フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月27日 (水)

【お知らせ】M.J.L.A

M.J.L.A
(和音モアvo / 矢吹ジョーg / れのんb / Aきやま@山猫軒ds)
昨年末より休止中ではありましたが、正式に解散と言う形に相成りました。
個人的にも実になるところの多い3年でした。
力及ばずで申し訳ありません。
応援してくださった皆さん、対バンや企画でお世話になった皆さん、ありがとうございました。

Snapcrab_mvi_1022_youtube_mozilla_2

僕もM.J.L.Aはガップリ四つに組んで作って行くバンドという認識でやってましたし、
演奏的にも一見普通に見えて実は代えのきかないプレイをしてきた自負もあります。
誰が欠けても成立しないバンドであると考えてやってきましたので、潔く各人次のステップに進むべき時が来たのかなと。
個人的には、定禅寺フェスの演奏がピークだったかなあと思います。
モアちゃんのいいところも一番良く出てる演奏ですね。

ケンカ別れとかではなく、単純に歩幅のズレが生じてきたと認識してます。
顔会わせたときに
『あ、あいつもレベルアップしてるなー、負けられねえなー』
と思い合える活動をメンバー各自展開していきますので、
今後ともよろしくお願いいたしますm(_)m。

僕もセキーネ、横ちんとのUNKNOWN3もあるし、他にもセッション等色々顔出しますので、
また各所でお手合わせよろしく願います。

SNSで解散の発表をしたところ、各方面から暖かいお言葉をいただき、恐縮しておりますm(_)m。

3年間、ありがとうございました。

2015年5月11日 (月)

スマイリー大原三千院。(意味不明)

GWは例によって大阪の義妹宅へ。
いちおう会社は2日から休みにしたのだが、結局社長と言う名の奴隷であるところのオレは日中も諸々仕事やら打合せやら。昼間は中2双子の卓球の試合もあるので、夜から大阪行き。仮眠して夜中運転し、今回は渋滞もなく朝8時前には着いた。
ビール1缶呑んで爆睡し、午後からモゾモゾ動き出す。
高槻の施設に入ってる義母のところへ行き、茨木のイオンでマッタリ。高槻ストリートジャズも見ようかと思ったが、雨降ってきたので断念。姪っ子のために難度高いUFOキャッチャーに燃えて結構な額をつぎ込み、最終的にはゲット。周りの観客から拍手をいただきましたw。燃えたw。

20150504_091023

2日目はお暇をもらい、万博公園と大阪市内に行く皆と分かれて1人京都へ。
ライオンメリー先輩kb、グランドファーザーズ西村哲也さんgにperc熊谷太輔氏の3人夜会ライヴがあるのだわ。
これは見に行かなけりゃバチが当たるってもんです。
場所は二条城前から堀川通りを15分ほど北に歩いた辺りにある京極ダイニングというところ。
高槻の義妹宅からは京都まで電車で30分程度。下手すりゃ大阪市内に行くより近いか?
思ったよりというか予想外にあっという間に着いたので、京都みやげを買ったり散策したり楽器屋さんチェックしたりしてから現場入り。
メリーさんは3年ほど前に(ホットランディングのギタリストだった)マーシー吉田さんgに会いに郡山まで来てくれて以来ですが、西村哲ちゃんとはそれこそ20数年ぶりかな~。グランドファーザーズとはほんとによく対バンしたけどいつも西村さんのギターにはノックアウトされていた。熊谷さんはお初ですが、たまたまyoutubeの動画で見ていいなあと思ってた方だった^^。
このライヴも、ヤプーズ他のツアーから山口へ戻る途中のメリーさん、沢田研二の劇伴で広島から東京に戻る途中の熊谷氏、京都の哲ちゃん、のスケ汁が上手く合って実現したもの。さらにオレも高槻に来てるし、なんと20数年前TIGHTSのツアーでお世話になった木園さん(いまは東京在住)も来てたりと、いろんなことが何故か京都で交錯してた奇跡の一夜(大げさ)。

20150504_211728s

ライブはメリーさんの唄うサンタナの「STONE FLOWER」から始まりストーンズの「She's a rainbow」やスティーヴ・ミラー・バンドの「Joker」など、カバー曲はメリーさんによる語呂合わせ日本詞つき。選曲も渋いっつーか、ここまでやるかとw。
あ、僕も参加してるメリーさんのソロアルバムドンキホーテの従者から「砂漠の魔法使い」もやってくれました。!ステージから紹介されちゃって恐縮です(梨元勝の声色で)。
西村さんのソロアルバムは1stの「ヘンリーの憂鬱」から聴いているのですが、唄が1stの頃よりも格段に良くなっている~!言われなければギタリストと言うよりもSSW。今回はアコギのみでしたが、柔らかくて良い音色。
熊谷氏のセンス抜群なアプローチも良いです^^。
ラストのメドレーは、あれもこれも(ネタバラシになるので曲目は書きませんが)盛りだくさんで、かなり超絶に素晴らしい。今回はこの京都と翌日の大阪のみだそうですが、ユル~くでいいから続けてほしいユニットですねえ。軽くウチアゲに参加してから高槻に戻ります。

翌日は大阪市内の海遊館にお出掛け。20年ぶり位かな~。大きくて立派な水族館です。妻が体調悪くなったり、帰りに義妹夫妻が初心者マークの車にぶつけられたりと、最後までなかなかに波乱万丈なGWでありました。

◆◆◆

Orangenishimura_3

Unmeikarenishimura_3

西村哲也
ORANGE
運命の彼のメロディー

西村さんの近作2枚。元TIGHTS(あっしの古巣でもあります)の一色進さん主宰のGO→STレーベルから出てます。
「哲ちゃんは永遠の14歳。外はカリッと中身はジューシー(14)なんちてw」(とライヴ中にメリーさんが言っていた)西村さんらしいエバーグリーンなメロディと歌、アーシーながらひねりも利いたディレクションも好感持てるポップな2枚。ギターもさることながら、唄が良いですよ。長く聴ける大人のポップです。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »