当時間かかりそうです(泣)。

2014年10月13日 (月)

秋のライヴのお知らせ。

ライヴのお知らせです。
10/19(日)M.J.L.Aいわき街なかコンサートに出ます。

50844332_2108929658_200large_3

pm2:00~ 坂本紙店前ステージでの演奏になります。

場所はいわき駅前大通りの七十七銀行のところの四つ角を西に曲がり、まっすぐ西に進んだ秋田銀行の隣です。
地図の②の場所です↓

Iwakimachinakamap

僕らの出る坂本紙店前ステージのタイムテーブル。
http://www.iwaki-machicon.com/time01.html
パンフレットは現地でも配ってますが、こちらでダウンロードできます。
http://www.iwaki-machicon.com/panfu2.html

◆◆◆

M.J.L.Aではもうひとつ、11月に一個ライヴあるかも。これも詳細決まり次第お知らせします~。

2014年10月12日 (日)

セット内での移動とレディポジション。

色々と練習してて思ったのだが、セットドラミング上でのレディポジションって、いわゆるバスドラ・スネア・ハイハットの3点を刻むってとこから離れたほうが良いような気がするなあ。特にオレのようなバラマキ系のドラマー。
というか、空中でのレディポジション?というか、ヒジと上腕の動きですべてのパーツをカバーできる位置があるんだな、という方法論に気付きつつある。。
ただ、コレはアタマで解ってても身体が解らないと実際のプレイに生かせない。
今回は身体の方が先に理解してる感じで、後付けで考えて書いているもんで、まとまらなくてスンマセン。多分ドラマー以外の人にはチンプンカンプンな話でしょう。(と言うか、ドラマーでも大部分の人には理解されないかも。)

というのも、あるドラマーの動画を見ていて、
「なんでこの人、身体も小さいのにこんなに遠いセッティングにわざわざしてるのかな?」
と思ったのが発端。その人の師匠筋の人も同じようなセッティング。
試しに自分でもタムを遠くしてシンバルも離しで演奏してみた。
腕がある程度伸びた状態で移動するので大変、かと思いきや。腕が伸びた状態であれば逆に身体からの距離をある意味一定に保てるので、タム廻しなんかは意外と速く出来てミスショットも少ない。シンバルも遠いけど、リバウンドを生かせてれば全然ラクに出来る。
で、こんな事をやっているうちに、上記のようなことを身体の方が理解しちゃったわけです。

3D的な移動と言うかね。

トップCym−スネア―FTとかクラッシュCym−タムーHHとか、
3角形での水平&垂直移動で考えていく。いろんな三角形を空中に描いてく、って感じかな。

Stickmove3kaku

その際はリラックスして構えてスティック先端がトップCymのエッジに触れるような位置がレディポジションになるのかな。僕はちょっとシンバル上げ目にしてるのでそういうレディポジションになるけど、普通のトップCymの位置の人はタムを叩く直前のネコ手になってる位置辺りがレディポジションになるんかな。
すると、肘を支点とした前腕の動き(回転含む)でほぼすべてのパーツをフォローできるかな。
ショット後にリバウンドを拾えば、その時点ですでに腕が上がっているので、次に狙うパーツのとこへ落とすだけでよいわけで。

生徒さんでもセット内での移動を平行移動でしか考えてない人が殆どなので、とりあえず平行にタカタカドコドコドロロロジャーン!って意識を捨てるのが大事かも。

ちょっと個人練習にスタジオに入ってチェックがてら動画を撮ってみた。
いろいろ考えながらやってるのでカスったりしてますがw。
ど頭のリバウンドを拾う動作も肝心。ハラは見ないことにしてください(泣)。
とりあえずトップシンバル上げ目でやってみたんですが、やってみたらシンバル低くてもリバウンドが拾えてればイケる感じです。


こんなのもやってみた。片手づつ練習してから両手でやると楽に速く叩ける。
僕はレギュラーグリップの方が得意なんで、左手マッチドグリップだとここまで動かせません。

いや~、こういうの考えてる時がいちばん楽しいねえw。オレ、自分で自分を偉いと思うのは、『自分は天才じゃない』ってちゃんと知ってることだと思うなあ。

2014年10月 2日 (木)

9月のライヴ。

あひゃー、あっという間に9月が終わってしまった(・。・;)・・・・・・。
9月はライヴ3本ほど。

■■■■■
まず9/14(日)、
KMC伝説@#9
通常のKMCとは違ってHM&HR縛りが無いので参加です。
僕の表明曲でロンしたのがQUEEN『ボヘミアン・ラプソディ』のみ。BayCityRollersの『サタデイナイト』はロン間近だったのだが、ギターだけやるって人がいなくてボツ。まあ、ギター的には美味しい曲じゃないもんな~。で、H本さん表明のCHAR『気絶するほど悩ましい』に乗っかりました。計2曲の演奏です。
『ボヘミアン・ラプソディ』はオレds、ジュカさんvo、れのんさんbに東京からの杏奈さんkb、そして超絶ギタリストSeguinolさんgにモアちゃん+馬場さんchoで。
いやあやはり難曲でした。

Moakmcdensetu2014sept

リアルタイムで聴いてた曲なので普通に頭に入ってると思ってたんですが、実際コピーしてみると「えー、なんでココ2拍余ってんだ?」とかいろいろ。
なかなか結構なカオス状態がw。ヘボミアンラプソディになってしまったwww。10数年ぶりにステージで心臓バクバクしたな~。スリリングだった・・・・Seguinolさん(ギター速弾き最速決定戦/G-1グランプリ2連覇中の猛者)の噂に違わぬ超絶ギターは実に素晴らしかったな〜。
『気絶するほど悩ましい』はH本さんg,vo、田ことPちゃんb、190ちゃんkb、オレdsで。こちらは普通に構成もはっきりしている曲なので、どうにかこうにかまとまった。
例によってウチアゲも楽しく。
自分の演奏写真がないので読者サービスでコスプレ状態のモアちゃんの写真を載せておきましょうw。このお嬢さんはいったい何処へ向かおうとしてるのかwww。

■■■■■
翌週9/21(日)は
大ケガから復活したドラムブラザー・眞治さんをサポートすべく、スガイさん率いる【マニアックプレイ/Kobayamashita Tsuroバンドにpercで参戦。

Kobayamashitatsuropeak

4月に両足と腰椎骨折した人とは思えない回復ぶりですが、さすがに激し目の曲を避けてかなりマニアックな選曲になってます。
vo、g、b、sax、key×2、ds、Choにpercと総勢9人!ステージ上がインドの満員列車みたいになってますw
セットリスト:
僕の中の少年THE THEME FROM BIG WAVEいつか晴れた日にPAPER DOLL雨は手のひらにいっぱい僕らの夏の夢ひとときあしおといつかTHIS CLOUD BE THE NIGHTGROOVIN' FOREVER MINEクリスマス・イブLET'S DANCE BABY硝子の少年(達郎ヴァージョン)/DOWN TOWN
アンコール~.世界の果てまでYOUR EYES街物語
全19曲。2回リハでなんとか。かなり大変でした。

Percsetmaniacplay

やはりパーカッションは楽しい。楽器運搬がなければの話だが・・・・・orz。
油断するとドラム1セット持ってくよりも大荷物になっちゃうんだよなあ。今回はコンガ2本ボンゴ、自家製ティンバレス小物多数って感じのセットで。
この間作ったダブルカスタネットも付けた。なかなか効果的に使えるけど、saxの郡司君がカスタネット巧かったので、バラード曲のカスタネットは彼に振っちゃった。

20140913_202640

しかしこのバンド、ツアーTシャツからタオルまで作る凝りようw。いやあ面白かった。
じょん君にも春が来たってことで、向こうの親の前で朴訥な男を演じるのにどうしたらいいか、って話になって、プロポーズの時うわずって、
「お、お父さん!お。。。。お父さんを僕に下さい!」
と言い間違えるのが良いのではないかとアドバイスしておいたw。

■■■■■
そして次の週9/28(日)は
M.J.L.A【とっておきの音楽祭in南達】@本宮市みずいろ公園
4月の文化センター以来のライヴとなりましたが、天気も良く。つうか暑い。
二畳半レコードでおなじみいしばしさちこちゃん(一昨年は彼女のサポートで出た)、GoodRockinDaddyキヨミ君saxほか知り合いもいて楽しいイベントでした。
観に来てくれたABE=C、シゲナリ@陽妙座さん、190ちゃん、M&Jママさん&お友達ほか皆様ありがとうございましたm(_)m。

Motomiya2014totteoki

ワレワレはお昼ごろの演奏。前の出演者がちょっと巻いちゃったので、曲数増やしてみました。
最近ワンタムでやることが多いので、10タムと13フロアを持ち込んで1タム2フロアで演奏してみた。まあどんなセットでも大丈夫は大丈夫なので気分でセッティングを替えて、手ナリなフレージングになるのを防ぐのも良いね。
やはり天気の良い野外はキモチ良い。PAも星さんとこのStudioWINチームで来てるんで安心^^。1回目の出番終わってから軽くガソリン(ビールね)を入れるw。
イベントのフィナーレの演奏もやることになってて、夕方までいなけりゃならんのよ~。
いろんな出演者の演奏も観て勉強になりました^^。GoodRockinDaddyは流石にの盛り上げ力だったな~。ロケンロー+よさこいというコラボ演出も面白かった。畑さんのギターインストも流石の貫録。楽屋で見せてもらったハイブリッド仕様なグヤトーンのシャープファイヴモデルにはビックリ。
フィナーレも暗くなる直前に終わってメシ食って帰路に着きましたです。
皆様お疲れ様でした~。

あ、10月は10/19(日)にM.J.L.Aいわき街なかコンサートに出ます。pm2:00~坂本紙店前での演奏になります。場所等詳細は後日お知らせします~。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »