フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2013年3月 7日 (木)

もうすぐ2年。

大震災からもうすぐ2年。

あっという間の2年でした。
でもまだ震災特集の番組とか見る気分にはなれないな・・・。
とは言っても、僕も、みんなも、被災した人も、していない人も、生きていかなければならないわけで。
たぶん死ぬまで心の中で整理はつかないのかもしれない。
震災および原発事故の犠牲になられた方々のご冥福を祈るとともに、
心に傷を抱えた方みんなのこれからの人生に光が訪れますように。

ということで、微力ではありますが。。。。
Aviちゃんvo、紳平くんkbと一緒に震災チャリテイライヴ 『福島の底力vol.4』 に参加します。
ぜひご来場ください。

3月10日(日)
震災チャリテイライヴ 『福島の底力vol.4』 

場所:郡山市陣屋エリート11ビル1F フォーク酒場6575
時間:午後1時より
(ぼくらは午後5時頃の登場になるかと思います)
入場料:1500円(1drink付)
出演:(敬称略、順不同)
粋成浩児&CozyTrio(郡山)/The Velvets(郡山)/おも(郡山)/石井はちみつ(郡山)/ユーティリティーズ(郡山)/けりぃ(郡山)/avi &Friends(郡山)/TRaD(郡山、いわき)/つじむらゆみこ(神奈川)/マキ☆ザキ(仙台)/嶺岸和浩バンド(仙台)/音ちゃん(仙台)

Sokodikara

2012年3月12日 (月)

あれから1年。

土日はメーカー講習会等あり久々に上京してました。
夜は震災時に心配してくれてた大学時代のサークル・作詞作曲同好会の同期や先輩後輩10人程で呑み会。

「ダ橋のニュー浅草はどうよ?」と言ったら「30年前の店がそのままあるわけねえだろー。」ってことで同期の出世頭・ハマグチ君に神楽坂のお店を押えてもらいました。大学が飯田橋だったので、この辺ではよく呑んじゃクダ巻いてました。ちょっと時間があったので、軽くハマグチ君とスタジオに入り、小一時間セッションの後神楽坂へ。

メンバーは部長のオレ、副部長サンペー君、会計K家君に、ハマグチ君、エビサワ君、川島ウタマロ君、本田カンクロー君にオレの一個前の部長S根さん、そのもう一個上のS根(義)先輩、前夜連絡くれて急遽参戦となった黒ばらのたいこ後輩。ドラマーが半数以上www。
今回は卒業以来消息不明だったカンクロー(仇名・単純に顔が勘九郎ぽいんで)が登場。もう50にもなろうというのに能天気な芸風は相変わらずで大笑いww。(当時のカンクローのバンド・三幻色はカンクローg/ウタマロb/エビdというのが今考えるとまるっきり歌舞伎の世界で凄いw。)体壊してたウタマロも復活してて嬉しかった。

あれから30年近く経ち皆それぞれにオッサンになってみると、当時のいろんなことに「あっ、アレ実はそうだったのか!」とか「お前からはそう見えてたのか~。ごめんよ~。」みたいな事がいろいろあり、当時のいろんな事に対する各々の色んな思いも客観的にわかる。

実に楽しい夜でした。トシ取るのもそれはそれで悪くない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、3/11は大震災からちょうど1年。
それに向けて、これでもかとばかりに特集番組が流されるのには正直閉口してる。
あの時は気も張ってたので映像を見れたが、いまは精神的にキツくて見れない。特に津波映像。
感動モノにしようとする演出も嫌だし、福島に限って言えば放射能には郷土愛でも根性でもやる気でも勝てない。そこをすっ飛ばして『頑張っぺ』ってのは筋違いだと思うけどな?。これだけは「臭い物に蓋」では片付けられない。根本的に原発も収束してないのに「放射能に負けねえぜ!」「お国のためにみんなで除染」的な論調に持っていこうとするのが見えて非常にイヤだ。
この1年目というのをピリオドってことにしちゃってはいかんよね。(ピリオドにしたがってるのは東電と政府だけだね。)
1年経っても、ここ郡山では相変わらずベクれてる日常があるわけで。

Ochanomizu1

とりあえず2:46分には静かに黙祷。

東京の街を色んな事をつらつら考えながらを歩いてると、なんでもない日常がいかに幸せな事だったのか、と思いますよ。。。。って、オレは虎舞流かっw!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

郡山に帰って来たら、ちょっと前の日記で書いた例の反原発集会のデモで機動隊も出て車メチャ込み。
やっぱりこの日に郡山まで来て反原発集会は、空気読めてないと思うなあ。
・・・誰に向かって大声を上げてるのか?
行進する所間違ってるよ。。。。

2012年3月 2日 (金)

町内の除染作業。そして反原発?。

こないだの日曜日は町内の除染作業。
前日の酒がちょっと残ってて、ちかれた。

Gakkougc

自宅周辺は、空間線量1mでだいたい0.5~6μSVって感じかな。側溝の上で0.8とか1ちょっととかあるのが、まあやったその時だけは0.3μSV程度は線量下がるのだが、それでもやらんよりマシ。
ホントは側溝内の汚泥を何とかしたいが、これはもうトウシロが手を付けれないレベルにべクれてるので保留。
(産廃業者も保管場所がないので持ってってくれない。汚泥で東電福一を埋めちまえバーロー!
スコップ部隊が路肩の雪を取って汚水マスに入れ、高圧洗浄機が融けた雪と汚泥を洗った後を追いかけて、デッキブラシ部隊が側溝に流し込む。少しやったらもう一度洗浄機で流す。
ま、除染ではなく移染ですがね。
とりあえずこうするしかない。

今回は子供達の通学路を重点的に。
やはり路肩の部分の泥が溜まる所は、道路中央に比べて若干高い。汚水マスの上はもっと高いし、泥が溜まった日当りの悪いところでコケが生えてるようなところは、平気で近接10cmで2~4μSVくらいあったりする。
集団登校の集合場所とか(車道からちょっと入ったところに多い)が意外にべクれてるんですわ。そういうところのコケとか汚泥をまず重点的に取り除いて洗浄。

洗浄機を運ぶのにウチの軽トラを供出したので、町内会長さんと道すがらいろいろ話したのだが、
『除染としては効果が無いのはわかってる。無駄だろって言って作業に出てこない人もいるけど、少しづつでも出来るとこからやらないとどうにもならない。私らはもうトシだからいいけど、孫や子供達が少しでも安心できるようにしていかなきゃならない。』
昨年暮れに県が行った除染講習会に行ったのだが、大体が業者関係、1割程度が町内会関係の人だった。
県の林業課の若造が何の方策もなく「カネ出すからアンタら山も除染してくださいな。」とまるで他人事なタワケを抜かしてるのに
「福島に生まれたのが不運と思って人柱になれって事かよannoy?」と噛み付いていたのはこの土地でずっと生きてきた町内会代表で来たと思しき方だった。。。。
市や県の無方策にも呆れるが、もっとひどいのはやはり国だ。
ここにいると【棄民されている】のを如実に感じるよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Bunshunn31

折しも、この週に出た週刊文春(3/1号)の
【衝撃スクープ 郡山4歳児と7歳児に『甲状腺がん』の疑い!】

という記事が話題になっている。郡山では本屋やコンビニからあっという間に文春が売り切れました。辛うじて入手できたので要約すると、

●6月に郡山市から北海道に自主避難した4歳男児と7歳女児の甲状腺に結節(しこり)が発見された。さらに成人女性一人がすでに甲状腺癌が確定している。

●文春の取材に対し、福島県立医大の山下俊一氏は、「福島で行った甲状腺検査の追加検査を行わないように」というメールを出したことを認めた。

というもの。
その後も診断をした札幌の医師が「事実と違う」と反論し、それに対して筆者のおしどりマコ氏が反論会見を行うなど、なんだかな~な状態。
確かに何が本当で何が本当でないかわからない【何か~ら何ま~で真っ暗ぁ闇よ~♪】状態ではあるが、現実にこの地に住んでいる身からすると、
無闇な安全論には同意できませんし、同様に無闇に不安を煽る記事にも同調はできません。

記事の中で?な部分は
1)今年2月の時点で「郡山市内で室内1.8μSV」、って記述がありますがこれはちょっと眉唾。郡山で室内で会合やるようなところでそんな所ねえだろ~。
麓山あたりの濃い所で自動車内とか、ならあり得るけど。
2)6月に北海道に避難するほど意識の高い家庭で、そんなに子供に県産ものを食べさせてるだろうか?

子供に甲状腺結節が見つかった親御さんの心配は想像できるし、そこに危機が近づいていると訴えたかったであろうことはわかるが、これでは文春お得意の煽り記事と言われても仕方ないでしょう。
僕自身も立場的には反原発ではあるけれど、これはいただけないと思うなあ。

いただけないついでにもう一つ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

震災から1年目に当たる3/11日に、郡山は開成山球場で
【原発いらない!3.11福島県民大集会】なるものが行われる。

http://fukushima-kenmin311.jp/#map

「大震災と福島原発事故1周年の節目に、県民の願い、要望を全国に発信し、国や東京電力に一層の取り組みの強化を求めるために、県民が総結集する集会を開催します。」とのことだが、東京からもわざわざバスで支援団体が乗り込んでくるとのこと。

・・・ちょっと待ってくれよ。
3/11に福島に押し掛けて反原発集会という神経が理解できない。
その日が命日になっちゃった人もいっぱいいるんだぞ。
無神経すぎないかソレ。

それに、押し掛けるべきなのは開成山球場じゃなくて東電本社じゃないのか?

地元では『反原発の奴らは目的のためなら福島が悲惨であってほしいのか』『福島を反原発のネタにすんじゃねえよ』『山●太郎うぜえよ!』的な人も増えてる。そういう反感を買うのは、それこそ体制側の思うツボだろ〜矛先はそっちじゃないだろーと。連中はみんな一体になって反原発になるのを怖れてる。

2011年11月24日 (木)

現実とネットと俺。

Bakuhatu

ネットやってると、危険な情報が周知されてるとついつい錯覚しがちだけど(特にtwitter)、 現実世界の福島県ではそれはあくまでも少数派。
大多数の人は「国が安全って言ってんだから安全だべ」と疑うことすらしない。 放射能は目に見えないから余計に始末が悪い。
野焼きしてる奴もいっぱいいるし。
情報も遮断されてるし。
(こないだの学齢以下の子供の無料尿検査の話だって、結構情報チェックしてる積りのオレですら締め切りの何日か前にツイッターで初めて知ったもん。そんなの真っ先に周知すべき話じゃないのか。)
先日の県議会選挙に至っては過去最低の投票率で、郡山選挙区では東北電力の社員を組織票で県議に送られてしまったimpact
そして浜通りでは、東京電力社員が町長選挙に当選annoy
福島県民はアタマ大丈夫なのか?と思われてますよ。

最近ツイッター見てて思うのは、地元在住者のtwで
「福島を反原発のネタにすんじゃねえよ」
「他人事だと思ってすぐ逃げろだのもう住めないだのチェルノ以上だの言うな」
「山●太郎うぜえよ!」
「現実に暮らしてんだから、二度と住めない『死の街』扱いすんじゃねえよ」

的なtwが目立ってきてる気がする。
それとリンクして
「危険危険というが問題ない数値なんじゃないか。現実に身の周りに病気になった人も死んだ人もいない。」
みたいのも増えてる。
故郷を土足で踏み荒らされ汚されたように思う感情はよくわかる。
耳当たりの良い手頃な安全説に寄り添いたい気持ちもよくわかる。
オレだってこんな現実を見たくはない。
けど、「危険なほうを取る」のはリスクマネジメントの基本だろう
と思うのだが。
バタバタと人が倒れはじめてから、「まさかこんな事になるとは思いませんでした!」って言ってもねえ。

【10年経って笑い話で済めばいいじゃん】
とオレなんか思うのだがなー。
「親父あん時ゃビビってたよなー。ははは。」でいいじゃん?
「あの時あんたは危険だ危険だ言ってた。さあどう責任取る?」と追求でもされるとまずいのかね?
自分の家族や周りの人を守るために出来る事をするってだけの話だよね。それのどこが悪いのか?ネット上によくいる 「議論のための議論が好き」な人はほっといて、できる限りの注意を払いつつ粛々と日々を生きるのみです。

いまや小学校の校舎内でもマスクをしてる子はクラスに1,2人くらいだよ。ウチの息子、ヘタレでよかった。

2011年7月16日 (土)

ガイガーカウンターその後。

先日届いたロシア製ガイガーカウンター・SOEKS-01M
いろいろやってみております。
詳しいサイトを参考に

http://ameblo.jp/bsgeiger/theme2-10038625002.html#main

http://blogs.yahoo.co.jp/yuhs_yuh/64706174.html

アルミ製のベータ線遮蔽アングルを付けて見ました。
この機種はγ線とβ線の両方を検知するので、測定に当たってはベータ線を遮蔽して他機種との差を極力小さくするためです。
元々が、線源をキャッチして逃げるdashために作られた品らしいので、両方をキャッチするのは理にかなっているのですが。

Soeksout20110716_2

Soeksin20110716_2

このサイズのアルミのコの字アングルがホームセンターに無かったため、平板切って作るのも手間なので3mm厚の加工済品を某ヤフオクで購入。(『アルミ β SOEKS』と検索すると出てきます)3mm以上厚みが無いとβ線を遮断できないようです。
実際に付けて測定してみると、線量のある程度高い地面などを近接で測るときにドカンと数値が上がらずに済みます。
友人O君も同機種をゲットしたので、2人で同じ所を測ってみたら、空間線量は差はほとんど無かったですが、地面のコケが生えてる所は遮蔽アングルを付けてある方が若干低く出でました。
もちろんSOEKSごとジップロックつきのビニール袋に入れております。
そしてもう一つ大事なのは、Co60をベースに校正されているようなので、Cs137ベースでの測定の場合、表示された値に0.772を掛けるという事。
理由は上記のサイトをご覧下さいね。

仕事で移動中もSOEKS君で計測してみてるのですが、郡山はここの所ゲリラ豪雨がしばしばあり、豪雨で流されて線量が下がった所も多い反面、そのたびに色んな所の側溝が溢れたりして意外な場所に放射線の溜まりができてるようです。とある交差点で信号待ちで止まったら、イキナリ車内で1.3μSVくらいにピピピピピと上がったりね(汗)。
引き続き、色んな所を測ってみます。

(写真①:事務所前屋外。隣のアパート前草むらの所。0.93μSV。草むらの方に突っ込むと1.3μSVくらいに上がる。 写真②:事務所1F屋内。こちらは平均してこのくらいで低い。0.3μSV。)

4ヶ月経っても相変わらず東電のイヌ知事は全て「風評被害」で済ませて東電様の補償を少なくして差し上げようと暗躍中。議会で「実害も含めて『風評被害』と呼ぶ」と決めたとの事。バカか?そうやって実害に目をつぶっている事でますます被害を拡大している事が解らないのか?

汚染された表土から流れ出た水が側溝から下水に行って処理場に溜まるのを予想もできなかった?

避難区域を設定すればその線から先は放射性物質は大人しく留まってくれるとでも思ってた?

正確な数値を発表せずに食の安全だけ訴えて福島の第一次産業を殺すつもり?これから先、安全な食べ物を作っても誰も信用してくれないよ?

今後は市民による除染も本格化しなければならない。本来なら行政、というより放射能ばら撒いた東電がやるべき事だが。そんなの待ってたらあっという間に何年も経ってしまう。市街地は住民の手でもなんとかできなくも無いだろう。だからこそ素材別の除染の方法というのを統一性を持たせて周知すべきだ。土ならまず表面を除去すればいいとされている。アスファルトは?家の外壁は?草木は?衣類は?乗用車は?みんなで共有して正しい除染をしなければならない。しかし広大な農地や山林の除染は行政レベルでないと手の付けようが無いだろう。

2011年7月 7日 (木)

ガイガーカウンター。 届きました。

Soeks01m

長い闘いになりそうなので、ついポチッとしちゃいました。
ガイガーカウンター。
ロシア製のSOEKS 01M
という物でロシア政府公認2011年最新型だそうですが。。。
37999円でした。

昨日、届きました!
さっそくスイッチON!とりあえず家の中や会社で測ってみました。
1F事務所で0.2~0.3μSVくらい。
2階の居室だと。うげえ!高いところで0.5μSVくらい! 床のほうが0.3くらいと低いのに天井のほうに行くほど高くなるのはタンスの上のホコリなのか屋根から来てるのか。。そしてやっぱり窓際は高くなる。でも、洗浄してるのでベランダ外でも0.3~0.45くらいです。
β線も感知するので高めに出るという情報もあるが。。
外で0.6とか。
コケが生えてる所で1.3とか・・・
午後の外回りで車に積んでつけっ放しにしてみたけど、市内はほんとに濃いところあります。アラームなったトコもあった。
集金に行ったお客さんトコで頼まれて雨どいの落ちてる所を測ってみたら、20μSV以上。
所によっては40近くあって、やっぱりそうなんだ~と確認。

これはγ線のほかにベータ線も一緒に拾っちゃってるので、β線をアルミ材で遮蔽すると更に正確になるらしいです~。
http://ameblo.jp/bsgeiger/entry-10927274949.html

 

2011年5月14日 (土)

■親の有志と勉強会をはじめました。■

■親の有志と勉強会をはじめました。■
こんな連中の喰い物にされてるのもムカつくので、親の有志と勉強会をはじめました。
5/12日に第1回の勉強会を開きました。あんまりおおっぴらにしてなかったんで15人も集まればいいかなと思ったら24人も集まった。
目的としては「郡山の子供を放射線から守る」こと。これに尽きます。
放射線の危険の周知(識者による講演など)活動など、自分達にできる事はやっていこうというスタンスです。

という我々だって専門家でもなんでもないわけで、慌てて勉強中なわけですよ。
いたずらに怖がらずに、また、根拠ない根性論的な安全・安心論にも陥らないように、手探りで情報を集めて行くしかないのです。

郡山市はいち早く校庭表土入替えを実行しました。
某小が改修工事してて仮校舎のプレハブを撤去後に土入れ替えをして既に結果が出ていたので市長も英断したと思います。
おそらく、今後国のほうから露骨に意地悪されるはずですから、国に潰されないように市民がサポートして声を上げていきたいと考えております。
国に期待できない現状の中、この自主的な対策の流れを止めない事。この危険を多くの人に知ってもらう事。
僕らのような流れもあっていいと思うし、できる所からできる人ができる事をやるしかないやね。
こうした動きが同時多発的にあちこちで起きてきて、最終的に繋がって大きなうねりになれば良いと思います。
踏ん張ってみます。

友、遠方より来る。■

Zeroshiki2jpeg_2

かつて一緒にMidoriやいろいろセッションで活動をともにした旧友の『チェロのテロリスト』こと坂本弘道くんが4/24わざわざ郡山まで訪ねて来てくれました。
「We Don’t Care About Music Anyway...」
というドキュメンタリー映画
(監 督:セドリック・デュピール&ガスパール・クエンツ/出演:坂本弘道、山川冬樹、大友良英、L?K?O、Numb、Saidrum、Umi no Yeah!!、Kirihito、Goth-Trad、Hiko)の関係で、震災直後からフランスに演奏に行ってたんだが向こうでもリビア騒乱と並んで原 発の注目度は凄かったそう。
飛行機でもTOKYOやSAPPOROと並んでマイナーなはずの【FUKUSHIMA】にずっとランプが点いてたそう。
まさか世界中どこへ行っても【NO MORE FUKUSHIMA】と言われるようになるとは。。。。ふるさとを返せ!バカヤロー!

2011年5月12日 (木)

『長崎から船に乗って』

Marinpiairukahow_3Namakobrothers_4

5月の連休は2日だけ休めたので、新潟の水族館(マリンピア日本海)へ行って来ますた。放射能も地震も忘れて、マスクをしなくて良いトコに子供を連れて行きたかったのでね。ちょっくらリフレッシュしてまいりました。あらためてマスクをしなくて良いトコに行くと、いかに大人もストレス掛かってるかわかりますね。福島ナンバーの車、多かった。

Yamashita_2

そんな連休の間も福島県は2枚舌男・山下俊一の安全プロパガンダツアーを二本松や喜多方で行っていた。
http://www.ustream.tv/recorded/14446126
内容はひどいの一言。福島県民モルモット化。
皆さんはここに住み続けなければならない。ここで生きていかなければならない。現実です、理論じゃない。長崎や広島がそうでした。
これから、みなさんが病気になるのを調べるには福島県民みなさんの協力が必要です
10年後の放射線による影響は福島県民全員の協力の上で、疫学調査をしなければなりません。だからここで影響にはついては言えない
年間20という国の指針が出たんだから、国の指針に従うのは国民の義務です
100mSv以下では放射能の影響は科学的に証明されておらず結果は何十年後にならなければわからない。だから自分は福島の人達に安心してもらうように心配ありませんと言い続けてきた
100mSv以上一度に浴びなければ発がん性リスクは確認されてない
平時に定めた1ミリを20ミリに上げた事が容認できない方はそこから避難するしかない。
私は安全を皆さんに言ってない。安心を語っている

要約すると。
『今すぐにはないけど長期的には影響はあるかもしらんからデータは取らせてもらうよ。安全じゃないけど、すぐ病気になるわけじゃないからとりあえず安心しとけ。責任とらんけど。学問のためだ。追跡がめんどくさくなるから、おまえらはお上の言う通り汚染地帯にしがみついてろ。逃げるトコあんなら勝手に逃げりゃいいけどな。』。。。。。って事ですか。
このヒト、色んな所で非難されているけど、あんまりコタえてない様子どころか、むしろ実験材料が増えるのにルンルンしてるご様子。
学者以前に人間として終わってますな。。。。

さて、ここでお聴きください。
♪山下教授が歌う、『長崎から船に乗って』 です!!
五木ひろし『長崎から船に乗って』の節で唄ってください。(前半:kamitoriさん、後半:わたくし 作です。)
長崎から、調子に乗って、福島に着いた~♪
ここは被曝町~♪
データーが豊富です~♪
田舎のみんなはお人好し~♪
御用学者に騙されて~♪
安全プロパが ああ 命とり~♪
ああ 命とり 20ミリ♪

。。。。。。はい、ありがとうございました。ペッ(唾)。あ、オレってお下品(苦笑)。

山下俊一のトンデモ発言、そしてこの男を福島県放射線健康リスク管理アドバイザーに据えた意味。。。に関しては以下のリンクも是非ご参照を!

【晴天とら日和】-『この男を見よ!』

2011年4月22日 (金)

お願いだからできる限りの防御をしてくれ!

原発から58kmの郡山市内。
小学生はまあ大体マスクしてるが、中学生高校生それから年頃のお嬢さんたち、
マスク率低い
wobbly
お願いだからできる限りの防御をしてくれ!
10年経って笑い話で済めばそれでいいじゃん?

Radioaktive100kms2

■■■
子供の小学校でも文科省から線量計借りて校内あちこち測っています。
4/6測定で校庭が 1M高さ:2.6μSV / 1cm高さ:3.6μSV
だったのがダラ下がりになってきて
4/18測定で 1M高さ:1.99μSV / 1cm高さ:2.72μSV。
校舎内は昇降口が高いですが、他は 1階で0.1μSVくらい、2,3階で0.06~0.07μSVくらいでした。
ということは、4/18時点では新たな放射性物質の飛散はしてないということ。
3/14.5あたりに爆発した時の放射性物質がこちらまで飛んできて、地表に降りてきている。 放射性ヨウ素131は半減期を経て放射線の強さは5%未満くらい?
放射性セシウムのほうはまだまだ大量に地表に残ってて、これが線量計に反応しているようです。
そこそこに降雨しているので空中に舞っているのはほとんどないかもですが、 校庭などは一部高い値が出てる学校もあります。
また、雨の溜まる部分には放射能溜まりというか、部分的に数値が高い部分ができます。

換気扇は試しに回してみましたが、中の空気を外へ排出するので室内の数値は上がりませんでした。ただ、排気があればどっかから吸気も生じるので注意。
エアコンも同様。いまのエアコンは空気自体は室内の空気を循環させてるだけですからね。
ただし昔の窓付タイプのエアコンは外気を冷却して中に入れるので危険かと。

とにかく登下校はマスク着用を義務付けないと!
小さい子供は地表からの距離が近いので、舞い上がった放射性の塵を吸い込みやすいし、 放射能による影響も大きい。
マスク・帽子・手洗い・うがいを徹底してください。

【目に見えないものへの注意は薄れやすいです。】

長崎大の山下俊一など、御用学者の安全プロパガンダに騙されないようにしてください。
この2枚舌野郎は、
福島では
『子どもが外遊びをしても何も問題はない』
と言い放ち、
地元・長崎では
『恐るべきこと。子どもや妊婦を中心に避難させるべきだ。』
と危険性を指摘。

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/daisinsai/2011/03/25103728.shtml

2011年4月 8日 (金)

地震から一月。

地震から一月近く経過し、多少落ち着きを取り戻し・・・・・と書きたいトコですが、これが全然落着かない。
昨夜も大きい余震があって、宮城では震度6強、郡山でも5強。
地震後にみる被災地の報道は、それはもう言葉を失う凄まじさで、TV見てネットで情報収集なんか延々やってると、デリケートな人なんかは心が壊れちゃうでしょうね。オレは神経マバラで太いのでまあなんとか大丈夫でしたがw)、それでもやっぱりちょっとおかしくなった。
タイムスケールが変と言うか、現実と幻影の狭間を泳いでるような感じ。

Jisjn1 Jisin2 Jisin3 Jisin4_2

郡山は市役所の展望台が潰れたり、いろんな建物が部分崩壊というのが多かった。瓦屋根はほとんど全滅。それでもライフラインが絶たれなかったので心理的な不安は少なかった。地震後しばらくはガソリンも無く仕事もあがったりで、職人さんたちは屋根養生の手伝いに出したり交代で自宅待機にしてたのだが、オレは地震で散逸した工事書類を作り直したり、事務所を片付けたりしながらネットで情報収集をしていた。

いろんな情報を拾っていくと、どうにも政府発表のウソが余りにも多くてもうアタマに来るのなんのって。
特に原発関係。
TVでの発表はまあ3割くらいで聞いといて良いかと思って聞いてはいたのですが、実際には政府発表こそが安全デマ。
「水蒸気らしきものが出てる」
ってか、この時点で既に漏れ漏れなのを隠してたんだろうが!)
から始まって、
「格納容器壊れてダダ漏れ」あげくに情報統制まで、もう何があっても驚きませんわ。

既に俺たちは被曝してるわけで、時系列から考えると、この3/14~5の時点で飛散した放射性物質が、福島県および近県そして東京の水源地にまで飛んで、雨とともに土壌に積り、水道水が飲めなくなると言う事態を引き起こした。
イシハラ都知事がすんげえイヤ~な顔して水飲むパフォーマンスしてた(苦笑)。

20km圏内避難指示&30km圏内屋外退避。
ここで風評被害。福島産のほうれん草はじめ農産物がボイコットされる事態に。牛乳からも放射能が検出され、県内の酪農家は大打撃。

Kannchokuto

さらに3/27に予定していたバカ菅の被災地視察を雨のため突然中止。何故か?
答えは『放射能雨が怖いから』(失笑)。
亡国政府がさらに風評被害を煽る結果となり、先行きを悲観した須賀川のキャベツ農家のおじさんが自殺してしまった。。。
そして汚染水(低レベルと言うのは方便で、普通の750万倍の濃度で、1億倍の濃度に比べれば低レベル、という言葉のカラクリ)を通告無しで海洋に放出。
ここでも放射能は海水で薄まるから大丈夫とか生物濃縮は無いとかぬかすバカ御用学者が登場するも、早速茨城県沖で基準値越えのコウナゴが見つかる。漁業関係者激怒。

一番頭に来たのは、3/17に厚生労働省から出された通達です。
これを3月17日に出してると言うことはこの時点でプルトニウムが漏れてる事を知ってて隠してた訳ですね。
よくよく国民の不利益になる事だけは本当に素早い政府だな。
何が凄いって、プルトニウムを食品に当てはめた、『史上初』の法律ではないのかと……。(通達ですが、いずれ立法化されるでしょうね、売国政府ですから)
プルトニウムって食えんのか? ←クリックすると通達が出ます

体内被曝しても「基準量以下なので問題ありません」と、彼らは言い張るわけですね。

それから後も原発関係の安全デマは収まらず、ますます国民を見殺しにする亡国政府。
あろうことか、年間の被曝限度量を1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げた。何だソレ(怒)。いきなり20倍って。被曝量は累積で考えなければならないから、これはもう福島県人で人体実験をすると言う事。
俺たちをモルモットにして取ったデータは何処に売るんだ?
米仏の支援も人道的側面もあるだろうが、旧ソ連によって隠蔽されているチェルノブイリのデータよりもナマなデータを入手したいと言うのはミエミエ。

これを書いている4/8現在、保安院と盗電間でクロル検出の隠蔽ズレがあって、再臨界が起こっているのはほぼ確定な感じ。
一昨日夜中から1号炉の圧力容器に窒素を入れるという「実験」をやっている。「水素爆発を防ぐため不活性ガスの窒素を入れる」と言う事だが、と言う事はそのぐらい水素の圧が高まってると言う事。
なんちゅう危険なバクチだimpact
汚染水漏れに新聞紙やらオガクズやら高分子ポリマー(と言うと聞こえは良いが、要するに紙オムツの中身w)を思い付きでヤミクモに突っ込んでいたような人たちがやる『実験』だから、思いっきり地雷を踏みそうな予感がしてなりません。
今日になってイキナリNHKのソースで、「1号機 震災の夜に燃料露出直前」というのが出て来たが。
もう1発 水素爆発が来れば、郡山からも逃げなければならないでしょうな。
30km圏内を避難区域にするのを検討、と言ってますが、これだけ後出し・隠蔽を重ねて来た政府が前もって言っているという事はかなりの確立でソレは起こると踏んでます。
いつでも逃げられるようにガソリンは常に満タンにはしてあるけど。

・・・・・どうなることやら。。。。。。

■■■■■■
向井秀徳(ZAZEN BOYS)がyoutubeにサラッとアップ。応援のメッセージも何も無いところが、余計に男気伝わって泣けた。。。。

より以前の記事一覧