フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

夏は往く。

あ=、毎年の事だが仕事仕事でアッという間に夏が過ぎて秋になってしもた。
もろもろ時間が前後しますが、最近の音楽活動ほかの報告など。

お盆も例によって大阪の義妹宅へ。
マッタリしつつ、けっこうアクティブに動いた。
大阪市内に行ったら、心斎橋も難波も中国人だらけで閉口。なにせ大阪弁が聞えないくらいの数!こりゃマジで乗っ取られるで。爆買いの量も凄い。コンビニで雪肌精(化粧せっけんね)を山ほど買ってる男とかいましたねえ。
別の日には双子と末っ子は義妹一家とサーカス見に行っちゃったので、女性軍とともに京都へ遊びに行った。裏道をブラブラしてきただけですけどね。雑貨屋とかいろいろあって楽しかったです。
高槻駅の廻りになんかお巡りさんがやたらいるなと思ってたら、その時はまだ身元不明の遺体がって話だったんですが、例の男女中学生殺害事件の女の子の方の遺体が見つかってすぐだったんですね。しかも遺体発見場所は、義母の入ってるグループホームのすぐ近く。郡山に帰った頃に犯人が捕まってみたら、二本松で除染作業やってた奴らしいし。獄中結婚とかしてて、しかも二本松でひっかけたオンナもいるとか、なんかもう鬼畜すぎるなあ。。。

8/28は2ndアルバムの録音にも参加させてもらった頼もしき後輩バンド・Judgement Shipのレコ発ツアーファイナル@郡山club#9にパーカッションで参加しました。

Cninxw3uaaaifcv

出演はCamels知る権利(さる)、宮田、そしてJudgement Shipの5バンド。
超久々に元TheBUCKLのニヘイ君と再会したり、高校の同級生のA馬くんにバッタリ遭ったり(なんと宮田のsax津田くんの上司だった!)と、思わぬご対面もあり。対バンも良いバンドばかりで見応えあったなあ。
演奏の方はっつうと、いやあメッチャ楽しみました。
親子ほど年の離れたJSですが、いっしょに演奏するとオレの方が貰うものは多いかもしれない。後生畏るべしですな。
アンコールは無しでサクッと終ろうという話だったんですが結局アンコールやることになって、オレだけ初めて聴く曲を何食わぬ顔で演奏していたのはヒミツですw。

9月は急逝したドラムブラザー眞治さんの送る会ライヴがあったりしました。
で、シルバーウイークは。。。。なし!仕事!あんだけ雨が続けばしょうがねえな・・・。
9/20(日)も仕事だったんですがお昼に中抜けして逢瀬公園のイベントでアヴィちゃんvoのバッキングで演奏。メンバーはアヴィvo、佐藤紳平kb、和気淳sax、オレdsで。
行ってみたらなかなか良い感じのイベントで、クルマじゃなければ昼間っからビール呑んでマッタリしたい感じのイベントでしたねえ。アンコールもいただきました。
対バンも太陽くんb星くんsaxほかの福島スカメッセンジャーズ、真也くん三味線をフィーチュアした万華鏡(響真也shamisenn、佐藤紳平kb、佐久間武彦ds,perc)やペニーレインズ(アベちゃんvo,kb、アマノッチg、ダーキィ君ds)やジプシーニコくんなど本格的。

20150922_165950

大阪から義妹一家が遊びに来てたんですが、なかなか同行できずでスマンでした。
ニョー某は仕事休み取ってたんでなんとか。双子も全部部活だったしねえ。最終日の夕方になんとか猪苗代湖畔でBBQをかましました。
10年前は木炭に火がなかなか点かず、長女の作文に書かれてしまう体たらくだったんですが、今回は雪辱を果たすべく万全の準備で!
バッチリなBBQでございましたm(_)m。

しばらく仕事繁忙期が続くんでしんどいんですが、音楽の方もボチボチやっていきますです。

2015年9月12日 (土)

9/9(水)【佐藤眞治さんを送る会】

親愛なる先輩ドラムブラザーであり友人のシンちゃん=佐藤眞治さんが急逝されました。享年57歳でした。

1391868999_201  21992004_3148122781

8月4日に『大動脈瘤で入院することになりました』とメールが来たのですが、手術を待たずに8月7日に亡くなってしまいました。
つい1か月ほど前に一緒に演奏したばかりなのに、あまりにも急すぎて実感がわかない。KOBAYAMAのライヴの後にもS水さんたちのバンドでもライヴしてたと思ったから、最期まで演奏できてたのはドラマー佐藤眞治としては幸せだったのかな。。。

20150909_175335

このたびご遺族からスガイ君に要請あり、音楽で送ってあげるお別れの会を開催してもらえないかと言うことで【佐藤眞治さんを送る会】を開催する運びとなりました。
出演は眞治さんゆかりのバンド/ユニット多数。NJQ/ジョン&トールバンド/クミコqartet/胃の下羊水/soulmate&tamito sessions/菅井カルテット/アロマ/KOBAYAMASHITA TSURO
会場には生前お付き合いのあった方々70名以上がお越しいただきました。やっぱ眞治さんの人柄だよなあ。。。ToT

眞治さんはいつも感謝の気持ちを忘れない人だった。
『Aきやまくん、俺たちこんなオッサンになってもドラムで呼んでもらえて仲間に囲まれて好きな音楽演奏できるのって、ありがたいことだよ。これ以上の歓びはないよ。』
といつも言っていた。
そんな事を話し、不肖ワタクシがドラムブラザーとして献杯のスピーチをさせていただきました。

元々は僕の師匠の松岡さんから『アキヤマ、今度シンちゃん紹介するよ。すごい良いドラマーだから。』と言われてて10年くらい経ってたところ、旧ピーク アクションで出逢い、『あっ君がアキヤマくん!』『眞治さんですか!』ということで意気投合し、この10数年、2人でドラム研究会的な事をやったり、色々なセッションで眞治さんds僕パーカッションで演奏したりと共演させてもらいました。

20150909_174236

会場にはドラムの後に眞治さんのパネル、壁に写真を集めたポスターが。
どの写真もとても良い笑顔ばっかりだ。
みんな口々に『突然すぎて実感わかないんだよねえ。』と。火葬前に顔見れた僕ですら、なんとなく『いや~ゴメンゴメン、迷惑かけちゃって~~。』とか言いながら、暗幕の後から現れそうな気がしてならないくらいで。

どのバンドも心を込めた演奏で、とてもインティメイトな暖かい雰囲気。

105s

僕は眞治さんの代打で
胃の下羊水(スガイ君vo,ag/タマちゃんkb/マナベさんg/トモキチさんb/オレds)で『手引きのようなもの』『氷の世界』『傘がない』、
KOBAYAMASHITA TSURO(コバさんvo,g/マサさんg/スガイ君b/クミコ先生cho/渡邊じょんkey/アッコちゃんp/郡司くんsax/オレds)で『LOVE SPACE』『forever mine』『down town』 をプレイ。
眞治さんに敬意を表して、パールのブラス5インチスネアを、ローピッチミュートがっつり70sドスバスサウンドにチューンして行った。
どちらも、なんかものすごく深く曲の中に入り込む感覚があったなあ。
ラスト曲の『down town』は流石にちょっと泣きそうになったけど。
シンちゃん、観ててくれたかな。いや、乗り移ってたかもw。
最後に『オンドラムス、佐藤眞治!!』と紹介してお開き。

ご遺族の皆様も最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
そして、会場を提供してくれたピークアクションのスタッフ各位、ダンドリから出演まで大忙しだったスガイ君にも感謝。

震災を経験して、『人間、死にかたは選べないんだな』ってことは分かってるつもりでいたけれど、実際にこんな身近な人が 突然亡くなるとショックが激しい。。。
だから僕らはなおさら生き方を選んで足掻きながらも音楽をつづけていくしかないのだ。 と強く思った。。。。。

眞治さんの魂が天国で安らかならんことを祈ります。R.I.P。。。。。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »