フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 冬は熟成期間。 | トップページ | もうすぐ春ですね。 »

2015年2月 7日 (土)

ドラムスティック地獄変。

こないだからグリップを見直したりいろいろやってみてるワケなんですが、
確かにさあ、バチなんざ何使っても音は出るんだけどね。
別にどんなんでも普通に叩けはするけど、どうせなら余計な事考えずに音楽に没頭できるほうがいいに決まってる。

もともと昔はパールの旧つのだ☆ひろモデル102H(14φ×389mm)を使ってたのですが、2年以上前に廃番。
近い感じのスティックがないので(ホントにない)、涙のスティック遍歴が始まるわけです。
見つけた時は即買い
で何ペアかキープしてはあるんですが、勿体ないんで録音とか即興もののライヴ以外は極力使わないようにしてます。
最近はシグネイチャーモデルのスティックで近いサイズのものがいくつか出ているのですが、どれも帯に短しタスキに短し(長くすらない)。唯一使えるのはVicのJojo Mayerモデル(14.7φ×389mm)位かな。ただコレは白く塗装してあって滑るのが難点。

てなわけで、ここ数年は絶対に廃番になりそうにない定番モデルのスティック(VicFirthの5B・15φ×407mm)を基本に使っておりました。
僕の体格だとちょっとへヴィすぎるモデルなんですが、バランスが非常に良いのでこれでほとんどのジャンルはカバーできます。

502hl

で、先日たまたま十字屋さんで買ったパールの502Hというクラシック用のモデル(14φ×405mm)がなかなか良い感じで、バンドのリハに持ち込んでメンバーに聴き比べてもらった。
意外な事に『音量はどっちも同じくらい出てる。キレやダイナミックスは502Hの方がある。』
との評。
たしかに502Hはけっこう前めに重心があって、しかもエンド側が絞ってある。
ちょっとトップヘヴィすぎるかなと思い、思い切って旧つのだ☆ひろモデル102H(14φ×389mm)と同じスケールにエンド側をカットしてみました。
(上から502H~102H~JojoMayerモデル)

20150202_1834horz

丸ノコでサクッと1cmほどカットして、トリマーにR面用のコロ付ビットを付けて丸くトリミング。ものの1分。
以前にも102Hのフィールが欲しくていろんなスティックをカットしてみたんだけど、どれもダメ。
長さだけ合わせても、バランスやショルダーの感じ(これが一番重要かも。)が違うんで違和感アリアリ。
パワーも入らない。
502Hをカットしてみたら・・・おお~★!これがバッチリ!ショルダーの感じも近い!
102Hとほぼ同じフィールで振れる!

いやー、たかだか1cmちょい違うだけでこんなにも違うんだなあ~。

で、十字屋ドラム教室に持ち込んで空き時間にテスト。
もう1セット新品も買ったんで、切る前後との比較もしてみた。
僕の体格と奏法だと、結果的に先端のチップスピードが上がるので切る前よりも爆音にw。
全然リキまずピアニシモからフォルテシモまでコントロールできます^^。普段は動画のようなプレイはしませんが、移動も難なくできる。
コレだコレだよ~~。この感じ。当分これでイケそう。

102Hの時のように廃番になって泣かないように、502Hダース買いしておこうかな・・・

« 冬は熟成期間。 | トップページ | もうすぐ春ですね。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133565/58829385

この記事へのトラックバック一覧です: ドラムスティック地獄変。:

« 冬は熟成期間。 | トップページ | もうすぐ春ですね。 »