フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ

2017年5月13日 (土)

GW大阪春の陣①

本業でてんやわんわしてるうちにもう5月も半ばですわ=。

20170506_211340

4月は仕事関係の総会ラッシュや子供の学校関係行事やらなんやらあり、ミョ~に忙しかったのよ。GW前に片付けなきゃなんない仕事も頑張って終わらせて、なんとか5/3~7日まで休み取りました^^。
GWは例によって大阪は高槻の義妹宅へ。
今回はガッツリ仮眠取って夜中の12時くらいに出発したんですが、着く時間はたいして変わらなかったですね。どうやっても滋賀~京都と大阪に入ってから渋滞があるのでね。徹夜で運転してると、最後のこの渋滞がキツい。なので今回は朝の6時くらいに滋賀のPAでモンエナ第2弾を投入してみた所、なんとか眠くならずに。

今回も近場のエキスポパークやら京都やら行ってきましたが、2日目は僕だけ高槻のストリートジャズフェスをちょっこと観戦してから大阪市内に入り、家族と合流という事にしました。

◆◆◆◆◆
午後から行って、駅前からビール呑みながらいろんなバンド観つつして南下し、高槻1中特設ステージでジャンクフジヤマ観て、隣の野見神社で東原力哉大先生を拝み、また中学校でザ・ショッキングを観戦という理想的なスケジュール。

ジャンクフジヤマ、声がタツローで顔がロッチ中岡w。唄もバックの演奏もすごく良いんですけどあまりにも達郎すぎるのが。。。。。。

野見神社に移動して、ソウルブリードのtp行本さんYuki Band featuring 東原力哉を。

20170504_153720

6a79cf125747b2ff024630b6f38f8c6a

メンバーは行本清喜 (tp/quena), 東原力哉 (ds), 黒田雅之 (sax), 瀬部妙子 (p), 喜多健博 (b)に古谷光広 (sax)が何曲か加わる。
関西を代表するメンバーだけあって、すんげー人だかり!
全然見えないので横に移動して行ったら、奇跡的に力哉さんを真横から見れるポジションがポッカリ空いてた!ヤッタ―!
(上記理由で写真どころではなかったので、写真2はピアノの瀬部さんブログより拝借しましたm(_)m。)

ナマ力哉さんは、20数年ぶり。まーしかし、力哉さん相変わらずスゲーですわ。
高槻ジャズでも上手い人いっぱい観たけど、やはりぜんぜん格が違います👍。左手のコンピングひとつ取っても、魂の入り方が違いますな。。。神の左手を存分に拝ましてもらいました。ありがたやありがたや。
熱い演奏に周りの観客も、『いやー、ええもん観せてもろたわ~。』と口々に。
高槻ストリートジャズもボランティア運営なのでカンパ箱が廻ってくるんですが、さすがにここの会場のカンパ箱はお札テンコ盛りw!納得です。

で、中学校に戻り、ザ・ショッキング を観戦。
彼らは東京からゲストバンドとして呼ばれておりました。

20170504_161002

ドラムの佐久間亮くんは郡山出身
。(郡山の重鎮ジャズドラマー佐久間武彦さんの息子さんです。)
voの水原将くんは和歌山出身とのことで気合十分。白いスーツでサウンドチェックに出てくるやいなや、『・・金貸しとちゃうでw』、でツカミはオッケー。ウケ倒しておりました。
サックスの井出さんが離脱して7人体制になったザ・ショッキングですが、ここはホーン陣も凄腕揃いなのですよ。キレのあるアンサンブル、存分に楽しませてもらいました。
ドラムセットも使い回し(ラディックのセットということは野◎貿易がスポンサーなのね)なので、亮くんのタッチの良さが際立ちますねえ。良い音してた。
客席の反応もよく、アンコールももらってました。

◆◆◆◆◆
亮くんとちょっとお話しして会場を後にし、大阪市内へ移動して心斎橋で家族と合流。
ちょこっと楽器屋さんで細かいパーツを買い、シンバルを試奏したりもしましたが、基本的にはこの日は家庭サービス。奥様のお供&手下w。
あちこち案内し、お好み焼きたべて高槻へ戻りましたです。

« 2017年3月 | トップページ